バトルロワイアル2(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー
Battle Royale 2: Requiem – Trailer

バトルロワイアル2(映画)の動画フルを安全に見る方法

『バトル・ロワイアルII 鎮魂歌』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『バトル・ロワイアルII 鎮魂歌』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

バトルロワイアル2(映画)の内容

映画『バトル・ロワイアルII 鎮魂歌』(バトル・ロワイアル・ツー レクイエム、略称:BRII)は、2003年7月に公開されました。

高見広春さんによる小説を原作とした映画「バトル・ロワイアル」の続編です。監督・脚本は前作に引き続き深作欣二さんとなっていましたが、製作発表時に前立腺癌の脊椎転移を告白し、撮影開始してすぐに入院してしまい、監督代行として息子の深作健太さんが起用されました。

そして、2003年1月12日に深作欣二さんが死去し、実質的には深作健太さんの単独作品となりました。

前作はバイオレンス映画でしたが、本作は無人島でのテロリストと自衛隊、そして自衛隊に強制徴用された中学生との戦闘を描いた戦争アクション映画となっています。

主人公には、忍成修吾さんと前田愛さんが起用され、前作の主演の藤原竜也さん、ヒロインの前田亜季さんも同じ役で出演しています。

 

前作と比べてしまうとインパクトも内容も落ちているのは否定できないけど、本作は殺し合いではなくクラス全員で協力して戦うというもの。銃の使い方すら分からない生徒たちに軍服着せて戦争に放り込み、隣で友達が死んで行くけどどうしたらいいか分からないという地獄の戦場でクラスメイト同士に芽生える友情が熱くて思わずウルッときた。

前半1時間は新しい設定で面白くて期待させるんだけど、一息ついてからのストーリーの失速がひどかった。先生のキャラ設定はコメディ色の強い今作のほうが絶望感あって良いと思う。

やっぱ1が面白かったのは先生役ビートたけしが良かったからなのかな。
今作は、そもそもバトルロワイヤルじゃない戦争だよね。

この映画は今の子供達がいきなり戦争にいかされたら、どうなるかを描いている。設定が15歳なのは、深作欣二監督が終戦時15歳だったから。戦争が始まれば、男性・女性、子供なんて関係ない。
この映画を観るのに深い理由や理屈は必要ないと思う。

あらすじ

無作為に選ばれた中学3年の1クラスを最後まで殺し合わせる新世紀教育改革法・通称BR(バトル・ロワイヤル)法。その殺人ゲームで勝ち残った七原秋也(藤原竜也)中川典子(前田亜季)が戦場となった島を脱出して3年が経過し、世界はテロの時代に突入していました。

七原は、反BR法のテロ集団「WILDSEVEN」(ワイルドセブン)のリーダーとなり、首都を爆破し、その犯行声明に於いて「全ての大人に宣戦布告する」と宣言します。子供たちの報復を恐れた大人たちは、正義の名の下に通称BRII(バトル・ロワイアル・ツー)と呼ばれる新世紀テロ対策特別法を成立させます。

そんな中、キタノシオリ(前田愛)は、BRIIへの参加を志願し、青井拓馬(忍成修吾)など全国から問題児が集まる鹿之砦中学校に編入します。

その冬、シオリや拓馬がいる3年B組の生徒42名は、合宿へ向かうバスの中で軍に拉致されてしまいます。そして迷彩服に着替えさせられ、担任の教師RIKI(竹内力)から「孤島に立て篭もった七原秋也を3日以内に見つけて殺害せよ!」とBRIIへの参加を命ぜられます。

生徒たちは、勝ち組(ゲームに参加する)と、負け組(参加を拒否する)を選択させられますが、負け組を選ぶと殺されてしまうことを知ります。クラスの殆どが参加を選択しますが、男子15番の槙村慎太郎(黄川田将也)は拒否し銃殺されます。

また、同じ出席番号の男女どちらかが死ねば、首輪に仕掛けられた爆弾で、もう1人も爆死する事を知らされ、恐怖に怯える中、女子15番が死亡。

その後、残った40人の生徒たちは、ワイルドセブンの潜む孤島へと送り届けられます。

見どころ

本作の見どころは、生徒役のキャストたち。前作より増して「あの人も出てたの?」と驚くのではないでしょうか。

まず、主人公を演じた忍成修吾さんは、今では悪役やクセのある役を演じることが多く、スカッとジャパンのナルシストな演技は印象的です。前田愛さんはというと、歌舞伎俳優の六代目中村勘九郎さんの妻で、現在2人の息子さんも歌舞伎俳優として活躍しています。

ほかにも、生徒役に勝地涼さんや青木崇高さん、黄川田将也さん、加藤夏希さんなどが出演しています。また、ワイルドセブンのメンバーには、石垣佑磨さん、真木よう子さん、村田充さん、和田聰宏さんなども出演しています。みなさんの若かりし頃の姿は必見ですね。

スタッフ

監督:深作欣二、深作健太
脚本:深作健太、木田紀生
原作:高見広春
音楽:天野正道
主題歌:STANCE PUNKS「真夜中少年突撃団」

キャスト

青井拓馬:忍成修吾
男子生徒側の主人公。繊細でキレやすい性格。

キタノシオリ:前田愛
女子生徒側の主人公。教師・キタノの娘。

七原秋也:藤原竜也
前作の男子生徒側の主人公。

浅倉なお:酒井彩名
委員長グループの中心人物。

教師キタノ:ビートたけし
シオリの父親で、前大会の教官。故人。

桜井サキ:加藤夏希
ワイルドセブンのメンバー。スナイパー。

中川典子:前田亜季
前作のヒロインかつ女子生徒側の主人公。

教師RIKI:竹内力
普段は頼りなさそうな教師ですが、コワモテな姿の教官となる。

桜井晴哉:勝地涼
男子05番。拓馬と並んで数少ない男子生徒の生存者となる。

名波順:青木崇高
男子10番。ロック好き。

槇村慎太郎:黄川田将也
男子15番。ラグビー部のキャプテン。クラス委員。本村明日香と交際していた。

左海貢:石垣佑磨
ワイルドセブンのサブリーダー。

早田マキ:真木よう子
17歳の少女。ワイルドセブンに参加。

風間総司:村田充
ワイルドセブンのメンバー。過去の「プログラム」優勝者。常に無表情で冷静。

今給嶺聡:和田聰宏
ワイルドセブンメンバー最年長で、兄貴分的存在。

三村真樹雄:千葉真一
ワイルドセブンに関連のある人物。

三村の同志:大葉健二
マキの父。

内閣総理大臣:津川雅彦

特殊部隊隊長:谷口高史
教師RIKIの片腕。

拓馬の母:三田佳子

 

鹿之砦中学校3年B組 男子
卜部秀悟(柴木丈瑠)、葛西治虫(坂本真)、黒澤凌(伊藤友樹)、柴木雅実(藤平涼二)
志村鉄也(山田浩太)、城直輝(原田健二)、田口正勝(田中丈資)、長谷川達彦(田村圭生)
日笠将太(豊永利行)、保坂康昭(池山孝明)、前薗健二(上條公太朗)、皆本清(遊木康剛)
宮台陽介(山本一輝)、向井渉(久保田武蔵)、森島達郎(蝦名清一)

鹿之砦中学校3年B組 女子
池田美希(盛内愛子)、筧今日子(神戸みゆき)、久瀬遥(末永遥)、鷺沢希(佐藤翔子)
汐田早苗(松本美千穂)、戸塚保奈美(中川愛海)、夏川結子(金沢美波)、新見麗奈(新舞りあす)
野坂真帆(石井明日香)、蓮田麻由(柳沢なな)、波多量子(花田亜由美)、福田和美(あじゃ)
松木志穂(松本真衣香)、三船夕佳(坂口理香)、本村明日香(長谷部瞳)、八木綾音(菊地美香)
矢沢愛(清水沙映)、谷野響(宮尾知里)、夕城香菜(森本ゆうこ)、善山絵里(名雪佳代)

【反BR法組織 ワイルドセブン】
米内健吾(久我未来)、岩本悠斗(田代功児)、舞(岩村愛)、土佐士朗(柳澤貴彦)、忍(小澤佑果)
翔子(坂本真衣)、
千鶴(浜田麻希)、さやか(水野茜)、真田幸太(風間由次郎)、亜矢(梅田悠)
西浩介(西川祐也)、由香里(豊岡真澄)、仁(今野雅人)

 

『バトル・ロワイアルII 鎮魂歌』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

バトルロワイアル2(映画)の感想

30代女性
30代女性

首輪の連動爆破の怖さが伝わってきます。出席番号2番の女子に繋がる連動爆破のシーンの怖さをリアルに感じます。ストーリーも犠牲者もテンポよく進むし、終わりのまとまりも良く、前回の作品の七原含めたテロリスト集団の立ち向かう命を懸けた戦いを感じるシーンも多くて見ごたえあったし、そこが面白かったです。明日香を含めたボート組のシーン達があっさり終わらせずに、もっと個々人の恐怖を長めに見てみたかったです。地雷原組もボート組と同様に思います。首輪の連動爆破が始まった際に、それを受け入れてメッセージを残す人、狼狽えまくって終わる人、巻き込まないために行動を移す人など、土壇場での行動がそれぞれだと見えるところもリアルに感じて良かったです。主演である出席番号共に1番の男女ペアの互いのやり取りも良いです。先生も、前回のバトルロワイアルよりはバトルロワイアルⅡのほうが出番が多く、終盤の先生は良かったと思います。演技力が高いのは前田愛さんが断トツ上手いです。出席番号1番ペアと共に、前田愛さんも主演級だし、イケメンや美女の俳優や女優さんが多いのも見るほうとしては嬉しいです。バトルロワイアルでは生徒同士は敵だけど、今作では生徒同士は敵でなく仲間なところも良いです。

 

40代男性
40代男性

「バトル・ロワイアル」(以下、前作と記載)の続編映画でもある「バトル・ロワイアルⅡ 鎮魂歌」は前作以上に迫力のある映像が印象的な映画です。前作で大人たちが作ったBR法という法律に基づいてある1つのクラスが選ばれて、クラスメイト同士で殺し合いをさせられた中、最後まで生き残った七原秋也。今作ではその七原が中心となって数年後にワイルドセブンというテロリスト集団を形成し、自分たちに殺し合いをさせた大人たちへ復讐を果たすべく宣戦布告を行います。そのワイルドセブンをつぶすために送り込まれたのは新たな子供たち。最初は「自分たちには関係のない争いに巻き込まれた」と大人たちにもワイルドセブンにも反発する子供たちでしたが、実際に七原と対峙して行動を共にしていくことで少しずつ意識が変わっていきます。前作は高見広春氏が書いた原作小説もあったのである程度ストーリー展開も予想できましたが、本作では次の展開がどうなるのか予想もできなかった分、ドキドキ感もより強く、最後まで物語がどう進んでいくのか気が抜けない展開で、楽しむことができました。かなり壮大な世界観の作品ですが、「テロとは何か」、「正義とは何か」を考えさせられる作品だと思います。

 

30代女性
30代女性

「バトル・ロワイヤルⅡ 鎮魂歌」は前作で社会現象となった話題「バトル・ロワイヤル」のその後を描いた作品です。前作で強制的に殺し合いに参加させられ、生き残った七原秋人と中川典子を中心としたメンバーが自分たちと同じ信念を持つ仲間たちと共にレジスタンス組織「ワイルドセブン」を結成し独裁国家に立ち向かっていきます。レジスタンス組織のリーダーとなった七原秋人が「全ての大人に宣戦布告する」というシーンはとても重く心に刺さります。そしてBR法によって人生を狂わされた七原秋人と同じ信念を持つ者が全国から集まりレジスタンス組織を結成しますが、それが新たな悲劇を生んでいくという展開はどうしようもなくて辛いです。本作ではテロ組織とされたワイルドセブンのメンバーを殺す為に新たなBR法が制定され、主人公も変わります。主人公が変わったことにより、視点も変わっていき正義は一体どちらにあるのかと、考えさせられる展開が続きます。前作主人公の七原秋人も正義の為に戦っているはずなのに、見方を変えれば犠牲者を大量に生み出すそれは本当に正義なのかと問いたくなるような内容でした。そして彼を倒す為に新たなBR法が制定され、また前回と同じような殺し合いが起きるという皮肉とも思えるストーリーはとても辛いです。この虚しい戦いは一体どう決着を迎えるのか、と気になって最後までハラハラしながら一気に見てしまう作品でした。

20代男性
20代男性

「生きること」を見失った大人こそ見るべき作品。「自分にこんな夢がある」、「ほんとうはしたいことがある」そんな熱い想いを、思い返すことができる作品です。。2000年代に社会問題にもなった超問題作「バトル・ロワイヤル」の続編。少年少女が殺し合うという衝撃的な内容に目がひかれがちですが、今作最大の見どころは「生きること」の意味を体現した教師RIKI扮する竹内力さんの熱演。この世界では大人が生徒たちを支配しているように見えて、そのじつ大人たちこそが世のあり方に支配されています。理不尽に命をうばわれ、それでも自分の意志で懸命に生きようとする生徒たち。片や社会のルールにとらわれ、夢も忘れて生きている大人たち。はたしてどちらがいまを「生きて」いるのかを教師RIKIをつうじて問われていきます。夢を追い切れず、しかし大人にもなりきれない教師RIKIが葛藤する場面は、胸をつよく打ちます。前作の教師役であったビートたけしさんを超えるべく、やりすぎなくらいに気合の入った演技には鬼気迫るものがあり、このやりすぎ加減がシリアスなストーリーに絶妙なギャップを生み出してます。ラストシーン、教師RIKIの出した決断には感動します。是非一度見るべきです。

20代男性
20代男性

前回のバトルロワイヤルの生き残りの七原秋也がバトルロワイヤル2では敵となってワイルドセブンを率いていて1クラスが七原を倒そうと孤島に向かっていくんですけど、ことごとく倒されていって何もしてないのにやられるのは凄く可哀想だなと思いました。七原は前回のバトルロワイヤルよりだいぶ成長してめちゃくちゃ強くなっていたので七原と戦う時点で間違ったいたんだと思います。そして七原はワイルドセブンに立ち向かったクラスの何人かが首輪の音がなり助けたところはかっこいいし、七原自体も前回の時に首輪をつけられてたからこの音がわかったんだと思うしこの首輪がどんなことが起きるのか分かっていたから助けたんだと思います。そのあとはクラスの生き残りのメンバーとワイルドセブンが組んで政府を倒そうとしてその孤島に軍も到着して銃撃戦が始まって青井拓馬と七原秋也が協力して倒すところは凄くいいシーンだしかっこいいなと思いました。バトルロワイヤルを観ていた当時は銃撃戦は凄く衝撃でびっくりするところも多かったですが、今はクラスを送り込んだ政府が最低だなと思うしもっと命を大切にしてほしいとバトルロワイヤルを見て思いました。七原秋也と青井拓馬が仲間を助けるところはかっこよかったです。

30代男性
30代男性

私自信、前作の大ファンであったので非常に楽しみな作品でした。まずバトル・ロワイアルⅡは、前作を観た方、且つ、戦争映画好きなら楽しめる作品であるかと感じました。生徒一人一人のストーリーやキャラクター性については前作の方が作りこまれているように思えます。ひとりひとりの死のストーリーが前作がしっかりと描写されている一方で、今作は命が軽く感じられた部分が残念でした。一方でワイルドセブン(七原達)への進軍の描写は戦争映画を見ている感覚があり、前作とはかなり異なった印象を受けました。かなり迫力があって見入ってしまい、ドキドキさせられた場面でもあります。命が軽いと前述しましたが、ある意味これがリアルであり、感情を揺さぶられた部分だったのかもしれません。そして、七原登場からのストーリーはただの殺し合いではなく、こどもVS大人という構図が非常に引き付けられるものがありました。そして最終局面、若干のネタ要素は感じられましたが、世代によってはかなり刺さるところかもしれません。まとめると、前作を観た方が七原や中川の人間性を理解できるのでストーリーは楽しめるかと思いますが、一方で前作のファンであればあるほど、作品性の乖離でガッカリしてしまうかもしれません。しかし、上陸の臨場感や緊張感、感情を揺さぶられる部分においては前作を超えていると思いますし、2度目3度目と見直したくなる作品であると感じました。

 

まとめ

『バトル・ロワイアルII 鎮魂歌』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

忍成修吾のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 名探偵・明智小五郎
  • 増山超能力師事務所
  • 楽園
  • アンフェアSP ダブル・ミーニング Yes or No
  • ハル ~総合商社の女~
  • マチ工場のオンナ
  • 一路
  • BS時代劇 薄桜記
  • 土曜ドラマ 刑事の現場

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました