at Home(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『at Home アットホーム』予告編

at Home(映画)の動画フルを安全に見る方法

『at Home』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『at Home』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

at Home(映画)の内容

映画『at Home』は、2015年8月に公開されました。

推理作家の本多 孝好さんによる同名小説を原作に、蝶野博さんが監督、安倍照雄さんが脚本をそれぞれ務めました。

本作は、犯罪で生計をたてている一家の母が誘拐されてしまい身代金を請求されたことで、母を取り戻すために奮闘する家族の姿が描かれており、空き巣犯の父を竹野内豊さん、結婚詐欺師の母を松雪泰子さん、偽造師で長男を坂口健太郎さん、家族の犯罪を容認している長女と次男を黒島結菜さんと池田優斗さん。また、彼らを取り巻く面々を村本大輔さん、千原せいじさん、板尾創路さん、國村隼さんが演じております。

人工的な家族のシーンから始まりますが、その謎は直ぐに解けるのですが、その設定が非常に面白い。この子たちが我が家にきてくれたら。と思えるアットホームな作品でした。

夫婦だって血は繋がっていないので、家族とは心の繋がりということがよくわかります。考えさせられる映画でしたが、とても面白かったです。

それぞれ一人ひとりの苦悩が描かれており、家族が支えてある森山家では誰一人として欠けてはいけないという覚悟や信頼、1つのテーマを軸に観ると十分印象に残るラストでした。

原作小説も読みましたが映画尺内で、上手く纏められていると思いました。それぞれの過去も丁寧に描かれており素晴らしい。ラストも良かったですが、個人的には原作の方が好みです。映画では描き切れなかったラストは是非原作でご覧いただきたいです!

あらすじ

五人家族の森山家はどこにでもある平凡で幸せな家族。夕食中に、母・皐月(松雪泰子)が夫・和彦(竹野内豊)に「お父さん今日はどうだったの?」と尋ねると、和彦は財布からお金とカードを取り出すと、皐月は数枚の1万円札を見て喜びます。そこで「掛け軸も盗んだ」と得意気に見せる和彦に家族は無言となり、長男・淳(坂口健太郎)が現金以外は危険だから燃やすと怒られる始末。

森山家は、犯罪で生計を立てている一家でした。大黒柱の和彦は空き巣泥棒、皐月は結婚詐欺師、印刷工場で偽造師のゲンジ(國村隼)のもとで腕を磨く淳、中学3年生で受験生の明日香(黒島結菜)、小学4年生の隆史(池田優斗)の五人は、血の繋がらない家族だったのでした。

一見、平凡で能天気に見えた家族も、その裏ではそれぞれが苦しい過去を背負っていました。

ある夜、家族の元に一本の電話が入ります。皐月の結婚詐欺がバレてしまい、誘拐され身代金1,000万円を要求する内容でした。無事、母を助けることができるのか?家族の絆が試されます。

見どころ

原作となる小説は、賛否両論の一冊となっております。読んだ方はほぼ満場一致で面白かったという意見になり、つまらない・駄作などの感想は見当たりません。では、なぜ賛否両論になるかと言うと、読み終わった後『心が温まるか』『ブルーになるか』です。

これは作品のテーマである家族、その家族とは何かを感じることが人それぞれだからだと思います。血の繋がりだけではない家族の暖かささに心を打たれる人もいれば、内容の重さに頭を抱える人もいらっしゃるでしょう。

【家族の絆】をテーマにした作品はこれまでに沢山ありますが、本作までぶっ飛んだ視点で描いた作品は多くはないはず。ミステリー小説で名を馳せる作家・本多孝好さんだからこその作品です。ハートフルな話なのに、裏側にひっそりと寄り添ってくるミステリー感が癖になり、一度ハマると抜け出せなくなりそうです。

作品の中に“謎”はありません。ですが、読者自身の中に大きな“謎”を残す不思議な小説となっているので、本作を視聴後に是非読んでいただければと思います。

スタッフ

原作:本多孝好「at Home」
監督:蝶野博
脚本:安倍照雄
製作総指揮:奥山和由
製作:中村直史 / 野崎研一郎

キャスト

森山家

森山 和彦:竹野内豊
森山家の父。職業は空き巣泥棒で、一家揃っての夕食の際に、その日の稼ぎを報告するのが日課。

森山 皐月:松雪泰子
和彦妻であり、家族の母。仕事は結婚詐欺師。彼女も夕食の際に新たなターゲットをどう騙すかを相談している。

森山 淳:坂口健太郎
森山家の長男。刑務所仲間のゲンジの元で偽造師の腕を磨き、一流の職人を目指している。

森山 明日香:黒島結菜
森山家の長女。中学3年の受験生。本当は私立高校に行きたいと願っている。

森山 隆史:池田優斗
森山家の次男。小学4年生。姉・明日香と同様、一家が犯罪で生計を立てていることは知っている。

その他

ゲンジ:國村隼
和彦が服役中に知り合った偽造師で、その道のエキスパート。

ミツル:村本大輔
不動産王の息子と名乗っており、皐月の結婚詐欺のターゲットだったが、実は同業の結婚詐欺師。

平田:千原せいじ
皐月の元夫で、真面目なサラリーマン。

友井:板尾創路
淳の実父。財産家で子供たちに厳格な教育をおこなっていた。

『at Home』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

at Home(映画)の感想

 

30代女性
30代女性

「お帰り。」「ただいま。」と言い合える人の温かさに、胸が熱くなった。竹野内豊さんのスーツ姿を素敵だと思っていたら、実は空き巣を怪しまれない為の仮の姿。子供を失った時、実感の沸かなかった父性を他人の子供たちとの交流で目覚めさせていく父親を熱演している。松雪泰子さんのような綺麗で魅力的な女性なら、詐欺師でも一度は騙されても良いかもと思ってしまう。DVや育児放棄・性的虐待・人格否定をする親など、現代社会で起こりうる問題を過去に持つ人々。本物かということより、どれだけ自然であるかという言葉に、この家族の形が集約されている。自分たちで選んで生まれた家族は、実際の幸せな家族と変わらず強い絆で結ばれている。子供たちが本当の家族の元で大人になった時のことを考えると、この家族の中で過ごすことができて本当に良かったと思う。みんなの過去を分っていて、それぞれが辛い体験をしているから人の気持ちに一層、寄り添えるのだと思う。夫婦の会話や「家族」というテーマの作文を読む次男・隆史の姿に幸せを感じ、涙が止まらなかった。人との繋がりの大切さを改めて、考えさせられる。食卓を囲むみんなの笑顔が、今でも目に焼き付いて忘れられない。

 

30代女性
30代女性

ぱっと見はどこにでもある普通の家族ですが、ちょっと変わった家族でした。家族というなの家族が、本当の家族になっていくような映画でした。それぞれが互いにその役割を担って家族になっていますが、そういう意味では絆が強く、信頼性も高いと感じました。血が繋がっていないけど、本当の意味で本当の家族になっていく映画でした。騙していますが、だまされているようなことも思いました。万引き家族と似た感じではありますが、人によってはこちらのほうが好きという人もいると思います。たdふぁ、最近のコロナで家族と疎遠になっている人は、少しは家族の大切さを感じたり、しばらく電話していない人は家族に電話をして近況を聞きたくなるような映画です。個人的にウーマンラッシュアワーの村本が出ていましたが、役柄にぴったりでよかったです。七三分けも含めて、いいキャストでした。DVやネグレクトなど、社会的に家族問題も多い現代において、少し希望がみえてくる元気をもらえる映画です。詐欺をしながらも、本当は毎日笑えて楽しく家族という中で誰もが生活をしたいと思っている部分は皆が共感すると思います。最後は本当に感動しました。不幸せから幸せになっていく姿に勇気をもらいました。

 

30代男性
30代男性

「真夜中の五分前」「ストレイヤーズ・クロニクル」といった話題の映画の作家として知られる本多孝好の人気小説を原作にした映画となっておりしっかりとした濃厚なストリーの作品となっています。空き巣泥棒を生業とする父親を筆頭にそれぞれが苦い過去を持つ他人同士が集まった家族をメイトしたストーリー展開となっており、ささやかな幸せを守る為にそれぞれが奮闘する姿に思わず感情移入してしまいます。両親に長男、長女、次男の5人で暮らす森山家、一見するとどこにでもありそうな幸せそうな家族に見えるのですが、実は誰ひとり血のつながりはなく父は空き巣、母は結婚詐欺、長男も偽造職人と全員が犯罪で生計を立てている犯罪者家族!犯罪に手を染めながらも幸せに暮らしていたある日、結婚詐欺のターゲットと食事をしていた時に招待がばれてしまいそのまま誘拐されてしまいます、そしてそれを知った父はある行動に出るのですがとても切なく考えさせられるような内容となっており、本当の家族とは?血の繋がりはそんなに重要なことなのか等、家族の在り方にも疑問符を問いかけるような内容でした。嘘で塗り固められたような幸せを必死に守ろうとする姿はなぜか共感してしまようなシーンも多く深い作品です。

 

まとめ

『at Home』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました