あしたの私のつくり方(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
あしたの私のつくり方

あしたの私のつくり方(映画)の動画フルを安全に見る方法

『あしたの私のつくり方』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『あしたの私のつくり方』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

あしたの私のつくり方(映画)の内容

映画『あしたの私のつくり方』は、2007年4月に公開されました。

真戸香さんによる同名小説を原作に、国内外問わず高い評価を受け続ける市川準さんがメガホンを取って映画化されました。

本作の物語は、若者たちだけでなく社会において必須アイテムとなった“携帯電話”を介して、成海璃子さんと前田敦子さんが演じる二人の女子高生が、自分らしさを取り戻していく姿を描いた青春ドラマとなっております。ヒロインと同年代ならではの“想い”を見事に演じきっております。

思春期ならではの心理を重ね、巧く表現されている作品だと思います。ヒロインである二人ともの演技力の高さもあり、非常に分かりやすく視聴者に伝わってきました。僕自身、本作は凄い良い作品だと感じます。

もう公開から10年以上経つんですね、凄く好きな映画で、この頃から成海璃子さんの演技が大好きでずっとファンです。あっちゃんもヒヨコみたいに可愛いです。

思春期にこそ観るべき映画だと思いました。一般的に知れ渡ってない作品ですが、この時代の代表作に挙げるべき作品の一つです。

メールを使ったストーリー展開が時代を感じますが、相手からメールが来るのを待っている時間というのが凄く好きでした。今の世の中は便利になりすぎて良い反面、少し寂しい気持ちにもなります。今の子たちにも伝わりやすい作品だと思うので、多くの方に観て欲しいです。

あらすじ

小学生の寿梨(成海璃子)は、自分自身が受験したいわけではないが、喧嘩の絶えない両親のために中学受験をすることにします。受験のために1週間学校を休み、挑戦するも結果は不合格となってしまいました。寿梨は久しぶりに学校へ行くと、イジメられていた子がクラスの輪に溶け込み、クラスの人気者だった日南子(前田敦子)がイジメの対象へ。たった1週間でクラス事情は大きく変わっておりました。寿梨は自分もイジメられたくはないので、クラスのみんなと同じように日南子を無視することにします。

卒業式の日、図書室で寿梨と日南子は二人きりになり初めて本音で語り合いました。お互いが自分自身を偽り続けていた似た者同士であることを認識し、そこで日南子は「お前は嘘が上手いから、行いだけでも良くなさい」という太宰治の一文を言い、二人は中学に進学してから会うことはなくなりました。

中学も卒業し高校に進学した寿梨は、クラスの女子たちの会話から日南子が引っ越しをしたことを知り、その子から日南子のアドレスを教えてもらいました。寿梨は、自分のことを「コトリ」と名乗り日南子とメールのやりとりをするようになり、転校先で日南子が上手くなじめるようにアドバイスをしていきました。

日南子はそのアドバイスに従うとクラスで人気者になり、一方で寿梨はこのメールのやりとり「ヒナとコトリの物語」を小説にすると先生から褒められる。お互いが順調に歩んでいっていると思った矢先に、ある出来事が起きてしまいました…。

見どころ

的を得たアドバイス

転校先で人気者への道、アドバイスを一部抜粋。

・奇数人数グループを見つけて合流を始める
・一緒に歩くときはさり気なく中央をキープする
・お弁当は友達に別けられるおかずを入れる
・人気者と同じクラブ活動に入ること
・「恋が叶うおまじない」を流行らせて共通意識を持たせる
・話題のお笑いコンビのネタ真似を教室で披露
・カラオケ店は密室なので友情を深めるには欠かせない場所。誘われたら必ず行く
・盛り上げたい場合は替え歌がベスト。本来の歌詞を活かしながら歌うのがポイント

私自身も中途半端な時期に引っ越しをした経験があるので「なるほど!」と思う部分もありますが、正直ハードルの高い部分もあります。

引っ越しを控えている方は、憶えておいて損はないと思います。

スタッフ

原作:真戸香「あしたの私のつくり方」
監督:市川準
脚本:細谷まどか
音楽:佐々木友理
主題歌:シュノーケル「天気予報」

キャスト

大島寿梨:成海璃子
小中学校の頃、学校と家庭にてそれぞれの自分を偽り、使い分けて生活をしていた。高校に進学すると転校する日南子へ、自らを「コトリ」と名乗りメールでアドバイスをする。

花田日南子:前田敦子
小学6年生のころ、人気者からいじめの標的へと変わり、卒業までイジメられていた。高校生になり、コトリ(寿梨)からメールで来るアドバイスのおかげで転校先のクラスで人気者となる。

田村博之:高岡蒼甫

古垣賢一:近藤芳正

日南子の母:奥貫薫

上島浩二:田口トモロヲ

大島さつき:石原真理子

杉谷正:石原良純

杉谷真:柄本時生

金井淳:桜田通

役不明:柳英里沙

 

『あしたの私のつくり方』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

あしたの私のつくり方(映画)の感想

30代男性
30代男性

自分たちの中学生、高校生時代を思い出させる内容になっていると私は感じました。仲間外れにされることを怖がり、初めから輪に入らないクラスであまり目立たない子と人気者だったのに、突然いじめられっ子になってしまうこの二人。私も学生時代そのようなことがありました。クラスの中心メンバー5人だったのにいきなりいじめられる対象となり、クラスでも居場所がない状態になってしまう。どうすれば元に戻ることができるのか考え、演じるようになり次第に輪に戻れるようになったが、それを演じているのが疲れてしまい、なにが正解なのかわからなくなってしまいました。そのころを思い出させられる内容にも感じさせられました。特に何かに打ち込んでいる人はごく一部で他の大抵はとても平凡な生活をおくっているんだろうなーとも感じさせられました。学校のクラスでの立ち位置や家庭環境などとてもリアリティがあるのでとても雰囲気が出ていて目が離せませんでした。役柄の子供たちと同じ年代の人には見てもらいた作品だと私は思います。自分との生活環境、学校での環境などを比べてみて、どのようにすることが一番いいのかなどに導くことができると私は思いますので考えさせられる作品です。

 

20代女性
20代女性

私は、映画『あしたの私のつくり方』を観て、「悩みながらも懸命に生きる少女たちの姿」と「少女たちの絆」が特に魅力的だと思いました。まず、悩みながらも懸命に生きる少女たちの姿についてです。この作品では、ある少女が小・中学校時代の友人に久しぶりにメールを送ったことから物語が始まります。メールを送った少女は、周囲を気にして自分の気持ちを抑えて生きており、メールを送られた少女はクラスに上手くなじめずいじめの対象となっていました。それぞれの悩みを抱える不器用な二人が、厳しい状況に打ちのめされそうになりながらもなんとか懸命に日々を過ごす姿が健気で、終始応援しながら観ていました。次に、少女たちの絆についてです。少女たちは、小・中学校の頃は仲が良かったものの、次第に疎遠になっていきました。そんな中、メールを通して交流を再開したことで、連絡を取り合っていなかった分の時間が徐々に動き出していきます。性格や置かれている状況は異なっていても、お互いの状況をメールで知る中で相手に対して自分の気持ちを真っすぐに伝えあうようになる二人の様子から、二人の間に強い絆が芽生えていることが感じられて、その友情に感動を覚えながら観ていました。

40代男性
40代男性

小学6年の杉谷寿梨は兄と両親の4人暮らし、中学受験を控えていましたが、両親は表向き仲良くふるまっているものの、家の中では喧嘩ばかりしていた。寿梨もその影響を受けて家庭内では良い子を演じていた。寿梨のクラスではいじめの対象になっている久保田まなみや人気がある花田日南子らがいて、寿梨は受験のために1週間学校を休むことになるが合格する事は出来ませんでした。学校に復帰するとクラスの雰囲気が一変していた。人気者だった花田日南子がいじめられる側になっていた。花田日南子へのいじめは卒業式まで続き図書室で2人話をする。印象的なのは今の自分が本当の自分では無く、寿梨と同じ中学を受けて受かっていた久保田まなみに代わり自分がいじめられることを引き受けたと言って現実逃避していた花田日南子でした。寿梨は中学に入ってから学校と家での自分を分けて考える様になりました。しかし、家庭内では両親の件化が激しくなりついに離婚する事になり兄は父親とくらし、寿梨は苗字が大島に変わり母親と暮らす事になるのです。高校生になると寿梨は文芸部に入り、働く母親を支える娘を演じていました。文芸部で小説が書けていない寿梨は偶然、日南子のメールアドレスを聞く事が出来ました。彼女が転校初日を迎える日にメールを送りますが、日南子は不審に思うだけです。寿梨が図書室での出来事を織り交ぜても反応は薄いままでした。ここから、寿梨はことりと名乗り日南子とメールで接していきます。そこから、このメールのやり取りこそがお互いの心の支えになっていきます。このメールには様々な思いがやり取りされていて現代で生きる子供たちの状況も良く見た気がします。紆余曲折ありながらも、最後は両親の前で学校行事の壇上に立つ寿梨に感動しました。

30代女性
30代女性

学生時代に感じていた、目立たないように、でも仲間からは外れないように…と思いながら過ごしていた時期を思い出させる、大いに共感出来る映画でした。「学校」という避けられない狭い社会の中で生きていく為に、多くの人が考え、悩んで、自問自答を繰り返す日々を過ごしたのではないかと思います。特に思春期というのは、色々と自分自身について考えてしまう時期だと思うのですが、この映画ではそんな女の子達が丁寧に描かれていて、共感出来る良い映画でした。「自分ではない自分を演じている」という感覚は大人になった今でも感じる事がありますが、それも本当の自分なんだよなあと改めて感じました。そして題名の「あしたの私の作り方」というのもまさに。あの頃の経験が今の私を作っている、と私も感じて生きているので、とても納得しました。成海璃子さんの演技も素晴らしく、当時ご本人は中学生くらいだったようですが、映画では小学生から高校生までを演じており、その演技力に驚かされました!凛とした佇まいで、本当にステキな方だと改めて思いました。また日向子役の前田敦子さんは、この映画が初めての映画出演だったそうで、初々しい姿が見られました。でも、その危うい感じも役に合っていて良かったと思います。日向子がお母さんに、「今までのどんな日向子でもお母さんは大好き」と言われるシーンには心を打たれました。そんなふうに言ってくれる人の存在はとても大切だなと…私も自分の子供には、そう言ってあげられる母親でいたいと思いました。

 

40代女性
40代女性

この映画は、市川準監督の作品だということが観た後にわかり、ますます感慨深い気持ちになりました。まだあどけない前田敦子さんが出演していたり、少年の面影を残した桜田通さんが出演していて驚きました。主演の成海璃子さんは、その大きな目に吸い込まれそうになるほど、透明感があり、存在感がありました。また母親役で石原真理子さんも出演していて、今ではお芝居をしている姿も見るコことができないので、とても貴重だなあと思いました。とても深い内容で、なりたい自分、なれない自分、その中での思春期ならではの葛藤の中で、最終的には日南子が語っていたことが全てのような気がして、今までなんだかもやもやしていたものが、やっとパッと晴れた感じがしました。印象的だったのは、日南子がお付き合いをしていた彼に、別れを切りだし、本当の自分じゃないからと言って、彼がわかったとその場を離れて行くのですが、その後すぐに初めまして、付き合ってください!と言うところが、正直な若い清々しい感じがしてよかったです。寿梨の元住んでいた家に、小学校の時のクラスメイトが後に住んでいることがわかったシーンは、寿梨の複雑な気持ちを思い、少し悲しかったです。いろんな気持ちを乗り越えて、寿梨が確実に成長したことがわかるラストで、まだまだ続く未来に幸あれと思いました。

 

まとめ

『あしたの私のつくり方』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年8月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました