ビブリア古書堂の事件手帖(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー
映画『ビブリア古書堂の事件手帖』予告編(主題歌入り)

ビブリア古書堂の事件手帖の動画フルを安全に見る方法

『ビブリア古書堂の事件手帖』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『ビブリア古書堂の事件手帖』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ビブリア古書堂の事件手帖の内容

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』は、2018年11月1日に公開されました。

原作は、作家・三上延さんにより2011年から文庫本書き下ろし作品にて刊行された同名小説です。このシリーズは全7巻、番外編1巻刊行され、累計発行部数は680万部の大ベストセラーとなった作品です。

その後2012年に隔月刊雑誌漫画雑誌『アルティマエース』及び漫画雑誌『good!アフタヌーン』にての漫画化、2013年にはフジテレビ系にて剛力彩芽さん主演でドラマ化をされています。

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』は、50年前に隠された夏目漱石のサインの秘密と、現代で狙われる太宰治の希少本。2冊を結ぶ秘密の先に待ち受けるのは、大輔の人生を変える「ある真実」でした。本に導かれ、過去と今が交差する極上の感動ミステリーとなっています。

 

単純なエンタメ作品だと思っていいましたが、物事を暗示する気のきいた演出の場面がところどころあり、人の心がわかる者とわからない者の対比という、テーマもあったし、想像以上に芸術性のある作品でした。

全てが淡々とした映像と演出と演技。すべて控えめなところに叙情があってよい印象です。その中で、東出昌大さんと成田凌さんの役作りに個性が出過ぎています。明らかに監督の意図と思われますが、そこは全て控えめで統一させてほしかった。

ドラマ版に比べると、今回の映画版の黒木版栞子は、かなり原作に近いイメージだったのではないかと思います。
ただ、相手役の大輔のイメージは、違うように感じました。
もっと大柄であり不器用で、それでいて繊細な部分を持ったイメージだったのですが。

登場人物が少ないためか、犯人は早々にわかってしまいますが、それでも面白かったです。昔の金田一耕助のものようで好きな作品です。まだエピソードがたくさんあるので続編を映画化してほしいです。

原作を読んだ人、未読の人によって評価は分かれるようです。既読の方は小説のイメージが強烈なようで少なからず違和感を感じた方もおられました。

しかし物語としては演出・音楽・キャストの演技いずれも高評価がありました。

あらすじ

古都・鎌倉の片隅にある古書店「ビブリア古書堂」が物語の舞台です。

ある過去の出来事から本が読むことができなくなった五浦大輔がその店に現れます。それには理由があり、亡き祖母の遺品の中の夏目漱石の「それから」に記された著者のサインの真偽を確かめるためだったのです。

磁器のように滑らかな肌と涼やかな瞳が美しい若い店主の篠川栞子は極度の人見知りですが、一度本を手にすると、その可憐な唇から止まることがなく本の知識が溢れだします。さらに彼女は、探偵のような優れた洞察力と驚くべき推理力を持ち合わせます。栞子はたちまちサインの謎を解き明かし、「この本には祖母が死ぬまで守った秘密が隠されている」と大輔に指摘します。

このことから古書堂で働き始めた大輔に、栞子は太宰治の「晩年」の希少本をめぐって、謎の人物から脅迫されていると打ち明けるのでした。力を合わせて謎の人物の正体を探り始めた二人は、ある一つの結論に達します。それは漱石と太宰の二冊の本に隠された秘密が、大輔の人生を変える一つの真実につながっていることでした。

見どころ

主人公・篠川栞子のキャラクター

黒木華さん演じる、主人公・篠川栞子は、普段極度の人見知りなのですが、事が本の事になると並外れた情熱と知識を持つというキャラクターです。

この役を黒木華さんが見事に演じ上げています。

主題歌

今作品の主題歌は サザンオールスターズの「北鎌倉の思い出」が使用されています。この曲は桑田佳祐さん原由子さんが映画を鑑賞し、監督である三島有紀子さんの手紙を受け取った後に書き下ろした曲で、北鎌倉を舞台に時空を超えて行き来する愛する人への思いを、豊かな自然の描写とともに表現されています。またサザンの曲には珍しく原由子さんがボーカルを務めています。

スタッフ

監督:三島有紀子
脚本:渡部亮平、松井香奈
音楽:安川午朗

キャスト

篠川栞子:黒木華
「ビブリア古書堂」の店主。普段は極度の人見知りだが、本ついては並外れた情熱と知識を持つ。

五浦大輔:野村周平
栞子に魅了され、店を手伝う事になる青年。

稲垣:成田凌
漫画専門のネット販売を行う青年。

五浦絹子:夏帆
大輔の祖母。

田中嘉雄:東出昌大
作家志望の青年。

 

『ビブリア古書堂の事件手帖』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ビブリア古書堂の事件手帖の感想

50代男性
50代男性

ドラマ化にアニメ化、そして映画化と大人気の「ビブリア古書店」シリーズですが、もっとも早かったドラマ版では主人公である古書店主の栞子の役を剛力彩芽さんが演じ、原作とのギャップが話題となりました。映画版の栞子を演じるのは黒木華さんです。やはり原作のイメージとはスタイルも雰囲気もちょっと違いますが、演技力には定評のある女優さんだけに、どこか文系で本好きのお嬢様のような匂いがする佇まいや、本の話に夢中になってしまうところは無邪気な少女のよう表情や、推理パートで見せるどこか冷徹な鑑定家のような変化がごく自然に演じられていて素敵です。ストーリーは大輔の祖母が夏目漱石の本に隠した思いと、栞子が所有する太宰治の「晩年」に関する事件というシリーズ中でも屈指の話がピックアップされています。前者は推理ものとしてよく出来ていて謎解きの面白さと時代にあらがう切ない思いが感じられ、後者はサスペンスものとしてハラハラドキドキさせられ、目が離せなくなる展開です。もうひとりの主要人物である大助を演じるのは野村周平さんですが、やはり原作のイメージとは少し違う感じも受けますが、何事にも真っ直ぐな雰囲気が栞子の支えになっている感じが伝わってきます。原作を読んでいる方にも、読んでいない方にもお勧めできる映画です。

40代女性
40代女性

黒木華さんが美しい、清潔感があり地味すぎないけれど決して派手すぎるわけでもなく栞子さんのイメージがそのまま形にされていました。大輔たちも含め、原作ファンからも喜ばれる配役だと思います。お店や街もいい、こんなところで住んでいたんだ・こういったお店なんだと小説で細かな絵柄はなく頭に思い描いていたのが実現されました。栞子さんが本が大好きなのは分かる、でも信用しているようにみえて2冊ともニセモノを持っていたというのは原作にもある母親の性格をいつの間にか引き継いでいるようで嫌でした。純粋無垢に育つには、境遇が邪魔しているのでしょうし頭の回転が良すぎることや本が大切すぎるからこそ無理だったのかもしれません。でも最後には本よりも大切なものに気づけ、だからこそ将来は大輔を選ぶことになったんだろうなと原作ファンだからこそあれこれと考えさせられてしまいました。原作をそのまま忠実に再現してくれるのはいいですが、だからこそ栞子さんが誰に突き飛ばされたのか分かってしまうのは興ざめです。声がそのまま、そこは演出を変えてまだ真相を知らない人たちにもっと推理させてあげてもいいのではないでしょうか。静かに流れる時間、気負わず楽しめる作品です。

30代男性
30代男性

ビブリア古書堂の事件手帖を見た感想は、本から秘密が解き明かされていく展開が非常に面白いと思いました。また、晩年などの初版等でプレミア価格がついている本について知ることができました。私は原作を読んだ上で映画を読んだのですが、登場人物たちもイメージにピッタリですんなりと入っていくことができました。また、実際に映像化することで原作でイメージしていた風景が想像ではなく画像で見れるのも良かったと思います。原作からこの作品を知っている人にもお勧めの映画だと思います。また、映画を通して歴代の作家を知ることができ、名作と言われる作品についても店主の栞子が説明してくれるので本に疎い方でもこの映画を通して興味を持つことができるのではないでしょうか。原作を知っている方も知らない方も楽しめる映画です。本が好きな方であれば映画で解説される作家や作品についてより楽しめると思いますし、知らない方でも懇切丁寧に解説してくれるのでお勧めの映画です。単純に映画のストーリーを楽しめながら本について興味をもてるので言うならばこの映画は本を好きになってくれる人を生み出すことができる映画なのだと思います。是非お勧めしたい映画です。

50代男性
50代男性

2018年に公開された日本映画です。三上延が書いたベストセラー小説を映画化したミステリー要素の高い映画です。主演は、黒木華さんでした。あらすじは、祖母に叱られたことにより、大輔は本を読めなくなってしまいます。祖母の死後に問題となっていた本である、夏目漱石の「それから」について調べ始めます。調査しているうちに、古書堂の若い女性店主の栞子と出会います。栞子は本を見ただけで、大輔の祖母である絹子の秘められた恋を突き止めてしまうのです。大庭と名乗る人物が栞子の本屋にある太宰治の「晩年」を狙います。犯人は稲垣、大輔の祖母・絹子と恋仲であったことがわかります。この映画では、大輔が活字本が読めないというトラウマがあり、大輔の心におった深い傷について考えると感慨深いものがありました。また、本を通して大輔の祖母の過去の恋を暴いていくなど、ミステリー要素もあって楽しくいちょうできました。若手女優として夏帆さんが出演しているところもよかったです。この映画の中で同情する東出と夏帆のカップルも、見ていて爽やかで心温まります。なお、この映画の主題歌をサザンオールスターズが歌ってくれているところも、映画の雰囲気がとても良いものになっています。

 

50代女性
50代女性

黒木華さんが、極度の人見知りなのに本に関してはずば抜けた知識と情熱を持った栞子を、自然体で演じていてとても良かったと思いました。きれいで清潔感があって、ゆっくりした話し方で、おっとりした雰囲気が素敵ではまり役だと思いました。野村周平さんが、祖母の本を持ってきて謎ときを頼むのですが、いつも優しくて栞子をを見守る姿に好感が持てました。2人の関係が恋人というところまではいかない、何とも言えない、絶妙な距離感がいいと思いました。成田凌さんの怪演が、すごかったと思いました。夏帆さんが、とても可愛くていい味を出していて良かったと思いました。全体的にあたたかく優しい雰囲気が漂っていて、見終わった後に柔らかい気持ちになれる映画だと思いました。時間がゆっくり流れていくような感じがしました。本ばかりを大事にするところがある栞子が、大輔や妹の心に触れて本よりも大切なものがあるんだと、前に踏み出したシーンは栞子の成長が見れて、とても良かったと思いました。この作品を見て、改めて本というものの良さに気付いて、もっともっと本を読みたくなりました。鎌倉の雰囲気と、古書堂のアンティークな感じがとても良かったです。あんな古書堂があったら、ぜひ行ってみたいと思いました。

40代女性
40代女性

もともとはミステリー小説が原作でした、映画では「しあわせのパン」も監督を務めたというあの三島有紀子さんが同じく監督を務めるという作品です。フイルムは人気ミステリー小説ながらも、どこかほっとな印象の映画に仕上がっていました。主演は黒木華さん。野村周平さんという若い俳優陣の二人です。ストーリはちょっとはんざつなミステリーですので割愛して、二人の出会いからわりとソフトになっています。ミステリーを読んでいないと若干退屈してくるという映画でしたが、小説をしっかりと熟読していれば、スーと入り込んできました。
やりての黒木さん演じる女性を取り巻く状況はいつも古書に囲まれているのでしたが、昭和時代を思わせるノスタルジーな映像は引きつけられました。
黒木さん演じる女性の推理力が見どころになっており、この作品での彼女のキャラはどこか、蒼井優さんをも思わせるのでした。
ミステリー小説ほどにシビアでもなくほっこりとした空気感で見れる作品です。あの話題の俳優さんも出演されているのですが、映画のなかではなかなかの存在感で出演されていました。ベテラン俳優陣の出演は少ないものの、古書の演出を利用しているというところでした。

 

まとめ

『ビブリア古書堂の事件手帖』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

野村周平のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • BRIDGE はじまりは1995.1.17 神戸 プロローグドラマ 『ひと目、あなたに。』
  • 純平、考え直せ
  • WALKING MAN
  • 僕の初恋をキミに捧ぐ
  • BRIDGE はじまりは1995.1.17 神戸 ディレクターズカット版
  • 台風のノルダ
  • ソドムの林檎~ロトを殺した娘たち

成田凌のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 逃げるは恥だが役に立つ
  • アリバイ崩し承ります
  • ふれなばおちん
  • ランチのアッコちゃん

夏帆のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 架空OL日記
  • 世界の中心で、愛をさけぶ
  • 監獄のお姫さま
  • 悪霊病棟
  • みんな!エスパーだよ!
  • 楽園
  • 世界の中心で、愛をさけぶ特別編~17年目の卒業~
  • ヒトリシズカ
  • ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス
  • ひとりキャンプで食って寝る

東出昌大のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 精霊の守り人
  • 精霊の守り人II 悲しき破壊神
  • 精霊の守り人 最終章
  • ケイジとケンジ 所轄と地検の24時
本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました