アスコーマーチ(ドラマ)の無料動画フル配信|1話から最終回まで全話イッキ見

国内ドラマ

アスコーマーチ(ドラマ)の動画フルを安全に見る方法

『アスコーマーチ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『アスコーマーチ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

アスコーマーチ(ドラマ)の内容

ドラマ『アスコーマーチ』は、2011年4月よりテレビ朝日系列で放送された連続テレビドラマです。

原作は、アキヤマ香さんの漫画。女子高に落ちた主人公が、補欠で合格した数少ない女子生徒しかいない県立明日香工業高校(アスコー)に進学し、次第に周囲の男子生徒たちとの友情や恋を通して自分の居場所を見つけていく王道の青春ストーリー。

主演の女性生徒役に武井咲さんが扮し、そのほか、松坂桃李さん、賀来賢人さん、永山絢斗さん、古川雄輝さんなどイケメン俳優たちが出演しています。

 

青春ドラマ系で1番好きと言っても過言では無いくらい面白かった!今見ても面白い。

武井咲さんの紅一点、という設定がこれまでの青春ドラマと違う点。それを生かしたいい物語だった。松坂桃李や賀来賢人、古川くんなどキャスティングも素晴らしい。

武井咲×松坂桃李っていうコンビに惹かれて見た少女漫画原作の作品。
武井咲が最初は、反抗的な嫌な女子!って感じだったけど、周りの入学理由とか態度にだんだん打ち解けていくという王道的展開が面白い。工業高校の雰囲気も分るし、もちろんベタな恋愛展開も良かった。

桃李くんもかっこよかったけど、賀来賢人がかっこいい。脇を固めるクラスメイトがイケメン揃いでハマる。

あらすじ

第一志望のお嬢様学校の受験に失敗し、不本意ながら男ばかりの工業高校に入学することになってしまった直(武井咲)

その高校の名前は、明日香工業高校(アスコー)。新入生148人中、女子はたったの3人。周りはむさ苦しい男ばかりで理想とは違いすぎる高校生活に戸惑い、始めは現実と向き合うことが出来ず、クラスメイトの男子たちのことも見下していましたが、反発しながら徐々に大切な仲間と、恋に学業に実習に奮闘していきます。

見どころ

武井咲の連続ドラマ初主演作

当時17歳だった武井咲さんは、2006年の「全日本国民的美少女コンテスト」で、マルチメディア賞を受賞し、モデルとしてデビューし、2008年に映画「櫻の園」で女優デビューしました。

そんな武井咲さんにとって、本作が連続ドラマ初主演作品。工業高校が舞台とあって、周りは男子だらけで、しかもダサいつなぎ姿を披露しています。初々しい武井咲さんは見どころのひとつです。

豪華な男子生徒たち

共演のクラスメイトの男子生徒たちには、いまとなっては主役級の俳優たちが勢揃いています。

まずは、当時22歳だった松坂桃李さん。2010年7月のドラマ「GOLD」で武井咲さんと兄妹役を演じ、本作が2度目の共演となりました。

松坂桃李さんにとって本作は、初の高校生役だったそうです。とは言っても、工業高校に通いながらホストクラブで働くミステリアスな15歳という設定です。

ほかにも、いまでは「今日から俺は」など福田雄一脚本作品で、変顔を披露する賀来賢人さんも出演しています。賀来賢人さんは、当時21歳。本作の賀来賢人さんが”かっこいい”と言う口コミがたくさんあります。

また、8話のゲストで賀来賢人さんの叔母の賀来千香子さんも出演し、初共演しています。この時、賀来賢人さんは女装をしていて、恥ずかしかったそうです。

さらに、永山絢斗さんが眼鏡をかけてクラスメートを見下し、溶け込もうとしない役で出演していたり、古川雄輝さんは、本作がドラマ初出演だったりと、若かりし頃のイケメン俳優たちも見どころです。

スタッフ

原作:アキヤマ香「アスコーマーチ〜県立明日香工業高校行進曲〜」
脚本:森ハヤシ
音楽:林ゆうき
演出:田村直己、塚本連平、日比野朗
プロデューサー:横地郁英、浅井千瑞
主題歌:FUNKY MONKEY BABYS「それでも信じてる」

キャスト

【1年A組生徒】
吉野 直:武井咲
主人公。有人・玉木・竹内・村井の四人の男性に好かれる。

横山 有人:松坂桃李(幼少期:大島璃生)
元子役で、夜はホストとして働く。明るく優しい性格だけど、影がある。

玉木 誠:賀来賢人
ネジ工場の息子で継ぐためアスコーに入学。直に反発していたが、段々好きになる。

竹内 和也:永山絢斗
医者の息子で秀才。クラスメイトやアスコーを見下す。

輪島 豪:南圭介
金髪でチャラいヤンキー。岸や村井とツルむ。

広瀬 里美:石田卓也
口数が少なく一匹狼タイプの硬派系ヤンキー。

岸 哲郎:古川雄輝
茶髪でビジュアル重視のオシャレ系ヤンキー。輪島や村井とツルんむ。

村井 一:金井勇太
お調子者で、見栄っ張りなヤンキー。岸や輪島とツルむ。

平川 光司:新井裕介
眼鏡を掛けたフィギュアやマシン専門のオタク。

渡辺 信一郎:西洋亮
眼鏡をかけたデブオタク。

【その他1年A組生徒】
青木敦郎、井上辰哉、内川智暁、大野雄大、岡安一也、片山徳人、小谷昌太郎
小林大祐、坂口和也、佐久間貴生、高橋洋、南羽翔平、花澤直人、福井啓太
森善洋、吉田貴幸、若松克弥、和田颯

【1年D組生徒】
相沢 桃:剛力彩芽
もう一人の1年生の女子で、男子の人気者。

【その他1年D組生徒】
山根和馬、福山一樹、馬場・場番、根本太樹、谷本峰

その他の生徒
高田 真衣子:秋月三佳(第1話)
機械科実習中の男子生徒:内舛聖矢(第1話)、田中和也(第6話)
ヤンキーの生徒:TOMO、鐘ヶ江佳太(第4話)
男子生徒:KENTA、岡本勝、酒井貴浩(第8話)
1年生の男子生徒:菅野篤海(最終話)
1年生の女子生徒:谷内里早(最終話)

教職員
岡野:神保悟志
杉崎 加奈子:白石美帆
機械科教師:米倉友貴
土木科教師:新堀創世(第3話)
体育教師:松原正隆(第4・8話)
日本史教師:友部康志(第5話)
大向 徹:勝村政信

生徒の家族
吉野 冨士男:笹野高史
直の祖父。美人がいるとカツラを被る。

吉野 歩:賀来千香子(特別出演、第8話)
直の母親。

横山 祥子:菊川怜(特別出演)
有人の母親。夫のDVにより精神を病んでいる。

横山 敏郎:原田龍二(第4~6話)
有人の父親。無職のDV男。

玉木 誠一:長谷川初範(第1・最終話)
誠の父親。玉木ネジ工場を経営。

玉木 誠次:加藤翼(第1・5話)
誠の上の弟。

玉木 誠太:馬渕誉(第1・5話)
誠の下の弟。

玉木 誠子:山口朋華(第1・5話)
誠の妹。

竹内 正和:野村宏伸(第4話)
和也・秀樹の父親で医師。

竹内 秀樹:清水優(第4話)
和也の兄。アスコーの卒業生。

横浜永鈴高校
香織:有末麻祐子(第6話)
女子生徒:岩﨑名美(第4話)
教師:半海一晃(第5話)
事務職員:羽根田陽一(第6話)

CLUB IKAROS
龍聖:伊阪達也
長沼 京子:松山メアリ
CLUB IKAROSの客:真下有紀(第1話)
マドカ:美緒(第2話)
裕子:阿南敦子(第5話)

オープニングナレーション:大西洋平(テレビ朝日アナウンサー、第3~8話)

【第1話ゲスト】
上田 夏美:優希
柚季:小島藤子
公平:林剛史
毅:水谷百輔
借金取りの男:佐伯新、水野直
他校の男子生徒:照井健仁、川畑一志

【第5話ゲスト】
露天商:西慶子
横須賀Watcherの記者:内山奈々
「パパは小学五年生!?」の共演者:森くれあ、山崎智史、三宅朱皓

【第7話ゲスト】
野口 和仁:西岡徳馬
沼尻:佐戸井けん太
汐入歯車製作所の作業員:児玉貴志、八代真吾
まどか:長井梨紗

【第8話ゲスト】
ジョギング中の女性:奥田由美
第二種電気配線士試験会場の受付:佐藤裕

【最終話ゲスト】
立花 篤:永井大
梶原:森本レオ(友情出演)
内山:平賀雅臣
作業員:辰巳蒼生、伊藤力
テレビ朝日の警備員:近藤起矢
「俺の空 刑事編」オーディション関係者:森迅史

 

『アスコーマーチ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

アスコーマーチ(ドラマ)の感想

 

50代女性
50代女性

工業高校に通う女子が主人公のドラマでした。確かに工業高校では女子が少ないですし、地元の学校も同じことが言えます。私は工業高校ではありませんでしたが、女子が少ないクラスでした。なので、少しだけこの学校の女子の気持ちが分かるような気がしました。工業高校は男子ばかりなので、少ない女子はモテそうな気がします。ですが、その反面、同じことを勉強しているので、女子と思われにくいのではないかと思っています。しかし、このドラマでは可愛い女子しか登場しませんでした。なので、男子生徒との間で、恋心が生まれることも当然のように思いました。工業高校に限らす、理系が得意な女性は世の中にはいるものです。ですが、やはり工業高校は独特な雰囲気があります。このドラマの高校はやんちゃな学生もいたので、偏差値はそれほど高くはなかったのかもしれません。
もし、高専のような偏差値の高い学校だったら、ストーリーがかなり変わってきたと思います。私はこのドラマで初めて剛力彩芽を観ました。彼女は少し意地悪な役どころでしたが、見た目の印象がそのまま表現されていたように思いました。ですが、このドラマ出演後、まったく違うイメージで他のドラマに出演されていました。なので、今は嫌味な感じはまったくなく、爽やかで可愛い印象の方が強くなりました。

30代女性
30代女性

マークシートの記入ミスで第一志望だったお嬢様学校の受験に失敗してしまった吉野直。そんな直が祖父の助言で渋々選んだ高校は、周囲の人々から見下される工業高校でした。明日香工業高校、「通称アスコー」と呼ばれる高校は、工業高校ということもあって生徒は男子ばかりです。そして新入生の中で女子生徒は直を含め、たったの3人だけという状態。しかも直のクラスでは女子生徒が直だけしかいないという過酷な状況で、日々疎外感を感じる直。周囲は男子ばかりで唯一の女子である直は色眼鏡で見られ、腫物扱いされます。直の方も工業高校は資格を取るだけの底辺高校という意識が抜けず、周りの男子生徒と衝突してしまいます。けれど本音で周りの男子とぶつかり合っていく内に、次第に彼らの家庭環境や工業高校に対する愛情などを知って直自身も少しずつ変わっていくという過程は、見ているだけで胸が温かくなります。男子ばかりの世界に女子が入っていくことによって起こる亀裂や気まずさなども、リアルに描いていてとても見ごたえがあるドラマです。そして男子ばかりの中で女子が頑張るという内容のドラマですが、恋愛よりも友情を重点に置いた青春ドラマという物語なので、男女共に楽しめる作品だと思います。

 

40代女性
40代女性

武井咲さんのようにかわいい女子が工業高校に入学してきたら、高校生活の間はクラスの男子だけでなく、学校中の男子からずっとお姫様扱いしてもらえそうだなと思いますが、なぜか、そこまで大事にされないのが、不思議な気がしました。私は、男女共学の高校に通っていたので、男子校や女子校のことはわかりませんが、この県立明日香工業高校のような生徒がほとんど男子という高校に通うと、トイレもほぼ男子トイレとか、体育でも男子を基準にした授業になってしまったりと、いろいろ大変なんだろうなと思いました。武井咲さんは、渋々、入学しましたが、特に将来の目的もなく普通高校に入学するよりも、技術を身につけられる工業高校は、これからの選択肢としては悪くないと思いました。工業高校と言うと、やんちゃな男の子が多いイメージですが、このドラマも、そのイメージどおりで、ストーリーも意外性はあまりなかった分、逆に安心して見られたような気がします。そして、主題歌は当時、とても人気があったFUNKY MONKEY BABYSの「それでも信じてる」で、これもドラマのイメージにとてもよく合っていたと思います。武井咲さんの演技力がいまいちで、視聴率はあまりよくなかったようですが、私は元気があって良いと思いながら見ていました。

 

まとめ

『アスコーマーチ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました