バクマン。(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
佐藤健×神木隆之介×大根仁!映画『バクマン。』予告編

バクマン。の動画フルを安全に見る方法

『バクマン。』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『バクマン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

バクマン。の内容

映画『バクマン。』は、2015年10月3日に日本で公開されました。この映画は2008年から2012年まで集英社の『週刊少年ジャンプ』で連載されていた漫画の実写映画です。

監督は、映画『モテキ』などを描いた疾走感のあるエンターテイメントに定評のある大根仁監督です。

原作は『DEATH NOTE』などの原作・大場つぐみさん、作画・小畑健さんです。

この映画はだい39回日本アカデミー賞の話題賞を受賞、主題歌がサカナクションの『新宝島』でこの曲は最優秀音楽賞を受賞し、大きな話題になりました。

佐藤健さん演じる真城最高と神木隆之介さん演じる高木秋人がコンビを組んで、漫画家の道を進み、『少年ジャンプ』の頂点を目指すという作品で、両方とも人気のある俳優なためキャスティングにも注目が集まりました。

漫画も読んでてお思ったけど、バクマンの凄いところって書いてる人一緒なのに絵の書き方が違うとこなんだよな。戦闘シーンとか多い実写と比べて完成度とか安心感が圧倒的に優っていた!

最後のエンディングがすごい寝られてて本当に感動した!

最初は配役逆だろ!とか思ったけど二人の演技力を見越した配役なんだなって納得した!

少新宝島の映画ってバクマンだったんだ。

映画のキャストと曲が良いとか面白いに決まってる。

佐藤健と神木隆之介がかっこよすぎ!

あらすじ

埼玉県谷草市、中学三年生だった真城最高(サイコー)は高い画力がありながら将来に夢を持たないただ退屈な日々を過ごしていた。

そんなある日些細な出来事から、クラスの中で秀才の作家志望の高木秋人(シュージン)に「俺と組んで漫画家にならないか」と誘われる。最初は断っていたが、同じクラスで声優を目指している亜豆美保と「漫画のアニメ化を達成したら結婚する、それまで直接会わない」という約束をしたことにより漫画家を目指すことになる。

そして漫画家を目指していく中で、新妻エイジという漫画家が、同年代で手塚賞を受賞したことを知り、ライバル視するようになる。

二人三脚で頑張りながら、二人のペンネームを真城、高木、亜豆から取って「亜城木夢叶」ということにして漫画家活動を始めた。

二人は多くの苦難に遭いながら、ジャンプの頂点を目指して歩んでいく。

見どころ

映画『バクマン。』の見どころは、漫画家になる上での苦悩がクローズアップされていることです。漫画が好きな方は一度は漫画家を夢見ると思いますが、良くも悪くもリアルに描かれているため、漫画家になるのは本当に難しいと思わされますし、簡単な道はないと思わされます。

しかし一方で主人公の二人がこの大きな壁にぶつかっていく姿はとても感動しますし、夢を持つことの素晴らしさを改めて感じると思います。

普段描かれた漫画を読むことは多いですが、漫画家の生活を描いた作品ということで、普段と違った視点を持てるというのもこの作品の魅力であると思います。

スタッフ

監督:大根仁
脚本:大根仁
音楽:サカナクション

キャスト

真城最高:佐藤健
同級生の高木秋人に誘われて漫画家を目指す。亜豆美保との結婚の約束を達成するために漫画家として成功することを誓う。

高木秋人:神木隆之介
秀才で行動力あることを生かして、同級生の真城最高を漫画家に誘い、二人で漫画家を目指す。

亜豆美保:小松菜奈
声優を目指す真城と高木の同級生。真城と夢を実現したら結婚をするということのために声優として活動を始める。

新妻エイジ:染谷将太
亜城木夢叶と同期の天才漫画家。二人のライバルとして常に前にいる存在。

服部哲:山田孝之
亜城木夢叶の週刊少年ジャンプの担当編集者。厳しいが、的確なアドバイスで二人を支える。

 

『バクマン。』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

バクマン。の感想

 

50代女性
50代女性

様々な若者のサクセスストーリーの中で漫画家というのは目新しく感じました。主演の佐藤健さんと神木隆之介さんが好きな俳優さんで、山田孝之さんも出演されているので、きっと面白い作品に違いないと、かなり期待して観ました。コメディの要素が強いのかなと予想していたのですが、思いの外シリアスな展開で驚きました。画像の軽いタッチとスピーディーな展開のお陰か、それ程の圧は感じずに、ストーリーに入り込む事が出来ました。漫画家としてプロになる事の難しさ、その中でも少年ジャンプという狭き門を通る事の厳しさがヒシヒシと伝わってきて、気が付けばサイコ(佐藤健さん)とシュージン(神木隆之介さん)を全力で応援していました。天才漫画家のエイジ(染谷将太さん)や声優志望のみほ(小松菜奈さん)の存在も大きいのですが、時々登場する山田孝之さん演じる編集者のインパクトは絶大でした。単なるサクセスストーリーではなく「何故、人は夢を持つことが大切なのか」「人は何の為に頑張るのか」という人として大切なものが丁寧に分かりやすく描かれているので、小さなお子さんから年配の方まで全ての世代の方が楽しみ、心を動かされる映画だと思います。一人でも多くの方に是非観ていただきたい映画です。

 

20代女性
20代女性

男子高校生が二人で漫画家を目指して成長していくストーリー。この映画の原作が大好きなのとキャストさんに惹かれて見ました!原作自体が二人の人生を描いたような作品なため、2時間の中で原作通り!とまでいかないのは仕方がないとして、この時間の中でここまでまとまったのがすごい!という印象です。原作とはまた違った面白さがあり、初めて見る方にとっては、「映画でこれだけ面白いのに原作どれだけ面白いの?!」って思わせてくれるような作品です。まずキャストのハマり具合が素晴らしい。そしてCGを使った映像、エンドロールの演出は今までに見たことのない新しさ。最後の最後まで楽しませてくれます!テンポもよくてあっという間に見れました。漫画が仕上がるまでの過程がリアルに描かれており、主人公二人の生き方に勇気をもらえます。恋愛、友情、努力、感動、笑い、全部そろってるといってもいいぐらい。そして高校生とは思えない仕事への向き合い方と熱い想い。ジャンプファンの方や漫画が好きな方は見て損はない!漫画にあまり興味がないという方でもこの映画を見て興味がでない方はいないはず。やる気が出ないとき、元気を出したいとき、モチベーションをあげたいときにオススメする映画の一つです。

40代女性
40代女性

映画「バクマン」は漫画家を目指す2人の青年を描いた作品で、真城役を佐藤健、高木役を神木隆之介が演じています。正直作品を見るまでは、佐藤健と神木隆之介の役は逆の方が合っているのでは?とか漫画家を目指すという設定はコミックならいいけど映画だと地味なのでは?なんて思っていました。ですが作品を見ていい意味で裏切られたと言えますし、原作の流れをそのままに上手く映画の尺に合わせてストーリーを繋いでいると思いました。それに佐藤健と神木隆之介はどちらもルックスが良く、さらには演技が上手なので安心して見ることが出来ますし、王道だからこその安定した面白さと魅力があると言えます。笑える部分もあったり、あとラストは泣ける作品です。それにこの作品を見ると漫画家って締め切りがあるし、読者アンケートの結果に評価されたりとかなり体力的にも精神的にも大変なお仕事なんだと知りました。あと映画の中には実在の漫画作品、出版社が実名で登場するので妙にリアリティがあるのが魅力、さらに劇中に使われている漫画原稿は原作者の小畑さんが描いているということなので、細かい所まで見所満載と言えるでしょう。原作を読んでいる人はその違いを探してみると楽しいですし、読んでない人も楽しめる作品と言うことが出来ます。

30代女性
30代女性

出だしからスピードがあり面白そうと確信できた。あくまで漫画が中心となっていて原作や漫画に詳しい人でも、安心して見はじれました。主題歌をサカナクションが歌っていたのも
違和感がなくてノリノリでした。キャストもピッタリで真城役も高木役もかっこいいし亜豆役もかわいくて、新妻役も憎めなく少し応援したくなる感じがして私的にはジャンプの編集者役の山田孝之は演技と思えないほどはまっていて、もっとたくさん出してほしかったけどすごくテンションが上がりました。弟と一緒にみてアンケート結果がすごく気になりながら後でどの漫画家がよかったか盛り上がって話しました。その後それぞれの漫画家がどうなったのかが気になって仕方ありません。漫画なので子供でも男女問わず、ジャンプアニメを見ている人も全く見ていない人でもわかりやすくずっと飽きるタイミングなく見ていました。ドキドキからワクワクに変わって感動のできる流れで終わった後、改めて漫画バックマンとワンピースが見たくなって中古本を検索した。漫画でなくても夢を持って頑張っている人にとって勇気がもらえる内容で今まであまり気にしたことがなかったけどアンケートも書いてみようと思いました。最後の一コマめっちゃくちゃ感動しました。

20代女性
20代女性

バクマンの原作は読んだことがありませんでしたが、佐藤健さんと神木隆之介さんのファンだったので観ました。この映画では、夢までの努力ということはもちろん、漫画家という仕事の奥深さを感じました。画力という才能がありながら将来への意欲がない主人公のサイコーと、熱くて行動力がある作家志望のシュージンの2人が手を組み、夢を掴んでいくというサクセスストーリー。漫画の道は甘くないと思いますが、展開がサクサク進んで気持ちよく、あっと言う間に終わりました。しかし、友情や片思いの恋など青春もありながら、夢までの道にはばかるライバルの出現や、大人の世界の洗礼など、決して簡単なことではないことがよく描かれています。どの世代の人が観ても、自分の関心を持つ視点で楽しめると思います。漫画は気軽に読める娯楽のものですが、その背景にはこんなに多くの人が関わっていて、やっとの思いで連載できている人や、反対に諦めて涙を流している人がいると思うと、どんなに華のある仕事に見えても奥深いものがあると思いました。主人公の等身大になる中高生はより刺激になると思うので、違う職業バージョンの映画もあったら見せてあげたいって勝手に思います。サカナクションの音楽がぴったりでした。

20代女性
20代女性

自分は普段洋画をみているのですが、評価が高く興味がわいたのでみることに。結論、すごく面白かったです。原作未見なのですが原作ファンも納得いくような傑作だと思ってます。キャストさんが当たりばかりだったと思っています。神木くんのオタクチックな雰囲気がそれはもう似合うこと似合うこと笑 もちろん佐藤健のかっこよさもありますよ!
染谷将太さんの新妻エイジ最高でしたね、独特の雰囲気がもうハマっていて目が離せませんでした。ダイナミックな演出には圧倒されました!サイコーと秋人の息の合った掛け合いがとても心地良かったです。周りの人から影響をもたらされる二人や周りの人に影響を与えていく。そんな切磋琢磨をしあった漫画でつながっているキャラクターたちに感動しました。漫画をかいてるとはいえ、彼らはまだ高校生なのだと自分たちの身近に感じさせるような雰囲気や会話がとてもリアルでしたし、親近感がわきました。青春っていいなあって思える最高の映画です。
夢を追い続けるのは大変だし、夢は必ずしも思い描いているものではないかもしれない。そんな夢と現実を体感できる映画でもあります。
ただ一つ言えることは、「友情・努力・勝利」まさしくその通り。

20代女性
20代女性

漫画家を目指す少年たちのストーリーです。佐藤健と神木隆之介のコンビがとても見どころで、一緒に力を合わせて夢に向かって奮闘してゆく姿が格好良く、元気を貰います。最初はなかなかうまく漫画が描けず、かなりダメだしをくらってしまいますが、それでも諦めないところが良いと思いました。映画のサントラに合わせて漫画がスラスラと出来上がって行く、中盤あたりの演出はとても盛り上がります。この部分は一番と言っても良いくらいの見どころです。映画のサントラはとても格好良く、その部分もおすすめする大きなポイントです。全体的にテンポ良く話が進んで行くので、あっというに観終わってしまいます。最後は体力的に限界になりつつも諦めず漫画を描き続けるようになりますが、いくら好きなことでもここまで頑張れる人はなかなかいないだろうと思わせる、映画のクライマックスにふさわしい感動のシーンでした。この映画は原作の漫画があるため、漫画ファンの人も多く観ているかと思います。私は原作漫画を知らずに映画を観たので、ストーリーも何も知らずに観て、とても面白くて驚きました。これから観るという人は原作ファンの方もそうでない方も楽しめること間違いなしの作品なので、是非観てみて欲しいと思います。

30代男性
30代男性

面白い!マンガとアニメを見てから映画見ました。漫画家を目指すという設定でありながら、スポ根、青春系のテイストで、個人的は漫画アニメでハマりました。元々かなり長編ストーリーのため、映画ではどのように描かれるのかと思っていましたが、思ってた以上にスッキリとコンパクトにまとまっていて、物足りないって思う方もいるかもしれませんが、個人的には見易かったです。キャスティングはイメージとは違いましたが、見始めると、漫画、アニメに無理に寄せにいかずに、オリジナルな感じがして、これはこれでアリでした。服部さん(山田孝之)の存在が原作同様きいてます。漫画家という職業のリアルが詰まっていますので、漫画家を目指す人だけでなく、漫画自体が好きな人も一度見ておいて損はないです。これから週刊誌やコミックの見る目が変わると思います。漫画、アニメを知らずでも楽しめるし、最後の最後まで、漫画好きには嬉しい演出が詰まってます。とても前向きになれる映画なので、落ち込んでる人や気分を上げたい人には特にオススメです。近年、漫画原作の実写化は厳しい評価が多いですが、「バクマン。」は成功だと思います。アニメ同様、続編が出る事を期待しています。

30代女性
30代女性

映画「バクマン。」の面白さはストーリー、絶妙は配役、映像エフェクトかなと思います。私は原作は読んでいないのですが、漫画家を目指すという漫画は他にもありそうですが、ジャンプ編集部という存在を一緒に描いているところが珍しく、漫画家では「あるある」であろう内容も描写されることで知識欲が満たされる感じがします。配役については主人公の二人はもちろんのことですが、担当編集役の山田孝之、編集長のリリー・フランキーがすごいいい。きっと漫画家のわがままや当てつけなど経験してきて、淡々としている、でもだんだんと熱が入ってくる山田孝之。さらなる修羅場をくぐり続けてきたであろうリリー・フランキー。この二人が主人公を邪魔せずに物語をぐっと締めてくれていると思います。そして映像エフェクト。私はDVDで見たのですが後悔しました!映画館で見たかったなあ。漫画ならではの演出なので、漫画大好きな私はワクワクものでした。様々な漫画家が登場しますがそれぞれ個性のあるエフェクトなのでそれも楽しかったです。こういったエフェクトって、たまにやりすぎてしまった「こういうことやりたかったんだろうな~」って現実に引き戻されてしまう、ちょっと覚めてしまうこととかもあるのですが、この映画ではそのバランスもよくちょうどよいスパイスという感じ。見終わった後は何やら爽やかに包まれる後味でした。

30代男性
30代男性

この映画は原作を見事に再現できていた作品だと思いました。なんといっても、佐藤健さんと神木隆之介さんがまさに原作の真城と高木に見えてすぐに世界観に引き込まれました。ヒロインの亜豆約の小松菜奈さんも見事で、よくこんなぴったしなキャストを見つけてきたと思いました。そして漫画を描くシーンなどは、CGなどを駆使して漫画の世界を現実の映像化に成功したのは素晴らしかったです。そして新妻エイジを演じた染谷将太さんは、最初はちょっと原作と違うかなと思いながら見ていましたが、新妻の漫画に対する狂気をはらんだシーンなどは見事ととしか言いようがありませんでした。まさに配役を決めた監督が素晴らしかったと思いました。そんな最高の配役でジャンプの連載を勝ち取りライバルとの闘いを再現していましたが、映画というより漫画家の大変さ漫画を作る裏側を見る事のできる一種のドキュメンタリーにも近いシーンが多かったので見ていて勉強になりました。そしてこの映画で奮い立たせたのは、音楽も最高でした特にエンディングのサカナクションの曲は最高に作品とあってて身震いしました。最初から最後まで一気に流れで見れて勢い溢れる映画として最高だったのが感想です。

 

まとめ

『バクマン。』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました