チームバチスタ2 SP2011(ドラマ)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

国内ドラマ

チームバチスタ2 SP2011(ドラマ)の動画フルを安全に見る方法

『チーム・バチスタSP2011~さらばジェネラル!天才救命医は愛する人を救えるか~』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『チーム・バチスタSP2011~さらばジェネラル!天才救命医は愛する人を救えるか~』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

チームバチスタ2 SP2011(ドラマ)の内容

『チーム・バチスタSP2011~さらばジェネラル!天才救命医は愛する人を救えるか~』は、2011年1月2日に放送されたスペシャルドラマです。

チーム・バチスタシリーズは、

2008年10月放送の連ドラ「チーム・バチスタの栄光」
2009年 9月放送SPドラマ「チーム・バチスタの栄光SPECIAL〜新たな迷宮への招待〜
2009年10月放送SPドラマ「チーム・バチスタ第2弾 ナイチンゲールの沈黙

と、続々と放送されました。2009年9月のSPドラマ「新たな迷宮への招待」は「チーム・バチスタの栄光」の総集編ダイジェストに新撮を加えた作品で、2009年10月のSPドラマ「ナイチンゲールの沈黙」は、原作とは異なる新たなストーリーとなっていて、ラストシーンは2010年4月の連続ドラマ「ジェネラル・ルージュの凱旋」に続いていきます。

そして、2011年の『チーム・バチスタSP2011~さらばジェネラル!天才救命医は愛する人を救えるか~』は、連続ドラマ「ジェネラル・ルージュの凱旋」の総集編ダイジェストを中心としたオリジナルストーリーとして放送されました。

 

「ジェネラル・ルージュの凱旋」の総集編というか、西島秀俊メインのアンコール・スペシャル。脚本は後藤法子さんのオリジナルで、ミステリー仕立てだけど、原作のクオリティには遠く及びません。西島ファンにはいいかも。

前半はイマイチだけど、グッチーのお説教には安定の感動があります。速水先生やお馴染みのスタッフも出てきて十分楽しめました。連続ドラマの時は患者がみんな若い役者さんだったけど、今回の患者はベテランの役者さんで、演技が上手くて見ごたえがある。あとグッチーと白鳥さんの最後のコントに笑いました。

しかし、この病院は犯罪おきすぎ!

最終回の流れのままスタートするので、ドラマを知ってるとより楽しめますが、所々に連続ドラマ時のダイジェストが入るので観てなかった人でも大丈夫。

連続ドラマ「ジェネラル・ルージュの凱旋」の総集編部分が多かったため、オリジナルストーリーの展開があまりなかったという感想が多くありました。「ジェネラル・ルージュの凱旋」を視聴していて、続編のタイトルに期待する人が多くいたということでしょうね。

あらすじ

連続ドラマ最終回に起こった「コンビナート爆発炎上事故」。立ち上る煙を見て救急要請より先に患者受け入れ態勢を取る救命救急センター。慌ただしく医療スタッフが準備する中、過去のジェネラルルージュと呼ばれるキッカケとなった城東デパート火災を思い出し自分を奮い立たせる救命医の速水晃一(西島秀俊)。

コンビナート爆発炎上事故直後。「チーム・ジェネラル」が働く、東城医大病院の救命救急センターには、多くの被災者が運び込まれます。救命医の速水晃一(西島秀俊)や他の救命医、看護師など救命救急チームは対応に追われます。

医療機器代理店「メディカル・アソート」との癒着が発覚し、病院を去る予定の速水も現場を離れられません。そんな折、速水に黒い封筒に入った怪文書が届きます。

「明日の昼過ぎ、ICUの患者が急変して死ぬ」

この文書は、いたずらだと言って取り合わない速水ですが、田口(伊藤淳史)は不安になります。白鳥(仲村トオル)は、コンビナート爆発炎上事故に巻き込まれ医大時代の恩師・神宮寺章(山本學)を見舞いに来ていて怪文書の存在を知ります。

翌日の昼過ぎ、予告通りにICUの入院患者が細菌感染による敗血症を起こし、容態が急変します。一命はとりとめましたが予断を許しません。

犯人像として浮かび上がったのは速水に恨みを持つ者、あるいは救命救急センターから去ろうとする速水を留めさせたい者、そして速水と関わった過去の患者達。一体誰が送ったのか?犯人の目的とは?それぞれの可能性を追求しながら田口と白鳥は事件の謎に挑んでいきます。田口&白鳥の凸凹コンビは、この謎を解き明かせるのか?!

見どころ

連続ドラマ「ジェネラル・ルージュの凱旋」の総集編となっているので、連続ドラマを見ていなかった人や、連続ドラマを振り返りたい人にピッタリな作品。

人気俳優・西島秀俊さん演じる無愛想な救命医の速水晃一の魅力がたっぷりと楽しめます。もちろん、田口&白鳥の凸凹コンビも健在です。

スタッフ

プロデューサー:豊福陽子、遠田孝一、八巻薫
脚本:後藤法子
演出:今井和久

キャスト

田口 公平:伊藤 淳史
心療内科医・特別愁訴外来責任者。救急精神医療責任者も兼任。

白鳥 圭輔:仲村 トオル
厚生労働省大臣官房秘書課付技官、医療過誤死関連中立的第三者機関設置推進準備室室長兼保険局特別監査室室長代理。

速水 晃一:西島 秀俊
救命救急センター部長。かつて城東デパート火災で運び込まれた多くの患者の治療に当たり、自ら指示を出し最前線を切り抜けた過去の出来事から「ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)」と呼ばれる天才救命医。

花房 美和:白石 美帆
救命救急センター看護師長。常に冷静で生真面目。速水のサポート役で昔から強い好意を寄せている。

和泉 遥:加藤 あい
救命救急センター救命医。男勝りで気が強く、自分の意見をハッキリ言うタイプ。城東デパート火災の災害者で当時、速水に助けられた事から、速水を信奉し好意を寄せている。田口とは同期。

佐藤 伸一:木下 隆行(TKO)
救命救急センター副部長代理。速水の腕を認める。速水からは「佐藤ちゃん」と呼ばれている右腕的存在。

長谷川 崇:戸次 重幸
救命救急センター救命医。速水に見込まれて「チーム・ジェネラル」に入った。

栗山 弥生:浅見 れいな
看護師。

滝沢 秀樹:松坂 桃李
研修医。研修医にしては冷静で知識が豊富で腕も良い。

藤原 真琴:名取 裕子
特別愁訴外来看護師。

神宮寺 章:山本 學
白鳥と速水の医学生時代の恩師、元外科医。コンビナート爆発炎上事故に巻き込まれ、外傷性クモ膜下出血となったが、一命を取り留める。

ヨシハラ:川野 直輝
救命救急センターに出入りする資材部のバイトスタッフ。

高木 ミチル:岩佐 真悠子
コンビナート爆発炎上事故に巻き込まれ、救命救急センターに運び込まれた女性。

 

チームバチスタ2 SP2011(ドラマ)の感想

50代女性
50代女性

爆発事故の被災患者で溢れ返る緊急事態の中、間も無く離職する速水のデスクに置かれたICU患者の急変や死を予告する怪文書。ストーリーのはじめに登場する、障害を持つと思われる清掃係の青年が気になる。彼は時々現れては、人にぶつかり、エレベーターのボタンを執拗に小刻みに押し続ける。3通目の怪文書は速水と白鳥の恩師の死を予告するもの。どちらかというと人情的には冷酷と思われた速水と白鳥が、必死になって犯人を探し、救命に全力を注ぐ。これだけで胸が熱くなる。「命を救う」ために恨みを買うことも多かった速水の患者たちの関係者なのか、と一度は思わせておいて、やはり冒頭から怪しい動きをしていた清掃係の青年が犯人とわかる。しかし、彼は3通目の怪文書は書いていない。では3通目は一体誰が?白鳥は恩師が暮らしていた老人ホームで、PCに残された研究データを見つける。亡き妻と共に劇症肝炎のワクチンを研究していた恩師。今死に瀕している恩師の症状はまさにその劇症肝炎だった。3通目はまさに劇症肝炎の前段階の症状を自覚したこの恩師が自分で作成したというもの。これには最後の最後まで気付けなかった。共同研究者であった妻を劇症肝炎で亡くし、自分ももう生きていても仕方ないという恩師に、速水と白鳥が檄を飛ばす。生意気で退学寸前だった2人を見守ってくれた恩師に。冷酷に見えて心の奥底に人としてのハートがあるふたりだから、速水も白鳥も嫌いになれないのだ。

40代女性
40代女性

バチスタシリーズでは、連続ドラマが始まるのに先駆けて、総集編や特番が組まれるのが恒例となっていました。『ジェネラルルージュの凱旋』ラストシーンの爆発事故は、原作や映画でもクライマックスと共に「速水晃一がなぜジェネラルと呼ばれるに至ったか」という叙述トリックの種明かしという重要シーンになります。そしてドラマで初めて、視聴者の想像に委ねられていたその直後の様子が描かれました。『凱旋』で一線を退く覚悟を決めた速水が、人手不足で退職できないというのが生々しいと思いました。そして一夜限りの総集編でも登場する、バチスタシリーズ名物の怪文書にくすりとしました。シリーズの始まりでも、中盤の転機でも、事件が起きるときにはいつも怪文書があります。そして最大の見どころが、白鳥と速水の関係でした。白鳥は事件の容疑者に対しては、無神経なほど人を食ったような態度になります。田口にはからかうような口ぶりながらも、優しく穏やかに接します。これらの人たちと、接し方が全く異なるのが速水です。白鳥は同期であるからこそ、速水の医者としての技量の高さ、頭の回転の速さを知っています。得意のアクティブフェーズが通用しないので、不正を許さない熱血漢な素の白鳥が見られます。だから『凱旋』が終わってしまったとき、同期2人のやりとりが見られなくなってしまうことを嘆くファンは大勢いました。しかしこの総集編では、2人のコンビネーションがしっかり描かれます。白鳥と速水が好きな人にはたまらないお話でした。

 

まとめ

『チーム・バチスタSP2011~さらばジェネラル!天才救命医は愛する人を救えるか~』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

松坂桃李のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました