青空エール(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
土屋太鳳が主演!共演に竹内涼真 映画「青空エール」予告編 #Tao Tsuchiya #Yell for the blue sky

青空エール(映画)の動画フルを安全に見る方法

『青空エール』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『青空エール』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

青空エール(映画)の内容

映画『青空エール』は、2016年8月に公開されました。

原作は、「高校デビュー」や「俺物語!!」の原作者・河原和音さんによる少女漫画で、2008年9月号から「別冊マーガレット」に連載されました。”涙でページがめくれない”という読者まで現われたという噂があるほど。累計発行部数340万部を突破。

監督は、「ホットロード」や「アオハライド」を手掛けた三木孝浩監督で、初心者ながら吹奏楽の名門校に入学した女子高生と、同級生の野球部員が互いへの気持ちを胸に、共に励まし合いながら甲子園を目指す姿を描いた作品です。

出演は、土屋太鳳さん、竹内涼真さん、葉山奨之さん、松井愛莉さん、平祐奈さんというフレッシュで青春映画にピッタリな俳優が揃いました。

また、主題歌には、10代の女性4人のボーカルユニット「whiteeeen(ホワイティーン)」が「GReeeeN」の代表曲「キセキ」をカバーした楽曲「キセキ 未来へ」が起用されました。

 

高校野球物語ってわけじゃなく、それを応援する吹奏楽部が主体。坊主頭の竹内涼真が一瞬、誰か分からんかった。一生懸命の土屋太鳳はいい!恋愛映画として、ほんわか観るつもりが不覚にも号泣してしまった。三木孝浩監督には参ります。

土屋太鳳と竹内涼真のフレッシュな2人の青春ストーリーが素敵でした。吹奏楽部の女子と野球部男子との恋だなんて、アオハルだよ~。単に主人公ふたりの恋愛模様を描くだけではなく、葛藤とか悩みなんかも描いているところに好感が持てました。主題歌が「キセキ」というのがいいね~。

恋愛モノ、青春モノもほとんど見ませんが、たまたま”青空”という言葉に引っ張られて鑑賞。やっぱいいなぁ若いって。予定調和でわかりやすくて予想通りハッピーエンドで良かった。青春サイコー!

ここ最近の青春映画の中でダントツ!自分もこんな青春時代を過ごしたかった。
つばさたちがうらやましい。そう率直に思えた。やっぱ甲子園はテッパンやなぁ。竹内涼真はあまり好きではなかったけど、演技も上手いし、観てほんと良かった。

あらすじ

吹奏楽の名門・白翔高校に入学したトランペット初心者の小野つばさ(土屋太鳳)は、全国大会を目指すレベルの高い練習についていけず、何度も挫折しそうになります。

そんなつばさを勇気づけてくれる、クラスメイトで野球部員の山田大介(竹内涼真)。お互い夢に向かって励まし合うふたりは、ある「約束」を交わします。いつの間にかつばさには、大介へのほのかな想いが芽生えます。

高校1年生の夏、地区予選の決勝まで勝ち進んだ野球部を吹奏楽部が応援。ところが途中出場した大介のミスで敗退。グラウンドで立ち尽くす大介のために、つばさは一人でトランペットを吹いてしまい、謹慎処分となります。

心配して訪ねて来た大介への想いを抑えきれずにつばさは、大介に告白しますが、フラれます。大介は、仲間の夢を潰してしまった自分が許せないでいたのです。

ふたりは“両片想い”のままそれぞれの夢を追いかけ、そして、最後の夏が来ます。つばさと大介の恋の行方は?そしてふたりの夢のたどりつく先は?

見どころ

注目の女優やアイドルの出演

野球部を応援する吹奏楽部の部員役には、主人公のつばさを演じる土屋太鳳さん以外にも注目の女優やアイドルが起用されています。

つばさの部活の先輩、森優花役は志田未来さんが演じました。子役からキャリアを積んできた彼女も、現在は27歳。2018年には一般男性と結婚されています。

つばさが1年生の時の吹奏楽部部長だった春日瞳役は小島藤子さんが演じました。2007年におはガールを務め、2009年に映画「おっぱいバレー」で初主演し数々の映画やテレビドラマに出演しています。今作では髪をバッサリ切り厳しい部長役を熱演しました。

つばさの友人でトランペットを担当する高橋マルコ役は黒瀬サラさんが演じました。黒瀬サラさんは、2019年8月に卒業してしまいましたが、当時は、秋葉原を拠点に活動するアイドルグループ「仮面女子」の中の「スチームガールズ」のメンバーでした。

他にも、つばさの親友・脇田陽万里役は、ファッションモデルとしても活躍する松井愛莉さんが演じ、野球部のマネージャー・澤あかね役は、若手人気女優の平祐奈さんが演じています。

スタッフ

原作:河原 和音「青空エール」
監督:三木 孝浩
脚本:持地 佑季子
音楽:林 ゆうき
主題歌:whiteeeen「キセキ〜未来へ〜」
挿入歌:whiteeeen「メロディー」

キャスト

小野 つばさ:土屋 太鳳
札幌に住む高校1年生。野球と吹奏楽の名門・白翔高校に入学した。

山田 大介:竹内 涼真
つばさのクラスメイト。野球部員で、ポジションはキャッチャー。

水島 亜希:葉山 奨之
クールにひたむきにトランペットに取り組む。

城戸 保志:堀井 新太
大介の友人で野球部のピッチャー。

春日 瞳:小島 藤子
トランペットのパートリーダー。厳しい部長。

脇田 陽万里:松井 愛莉
つばさの親友。

澤 あかね:平 祐奈
白翔高校野球部のマネージャー。

碓井 航太:山田 裕貴
野球部に所属。

森 優花:志田 未来
つばさの吹奏楽部の先輩。

杉村 容子:上野 樹里
白翔高校の音楽教師。名門吹奏楽部の“鬼顧問”で、いつも厳しく生徒を指導する。

高橋 マルコ:黒瀬 サラ
つばさの友人でトランペットを担当。

松本穂香
渡辺佑太朗
福山翔大

 

『青空エール』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

青空エール(映画)の感想

 

30代女性
30代女性

原作を書かれた河原和音さんの大ファンで歴代の作品はもちろんですが、『青空エール』も大好きな作品なので、映画化されると聞き楽しみにしていました。主人公の女の子役に土屋太鳳さん、ヒーロー役に竹内涼真さん、2人ともぴったりの配役だと思います。高校生役なのに歳の差を感じさせないほどの爽やかな2人でした。吹奏楽部のヒロインと野球部の彼がそれぞれ部活動に打ち込みながらも恋を実らせていく展開が、青春そのもので、とても清々しい爽やかなストーリーでした。実際に吹奏楽を演奏されているシーンがあるのですが、圧巻でした。また、志田未来さんや上野樹里さんの演技力はとても素晴らしく、この映画を脇から盛り上げてくれていました。主人公の女の子がどんな時もひたむきに努力し、何事にも一生懸命な姿にはとても好感が持てますし、さらにそれを近くで励ましてくれる男の子がいるという漫画ならではの素敵な世界を、こんな青春羨ましいなと感じながら最後まで楽しんで見ることができました。まっすぐな高校生の恋物語を応援しながら、最初から最後まで夢と感動のあるとても素敵な映画でした。まだご覧になってない方がいるならぜひオススメしたい青春映画です。

 

20代女性
20代女性

原作も風が吹き抜けるような爽やかな作品でしたが、映画も同様に高校時代にしかないあのガムシャラ感や爽やかさを楽しめる作品でした。正直、原作から読んでおりそのイメージが強いので、日頃あまり実写化が楽しめないことが多かったのですが。この作品は原作を尊重しつつ、映画だからこその良さが出ている作品となっており、観てよかったなと思いました。登場人物たちが愛おしくなるような、こんな青春したかったなあとふとあの頃に戻ってしまいたくなるような、そう思ってしまうような作品です。どこまでも真っ直ぐで、努力家で笑顔輝く主人公小野つばさ役に土屋太鳳ちゃん。野球部でいつも優しく笑顔でつばさを支えてくれる男の子山田大介役に竹内涼真くん。どちらの方もフレッシュで原作のイメージにぴったりで適役だなと思います。原作好きな方でも楽しくみれると思います。人生生きていればへこむことや悲しくなり下を向きたくなることもありますが、そんな時はこの作品を思い出します。にっこりマーク。今作品は恋愛模様を描くのみでなく、部活動に真剣に全力で取り組む姿が見ることができます。その頑張っている姿にも見ている側はとても支えられます。エールを貰える作品だと思います。

20代女性
20代女性

まさに青春の代表作と言ってもいいくらいの映画だと思っています。好きな人が野球部にいて、自分は吹奏楽部に入っていて、好きな人の夢は、甲子園に出て吹奏楽部の小野つばさに演奏してもらうこと、自分は甲子園で山田大介の応援をすること、まさに私が大好きなシチュエーションです。そもそも野球、甲子園、というのがもう青春ですよね。土屋太鳳さんの制服姿も本当に可愛かったです。そして、竹内涼真さんの野球を頑張っている姿は本当にかっこよかったです。吹奏楽部未経験ながら、甲子園で大介の応援をするために必死に練習を頑張るつばさの姿は感動しました。大介が怪我をしてしまったときに、小野つばさの提案で吹奏楽部みんなで大介に向けて演奏をしていたシーンは感動して号泣してしまいました。あれがあったからこそ、大介もリハビリを頑張れたのではないかなと感じます。大介が怪我をしてしまい、自分が一番悔しいはずなのに仲間のために自分なりに色々なことを考えている姿はチームメイトへの優しさを感じました。素敵なチームだなと思いました。吹奏楽部の先生も最初は厳しすぎてみんながかわいそうと思ったりもしましたが、最後まで見ていると生徒思いの素敵な先生だなというのを感じます。キュンキュンするところもあり、感動するところもあり、本当に素敵な映画です。

50代男性
50代男性

想定した通りに物語が進んでいきます。野球部に好きな男子がいて、彼を応援したいから吹奏楽部に入ってトランペット奏者になるというのが大まかな流れです。竹内涼真さんと土屋太鳳さんが純愛を貫くという、学園青春映画王道まっしぐらです。真っすぐ過ぎて、見ていて少し辛くなりました。土屋太鳳さんが吹奏楽部に入ってから、初心者なので結構陰湿にいびられ自殺してしまう、なんていう意外過ぎる展開を流石に求めてはいませんが、それにしてもそういう心の揺れみたいなものが主役の2人にちょっとでもあると映画が締まった気もします。また、演技力の高い女優さんが脇役にいて遠慮なくその高さを見せつけるので、やや土屋太鳳さんが可哀想な感じもしました。特にのだめの時とは全然違う雰囲気を出してきた上野樹里さんは、明らかに主役を食ってやる気満々でした。見所は竹内涼真さんの何とも言えない髪型と、意外にもキャッチャーというポジションをやったこと。脇役たちもキチンと描いていた丁寧な演出は良かったです。青春王道映画を見たいという方にオススメの映画です。

30代女性
30代女性

甲子園を見ていると、球児たちの他にも吹奏楽部もよく映りますよね。この映画は野球部×吹奏楽部の恋愛なので、超青春映画です。学生時代どちらかの部活に所属していた人は見ていて「分かる~!」と思うシーンが絶対出てくるはず。学生時代の部活動って、試行錯誤したり、人間関係に悩んだり、未熟な自分と向き合い続けなくてはいけなかったりととにかく青春だらけですよね。私自身も吹奏楽部だったので、自分の時はどうだったかなぁと思い返しながら甘酸っぱい気持ちで見ることができました。現在仕事や人間関係で悩んでいるという人にも、ぜひ見て欲しい映画です。演奏シーンでは鳥肌が立つと思いますよ。この映画の良さは、やはり主演の2人がキラキラしているという所だと思います。竹内涼真×土屋太鳳って、どこからどう見てもお似合いのカップルですよね。2人の身長差がまたかわいくて、太鳳ちゃんの華奢さと涼真くんのイケメンっぷりがスクリーンからでもかなり伝わってきました。こんなカップルいたら絶対注目の的になる!としか言いようがないです。学生時代そんなにいい思い出なかったんだよな~という人は、今一度青春の気持ちを取り戻すために見るのもいいと思います。大人になってから見ることで、自分の中の甘酸っぱい記憶が蘇って新鮮な気持ちになるかもしれませんよ。

20代女性
20代女性

ザ・青春映画です!原作漫画が大好きだったので迷わずに劇場に足を運びました。高校の吹奏楽部がメインとなる物語ですが、音楽経験者としては見ていて飽きないです!音楽に対する情熱や決意、真っ直ぐで真剣な姿勢、またその音を届けたい人に向けてのアツい想いなど、自分自身が青春を捧げた部活動への想いがまさにギュッと詰め込まれていて、懐かしい気持ちにもなることが出来ました。そして誰よりも真っ直ぐな想いを持っている主人公だからこそ、周りのみんなを自然と動かしてしまう力につい憧れてしまいました。決して強くはなく、内気で弱かった主人公が3年間の部活動を通して強くなっていく姿はとても素敵でした。私もこんな風になれたらよかったな…と思わずにはいられませんでした。また、私は北海道出身なので、物語の舞台も北海道というのがまた良かったです。そして一番の注目すべきは豪華な俳優陣だと思います。当時は皆さんまだ若手の、さほど有名ではない方々が多かった印象でしたが、それが現在見返して見ると、今をときめく豪華若手俳優陣ばかりです。これには思わず感動してしまいました。私の大好きな作品が、こんなにも豪華俳優陣の皆さんに演じてもらうことが出来て幸せいっぱいです。

 

40代男性
40代男性

以前に青空エールを観ましたが、非常に感動しました。何故ならば、私も昔野球をしていたのですが、そんな高校球児による熱い映画内容だったからです。甲子園を目指して頑張っている最中、怪我に見舞われ野球が出来ないかわいそうな男の子の葛藤を描いていたからです。また、彼女もそんな高校球児を応援する吹奏楽部 とあって、非常に共感できるところが多かったように思えます。私も昔、学生の頃野球をしてあたのですが、残念ながら私には吹奏楽部は勿論いましたが、こんな風に出会ったり応援してくれる人は誰一人いませんでした。ましてや、彼女なんてあり得ない感じでもありました。ところが、この青空エールではそんな高校球児とそれを応援してくれる吹奏楽部とあって、非常に羨ましく思えました。また、そんな吹奏楽部でありヒロイン役の土屋太鳳ちゃんとあって非常に可愛らしかったのが印象的でした。個人的に以前から土屋太鳳ちゃんは大ファンでしたので、この青空エールに出てると言うことだけでも非常に注目した映画でもあったのです。ですので、この映画に関しては最初から最後まで食い入るようにずっと観ていたのでした。また、改めてこの映画を観て野球がしたくなったのもありました。

30代女性
30代女性

主人公は高校に入学するまで吹奏楽の経験がないながらも、吹奏楽の名門校に入り、その吹奏楽部に意を決して入る小野つばさです。性格はあまり自己主張をしないような大人しいタイプです。しかし、吹奏楽部に入ることによってつばさはどんどん良い方向に変わっていきます。彼女は初心者であるため、幼い頃から血の滲むような努力をしてきた他の部員から厄介者扱いされたり、厳しく辛い言葉をかけられることが多いのですが、つばさは決して投げ出したりしません。彼女自身の本来の芯の強さもあるでしょうが、この高校で野球部に入った山田大介との交流、励ましもあり、たくましく成長していきます。この作品には、つばさと大介の恋愛模様もあるのですが、それ以上に綺麗ごとだけではない青春のリアルがガツンと頭の中に響き渡るような作品です。毎日真面目に一生懸命吹奏楽の練習をしていても、大会で活躍することを許されるのは限られた有望な者だけという厳しさ、プレッシャーが伝わってきて、胸が痛くなります。そんな苦しい思いをしても、皆一心不乱に目標に向かう様が眩しく、瑞々しく感じます。つばさと周りの人達がライバルながらも徐々にお互いに認め合う姿も素敵で、胸が熱くなる作品です。

20代女性
20代女性

この映画は思わず心が熱くなるようなところが、青春でいいなと思いました。全力で野球部を応援するところは、本当に素敵でかっこよかったです。つばさは頑張ってトランペットが吹けるように、日々練習していたところが印象的です。なかなか思うようにいかなくて悩んでしまうこともあるけど、つばさの想いが強いところが良かったです。見ているとパワーをもらえるところも、この作品の魅力だと思いました。また大介が野球にまっすぐなところも良かったです。野球への愛も感じるし、なにより楽しんでいるのがやりがいがあるなと思いました。野球に対して必死で熱いところがかっこいいです。大介が一生懸命頑張っている姿を見ていると、応援したくなる気持ちはすごくわかると思いました。汗を流して真剣に頑張っている姿は、とてもかっこよくて男らさしさを感じます。みんなで息を合わせて一つの音楽が作るのは、心に響くものがあると思いました。改めて音楽の力はたくさんの可能性があることを知りました。何かに夢中になって頑張っている人は、とってもキラキラ輝いているし大きな存在だと感じました。高校生活のいろんな想いを感じることができて、感動できる作品だと思いました。

 

30代女性
30代女性

どこまでも爽やかな映画です。主役の小野つばさ役の土屋太鳳さんも山田大介役の竹内涼真さんも爽やかな青春ものにぴったりの役者さんだと思います。竹内涼真さんが今より垢抜けていなくて、スポーツ少年らしさがあるのがまたよかったです。長身なので野球のユニフォームがとても似合っていました。小柄な土屋太鳳さんと長身の竹内涼真さんの身長差にも胸キュンでした。ストーリーはザ・青春という感じで先の展開もなんとなく予想できてしまうのですが、わかっていてもジーンとくるシーンがいくつかありました。怪我した大介をつばさが吹奏楽部のみんなと励ましに行くシーンは、ベタですが2人の熱い演技のおかげか涙してしまいました。お互いを励まし合いながら部活に精を出し、恋愛に溺れることなどなく真っ直ぐに夢に向かって頑張る主人公の2人のようなこどもが欲しいものです。部活のために恋愛を後回しにする高校生かっこ良すぎます。個人的に好きだったシーンは落ち込むつばさのシューズに大介がニコちゃんマークを書いて励ますシーンです。可愛すぎて反則でした。今まさに部活に打ち込む高校生も、もう大人になってしまった人にもどの世代にもわかりやすく響く映画だと思います。

 

まとめ

『青空エール』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

竹内涼真のU-NEXT配信作品

【映画】

  • 帝一の國
  • 青空エール
  • 走れ!T校バスケット部
  • 初恋ロスタイム
  • 劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー
  • スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号
  • 仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス
  • 仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武 MOVIE大戦フルスロットル

【ドラマ】

  • 下町ロケット(2018)
  • 新春ドラマ特別編「下町ロケット」
  • スミカスミレ 45歳若返った女
  • 手裏剣戦隊ニンニンジャーVS仮面ライダードライブ 春休み合体スペシャル
  • 仮面ライダードライブ
  • ドライブサーガ 仮面ライダーチェイサー

 

松本穂香のU-NEXT配信作品

【映画】

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました