眉山(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
眉山(プレビュー)

眉山(映画)の動画フルを安全に見る方法

『眉山』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『眉山』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

眉山(映画)の内容

映画『眉山』は、2017年5月に公開されました。

原作は、さだまさしさん作の小説「眉山」です。さだまさしさんは、シンガーソングライター、タレントとしても活躍しており、楽曲「精霊流し」や楽曲「関白宣言」は有名ですよね。

監督は、妻夫木聡さん主演の映画「ジョゼと虎と魚たち」、野村萬斎さん主演の映画「のぼうの城」などを手掛けた犬童一心さんです。

映画「眉山」は、死後の「献体」を望む母の想いと、会ったことのない父親の存在に向き合う娘の姿を描いた作品です。そんな難しい役どころである主人公を演じたのは松嶋菜々子さん。共演には、大沢たかおさん、宮本信子さん、夏八木勲さんなど豪華俳優陣が脇を固めています。

大好きな映画です。日本人女性の強さ、優しさ、美しさを感じ取ることができました。人に言えないことは誰もが抱えています。子に誇れることばかりでもないです。それでも強くあらねばならない母親。宮本さん演じる母に共感し、深く感動しました。

若い時にこの小説を読んだ時には、良さがいまいちわからないままでした。しかし、歳を取り、母親になってから改めてこの作品を見たら、子供を持つ気持ちや、死について真剣に考える気持ちなど、共感できる部分がたくさんありました。

宮本信子さんの演技が素晴らしかったです。親子の過去と現在がクロスしながら、丁寧に親子関係や母親の人生が描かれていました。舞台となった徳島県の阿波踊りシーンも圧巻です!

母親のプライドや生き様、家族を持つということ、親子の軋轢やすれ違いなど、人間関係がリアルに描かれていました。この映画が、親子や自分の人生を見つめなおすきっかけになりました。最後には涙が止まりませんでした…。

母親役を演じた宮本信子さんの演技力に高い評価が集まりました。特に、子供を持つ母親ならば深く共感できる作品です。

あらすじ

東京で旅行代理店に勤める主人公・河野咲子(松嶋菜々子)。咲子は母の龍子(宮本信子)が入院したと聞き、故郷である徳島県に帰省しました。病院で咲子は、母が末期がんで余命があと半年と知ります。同じ頃、龍子と咲子に失言をしたきっかけで、医師の寺澤(大沢たかお)との交流がはじまります。

咲子は、板前の松山(山田辰夫)からある風呂敷包みを受け取ります。それは「私が死んだら咲子に渡してほしい」と龍子から頼まれていたものでした。風呂敷包みの中身を見た咲子は、会ったことのない父親の存在を知り、会いに行きます。対面した父・孝次郎(夏八木勲)は内科医でした。

寺澤と恋人関係に発展した咲子は、龍子が献体希望の会に登録していることを知ります。先日会った内科医の父親・孝次郎の影響であることを悟った咲子は、何も言えません。ある日、咲子は龍子を地元の阿波踊りに誘い…。

見どころ

家族のつながりの大切さ

本作は、当たり前で忘れているような、家族のつながり、親子のつながりを思い出させてくれる作品です。故郷を離れて仕事をしている方々にとっては普段意識することがないかもしれません。親が我が子に持つ深い愛情を示してくれる感動の作品に仕上がっています。

圧巻の阿波踊り!

本作の舞台は徳島県。監督のこだわりでもある、14,200人のエキストラで作り上げられた「阿波踊り」のシーンは圧巻です!実にフィルム6時間分もの撮影となり、それだけで2時間の映画が作れるほどだったといいます。本作を見れば、徳島県を実際に訪れたくなること間違いなしです。

スタッフ

原作:さだまさし「眉山」
監督:犬童一心
音楽:大島ミチル

主題歌:レミオロメン「蛍」

キャスト

河野咲子:松嶋菜々子(少女期:黒瀬真奈美、幼少期:兼崎杏優)
東京で旅行代理店に勤めるキャリアウーマン。母親の入院をきっかけに母親の想いに気づく。

寺澤大介:大沢たかお
龍子が入院している病院の医師。咲子と龍子に対し、失言したことがきっかけで2人と交流を持つ。

河野龍子:宮本信子
生粋の江戸っ子。咲子の母親。末期がんで余命あと半年。死後は献体として医学生のために役立とうと考えている。

篠崎孝次郎:夏八木勲(青年期:竹本孝之)
咲子の父親。東京で内科医を開業している。咲子には一度もあったことがないが、龍子の入院をきっかけに娘と会うことになる。

松山賢一:山田辰夫
板前。龍子から、「私が死んだあと咲子に渡してほしい」と風呂敷包みを預かっていた。

大谷容子:円城寺あや

森山晴美:松本じゅん

吉野三郎:金子賢

小畠剛:中原丈雄

島田修平:永島敏行

綿貫秀雄:本田博太郎

 

『眉山』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

眉山(映画)の感想

40代女性
40代女性

末期ガンの母親・宮本信子さんと、母を看病するために帰郷した娘・松嶋菜々子さんとの、母娘が紡ぐ感動の映画「眉山」。徳島が舞台となっており、徳島の魅力のひとつでもある「阿波踊り」がもつ伝統的な素晴らしさに感動し、実際にライブで阿波踊りを、見てみたくなりました。親だからこそ伝えられなかった母の気持ち、そしてずっと聞けずにいた娘の思い。どちらの立場も理解できるだけにそれが痛いほど伝わってきて涙がとまりませんでした。大沢たかおさん演じる若い医師役も、この作品の女性陣をより素敵に引き立たせてくれていました。原作が、さだまさしさんの作品というのも作品を観おわった後初めて知り、こちらも気になり読んでみたいなと思いました。家族、恋人、友人、そして故郷についてあらためてそれぞれの関係性を考えさせられるきっかけとなる作品。なかでも故郷を離れて仕事をしている若い人たちに、故郷の大切さをいまいちど感じてほしいというメッセージがひしひしとこめられているとも感じました。見終わった後、心がほわんと温かくなり前進できる気持ちがわいてくるような作品です。第31回日本アカデミー賞にも輝かれており、ぜひ多くの方に観ていただきたいおすすめ映画です。

40代男性
40代男性

徳島にある眉山という山が題名となっており、その徳島を舞台に母と娘の物語です。原作はさだまさしさんということで、少し意外な印象を持ちましたが、とても良いストーリーだと思いました。主演は娘役を演じた松嶋菜々子さんです。芯のある演技をされるし、本当に綺麗な女優さんだと思います。今回も娘役を熱く、切なく演じてくれています。母役は宮本信子さんで、こちらも演技派なので気持ちのこもった素晴らしい演技だったと思います。この映画が約10年ぶりの映画出演だったようですが、復帰作でいきなり日本アカデミー賞の優秀助演女優賞を獲ってしまうあたり、やはり貫禄があります。この演技を見ればうなずけると思います。二人を支える医師役の大沢たかおさんも良かったです。彼の包容力あふれる演技は安心感があって良いです。この映画では、徳島の阿波踊りのシーンなどたくさん徳島の風景が出てきます。徳島へは行ったことがありませんが、とても風光明媚で行ってみたいと思わせてくれる映像ばかりでした。肝心のストーリーですが、母の秘めたる想いが本当に切なく、ラストは泣かせてくれます。なかなか生きている間はその想いは通じ合わなかったりするし、それが本当に切ないです。

40代女性
40代女性

母は強しと言いますが、この作品に出てくる達子のように生きることはそう簡単には出来ません。自身の命を預かっているはずの看護師や医師を叱り飛ばし、お相手がいるのだからと父のことを娘に隠し通す意志の強さ、更には死後は献体となることを考えていてとかっこよさに惹かれてしまいました。きっと生きにくさもあったはず、女手一つで娘を育て上げること自体が大変です。そんな母親と気軽に喧嘩することが出来るのは生きているからこそ、癌で後が無くなった時の親子の関わり方の変化が切ないです。ですが母は意志を貫き通せましたし娘もそんな生き方を理解できた、ハッピーエンドと言えるでしょう。母に時には反発をしながらも同じように看護師をしかりつける強さをもった娘の姿も微笑ましい、演じるのは松嶋菜々子さんだからこそ凛とした美しさがにじみ出ていてピッタリです。素敵な母子の物語でした。とはいえ、これだけ長い間仕事をほっぽり出して徳島に来ていて大丈夫なのだろうかという点は心配にはなりました。ちょうどこちらに良い人を見つけたので寿退社とはなりそうですが、その前に追い出されてしまいそうです。父とのやり取りもいい、語らずともお互いに分かっていてだからこその空気感が良かったです。

 

50代女性
50代女性

松嶋菜々子さんが、同級生で働いているのですが、故郷の徳島にいる母親が入院したことによって故郷に帰って来ます。末期ガンであることを聞かされ、そこから一生懸命に世話をする娘の咲子を静かだけれど、心に熱い思いを抱えている姿を熱演していて、良かったと思いました。宮本信子さんが、母親の龍子をさすがの演技力で存在感があったと思いました。凛としていて、筋が通らないことには断固としてはっきり口にするのがサバサバしていて良かったです。日本人女性の強さ、美しさ、優しさが伝わってきて感動しました。人としてあるべき姿を見事に演じていてすごかったです。自分なりの筋の通しかたとして、父親の存在を明かさなかった事は賢い女性だと思いました。大沢たかおさんが、咲子を支える医師の寺澤をとてもいい味を出して演じていて、さすがだと思いました。死期が近づいた母親と接していくうちに、思い出の品にに触れて全く知らなかった母親の想いを感じていく過程は、切なくて胸に迫ってくるものがありました。どんな人も、過去にはいろいろな出来事があってドラマがあり、切ない想いやどうしようもない気持ちを抱えながら生きているのだと感じました。歳を重ねてから観返してみると、若い時に感じた感情とは違う感情が涌いてきました。阿波踊りのシーンが素敵でぜひ一度見てみたいと思いました。

40代女性
40代女性

私には、主人公咲子の恋にも、その母龍子の恋にも共感は出来なかった。しかし、龍子を演じる宮本信子の演技力は素晴らしいと思った。龍子のセリフひとつひとつにハッとさせられ、カッコイイと感じるにつれ、母の、娘を想う心に共感を覚えた。咲子が自身の父親に関する母の嘘について問い詰める回想や、入院中の母親との口論、その後真実を知っていく課程などは、咲子と共感しつつも、母として娘に語りたくない思いを感じて切なく思った。また作中随所で見られる徳島ならではの景色や、阿波おどりとの共存風景などはとても心惹かれた。実際に徳島を旅行すれば見られる風景そのままで、私の思い出と重なり懐かしさが込み上げてくる。クライマックスの阿波おどり会場での場面は、記憶の中の、腹に響く振動まで感じられるような迫力満点の映像だった。徳島を旅行したことがなくても十分な臨場感が味わえるとだろう。そして作中で語られる献体という存在には、新たに考えさせられた。確かに、なくてはならない存在だろう。しかし望んでそれをする人には、それをするだけの強い意志があるのだと思う。その意志なくして、容易に引き受けられるものではないのだと感じた。邦画ならではのしっとり感が味わえる作品だと思う。

30代女性
30代女性

どの方向から見ても眉の形に見えることからその名がついた眉山。古くから親しまれるこの山がある徳島市がこの映画の舞台です。東京で旅行代理店に勤める河野咲子は、母・龍子の病気を知って、久々に帰省します。入院先で、啖呵をきる母の姿を見て、自分勝手だと咲子は思うのですが、龍子をよく知る人たちからは、お龍さんと呼ばれ慕われる存在です。気風の良い母は、実は江戸っ子でした。そんな龍子にはある秘密がありました。それが咲子に誤解を与えるのですが、母のほうはというと、娘のこと、また自身を取り巻く状況をよく理解しているようで、心の機微がわかる人だなと思わされます。なぜ今、徳島に住んでいるのかというところが物語のポイントで、後半に理由が明かされます。咲子は、若かりし頃の母親の足跡を、龍子が大事にしていた手紙を介して辿っていきます。物語の終盤、徳島の夏の風物詩・阿波踊りの熱気とともに、眉山に重ねていた龍子の思いが伝わってくる中、母を思う娘の気持ちが通じるある出来事が起こるのでした。十年ぶりの映画出演だった母・龍子を演じる宮本信子さんや、咲子役の松嶋菜々子さんの着物姿がとても美しく、映画に趣を与えています。ストーリーはシンプルで、展開についていけないということはありません。また、それが登場人物の心の動きを追うのにちょうどいいと思います。自分の見栄や意地で娘を悲しませた、という龍子の言葉に、秘密を秘密のままにしていくことが本当にいいことなのだろうかと考えされました。そして、この映画の二番目のテーマは献体です。死後、遺体を医学の教育と研究のために役立てたいと思う人が、生前から関連した団体に登録しておき、亡くなられた時、その遺志にしたがって遺体が大学に提供されることを言います。母の秘密と医療というテーマが結びつけてあります。龍子も映画の中で夢草会という団体に登録していました。病気で先が長くないことに気づいていただけではなく、医学を深いところで理解していたからでした。眉山を臨んでの景色や、阿波踊りなど、徳島の良さを感じられるシーンが見どころです。徳島を旅行した気分で楽しめる映画だと思います。また、龍子が好きな人形浄瑠璃を垣間見ることができます。

30代男性
30代男性

さだまさしのベストセラー小説を原作に、2007年に映画化された作品。徳島県の眉山を舞台に母と娘の深くて強い絆をテーマにした作品であり、「愛とは何か」「強さとは何か」を見る人に問いかける。末期がんという母の重い病をきっかけに、いわゆる母子家庭という環境で育った母と娘の昔の記憶が次第によみがえっていき、言えなかった素直な気持ちや知りたかった真実などがぶつかり合っていく。それが日常のどのような家庭でもあり得るもののため、いつの間にか映画を見ているという感覚が薄れ、まるで自分事のようにストーリーが入ってくることで各登場人物に感情移入することを容易にさせてくれる。ヒロインを演じる松嶋菜々子はもちろんのこと、その母親役として10年ぶりの映画出演となる宮本信子のブランクを感じさせない演技力が、またたまらなく胸を打つ。徳島県の眉山、そして阿波踊りと徳島の魅力も大いに感じさせてくれる作品であり、まさにこの舞台あっての映画であるといっても過言ではない。両親、故郷、初恋、純愛、記憶、思い出、・・・。この映画を見終わった後には、そのような様々な要素を自分のそれに置き換えた状態で、改めて考えさせられる。つながりや絆というものの前提が変わった昨今の状況だからこそ、今見ておきたい映画である。

 

まとめ

『眉山』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました