バックトゥザフューチャー3(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

SF
Back to the Future Part 3 (1/10) Movie CLIP – Indians in 1885 (1990) HD

バックトゥザフューチャー3(映画)の動画フルを安全に見る方法

『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

バックトゥザフューチャー3(映画)の内容

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』は、1990年に公開されたアメリカ映画で、1989年に公開された「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」の続編となっています。

PART2の公開から6ヶ月後にPART3が公開されています。本来はPART2とPART3は1本の映画として企画されていましたが、上映時間の都合のためカットするよう要求されます。しかし、アイディアを削ることはできないとして2本の映画に分けたそうです。

 

パート1とパート3は同じくらい好き!⠀映画音楽はパート3が一番好き!!⠀毎回違うトラブルが出てきてどーやって解決すんの〜って楽しいし、毎回お約束のキャラとお決まりのセリフが面白い。ラストはめちゃめくちゃ感動する。

3作としても何からどうみても最高すぎる!これは3作まとめていえることだけど、展開がサクサクしていて2時間ほんとにあっという間!かといって流れるようにみて中身がうすいとかもなくキャパオーバーもしない適度な濃密さ!見終わった直後でもすぐ観直したくなる。

西部劇あるあるが詳しくないので共感できなかった。過去作で起きたドタバタをPART 3でゆっくり丸く収めていく感じ。マーティのキャラクターと演技が成熟している感じがとても良い。

今度は100年前へタイムスリップ!無事元の時代に戻れるか!?
まさかドクにロマンスが訪れることになろうとは。ビフの先祖様はまんまビフ。最後までドキドキの展開でした。

映画を鑑賞した人のワクワクした気持ちがコメントを見て分かりますね。

PART1では1985年のマーティが、30年前の1955年に行ってしまい、PART2では30年後の2015年に行って、1985年に一旦戻り、30年前の1955年に行って終わりました。しかし、ドクは1955年から1885年に飛んで行ってしまいました。

ということで、PART3では、マーティが1955年からスタートし、ドクのいる1885年のインディアンがいる時代に向かいます。

あらすじ

PART2のラストシーンから始まります。

ドクが乗ったデロリアンが、飛行中に落雷に撃たれ、1885年に飛ばされてしまいました。途方に暮れたマーティに、ドクの手紙が届きます。マーティは手紙の指示通り、PART1のラストで別れたばかりの1955年のドクと再会し、1985年に戻るため鉱山に封印されたデロリアンを掘り起こします。

しかし、鉱山付近の墓地で、エメット・ブラウンと書かれた墓石を偶然発見。エメット・ブラウンとはドクの名前です。マーティは、ドクが1885年9月7日にビフの祖先のビュフォード・タネンに銃殺されてしまうことを知ります。

そんなドクを救うため、マーティは、修理したデロリアンで、1885年へとタイムトラベル。1885年に到着したマーティは、インディアンの大群と騎兵隊に遭遇。さらに熊にも襲われて、坂から転げ落ちて気絶します。

マーティはマーティの祖先のシェイマスと妻のマギーに助けられヒルバレーにたどり着きます。そこでビフの先祖で悪党のビュフォード・タネンに出くわし因縁を付けられ殺されそうになりますが、ドクに助けられます。

再会したドクを未来へ連れて帰ろうとしますが、デロリアンが自走不能に。最終的に蒸気機関車でデロリアンを押して走らせる作戦を練ります。しかしドクが、峡谷へ落ちて死ぬはずだった女性教師のクララ・クレイトンを助け、さらにクララに恋をしてしまいます。マーティもビュフォード・タネンの挑発に乗って決闘することに。

ドクは悩み、クララと別れることを決意し「未来へ帰る」と告げますが、クララは信じず失望します。マーティが酒を飲み昏倒したドクを起こそうとしている途中、ビュフォード・タネンに呼び出されドクを人質に取られ、マーティはドクを救うためビュフォード・タネンと決闘します。

勝利したマーティはドクを連れて出発。計画通り蒸気機関車をハイジャックし、デロリアンに乗り込もうとすると、クララが追いかけてきます。ドクはクララも連れて行こうとしますが、ボイラーが爆発し、クララが下に落ちそうに。クララを助けようとしたドクはデロリアンに乗り遅れます。

見どころ

恒例ですが、PART3でも小ネタや伏線やパロディなどが出てきて楽しく観られます。

まずは、マーティが轢かれるお約束。PART1ではマーティが車に轢かれて若い頃の母・ロレインに看病してもらいます。PART2でも車に轢かれそうになるシーンが。そして今回は、馬車に轢かれそうになります。しかも今回は馬車からは上手く逃げますが、逃げた先に馬糞がありました。

他にも、マーティが通うヒルバレー高校の教頭の禿げ頭のストリックランドは、PART1の1985年では、「遅刻の常習犯」のマーティに説教し、PART2の1955年では、ビフを叱って年鑑のカバーを被せたポルノ小説を没収しました。そして今回の1885年ではストリックランドの祖先が保安官で登場しています。

オマージュもあります。ビュフォード・タネンとマーティの対決の時、マーティは銃弾を受けても大丈夫なように、ポンチョの下に鉄板を仕込んでいます。これは、クリント・イーストウッド主演映画「荒野の用心棒」のオマージュです。

他にも「タクシー・ドライバー」のパロディや「ダーティーハリー」、「駅馬車」などのパロディとなっています。

スタッフ

監督:ロバート・ゼメキス
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、キャスリーン・ケネディ、フランク・マーシャル
脚本:ロバート・ゼメキス、ボブ・ゲイル
音楽:アラン・シルヴェストリ

キャスト

マーティ・マクフライ/クリント・イーストウッド/シェイマス・マクフライ:マイケル・J・フォックス
(マーティ・マクフライ)主人公の高校生。愛称はマーティ。基本的に真面目な常識人。挑発に弱く、特に「腰抜け(Chicken / Yellow」と呼ばれるとすぐカッとなる気質。
(クリント・イーストウッド)1885年に行ったマーティが成り行きで付けた偽名。
(シェイマス・マクフライ)
マーティの高祖父(祖父の祖父)。

エメット・ブラウン博士(ドク):クリストファー・ロイド
科学者。年の離れたマーティの親友。発明家。

ビュフォード・“マッド・ドッグ”・タネン/ビフ・タネン:トーマス・F・ウィルソン
(ビュフォード・“マッド・ドッグ”・タネン)1885年のビフの先祖で、ヒルバレーの悪党。
(ビフ・タネン)不良で、ジョージやロレインとは高校時代の同級生。粗暴で自分勝手で頭が悪い。

クララ・クレイトン:メアリー・スティーンバージェン
1885年にヒルバレーへ転任した際、馬車で家へ向かう途中で蛇と遭遇して驚いた馬が暴走しショナシュ峡谷へ落ちて死亡するはずだった女性教師。

マギー・マクフライ/ロレイン・ベインズ・マクフライ:リー・トンプソン
(マギー・マクフライ)マーティの玄祖母でシェイマスの妻。
(ロレイン・ベインズ・マクフライ)
マーティの母親。

ジェニファー・パーカー:エリザベス・シュー
マーティの彼女。

ジョージ・マクフライ:ジェフリー・ウェイスマン
マーティの父親。

 

『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

バックトゥザフューチャー3(映画)の感想

40代男性
40代男性

3部作の中で一番好きな作品である。PART2の内容が密接に繋がっている作品である。舞台は「1885年」の西部開拓時代のアメリカ。しかし主人公「マーティ・マクフライ」と「ドクター・エメット・ブラウン」がこの西部開拓時代にいるのは偶然ではなく必然なのではないか?と私は思えるくらいPART2の繋がりが強いと私は思った。マーティがPART2で「スポーツ年鑑50年史」を「ビフ・タネン」に奪われなければドクが1885年に飛ばされることはなかった訳だしマーティも1885年に行くこともなかったのかもしれない。ただこのPART3は今までのシリーズで明らかになっていなかったことが明らかになるような気がして面白かった。例えば「マクフライ家」と「タネン家」は昔から因縁の関係だったということ。「マットドッグ」と呼ばれている「ビュフォード・タネン」という荒くれ者。「シーマス・マクフライ」と仲が良くないみたい。また「防弾チョッキ」が全てのシリーズで出てきてキーワードになっているのも面白かった。さらに後々いろいろキーアイテムになる「時計台」の完成式典のシーンなども印象的であった。時間の流れから考えればPART3が一番最初のはずなのに「肥やし」に突っ込んだビュフォード・タネンが「もう肥やしはまっぴらだ!」と言っていたのもとても面白かった。

40代男性
40代男性

今作も、いつものように、マーティーとドクがドタバタコメディーを繰り広げるので、とても楽しめます。やはり、マーティーとドクのコミカルな感じのコント的な絡みは、息もぴったりという感じがして、安定感が抜群で、最高に面白いと思います。そしてこの作品では、なんと開拓時代の西部にタイムスリップするので、今までのシリーズ作品とは少し雰囲気が違いますが、カウボーイ的な描写もたくさん出てきて、とても格好良いと思います。西部を舞台にして、マーティーとドク、そしてマッドドックのビフたちが馬に乗り画面を暴れまわるシーンは可迫力もあり格好良いです。ビフはお約束のように肥溜めに突入するシーンもあり、笑えます。また、この作品では新機軸として、ドクの恋も描かれているので、意外な感じがして、そこも見所だと思います。ストーリー的にも、いつものようにタイムリミット的なスリリングさがあるので、ハラハラドキドキできます。そして、ドクが最後は豪華な列車のタイムマシーンになって現れるという、予想外の意外なシーンも、サプライズ的に用意されているので、そこも楽しめます。デロリアンの燃料もゴミで利用可能になっている、というのもリサイクルな感じで良いと思います。

40代男性
40代男性

このシリーズ3部作において、今作が最も人間味溢れていると思いました。特に、ドクがクララと恋に落ちる展開はロマンチックで素敵でした。ドクとクララが互いに惹かれ合い距離を縮めていく展開も良かったし、ドクが自分はタイムマシンを使って未来から来たことをクララに告げる場面では、二人の悲しみもリアルに描かれたのも印象に残りました。この結末として、クララがドクの現状を聞いたり、実際にデロリアンを見つけたりしたことから、ようやくドクを信じて、彼のピンチを馬で追いかけるクララもまた素敵でした。このシリーズにおいて、ドクが最も輝いていた作品で、彼は自分のことよりマーティやクララを優先するという信念もかっこ良かったです。また、今作の舞台は西部開拓時代で、マーティやドクの服装がカウボーイのスタイルで見栄えが良く、蒸気機関車の走るシーン、馬に乗ってマーティたちがチェイスする場面などもエキサイトしました。今作でも見どころがたっぷりあり、ドクを救出するためにマーティがマッド・ドッグ・タネンとの決闘に勝利するのも面白かったです。今作ではマーティはもちろん、ドクもまた今作の主人公というべき素敵な作品でした。特にラストシーンでは、新たな可能性や未来への希望の光を灯すように、蒸気機関車型タイムマシンに乗ってやってっくるドクを見て、マーティとドクの二人の活躍はまさにヒーローそのものだと思いました。

 

40代男性
40代男性

バック・トゥ・ザ・フューチャーの完結編にあたる第3作。前作でタイムマシンであるデロリアンが飛行中に飛雷し、ドクが過去に飛ばされてしまった時からこの作品の行方が非常に気になっていました。バック・トゥ・ザ・フューチャー全体を通してドクとマーティーの友情は非常に重要なポイントであり、この作品でもマーティーはデロリアンを取り戻し、ドクを救うタイムトラベルに出かけることになる。作品の途中で、完全にタイムマシンが壊れてしまいドクとマーティーが引き離されることになるのだが、結論としてこの2人は時代を超えても結局出会うことになる。アメリカ映画流のハッピーエンドと言えるかもしれませんが、ストーリーが本当によく練られていて、見ている者全員がなるほどと思わずにいられなかったと思います。そして、この作品の中で最も印象的なメッセージが最後のシーン。新たにタイムマシンを作って未来にやってきたドクがマーティーに残したメッセージ。三部作を通じてこのメッセージを伝えることこそが数多くのタイムトラベルを通じて絆を作ってきた2人の全てを語っているのだと納得することができました。本当に時代を超えて友情を育んだ2人は素晴らしいと思います。

30代男性
30代男性

三部作の最終作品である今作は、今までの過去よりも遥か昔の西部開拓時代が舞台となる作品です。連続する作品で、作品なんで矛盾を果たさないようにするためにしっかりと作られており、最終作品にふさわしいできだったと思います。今回はドクの方を中心に物語が進んでいく展開です。「タクシードライバー」や「荒野の用心棒」といった名作についてもパロディーをこれでもかという感じで満載していますので、わかる人には結構面白いものかと。(ただ、私はそこまでわからないので、その点はちょっと困ったものなんですが。)アメリカの西部劇映画が好きな人にとっても、結構いい作品ではないでしょうか。あと、ラストシーンにおけるドクのメッセージがとてもスキです。「未来は全て白紙、自分で未来を作る」というドクの台詞は今聞いても感慨深いものがあります。未来をどんな風にしていくのかは自分が決めていくことであって、自分がどうするのかを選んで行くことの連続が未来なんだと。昔見たときには何も感じなかったところではありますが、今となってはかなり大きな言葉だなあと思います。子供の頃と違って感じる作品というのは長く楽しむための名作の条件のようなものです。

40代男性
40代男性

バックトゥーザフューチャーシリーズの結びにあたる映画です。1990年に公開されました。この前のエピソードでは30年を前後して冒険していましてが、このエピソードでは1885年までタイムスリップしてしまいます。今までもパート2からパート3のつなぎ方はとても秀逸で、このエピソードが実は本命なのかと思わされるくらい素晴らしかったです好きです。すべての伏線も回収して、これまでのお約束もすべてこなし、続編の製作は全くできる余地なしの状態でこの映画を制作されている雰囲気が見ていてよく伝わります。このシリーズで未来、現在、過去、もっと過去と時間を行き来していますが、タイムパラドックスという要素を扱っているにもかかわらず「ヒル・バレー」という街に一貫して物語を作られているので矛盾など生じることなくきれいに解決しているところが見事です。この映画の時間旅行は約160年ほどの時間を冒険していますが、実は現在では経ったの2日しか経っていないというとても濃厚な時間を過ごし、主人公も成長している所が面白いです。また、タイムマシン飲むデロリアンも今回は当時の時代の象徴である蒸気機関車を使ってのタイムトラベルをします。この三部作は本当に面白いです。

40代男性
40代男性

バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズの完結版でPART2においてラストに1885年に相棒のドクが飛ばされた所の続きからスタートしたPART3ですが、主人公のマーティが相棒のドクを助けるべく1955年から1895年にタイムワープをして1885年を舞台に繰り広げるコメディかつSF映画となっています。また、当時の様子がすごくわかる西部劇とうまくコラボレーションされていて見ていて、SFが好きな人もアメリカの西部劇が好きな人もそれぞれがとても面白い内容になっているのではないかと思います。デロリアンというタイムマシンを使って未来や過去へのタイムワープがSF映画で時代が違えど今でも伝説となっている映画になっているのではないかと思います。後半からラストにかけては、最初にいた現代の1985年に帰るために作戦を立てて繰り広げるアクションはとても見ものであり、見ているこちらも手の汗握る展開になっており、これぞ伝説の洋画と思える内容になっています。ラストに関しては、この映画シリーズの完結にふさわしい内容とPART2からの繋がりも見られており、PART3で完結というのが見られます。PART3だけでも十分楽しめると思います。

30代男性
30代男性

西部開拓時代へタイムトラベルしてしまったドクを迎えに行くべくマーティーは過去へ向かいますが、この時代でもマーティーの血の気の多さが災いしてビフとトラブルになってしまいひと悶着起こしますが。マーティーの祖先もその血の気の多さが災いして死んでしまった事があるという事を知ってからは物事を慎重に運ぶようになったような気がしました。このPART3では本来、主人公であるマーティーの物語ではなくて、どちらかというとドクのラブロマンスに重心を置かれていた展開になっていたと思いました。今まで研究一筋で通していたドクがこの時代にきて初めて人を好きになったところはシリーズを通して見てもどこか新鮮な感じがして新たな一面が垣間見れるようでした。そんなドクも未来に帰らなくてはならない事をクララに告げると彼女は嘘をつかれたと思い激しく激高してドクと別れてしまいますが、その事に対してドクは酷く落ち込んでいた所がとても印象的な描写でした。未来へのタイムトラベル寸前にドクを追ってきたクララは何とか自分の想いを告げようとドクの元へ危険を冒してやってきた所は少し感動してしまいました。ラストは意外な展開となっていましたが、ドクはその後どの時代に行ったのか気になる所でした。

30代男性
30代男性

最高の映画だと思っていますし、2では未来に行くのですが、例えば2015年と言う未来に行く話だったと思いますが、未来の様子がどのようになっているのかと言う事は今の時代で考えても楽しく考えていけることだと思いますし、その事は空想上の思いでしか未来と言うものは一体どういうものだったのかと言う事は今まで想像することができなかったのですが映画と言うものができたおかげで、映像を見ながら見て楽しんでいくことができたわけですからそれを実現することができたのは素晴らしいと思っています。みんなが憧れていたような未来に近づけていくために努力していこうと言うような気持ちにもなってくるのではないでしょうか。3は、蒸気機関車が特徴的な映画になっていると思いますし西部劇が特徴的な映画にもなっていると思います。とにかくこれは完結編なのでこの三部作を全て連続で見た方がこの作品と言うのは初めて見る人にとってはかなり楽しんで見ていくことができる作品になるのではないでしょうか。この作品を初めて見ていく人が三部作6時間を一気に見ておいたほうがいいと思います。公開時は公開までまたなくてはいけなかったわけですが、今の時代はすべて連続で見ることができるので連続してみた方が頭の中の気持ちなどを考えていく上でもすっきりとしながら見ていくことができるのではないでしょうか。自分の将来と言うものは誰にもわからないものだとは思いますが、こういう映画をやってくれることによって将来がんばっていこうと言うような気持ちになる人も増えたのではないかと思います。ジュール・ベルヌの精神も受け継いでいる映画なので良いでしょう。

30代男性
30代男性

バック・トゥ・ザ・フューチャー三部作の完結編として描かれた舞台は、西部劇。私にとってバック・トゥ・ザ・フューチャーは、The!アメリカ、を強く感じる作品であり、エンターテイメントの、スケールが違う事を知らしめてくれた作品でもある。 そんな3の西部劇、、面白くないワケがないのだ。マイケル・J・フォックス演じるマーティが、西部劇の世界に飛び込んだら、いつものドタバタ劇の始まりで、お約束のシーンから、手に汗握る展開まで、、それこそ、デロリアンの様に開始から終わりまで走り抜ける。。今や、バック・トゥ・ザ・フューチャーと言えば、王道や王道の痛快活劇作品であるが、この 3で、キチンと幕を閉じた、閉じ方もニクい演出でファンの期待を裏切らなかったところも、王道作品として評価されているのでは?と思う。しかし、、最終作品と知った時は肩を落としたものである、嗚呼、、マーティにもドクにも、もう会えないのか…と。 現代において、車や機関車がタイムマシーンとなる日は、まだ遠いのかも知れない、けれど、この3を観て、空想に浸る事は出来る。そんな世界観と、イメージを植え付けてくれたのがこの3である。そして、バック・トゥ・ザ・フューチャー、という作品に出会えた事を幸せに思える、そんなナンバリング作品、最終の3、であると思う。まだ観てない方には、是非とも観て欲しい、人生で選ぶ珠玉の作品、の一本である。

 

まとめ

『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました