チームバチスタ4(ドラマ)の無料動画フル配信|1話から最終回まで全話イッキ見

国内ドラマ

チームバチスタ4(ドラマ)の動画フルを安全に見る方法

『チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

チームバチスタ4(ドラマ)の内容

『チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』は、2014年1月から放送された連続ドラマです。

今までの舞台だった東城医大病院を初めて離れて繰り広げられるミステリー。今回は、海辺にある地方病院「碧翠院」が舞台。「碧翠院」は院長の桜宮巌雄(柳葉敏郎)の家族で経営しています。

その「碧翠院」は医者不足から東城医大病院に医者を依頼したことで、田口が派遣されました。しかし、「碧翠院」からは内科医か外科医が欲しかったのにと、心療内科医の田口が派遣されても歓迎ムードはなし!そこへ、何故か白鳥が白衣を着て皮膚科医に成りすまして「碧翠院」に侵入します。

今作で、怪しい役を演じる登場人物には、柳葉敏郎さん、水野美紀さん、栗山千明さん、山﨑賢人さん、上遠野太洸さんが出演。いつもの田口&白鳥コンビの笑いは健在で、藤原看護師(名取裕子)と高階病院長(林隆三)もいつもの感じでちょこっと出演します。またジェネラルルージュの西島秀俊さん、チーム・バチスタ3から安田顕さんも!

白鳥、ぐっちーコンビ最高。柳葉敏郎の終末医療医師何だかありえそうで考えさせられる事も。医療ものは奥が深い。

安楽死という重い難しいテーマを扱っていますが、田口先生と白鳥さんのコンビの掛け合いが楽しくいい感じに重苦しくなりすぎずにラストまであっという間!
原作とはまた違っているようなので、原作も読んでみたいなと。

パワーアップした白鳥&グッチーコンビの掛け合いが面白かったです。ただ今回の物語は回を追うごとに辛く、特に終末期医療については深く考えさせられる内容でした。

面白くてついつい見進めてしまう。第2シリーズ、第3シリーズのメンバーも
ちょこちょこ出てきたりして面白い。

原作は上遠野太洸さん演じる天馬大吉が主人公ですが、ドラマでは、2人の掛け合いが面白くて大人気の田口&白鳥コンビが主人公です。ドラマが面白いので原作も読んでみたいという声も多くありました。

今作のテーマは、シリーズの中で最も重い展開とあって考えさせられるというコメントもありました。

あらすじ

田口は高階院長より地方病院への派遣を告げられ、海辺にある「碧翠院」へやってきます。「碧翠院」は、その町には不可欠な存在となっていて、終末期医療にも取り組んでいます。

「碧翠院」の院長は桜宮巌雄(柳葉敏郎)、副院長兼緩和ケア医に桜宮家の長女・小百合(水野美紀)、産婦人科医に次女のすみれ(栗山千明)、アルバイト職員の天馬大吉(上遠野太洸)などが勤務しています。

そして、皮膚科医として白鳥の姿も見え、田口はビックリ。白鳥に近寄ってきた放射線科医の立花善次が謎の失踪を遂げ、広い「碧翠院」の敷地内を捜索する田口&白鳥。実は白鳥が「碧翠院」に来たのは、碧翠院の闇を訴え、助けを求める内容の一通の手紙が届いていたことが理由でした。

そんな中、「碧翠院」に入院する患者とその家族の問題に向き合う田口。終末期患者や碧翠院職員たちが抱える「死」への思いに心を揺り動かされ続けます。

田口&白鳥は、彼らなりに助け合いながら、徐々に桜宮家の闇に迫っていきますが、巌雄が築き上げた絆で守られた牙城を前に、白鳥の調査は難航します。最後には全貌が明らかになりますが・・・。

見どころ

安定の笑い・田口&白鳥

見ていても安心できる田口&白鳥。誰が悪人なのか分からないというチーム・バチスタシリーズでは、ホッとできる登場人物が少ない中、さらに今作は東城医大病院ではなく、高齢者ばかりの(ベテラン役者ばかりで迫力がスゴイ)「碧翠院」という得体のしれない病院ということで、田口&白鳥コンビを見られるだけでホッとします。

ジェネラル登場

前作までのシリーズの舞台だった最新医療を実施する東城医大病院とは真逆の今作の舞台「碧翠院」。レトロ感溢れる建物の病院、のどかな庭からは海が見られ、入院するのは終末期患者の高齢者。ゆっくりとした時間が流れているところに、火事騒ぎ。

新シリーズが始まって、視聴者がどんなストーリーなのかワクワクしている時にさらにワクワクする出来事が。ドクターヘリが助けに来て、ヘリから降りてきたのは・・・「チーム・バチスタ2」のジェネラルルージュこと速水先生(西島秀俊)の登場。盛り上がるBGMが掛かり、助けに来た速水先生に誰もが「キター!」と声をあげたことでしょう。

スタッフ

原作:海堂 尊「螺鈿迷宮」
脚本:後藤 法子
音楽:羽岡 佳
主題歌: 東方神起「Hide & Seek」

キャスト

田口 公平:伊藤 淳史
心療内科医。東城医大から終末期医療をする碧翠院に派遣され、白鳥と相談しながら、終末期患者の精神的なケアや燃え尽き症候群になった職員の治療をしていきます。

白鳥 圭輔:仲村 トオル
厚生労働省・医療過誤死関連中立的第三者機関設置推進準備室室長兼終末期医療多面展開施策室。

桜宮 巌雄:柳葉 敏郎
碧翠院院長。外科が専門。他にも警察医業務もしていて僧侶の資格も持ち、葬儀まで自ら行います。55歳。

桜宮 華緒:相築 あきこ
巌雄の妻で精神科医。息子・葵の事故以降心を閉ざしています。

桜宮 小百合:水野 美紀
巌雄の長女で碧翠院の副院長、緩和ケア医も兼務。33歳。

桜宮 すみれ:栗山 千明
桜宮家の次女で碧翠院の産婦人科医。患者を従業員としたすみれエンタープライズ経営者。28歳。

桜宮 葵 – 山﨑 賢人
桜宮家の末っ子長男。

天馬 大吉:上遠野 太洸
アルバイト職員。24歳。

天馬 美樹:長野 里美
大吉の伯母でカフェ「シーコースト」の店主。

立花 善次:宅間 孝行
長野中央総合病院放射線科医。かつては碧翠院で働いていた過去を持っています。1話から失踪します。

小幡 剣:池内 万作
県警刑事で、碧翠院に司法解剖を依頼します。

速水 晃一:西島 秀俊
救命救急センター部長。かつて城東デパート火災で運び込まれた多くの患者の治療に当たり、自ら指示を出し最前線を切り抜けた過去の出来事から「ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)」と呼ばれる天才救命医。

島津 吾郎:安田 顕
東城医大放射線科准教授。以前はスイスの大学で画像解析の研究していた。Aiセンター設立のため招聘された。37歳。

藤原 真琴:名取 裕子
特別愁訴外来看護師。

高階 権太:林 隆三
東城医大病院長。

 

『チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

チームバチスタ4(ドラマ)の感想

40代女性
40代女性

「チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮」は、碧翠院内で起こる終末期医療がテーマとなった医療探偵ミステリードラマ。個人的には、なんとも奇妙な冷たい空気が漂うような印象を受けた不思議なドラマでした。社会問題ともなっている終末期医療。碧翠院に入院すると、なぜか末期患者がみんな不自然なほど穏やかで幸せな最期を迎えるという、なんともミステリアスな世界が広がっている。その幸せな最期を迎えられる場所とは、患者たちが口にする「螺鈿の部屋」。まさかその部屋で、安楽死が行われているとはだれも想像していなかったでしょう。でもこのドラマを見終わったときに、決してきれいごとでは済まされないのではないか?とも感じた。このドラマでもテーマとなっていた、安楽死。そして患者が最善の医療を選択しながら、残りの人生をよりよく生きることまで含める尊厳死。どちらも簡単には決められない難しく重大なテーマだなと改めて考えさせられたドラマである。個人的には、小百合を演じた水野美紀さんと、すみれを演じた栗山千明さんのお二人の姉妹が本当にはまり役で、この姉妹は絶対にお二人でなければドラマの不思議なミステリアス感は出せなかったといいきれるほど、はまり役だったと思います。

50代男性
50代男性

螺旋階段の向こうには身内しか知らない部屋がありました。謎の死を遂げる患者は、安楽死をしていることが疑われました。自分がもしもその状況になったら安楽死を望むかもしれません。誰にも迷惑を掛けずに、苦しい想いをせずに楽に死んでいけるからです。本人の意思で死を望んでいますが、病院側はなぜ承諾してしまうのか?疑問でした。新しい患者を入れたいために、古い患者を死に追いやっているようにも思えます。生きるとは何なのだろうか?こんな結末が自分に降り注ぐとは思わないはずです。人間は所詮ひとりの生き物に過ぎない感じに見えました。不思議に思っていた厚労省の白鳥は、田口と組んで謎解きを始めましたが、待っていたものは壮絶な最後でした。碧翠院が大爆発を起こしてしまうものでした。桜宮一族の運命は、終わりを告げてしまいました。いつまでも隠し通せるわけがないことを知っていたのかもしれません。安楽死を選んでしまうのは、周りに迷惑を掛けたくないのと生きる希望を失っているからです。こうした人間を受け入れる病院は、いいのか悪いのか判断付きません。生きててもしょうがないと思ったら、その人の最期になると思います。心のケアまでする病院はたいへんです。

50代男性
50代男性

チーム・バチスタはドラマ版は全て見てきただけにドラマとしてはこれがシリーズ最終回となってしまうのかと少々寂しく残念な思いを抱きながらの鑑賞となりましたが、その分これまで以上に1話1話にしっかりと注目をしながら楽しもうという気持ちも芽生えましたし、最終回を見終えた後はこれで全てが終わったという空虚感と同時にこのシリーズも期待を裏切らなかった、さすがチーム・バチスタだなという満足感もかなり得る事もできました。田口と白鳥の名コンビぶりは相も変わらず継続しており白鳥にいいように使われたり振り回される田口という構図はやはりチーム・バチスタには欠かせない名物シーンですしとにかくこの2人の絡み合いが面白くて何度も笑わせて貰いました。この4で最も印象に残っている点は車椅子で出演していた青年がいた事です。彼の事はこのドラマで初めて見たので名前を全く知らなかったのですが山崎賢人という若手の役者と知り、主役ではなく殆どセリフがなかったと記憶しているのですがチーム・バチスタシリーズの全てのゲスト出演者の中でも1,2を争う存在感がありました。存在感と言えば柳葉敏郎さんも栗山千明さんも水野美紀さんも私自身がとても気に入っている役者さんという事もありますし事件の重要な鍵を握っていただけに常に目を離せなかったですしこの3人の存在感もとても大きかったです。

 

40代女性
40代女性

このドラマは、人間の生き方、死に方を考えさせられるものでした。柳葉敏郎さんの演じる桜宮先生は、本当にいいお医者さんなのか、それとも悪いお医者さんなのか?ただ、多くの患者さんに慕われてるいる、必要とされているお医者さんだ。螺鈿の綺麗な部屋で何が起こっているのか。病院経営をしている桜宮一家の過去に何があるのか。謎に包まれた病院なのに患者さんは、穏やかで楽しそうなので、いい病院としか見えなかったです。伊藤淳史さん演じる田口先生と厚生労働省職員の仲村トオルさん演じる白鳥さん、二人が螺鈿の部屋での不可解を解き明かしていく。このコンビは、対照的で面白いです。終末期医療は、これからどんどん必要になっていくなかで、私は、桜宮先生が間違っているとは、断言できないと思いました。二人のコンビが問題を解決するまでのやり取りが面白く、白鳥さんのワンマンさに振り回される田口先生に笑ってしまいます。このドラマを見て医療の問題や自分だったらなどと思いながら見れて、ただ面白いだけのものではなかったのが良かったです。桜宮先生に賛成の人、反対の人、このドラマを見たら意見を言い合うことが出来ると思いました。栗山千明さんと水野美紀さんの美人姉妹も見どころでした。

30代女性
30代女性

シリーズ最終作ですが、全編通して異質な雰囲気のある作品でした。まず舞台が海辺の田舎町にある、家族経営の小さな病院です。終末期医療を専門とするため、田口が関わることになる患者も高齢の方が多いです。シリーズ恒例の田口と白鳥の溜まり場も、生活感溢れる賃貸アパートの一室です。今まで舞台となっていた都会の大病院たる、東城医大とはまるで正反対でした。スタイリッシュな華やかさはなく、地味ともいえます。しかしそれは狙い通りなのでしょう。なぜなら閉塞的な環境が、今回の事件を引き起こしたと考えられるからです。患者が穏やかに理想的な死を遂げる碧翠院。安楽死は行われているのか、というのが問題となっていました。放送当時、介護業界にいた私は毎週見につまされる思いで視聴していました。ドラマでの終末期患者は、当然ながら美化されています。実際はもっと痩せ衰え、ボロボロです。安楽死を罪と言い切ってしまえるかは、とても難しい問題でしょう。苦しまずに逝きたい、最期は家族のために役立ちたい、そんな患者の気持ちを否定することは誰にもできません。白鳥は終始として安楽死反対の立場です。しかしその理由も「治療を諦めて患者を死へと誘導することは、進歩する医療に対する冒涜だから」です。具体的な対案もなく、ある種の感情論で、白鳥らしくありません。しかしこれが現状、安楽死への精一杯のアンサーなのでしょう。謎が全て解かれても、モヤモヤした感じが残り考えさせられるドラマでした。

40代女性
40代女性

チームバチスタの名コンビで心療内科医の田口(伊藤淳史)と厚生労働省の白鳥(仲村トオル)のコンビによる物語の集大成作品です。今回はターミナルケア病院である地方病院の碧翠院が舞台となります。田口は勤務している東城医大・高階病院長の指示で心療内科の医師として着任します。碧翠院では患者であるお年寄りも積極的に病院の仕事に携わり生き生きと生きています。天国からのお迎えが来るまでベッドで過ごすのではなく、患者が生きる意味を持ち誰かの助けになることで余生を悔いなく生きていく姿が印象的です。今回ドラマの焦点は医師が倫理の壁を突き破り、患者個人やその家族のために尊厳が保たれている時期にその人生を閉じる行為をすることが悪なのか?ということだと思いました。辛い治療や望まない延命治療を受けるのならば心身ともに自分自身で動ける時が終わるその時までしか生きていたくない人も多いと思います。ただそれは人が人の人生を強制的に終わらせる方法をとらない限り不可能です。今の日本では犯罪行為です。患者の為とはいえ犯罪行為に値する医療行為を続ける碧翠院の秘密を田口と白鳥はどんどん暴いていきます。その秘密は巌雄院長の家族の辛い過去や秘密を守るために碧翠院で起こった殺人事件までも解決していくのです。社会問題をグッチー扱いつつと白鳥さんの絶妙なコンビ掛け合いを余すところなく描いています。

50代女性
50代女性

グッチーと白鳥さんのコンビネーションは健在です。問題になる病院の院長を柳葉敏郎さんが演じています。地域のお年寄りから絶大な信頼を得ている、優しくも厳しい院長先生を好演されています。はじめは、何だか怪しいなとうがった感じで観ていました。けれども、話が進んでいくうちに院長先生の印象が変わっていきました。とても男らしく、おごった雰囲気もなく、患者にいつも寄り添ってくれる院長先生。こんな先生だったら、自分の命の灯火が消えてしまう時期が近づいてきたと感じたら、やはり、すべてを委ねてしまうのではないかなと思いました。そういった雰囲気を演じられる柳葉敏郎さんはさすがです。テーマが命のやり取りなので、とても考えさせられます。もう救えない命だとなってしまったら、せめて苦しくないように送ってやりたいという気持ち。法律としては許されるものではありませんが、心情としては…。とても重い内容です。本来、正義を貫き悪を暴く白鳥さんの冷静さも、今回の作品では、冷徹にみえる所もありました。世の中、悪い事と正しい事、はっきりと線引きできない事も沢山あって、そういったことは案外身近にある物なのかも知れないなと思いました。チーム・バチスタシリーズの他の作品とは一味違う、深い作品でした。

40代女性
40代女性

バチスタシリーズの中で、一番印象に残っている作品です。のどかな環境で終末期を迎えるための病院・桜宮病院、患者さんたちの痛みや苦しみを緩和し穏やかな最後の看取りを行う。このドラマを見始めたとき、私としてはなんて理想的な病院なのだろう、この病院と殺人がどうかかわってくるのだろう思っていました。最期の看取りのための螺鈿の部屋で行われていたのは「安楽死」。物語の途中、若干の不快感を感じました。しかし、家族との繋がりも薄く余命宣告を受けた老人が、安楽死を望むことは、本当にいけない事なのだろうかと思い始めました。ドラマですから、その老人には娘がいて「お孫さんに会いたくないのですか!?」と咎められ、安楽死を思いとどまり、子供や孫と再会するハッピーエンドでつづられていました。しかし、現実世界で夫と死に別れ、子供のいない老婆だったら?痛みや死の恐怖に怯えて、対処療法で残り日数を数えて過ごすだけの毎日だったとしたら?自分の意思で幕引きを決める事は、本当にいけないのか?と。最終回、柳葉敏郎演じる院長先生と奥さんの決めた責任の取り方には納得できませんでしたが、院長の志には賛同する部分もあり、心痛な思いで最終回を見たことを覚えています。院長の娘役の水野美紀さんの、院長の志や患者さんの思いに寄り添う気持ちと、「安楽死」を忌み嫌う気持ちの間で葛藤するの演技も、とても良かったと覚えています。

30代男性
30代男性

まさに命を感じさせられるドラマでした。出演者の方々も豪華でストーリー構成もしっかりしており見てる側は毎回の展開に衝撃を感じさせられるばかりです。
個人的ではありますが物語は最初から徐々に違和感を感じ始め、後半に行くにつれて違和感は確信に変わって行きます。しかし、なにが本当に正しいのか?なにが間違いなのか?そんな考えに私は行き着き、その答えは出すことはできませんでした。しかしながら命は儚く尊いものであることを実感させられ、命の終着点としての理想はどうあるべきかと言う点で考えるなら私は、今ある時間をしっかり使い悔いのない日々を送り最後は自分で決めれたらいいのかな、なんて思います。生活において病気は必ずついてきます。もちろん、死ぬまで病気にかからない人はほとんどいないと思います。その中で、もし大きな病気にかかってしまったら、この国の医療であれば救うことはできると思います。ただ難病など今の医療で延命処置しかできないものだとすれば私はその後の人生をどう送るのだろうか?など沢山の事をこのドラマを見て考えました。是非とも見てない方には見ていただきこの物語を終えた後で自分自身に当てはめて考えていただきたく思います。

10代男性
10代男性

螺鈿迷宮は今までとは少しミステリアスな感じがします。具体的に言うと事件の内容を追っていく形で犯人の行動や言動を探るような放送となっている。以前のような医学の専門知識が大量に入ったような構成ではなくどちらかというと 事件の方に焦点を当てている。
皮膚科として配属された白鳥は病院内の絶対に開かない部屋について疑問を持ち何か裏があると考察し、調査を進めていた。病院内に何か裏があるはずだと確信する白鳥だが、高齢者の患者にとっては大変評判が良いため、より一層 違和感を感じらざるを得なかった。調査を進めれば進めるほど次々に起こる事件がより難事件へと発展し、白鳥と田口はその事件に巻き込まれるようになる。病院内の複雑な人間関係や過去の出来事によって事件が事件を呼ぶ形となってより複雑な構成となっている。また、作成側が視聴者に続きを観たくなるように誘導し、事件が少しずつ解明になって行くところが大変面白い。もちろん事件だけでなく病院内の患者の病気についての価値観や死への考え方が反映され、視聴者自身もその価値観や倫理観について考えさせられることがある。そのような普段考えないようなことを考えさせられる螺鈿迷宮は是非とも見るに値する。

 

まとめ

『チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました