阿修羅のごとく(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
阿修羅のごとく(プレビュー)

阿修羅のごとく(映画)の動画フルを安全に見る方法

『阿修羅のごとく』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『阿修羅のごとく』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

阿修羅のごとく(映画)の内容

映画『阿修羅のごとく』は、2003年11月に公開されました。

本作は、1979年と1980年にNHK総合テレビで放送された向田邦子さん脚本のテレビドラマをまとめています。4人姉妹の、4つの「愛」を描いた物語です。テレビドラマでは、4人姉妹の長女を加藤治子さん、次女を八千草薫さん、三女をいしだあゆみさん、四女を風吹ジュンさんが演じました。

本作では、八千草薫さんが母親役を演じ、加藤治子さんがナレーションを担当しています。4人姉妹には、大竹しのぶさん、黒木瞳さん、深津絵里さん、深田恭子さんが扮し、父親役には仲代達矢さんが出演し、監督は、数々の作品を手掛けた森田芳光さんという豪華なキャスト・スタッフによる作品です。

 

ブラックホームコメディの傑作って感じ。キャストの芝居のクオリティの高さは脱帽です。背筋が凍る恐ろしさとおかしさがある。
それにしても、女は怖いなと思わせてくれる作品。

感情や表情、仕草など、ひとつひとつの機微を取りこぼさず描き上げた森田芳光の演出は素晴らしいと思う。2000年代の森田作品の最高作でしょ。

森田芳光監督の独特なカメラワークとか、印象的なカットとか、昭和の時代を感じながら最後まで楽しく見られました。

俳優陣の演技バトルは素晴らしく、それだけで見る価値があった。
四姉妹を軸に繰り広げられる各エピソードのつなぎも良くて、長い映画だが観ていて飽きなかった

あらすじ

1979年(昭和54年)冬、4姉妹の三女・竹沢滝子(深津絵里)は、話があると長女・三田村綱子(大竹しのぶ)、次女・里見巻子(黒木瞳)、四女・陣内咲子(深田恭子)に電話を掛けます。

後日、姉妹たちは、次女の巻子夫妻の自宅に集まります。滝子の話とは、父・竹沢恒太郎(仲代達矢)の話でした。滝子は数日前に父が愛人と思われる女性と子供と親しそうにしているのを見たと言います。しかし、このことは、母・ふじ(八千草薫)には内緒にしておくことに。

滝子は、父のことを調査員に調べてもらいます。すると父が愛人母子を養っていたことが発覚。しかし、その女性の子供は、父の子ではないということで、滝子は少し安心します。

4姉妹たち自身も私生活に悩みを抱えていて、長女の綱子は妻帯者の枡川貞治(坂東三津五郎)と不倫中、次女の巻子は、夫・鷹男(小林薫)に女がいるのではと疑いの眼差し。滝子は20代後半なのに男っ気がなく、四女の咲子は気が多い同棲相手・英光(川口力哉)に振り回されています。

ある日、朝刊にまるで、4姉妹の老いた父の愛人発覚と母のことのような内容の投書が載り、姉妹はそれぞれ自宅で目にします。

「まさか巻子が書いたのでは…」と言い出しますが、彼女たちそれぞれに幸不幸が訪れ心が揺れ動きます。

見どころ

嫌味たっぷり

タイトルにある”阿修羅”とは、言い争いの象徴とされるインドの神のこと。本作では、4姉妹の嫌味たっぷりな言い争いとその表情が見どころです。

そんな嫌味たっぷりなセリフで有名なのは、大竹しのぶさん演じる長女・綱子の女性ならドキっとしてしまう言葉。きっと女性なら誰もが、映像を見ながらかかとを手で触り、映画が終わったらかかとを見てしまうであろうセリフ。

「女のかかとを見ると、殿方にご無沙汰しているか判るんだから」

ぜひ、このシーンが出てきたら、女性は自分のかかとを見て欲しいと思います。

豪華キャストが勢揃い

4姉妹も、父と母もですが、そのほか脇役も豪華なキャストが勢揃いしています。

黒木瞳さん演じる次女・巻子の夫は小林薫さんが演じていたり、大竹しのぶさん演じる長女・綱子の不倫相手が、坂東三津五郎さんが演じていたり、その板東三津五郎さんの妻が桃井かおりさんだったり、滝子に頼まれ父を調査する調査員には中村獅童さんが、小林薫さんの秘書に木村佳乃さんなど豪華すぎるキャスト陣。

さらに、黒木瞳さんの娘役に15歳の長澤まさみさんも出演しています。セリフは1言で30秒ほどです。お見逃しなく!

スタッフ

原作:向田邦子
監督:森田芳光
脚本:筒井ともみ
音楽:大島ミチル

キャスト

三田村綱子:大竹しのぶ
長女45才。夫が亡くなり、一人暮らし。貞治と不倫中。自由気ままで奔放な性格。

枡川貞治:坂東三津五郎
妻帯者で綱子と不倫中。

枡川豊子:桃井かおり
貞治の妻。夫婦で料理屋を営む。

緒方:益岡徹
鷹男が連れてきた綱子の見合い相手。

里見巻子:黒木瞳
次女41才。専業主婦。心の中で思っても口に出さない性格。

里見鷹男:小林薫
巻子の夫。職場では部長。

赤木啓子:木村佳乃
鷹男の秘書。鷹男と不倫していると巻子に疑われている。

里見洋子:長澤まさみ
巻子の娘。15歳。

竹沢滝子:深津絵里
三女29才。図書館の司書。独身で彼氏なし。生真面目でお堅い性格。

勝又静雄:中村獅童
恒太郎の愛人調査を滝子に依頼された調査員。滝子と親しくなる。

陣内咲子:深田恭子
四女25才。喫茶店のウェイトレス。英光と同棲し、その後籍を入れる。甘えん坊な性格。

陣内英光:RIKIYA(現・川口力哉)
咲子の同棲相手。やや自分勝手な性格。

竹沢恒太郎:仲代達矢
4姉妹の父親。愛人とその子供を養っている。

土屋友子:紺野美沙子
恒太郎の愛人相手。小学4年生の息子と2人暮らし。

竹沢ふじ:八千草薫
4姉妹の母親。穏やかでしとやかな性格。

ナレーション:加藤治子

 

『阿修羅のごとく』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

阿修羅のごとく(映画)の感想

 

40代女性
40代女性

名脚本家・向田邦子のドラマを映画化した作品、さらに大竹しのぶをはじめとした豪華な女優陣が4姉妹を演じるということで、観る前から期待度大の作品でした。大竹しのぶ、黒木瞳、深津絵里、深田恭子の4姉妹がそれぞれ抱える事情や、思惑をテンポの良いセリフとカットで見せていく手法は、森田芳光監督ならではだと思いました。登場人物たちの揺れ動く心を繊細に演じた役者陣には、拍手を贈りたい気分です。特に長女の三田村綱子を演じる大竹しのぶの演技は圧巻で、次女・里見巻子役の黒木瞳とのやり取りはまさに「演技バトル」といった感じで見応えがありました。複雑な人間関係ながらもコミカルな場面が随所に挟まれているので、最後まで飽きずに見ることが出来ました。4姉妹の父・竹沢恒太郎を演じる仲代達也は渋くて魅力的な人物で、70代とは思えない格好良さでした。4姉妹の恋人や夫役も小林薫や中村獅童など個性的な面々で、物語に厚みを与えていました。ドロドロになりがちな題材ですが、キャストの演技力やセリフ回しの良さで軽い気持ちで観終えることが出来ました。エンディング曲を歌うブリジット・フォンテーヌの声が、映画の世界観に合っていて最後まで作品の世界に浸っていられました。

40代女性
40代女性

昭和という時代は男性は頑固で自分勝手、それが良しとされている時代。そして、女性は三歩下がってついて行くっていうのが普通だったんですかね。今の時代では、もうそんな女性なかなかいませんよね。どうしてこうも男という生き物は1つでは満足しないのでしょうか。。四姉妹のそれぞれの人生と父親の不倫を軸に物語は進んでいくんですが、もしも自分がそれぞれの立場だったらどうするのかと悶々と考えてしまいました。とくに好きな場面は、桃井かおりさんと大竹しのぶさんが鉢合わせするシーンは、演技力抜群の2人なだけに芝居とテンポの良さが観ていて本当にハラハラさせられました。坂東三津五郎さんの慌てっぷりも笑えますよ!中村獅童さんのオーバーなお芝居とリキヤさんの棒読みがちょっと気になりますが、女優陣はそれぞれの色があってとくに八千草薫さん、黒木瞳さんは昭和の女性像といった印象でした!そして、最後に四姉妹が母親の本当の気持ちを知った時に、みんなそれぞれ全くタイプの違う女性なんですけど、共通するのは『心が強い』というです。それぞれの家族への想いを知った時なんとも言えない気持ちになりました。いつの時代の女性はとにかく心が強くないと生きていけないですね。

 

30代女性
30代女性

まず女優さんたちの顔ぶれと『阿修羅のごとく』という題名を見て怖そうな映画だなと思いました。それぞれかなりキャラクターの違う4人姉妹のお話です。姉妹が仲良くするお話ではありません。皆、曲者揃い!でもそれが現実かと思います。私は2人姉妹ですがまあ色々あります。性格も違います。そんな家が大半かと思いました。女の怖さが地味に伝わる作品です。奥手な深津絵里と中村獅童のシーンが私は好きでした。大竹しのぶと桃井かおりのバトルシーンは恐ろしかったです。近寄りたくない…そんな事を思いました。不倫されてる黒木瞳を見て結婚て何だろうと思ったり深津絵里を見て人と一緒にいるのもいいものだよなと思ったり。この姉妹は静かなお母さんをいつも穏やかな世間知らずだと思っています。守ってあげなくちゃと。しかし、この4姉妹を育て、そして恐らく曲者であったろう夫と添い遂げてよく考えればそんなか弱い存在ではないはずなのです。八千草薫が役にぴったりでした。阿修羅のごとくというのは4姉妹にも当てはまるのかもしれないけれど、このお母さんの事かな?と思いました。一番柔らかいものが一番強く、自分なりのしたたかさを持って生きているのかなと思いました。観てみると楽しい作品です。原作を読んでみたくなりました。

 

まとめ

『阿修羅のごとく』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました