青の帰り道(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画「青の帰り道」特報/2018年12月7日(金)全国ロードショー

青の帰り道の動画フルを安全に見る方法

『青の帰り道』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『青の帰り道』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

青の帰り道の内容

映画『青の帰り道』は、2018年12月に公開されました。

原案は、群馬県出身の広末涼子似の元ものまねタレント”おかもとまり”さん。おかもとまりさんが、23歳の時、自分の居場所も進む道もないと感じながら生きていた時、居酒屋の女将さんに「何かあればここで働けばいいじゃない」と言われ、生きるのが楽になったそうです。

ある日、おかもとまりさんは大切な友人を失いました。その時、居酒屋の女将さんが言ってくれたことを伝えたかった、伝えていれば失わなかったかも知れないと思い、『青の帰り道』の原案を作りました。

その原案を本映画の伊藤プロデューサーが共感し、藤井道人監督や制作スタッフ、スポンサーやおかもとまりさんの地元でもあり映画のロケ地となった群馬県前橋市が映画として形にしました。

映画の内容は、人生が交差する7人の姿を描いた青春群像劇。7人のメンバーには、真野恵里菜さん、横浜流星さん、森永悠希さん、清水くるみさん、秋月三佳さん、冨田佳輔さん、それと、戸塚純貴さん。戸塚純貴さんは、高畑裕太さんの代役で出演となりました。
また、高畑裕太さんの不祥事により撮影が中断し、戸塚純貴さんを迎えて再撮影となりましたが、真野恵里菜さんによると何度となくお蔵入りの可能性があったそうです。

 

公開までいろんな苦難があっただろうと思うけれどそんなこと微塵も感じさせない、素晴らしい出来でした。

男女問わず本音で言い合える友だちがいるのは素晴らしい。
帰ってくる場所があるのも素晴らしいと思ったけど、時々観ていて辛くなるシーンもあった。観て損は無い作品だと思います。

恋愛が絡んだ、あるあるの青春群像劇だと思っていたら違った。この映画は7人の家族の映画だった。生きていれば辛いことも逃げ出したくなることもあるんだから、前を向かなくたっていい。そこには、愛が残る。
仲間っていいな。友達って、いいなと思わせてくれる作品。

映画の内容や俳優さん達の演技と主題歌がぴったり合っていて、エンドロールで主題歌を聴きながら胸の奥がぎゅっとなった。

若手俳優7人の青春ストーリーと思って観たら、想像と違って考えさせられる作品だったというコメントが多くありました。また、見ていて辛くなるシーンもあるということで、PG12指定となっていると思われます。

あらすじ

高校卒業を目前に控えた7人の若者たち。

カナ(真野恵里菜):歌手を夢見て上京する
キリ(清水くるみ):家族とうまくいかずに実家を出る
タツオ(森永悠希):受験に失敗して地元に残り浪人生活を送る
リョウ(横浜流星):漠然とデカいことをやると粋がる
ユウキ(冨田佳輔):現役で大学に進学し、意気揚々と上京する
コウタ(戸塚純貴)とマリコ(秋月三佳):できちゃった婚で結婚を決めた。

2008年、それぞれが様々な思いを胸に、新しい未来へと進んで行きます。

カナ(真野恵里菜):歌手としてデビューしますが、自分がやりたい音楽ではない
キリ(清水くるみ):カナのマネージャー。写真家の彼氏からDV被害を受ける
タツオ(森永悠希):勉強をせず家に引きこもる
リョウ(横浜流星):窃盗して仕事をクビになり、上京し振込み詐欺をする
ユウキ(冨田佳輔):2011年東日本大震災が起き地元に戻る
コウタ(戸塚純貴)とマリコ(秋月三佳):コウタは正社員になりマリコは男の子を出産

…3年後、7人があの場所に戻ってきます。3年という時間には、夢に挫折する者、希望を見失う者、予期せぬことに苦しむ者、7人それぞれのさまざまな人生模様がありました。いま彼らの胸に宿る思いとは…。

見どころ

痛みのある青春映画

この映画は、青春映画ですが、漫画のようなキラキラとしたストーリーではなく、青春の痛みを見せてくれる青春映画です。

大人になるために駆けてきた時間がどう移り変わるのかを描いた作品で、登場人物である7人全員が自分ではわからない間に、時代に飲み込まれ、社会と折り合いを付けていく姿は他の映画では見たことのないストーリーとなっています。

映画の中で描かれているのは、2008年から2018年という10年間という長い年月ですが、社会で起きたリアルな時系列を見せながら進んでいくせいか、長い年月に感じられないところがまた素晴らしいところです。

注目の主題歌

主題歌も注目されていて、尾崎豊に似ているとか似ていないなどネットでは騒がれているようです。気になる人は是非、ロックバンド「amazarashi(アマザラシ)」を聴いてみて下さい。

演技派女優も出演

清水くるみさん演じるキリの母役の工藤夕貴さんの演技が最高だという声が多くあります。清水くるみさん曰く、工藤夕貴さんとの芝居は、「頑張らなきゃ、持っていかれる!」と思ったほど、圧倒されたようです。ちなみに、工藤夕貴さん演じるキリの母は、場末のスナックのおばちゃんで、工藤夕貴さんとわからないかもしれないほどハマり役です。

スタッフ

監督:藤井 道人
脚本:藤井 道人、アベラヒデノブ
原案:おかもと まり
音楽:岩本 裕司
主題歌:amazarashi「たられば」

キャスト

カナ:真野 恵里菜
歌手志望。タツオとデュオを組んでいました。東京では「無添加カナコ」としてソロで活動しますが、自分のやりたい音楽ではないと言い、酒に溺れ、自殺を図ります。

キリ:清水 くるみ
カナの親友。カナが売れたことによって彼女のマネージャーとして献身的にカナを支えます。写真家の彼(セイジ)からDV被害を受けます。

リョウ:横浜 流星
高校を卒業後は大工として働きますが非行に走りクビに。上京し振込み詐欺をします。仲間の中では誰よりも熱く仲間思い。

タツオ:森永 悠希
カナと高校時代デュオを組んでいました。医者家系のため医大を受験しますが失敗し引きこもりに。

コウタ:戸塚 純貴
リョウの親友で卒業後同じ工場で働きます。コウタがマリコと結婚、出産し、コウタは正社員となり、リョウとの関係に亀裂が入ります。

マリコ:秋月 三佳
コウタと高校時代から付き合っていて、そのまま結婚し出産。姉御タイプで、人一倍面倒見が良い。

ユウキ:冨田 佳輔
高校卒業後に、東京の大学に入学。みんなからいじられる愛されキャラ。

キリの母・冴子:工藤 夕貴
キリの母。シャッター商店街でスナック経営者。若い頃に夫と離婚し、女手一つで二人の娘を育てています。

タツオの父・シゲオ:平田 満
タツオの父。祖父から受け継いだ病院の院長をしています。タツオにも後を継がせるために医大を受験させようとしていました。

橘:山中 崇
カナを追い詰めるマネージャーで、リョウが殴る相手。

セイジ:淵上 泰史
キリの彼氏。同棲相手。写真家。DV男。

工場長:嶋田 久作
リョウとコウタが働く工場の上司。

 

『青の帰り道』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

青の帰り道の感想

50代女性
50代女性

青春映画だけど、キラキラはしてない、7人の高校生が卒業して数年の話です。私は、こういう映画が大好きです。歌手になる夢を持って都会に出るカナ(真野恵里菜)、そのカナと一緒に応援するキリ(清水くるみ)、東京の大学に入学したユウキ(冨田佳輔)。そして故郷に残ったのは、病院を継ぐため医学部を目指して浪人するタツオ(森永悠希)、地元の工場で職人として働くリョウ(横浜流星)とコウタ(戸塚純貴)、コウタと高校時代から付き合っていて、子供ができて結婚するマリコ(秋月三佳)。コウタとマリコのように小さな幸せを見つけて守っていくのもいいなあと思います。コウタと一緒に働いていて、高校時代は2人一緒にちょっと悪かったリョウは、何かでっかいことをやるんだと言っていきがるばかりで、具体的な考えはありません。よくいるタイプかと思ったのですが、それは少し前までのことで、今は普通に目立たなく生きていこうとする子の方が多いのかもししれないと思いました。問題を起こして仕事を辞めて、東京に出て行ったリョウは、結局、悪い道に行ってしまうのです。夢がかなうかと思われていたカナも、思いどおりにはいかないし、幸せをつかんだと思ったキリも傷ついて故郷に帰ります。こんな時、しっかり自分たちの足で歩いているコウタとマリコがまぶしく見えて、いいなと思います。音楽への夢を持ちながらも勉強を続けていたタツオは、なかなか合格できません。いわゆる普通の大学生活を送るユウキも、就職してからは苦労しています。結局みんな、悩みを抱えているのは、当たり前かなと思いながらも、つらくなりました。いろんなことがあったけど、最後にはまた笑顔になれていてよかったです。青春のほろ苦さとか、現実にぶつかった時の苦しさとかが、丁寧に描かれていて心に響きました。主題歌「たられば」も泣けてきました。

30代男性
30代男性

高校を卒業して、それぞれの道を進んでいく。青春時代を抜けて大人になるその道程は、戻りことのできない一本道。多くの人にとって痛みを伴う道のりです。群馬と東京の距離感は、ちょっと手を伸ばせば届く距離感なだけに、微妙な感情が生まれやすいのかなと思いました。近いだけに憧れも出てくるし、近いだけに戻りたいという心理も生まれやすい。大人になり始めて、それまでとは違った人たちと出会ったり、自分の甘さを思い知らされて挫折したりして、目の前の現実に打ちのめされたり、価値観が大きく変わる時期。そんなとき、たまに地元の友達に会ったりすると、「そもそも価値観が変わってしまったんだ・・・」と残念がられたり、「もうこの人とは同じ世界にはいられないんだ・・・」とギャップを感じてしまうことは、地方から上京してきた経験がある人であれば誰しもが思い当たるところではないでしょうか。小さな世界に無理やり押し込まれて育っていたからこそ成立していた仲間意識が、夢のように消えてしまうあの感覚。大人になったと言えばそれまでだけど、それではあまりにも寂しい。止まりたいとも思ってしまう。でも、自分は前に進みたい。夢を叶えたい。でも、叶えられない。いろんな葛藤がないまぜになるあの頃の独特の感覚を悲しくも瑞々しく描いた作品です。「それでも生きていく」というセリフは、この映画の全てを集約している言葉かもしれません。夢と現実の落とし所を見つけながら、それぞれの道を歩んでいく。その道は、決して平坦ではないけれど、その始まりを振り返ってみれば輝いていることも多いかもしれない、そう教えてくれているのかもしれません。

50代男性
50代男性

若者が夢にみながら次第に社会と折り合いをつけながら成長する大人になる人たちの物語です。ストーリーとしては大いなる夢を抱いて高校卒業後それぞれの道を目指して信じる道を進む7人の男女の10年に及ぶ人生を描いていますが一番この映画で言いたかったは、社会の厳しさを経験して、誰でもいつかは経験する社会との妥協や調和をとりながら自分なりの人生を大事にしていこうという事だったのではと考えます。人は周囲の比較しながら自分の幸福度を評価するとよく言われますが主人公で歌手を目指すカナと歌手として共に活動する事を夢見つつも医師の家に生まれ医大受験に挑戦するタツオ。夢に向けて時に障害に出会いながらも少しずつ進むカナに対して未だ医学部合格へたどり着かないタツオ。タツオが最終的に自らの人生に区切りをつけるのはどこかで自分とカナを比較し、焦りと失望からに決断だったのではと思いました。この映画で特に感じたのは地元で平凡な家庭を送っているコウタとマリコ。人生いろいろあるけれど平凡こそいい人生なのかもしれないし、人生の局面でいろんな決断はあるもののこれが最高の正解というものは決してなく、どんな人生であれ自分たちが決めた人生の中で懸命に生きベストを尽くせばすべて正解になるんだと感じさせてくれる映画です。ラストの終わり方もとてもいいシーンで、2度と訪れない社会を未だ知らない夢多い青春時代のすばらしさを改めて認識させてくれる映画です。

 

40代女性
40代女性

青の帰り道、おかもとまりさんの原案。青の帰り道は青春とその後の人生とか、そういう大人になる段階で感じてしまう寂しさや時間の差を描きたかったのだと思う。キャストはすごくやんちゃな子供で、その後の選んだ人生もちょっとエキセントリックだ。結局青は青いという意味だろうと思う。田舎出身が東京に出て挫折したり、懐かしく思えたり。彼ら彼女らの3年間と、再会のときに何が表現したいのかだいたいわかる。みんなで田舎の道を帰っていたあの頃が懐かしい、あの頃に戻ってみたい、自由と責任のないあの頃にという回想がこの映画のポイントだろう。それでも、ちょっと広く浅すぎてメッセージ性は伝わらないかなあっていう印象も受けた。コミカルにまとめているのかもしれないけど、ちょっと計画性のないヤンキーとか、やんちゃな相手の卒業後というだけで、目指していないとは思うけど、世界の中心で愛を叫ぶみたいな愛のある感動は期待できない。それでも同年代であれば見る価値もゼロではないだろうし、高校生であれば見ても価値あるだろうとは思う。学生のキャストは個性的で美男美女ばかりですが、普通ぽいビジュアルで、まあまあ好感が持てるという俳優陣でした。

 

まとめ

『青の帰り道』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

真野恵里菜のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

【アニメ】

  • 君のいる町 A town where you live

【ライブ】

  • Hello! Project 2011 SUMMER~ニッポンの未来は WOW WOW ライブ ~
  • Hello! Project 2011 SUMMER~ ニッポンの未来は YEAH YEAH ライブ ~
  • Hello! Project 2011 WINTER~歓迎新鮮まつり~ Bっくりライブ

【イメージ】

  • マノガイド in 屋久島

清水くるみのU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 夜のせんせい

森永悠希のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

【アニメ】

  • 楓ニュータウン

工藤夕貴のU-NEXT配信作品

【映画】

  • WE ARE LITTLE ZOMBIES
  • L change the WorLd
  • ミステリー・トレイン
  • 青の帰り道
  • この国の空
  • ラッシュアワー3
  • りんごのうかの少女
  • 戦争と青春

【ドラマ】

  • 山女日記
  • 必殺剣劇人

【アニメ】

  • ギャルと恐竜
  • BLOOD THE LAST VAMPIRE
  • 愛少女ポリアンナ物語
本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました