あと3回、君に会える(ドラマ)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

国内ドラマ
【U-NEXTで独占配信中】あと3回、君に会える

あと3回、君に会える(ドラマ)の動画フルを安全に見る方法

U-NEXT presents あと3回、君に会える
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

U-NEXT presents あと3回、君に会える
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

あと3回、君に会える(ドラマ)の内容

『U-NEXT presents あと3回、君に会える』は、2020年3月31日(火)にカンテレ・フジテレビ系でオンエアされた恋愛ドラマです。本作はカンテレと映像配信サービス「U-NEXT」のコラボ企画で、1つの物語を、女性側目線と男性側目線のそれぞれの視点から描いていく新たな形のドラマになっています。

先に放送されたのは、ヒロインの山本美月が演じる玉木楓視点で描いた地上波スペシャルドラマ『U-NEXT presents あと3回、君に会える』で、放送後にはヒロインが淡い想いを抱くミステリアスな青年・道林征史郎(眞栄田郷敦)の視点で描く配信オリジナルドラマ『U-NEXT presents 君と会えた10+3回』がU-NEXTで配信されていて、1つの恋を立体的に追体験していく感覚が味わえることで注目を集めました。

小さな映像制作会社に勤める女性とキッチンカーの短期アルバイトで働く男性が不思議な出会いを経て「大切な人との時間の尊さ」をテーマに繰り広げていく、せつない胸キュンラブストーリーです。

凄く心に響くドラマでした。
人との出会いの大切さ、家族への感謝、切ないラブストーリー、あの終わり方、好きです。

山本美月、可愛い!工藤阿須加ただの好青年だと思ってたら、この役超イイ!そしてゴードン、まだお芝居拙いとこあるけど、やっぱいいなー。可愛いし綺麗だし、薄っぺらくなくて。

「あと3回、君に会える」ってヒゲダンと眞栄田郷敦にハマらせるドラマじゃないっすか。

色々なことを考えさせられるドラマでした。
楓と征史郎が会える「あと1回」が少し切ないながらも、2人が微笑み合っていて本当に素敵でした。
『君と会えた10+3回』も楽しみです‼︎

違う視点でも観ることが出来ると思うと、別の視点での展開も楽しみになりますよね。両方観てさらに内容を深める、不思議な体験が出来そうな企画です。

あらすじ

映像制作会社に勤める玉木楓(山本美月)は、仕事に一生懸命になり過ぎて、気づけばもうすぐ30歳。そろそろ結婚を考える中、仕事の合間にマッチングアプリで男性と出会うきっかけはあるものの、マイペースな楓に合う男性はなかなか現れません。

ある日、キッチンカーのイケメンシェフで人気を集めている澤村洸二(工藤阿須加)の密着取材をすることになった楓は、澤村のアシスタントとして短期でアルバイトをしている征史郎(眞栄田郷敦)の手を偶然つかんでしまったことから、生活にある変化が起き始めます。

澤村の取材を進めるうちに、楓は征史郎と過ごす時間に不思議と居心地の良さを感じ始め、次第に惹かれていくのですが、征史郎はある秘密を胸に秘めていました。そんなある日、征史郎は楓に征史郎との時間に限りがあることを告げます。大切な人と過ごす当たり前に感じていた時間の尊さに気づいた楓は…。

見どころ

Official髭男dismの「最後の恋煩い」

本作と配信オリジナルドラマ『U-NEXT presents 君と会えた10+3回』ともに、主題歌は人気バンド・Official髭男dismの「最後の恋煩い」が起用されています。劇中に流れる優しい歌声とメロディーが、この不思議なラブストーリーを支えているように感じられます。

歌詞に出てくる『最後』が物語とシンクロし、愛しさや哀愁や言いようのない切なさに包まれること間違いなしです。

スタッフ

脚本:大島里美
演出:萩原健太郎
主題歌:Official髭男dism「最後の恋煩い」(ポニーキャニオン)

キャスト

玉木楓:山本美月
小さな映像制作会社のディレクター。結婚願望はあるが、男子が信じられない恋愛不信女子。

道林征史郎:眞栄田郷敦
キッチンカーの短期アルバイトに来た謎の青年。短期のアルバイトばかり繰り返している。あと何回その人に会えるかが分かる能力を持つ。

澤村洸二:工藤阿須加
キッチンカーの笑わないイケメンシェフ。

河合花:古川琴音
楓の後輩のアシスタントディレクター。

白田:水間ロン
マッチングアプリで出会った楓のデート相手。

玲央:西野入流佳
楓が行きつけのバルの店員。

小倉博昭:塚本高史
キッチンカーの客。不倫中のサラリーマン。

玉木和志:光石研
楓の父。

玉木ふじ子:吉行和子
楓の祖母。

U-NEXT presents あと3回、君に会える
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

あと3回、君に会える(ドラマ)の感想

 

50代男性
50代男性

ヒロインの玉木楓が、不思議な雰囲気の道林征史の右手に触れてしまった事から3の数字が見え始めた内容に個人的にSFっぽく感じられ興味深く見られました。そんな不可思議な数字が何を意味しているのか?征史郎が教えた3の意味から楓がすれ違う人々を見て、その真実に気付いた演出も、こういった展開が好きな自分としてはかなりワクワクしながら見られました。その後、数字が見える能力の使い方を征史郎からアドバイスされた楓が番組制作の仕事で、あんな風に活用したのも、なかなか慣れれば使える能力に感じられ、自分も欲しいなと思ってしまいました。征史郎が楓以外にも自身の体に触れた人物達を密かに見守っていた様子に、彼は不思議な人物ですがとても心優しい若者と分かり、暖かい気持ちにもなれました。楓の祖母のふじ子が、あんな事になり征史郎や有名キッチンカーの店主の澤村洸二と共に楓が駆けつけましたが、その病院の待ち合い室の廊下で征史郎から楓に語られた、見える数字、の更なる真相には大変驚きました。それと同時に征史郎の背負った悲しい宿命みたいなモノも感じられ、征史郎はそうやって生きてきたのかと切ない気持ちにもなりました。はらっちぇ祭り、が終わり、あんな形で別れた楓と征史郎が、再び5年後に楓があの男性と結婚した形で再会したラストシーンも、とても切ないラブストーリーに感じましたが、二人の表情を見て個人的にはこういったエンディングも有りかなと思えた印象深いドラマでした。

 

30代女性
30代女性

恋愛ドラマとして軽い気持ちで見始めましたが、内容がちゃんと詰まっていて、面白くて良いドラマでした。映像もキレイで、映画も見たような充実感を味わえました。突然あらわれる3の数字の意味がわかったとき、色々考えさせられる内容だと思いました。主人公の山本美月さんが、お見合い相手に数字が見えて、この人とはうまくいかないと分かるのはすぐに吹っ切れるので、結婚相手を見つけるには便利な面白い能力だと思いました。いっぽうで、実際に身近な家族や友人、恋人に、3という数字が見えてしまったらと思うとぞっとします。あと何回しか会えないんだと思ったときの悲しさや、その運命を受け入れなきゃいけないと思うと、切なく悲しい気持ちになるだろうと思います。山本美月さんの会社の同僚が辞めると分かって、もう会えないと自分は分かっていながら、また会おうねという会話もよくあることなので、妙に納得できました。主演の山本美月さんの、仕事をバリバリこなしてボーイッシュな姿もかっこよかったです。そして、山本美月さんと眞栄田郷敦さんの切ないラブストーリーでしたが、最後にきれいにまとまっていて良かったです。大切な人に会いたくなる素敵なドラマでした。

 

50代女性
50代女性

映画会社に勤めるアラサーの女子と、その人の手に触れると、その人に一生にあと何回会うことが出来るか背中に数字が出てわかってしまう、という不思議な力を持った征史郎という青年と会い、その力をうつされてしまいます。その人をお互いに好きになっているのに、あと3回しか会えないということを知ります。私がそんな力を持ってしまったら、すぐに別れるか、どちらかが、この世の中からいなくたってしまうのかと、パニックになってしまうと思います。しかし、会えるのが、ラスト一回になった時、手紙を残して、姿を消してしまいます。最後の一回は、幸せになったふたりが会った時のために、残しておくためにです。恋人も、親も、兄弟も、友達も、いつでも会えるものだと、漠然と思っている人生も、会える回数がわかったら絶対その人との、接し方が変わると思いますし、そんなふうに大事に人との関わりを持たなければいけないど感じました。喧嘩別れして、それが最後の一回だったら、後悔しても、しきれません。最後に、お互いが、幸せでよかった、なんですが、この出会いを最後の一回にするために姿を消した征史郎と、その気持ちを理解していた楓があまりにも切ない恋愛ストーリーだと、思います。

50代女性
50代女性

山本美月さんが、どこか可愛かったと思いました。映像制作会社に勤めていて、結婚願望はあるけれどどこか完全には、男性を信じきれていない楓を熱演していて、とても良かったと思いました。眞栄田郷敦さんが、とてもカッコ良かったと思いました。短期バイトを繰り返して効率のいい仕事をしていたけれど、相手への愛情が深くて不器用な楓に出会い、惹かれていく謎の多い征史郎の心情を、上手く表現していてとても良かったと思いました。光石研さんが、楓の父親をさすがの演技力で演じていて、とてもいい味を出していたと思いました。吉行和子さんが、楓の祖母をベテラン女優としての存在感を放っていて、素晴らしかったと思いました。自分の大切な人とあと3回しか会えないことがわかってしまったら、自分だったらどうするだろうと考えてしまいました。初めは、パニックになってしまうのではないかと、思いました。出会えたことの幸せ、別れの悲しみ、そばにいる人の大切さなど、当たり前だと思っていたことが本当はとてもすごいことなのだということに、改めて気付かされるドラマだと思いました。1日1日を、大切に過ごさなければいけないと感じました。生きている中で、出会えて親しくなるというのはものすごく奇跡的なのだと思いました。

 

20代女性
20代女性

その人に会える回数がわかるというのは、良い面・悪い面のどちらもあるなと思いました。楓みたいに仕事においても会う残り回数がわかっていたら相応の対策ができるし、恋愛においても深入りしなくて済みます。長い時間一緒にいられないとわかっていたら、一定の距離をとることで自分を守ることができます。それに残り回数がわかっていたら、その人と共有できる時間をより大切にしようと思えるかもしれません。ただその回数は変えることができなくて、いくら大切な人で一緒にいたくても、数はどんどん減っていく。その人が遠くに行ってしまうのかもしれないし、死によって本当に会えなくなってしまうのかもしれない。そう考えると生まれたときからこの能力を背負って生きてきた征史郎はかわいそうだなと思いました。会おうとすればいくらでも連絡手段はあるし、交通手段だって発展している。けど人はその「どうにかして会う」ということを人はなかなかやらないと言っていましたが、その通りだなと思いました。楓は征史郎の残り回数がわかる能力がうつっただけで、時間がたてばその能力はなくなるとのことだったので、人と過ごす時間を見直す良いきっかけになっただろうなと思います。

 

40代女性
40代女性

山本美月さんがヒロインを務めた「あと3回、君に会える」。制作会社のディレクターの楓役でキッチンカーのイケメンシェフを取材することになりますが、そこで働くバイトの征史郎が不思議な能力を持つ青年という少しファンタジーさもあるラブストーリーでした。出会ったひととあと人生で何回会えるかが見えるのですが、それってどういう心境になるのかなと思っちゃいました。また行動次第で会える回数が増えたり減ったりするのでは?とも思いました。征史郎を演じる眞栄田郷敦くんも素敵ですが、バイト先のオーナーであるシェフの工藤阿須加さんがクールでカッコ良かったです。楓も征史郎と同じく不思議能力を身に着けてしまうのですが、急にあと何回会えるか見えるって驚きでしょうね。色々婚活アプリでデートしたりしてましたが、目の前に恋があるよ~と思っちゃいました。また征史郎と出会った幼稚園児にも不思議能力が身に付いたのが笑えました。なんだか征史郎の小さい頃みたいな雰囲気のある子だったのできっとピュアなんでしょうね。「会う」ということでそれぞれが変化していくきっかけになりますが、相手も自分も成長出来るのがいいのだろうなぁと考えさせられました。そして不思議能力よりも自分がどうしたいかだとも感じました。何より会いたいと思って行動すれば想いが通じるかは別として会えると信じたいです。

 

まとめ

U-NEXT presents あと3回、君に会える
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました