青い車(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ

青い車(映画)の動画フルを安全に見る方法

『青い車』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『青い車』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

青い車(映画)の内容

映画『青い車』は、2004年11月に公開されました。

原作は、96年から発刊しロングセラーを記録している、よしもと よしとも先生による同名の漫画作品となっております。

監督は、海外の映画祭にて高い評価を受けてきた奥原 浩志さんが務め、繊細なタッチで実写映像化しました。また、映像音楽初挑戦となる曽我部恵一さんが奏でるメロディと歌声は、非常に切なくも優しく、物語を包み込んでくれております。

映画「青い車」は、心を閉ざした青年と二人の姉妹との関係を描いたラブストーリーとなっており、青年・リチオを井浦新さん、姉・アケミを麻生久美子さん、妹・このみを宮崎あおいさんが演じており、当時の若手実力派俳優たちが共演しております。

麻生久美子さん目当てて見始めました。見終わると宮崎あおいさんファンになってしまっていました。
思春期の女性の表現が素晴らしいと思います。

原作を読んでから見たのですが、雰囲気をそのまま大事にされています。綺麗な青色の車に乗って海にいきたくなりました。

とても悲しい物語ではありますが、とても良かったです。「生きているだけで幸運だ」これの、井浦新さんが凄くかっこよかったです。

何の前触れもなく表情や仕草のみのカット割があり、出演者たちの演技が際立って見れました。2004年の作品なので、主役3人ともまだまだ若い年齢なのに、完璧な演技でしたね。

本作の見どころでも紹介させていただいておりますが、やがり主役三名の演技力が抜群の映画となっております。
物語の好き嫌いの感想はありましたが、演者に関しては絶賛の声しかなかったですね

あらすじ

昼はレコードショップの店員として働き、夜はDJをしている青年・リチオ(井浦新)は、幼少期の事故以来、心と目の傷を隠すために黒いサングラスをかけて生活をしていました。

彼には順調ともいえるが、倦怠ともいえる関係の恋人・明美(麻生久美子)がいます。リチオは明美にさえ心を開けないでいました。そんなある日、リチオは明美の妹で女子高生・このみ(宮崎あおい)にCDショップで出会います。

名前さえも忘れてしまっていたリチオに対し、このみは「ご飯食べました?」と食事に誘います。食事を済ませた二人はリチオの部屋へと行くことになります…。

見どころ

主役の見事な演技

物語の後半で、このみ(宮崎あおい)が、姉のアケミ(麻生久美子)にある告白をします。耐えられほどのショックな事実にも関わらず、それでも一緒に出掛けようと妹を誘ってるのですが、言っている言葉とは裏腹に、来てほしくないという心情を、視線のそらし方で伝えてきました。すごくリアルで、麻生久美子さんの底知れない演技力の幅が見られます。

宮崎あおいさんは中々言葉にすることが出来ない気持ちを、表情一つで表現しております。彼女はやはり凄いです。少女特有の心が不安定な状態の気持ちや感情がヒシヒシと伝わってきます。また目力が違いますね。

また、リチオを演じた井浦新さんは役にとてもハマっていました。他人に心を開けない青年がトラウマや心の孤独を抱えており、寂しい雰囲気の映像が全編に渡って映し出されております。それでも、自分をしっかり持っていて、どこかカッコイイ男を演出してくれております。

この三人の魅力がたくさん詰まった作品となっており、一人ひとりにしっかりとした背景や感情があり、本当に見応えのある作品となっております。

スタッフ

原作:よしもと よしとも「青い車」
監督:奥原 浩志
脚本:奥原 浩志 / 向井 康介
音楽:曽我部 恵一

キャスト

リチオ:井浦新(旧:ARATA)
昼はレコードショップの店員として働き、夜はDJをしている青年。

佐伯このみ:宮崎あおい
アケミの妹で女子高生。

佐伯アケミ:麻生久美子
不動産会社勤務のリチオの恋人。

マチダ:田口トモロヲ
リチオが働くレコードショップの店長。

佐伯美枝:久我朋乃

佐伯仁志:国枝量平

ミキモト:水橋研二

萩野マチコ:太田千晶

森本タカオ:佐藤智幸

『青い車』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

青い車(映画)の感想

 

40代女性
40代女性

当時、宮崎あおいちゃんと麻生久美子さんが大好きで、しかもアラタさんもメンズノンノの頃から注目していて、ビジュアル最高の映画!と思って観ました。セリフが少なく、淡々としたストーリー展開。俳優さんの表情や仕草がダイレクトにみれるので、演技が下手な人だとバレちゃうような映画でした。でも、このご三方は演技が光っていて、存在感もある方ばかりなので、画面に釘付けになりました。アラタさんは珍しく金髪での出演で、DJ役とかもう様になってる!格好よかったです。麻生久美子さんも、若くて本当に美しい…見惚れるぐらい。宮崎あおいちゃんは、一番可愛かったときなんじゃないかなぁ。映画のこのみという少女の役は、今までの宮崎あおいちゃんにないような役柄で、小悪魔でちょっと嫉妬するくらいなんだけど、彼女だからなんだか許せちゃうんです。だって、めちゃくちゃ可愛いんだもの!お姉ちゃんのアケミと同じ人を好きになってしまうパターン、なんだかお決まりな感じですが、こんな美女二人から好かれるアラタさん、すごいな~贅沢すぎる。音楽はサニーデイサービスの曾我部恵一氏で、ゆるい内容の映画に合っていました。タバコをふかすアラタが絵になってて、青空と金髪のコントラストが美しかった。サラッと見れて、ビジュアルを楽しみたい人におススメの映画です。

 

50代男性
50代男性

どこといって気に入らないところはない映画でした。クローズアップは少なめでそれがこのみ(宮崎あおい)とリチオ(ARATA=井浦新)が近づいていくところに集中しています。だから10代の宮崎あおいさんを記録したドキュメンタリーとして秀逸ということも言えるでしょう。ちょっと姉のアケミ役の麻生久美子さんに気の毒な気がしますが。マチダ(田口トモロヲ)を含む四人の男女の自分探しの物語のようでいてアケミだけが安定しています。その彼女を三角関係に突き落として構図が完成されたというところでしょうか。ですが、彼女が妹の告白を聞く答えはあくまで冷静で、その夜に母親と姉がテレビを見ているところに確か湯上りの妹が加わるシーンも静かに終わります。そんなあくまで抑制された描写が特徴的です。腕に傷をつけ続けるリチオもそれが狂気じみたものを感じさせたりはしない。彼の夢のシーンも悪くありません。彼とこのみが二人で並んでいてキスになるシーンも納得が行きます。そしてちゃんと姉妹に両親がいてそれが普通によい両親であると分かるのもいい。しかしこうしたことが抑制のための抑制のような気がしてなりませんでした。何か驚きがないのです。ですが奥原浩志監督はいつか満を持して大傑作を出してしまうのではないかという気もしたものです。もう一つ言い添えると、青い車よりも実は黒い車の方が印象的な映画でした。

 

まとめ

『青い車』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました