アオイホノオ(ドラマ)の無料動画フル配信|1話から最終回まで全話イッキ見

国内ドラマ
アオイホノオ 第一話「長き戦いのはじまり」

 

アオイホノオ(ドラマ)の動画フルを安全に見る方法

『アオイホノオ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『アオイホノオ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

アオイホノオ(ドラマ)の内容

ドラマ『アオイホノオ』は、2014年7月~9月にテレビ東京の深夜帯で放送されていました。

芸大に通う主人公の焔モユルが、漫画家を志す様を描いた1980年代の物語です。フィクションではありますが、実際の漫画家や映画監督をモデルにした登場人物も多く、『美味しんぼ』の雁屋哲さん、『新世紀エヴァンゲリオン』の庵野秀明さんなどが挙げられます。

本作品は、「週刊ヤングサンデー」で連載されていた島本和彦による同名小説が原作となっています。

監督は、『勇者ヨシヒコの冒険』『今日から俺は!』などで知られる福田雄一さんが務めます。「コメディの鬼才」とも称され、コメディ作品を次々に生み出す人気監督です。

主人公・焔モユル役には柳楽優弥さんがキャスティングされ、山本美月さん、中村倫也さん、ムロツヨシさんなど様々な豪華ゲストが出演しています。

 

柳楽優弥の暑苦しくて大袈裟な演技に最後まで引き込まれた。福田節が効いていて最高だった!漫画を実写化した作品の中で一番好きな作品です。

今見るとキャストが凄く豪華!福田組常連のムロツヨシ、佐藤二郎は相変わらず面白すぎるし、安田顕、柳楽優弥、濱田岳などもハマり役でとにかく最高。山本美月さん可愛すぎてこんなの皆好きになっちゃう。

福田雄一監督作品の中ではコメディ要素控えめだけどもちろん十分笑える。マンガやアニメの制作現場の雰囲気もきちんと伝わってくるし、実名でいろんな人たちが出てくるのも面白い。

80年代の昭和の雰囲気がしっかり再現されていた。超が付くほどお気楽で勘違いの焔が愛らしく思えてくる。キャラクターが濃くて何度でも見たい。

 

あらすじ

主人公・焔モユル(柳楽優弥)は芸大に通う1回生で、漫画家になることを夢見ています。しかし、漫画家になるための努力は特になにもせず、本気を出せばいつでもプロ漫画家になれるという自信だけは人一倍持ち合わせていました。

自信だけは一人前でしたが、同級生の庵野ヒデアキ(安田顕)の描いた漫画を見た際に、そのあまりのレベルの高さに驚愕します。他にも、山賀ヒロユキ(ムロツヨシ)赤井タカミ(中村倫也)など強力なライバルが次々と現れていき…

見どころ

福田雄一ならではのコメディ要素

福田監督と言えば、『今日から俺は!』『銀魂』などのコメディ要素の強い作風が人気ですよね。本作品では、柳楽優弥、安田顕、濱田岳、ムロツヨシ、山本美月など豪華キャストたちが個性豊かなキャラクターを演じていて、観ているだけで元気が出るような作品になっています。

実際の漫画家などがモデルになっている

安田顕さん演じる庵野ヒデアキは、大ヒットアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』や映画『シンゴジラ』で知られる庵野秀明さんがモデルになっています。また、佐藤二郎さん演じるMADホーリィは、後に『北斗の拳』の担当編集者となる堀江信彦さんがモデルとなっています。さらに劇中では、あだち充、赤塚不二夫、藤子不二雄など漫画関係者の名前も多数出てきますので、この時代の漫画のファンの方には特にヒットする作品だと思います。

主題歌

オープニング曲にはウルフルズの『あーだこーだそーだ!』が使われていて、作品の雰囲気とマッチした楽曲となっています。また、エンディング曲には柴咲コウさんの『蒼い星』が使われ、豪華アーティスト二組の楽曲がドラマさらに盛り上げます。

スタッフ

原作:島本和彦「アオイホノオ」
監督・脚本:福田雄一

キャスト

柳楽優弥(焔モユル)
大阪芸術大学・映像計画学科の1回生。漫画家を目指していて、己の才能に過剰な自信を持っている。自分が本気になれば、いつでもプロデビューできると思っているが、その自信ゆえに何も行動をしていない。バトミントン部に所属している。

山本美月(森永とんこ)
3回生で、バトミントン部のマネージャー。焔がひそかに思いを寄せている。

黒島結菜(津田ヒロミ)
1回生で、焔と同じバトミントン部に所属している同期。体育会系で漫画の分野にはあまり詳しくない。焔に対して、ヒロミの方から話しかけることが多く、焔のことが好きなのかも?

ムロツヨシ(山賀ヒロユキ)
自分では絵が全く描けないが、プロデュース能力には長けている。隠れた才能を見抜くセンスがあり、才能ある人物を集めてアニメ業界で一儲けしようと考えている。

安田顕(庵野ヒデアキ)
焔の同級生。人並外れた作画能力の持ち主で、のちに「新世紀エヴァンゲリオン」を監督することになる。学内の上映会で素晴らしい作品を披露し、焔の自信を打ち砕く。

中村倫也(赤井タカミ)
焔の同級生。課題のグループで山賀や庵野と一緒になり、それ以来この3人で行動を共にするようになる。庵野はメカや爆発など激しめな作画が得意なのに対し、赤井は女の子などのかわいらしい絵を得意としている。

佐藤二郎(MADホーリィ)
集英社の編集者。北斗の拳の登場人物のような見た目をしている。焔は彼のもとへ原稿を持ち込みに行く。

 

『アオイホノオ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

アオイホノオ(ドラマ)の感想

30代男性
30代男性

原作者の島本和彦の視点から描かれる原作を俳優さんが演じ制作スタッフチ─ムによって味変されいい感じに出来上がったように思います。青年期特有の自意識過剰によってシュミレ─ションが暴走し妄想し自分のアイデンティティが崩壊しないように都合のいい自己肯定力で転換し進んでく様は、笑えるしよくない部分といい部分が明確になって自分や現実に適応していくこともできるいい作品だと思います。庵野秀明やアニメ関係者の発言、性質を把握して照らし合わせても、そ、そうかぁ?と思わせる内容だけれど島本和彦の思い込み力、自己肯定力によって世界の捉え方が都合よくなっていてそれはおかしい、とかよりもそういう風に変換できるのすげえ!!と思わせるところも凄い!!演じている俳優さんも原作からだいぶ様変わりするような感じで、ドラマ勇者ヨシヒコみたいなテイストにしていてギャグにしている感じ。ただやはり漫画を実写化さらにかなりクセのある原作なので主人公の主観によって世界の捉え方にクセがあるのでそれをドラマにするのはかなり難しいと感じた。主人公を演じる俳優さんの中から出して作るならもっと引き込まれる作品になったと思うけど、十分色は出ていると思うしかなり面白いと思う。

30代女性
30代女性

福田雄一さん脚本・監督というだけあり、面白さに気が抜けないドラマでした。福田組常連の佐藤二朗さん、ムロツヨシさんも出演されており、独特な存在感でドラマを盛り上げていました。また、放送時間が同じだったということもあってか、「勇者ヨシヒコ」に出演されていた山田孝之さんが最終回にカメオ的に出演されていたのにはかなりの驚きでした。出演時間は短かったですが、役柄の強さに印象深く残っています。また、主人公を演じられた柳楽優弥さんの印象を大きく変えたドラマでした。漫画家を目指しているためか、リアクションや表情が漫画で描かれたように演出されており、感情の強さを感じると共に柳楽さんの変顔に毎回笑いが絶えませんでした。柳楽さんが演じた主人公は自信に満ち溢れていることが仇となり何もできずにいる役柄であり、現在のアニメ・漫画業界を牽引する有名な人たちが登場している中で、その人たちが若いうちから頭角を現している姿に焦る主人公の様子がコミカルに描かれており、面白さを感じる一方で才能ある人は若いうちから発想力や想像力が優れていたのかと驚きを感じました。誰にでも若いときはあり、悩みながらも夢に向かって突き進んでいく姿に力強さや魅力を感じる作品でした。

50代女性
50代女性

『アオイホノオ』は、1980年代のアニメとマンガをテーマにしたドラマですが、マニアだけでなく一般の視聴者にも十分に楽しめる内容となっています。なんといっても登場人物がユニークで楽しく、単純に笑えます。まず、主人公・焔モユル役の柳楽優弥の演技が素晴らしいです。モユルは、大阪の大作家芸術大学で学びながら、漫画家を目指す大学1年生なのですが、そのキャラクターが突き抜けています。何事に対しても上から目線で、自分に都合のいいヘリクツで納得しようとする心の声を聞いていると、なんだか可笑しくなってしまい、ついつい笑ってしまいます。柳楽は、主人公ながらセリフが少なく、ほとんどが心の声と表情でモユルを演じています。大げさにくそ真面目に強引な心の声を発しながら、濃い顔芸で表現する全力投球な演技は、賞賛に値します。私の中の柳楽優弥おすすめナンバー1です。他の出演者も実力者ぞろいです。安田顕、ムロツヨシ、中村倫也、遠藤要、浦井健治、濱田岳らが、マニアには有名な実在人物の役で登場しています。彼らが、まだ何者でもない大学生を演じているのですが、セリフ回し、顔の表情や仕草で80年代の学生っぽさを見事に演じています。一人一人のあくの強いキャラクターが生きていて、実に面白いです。一見の価値のあるドラマです。

40代男性
40代男性

原作は独特のタッチで描かれる熱っくるしい劇画調漫画。知っている人は知っているまさにザ・島本和彦テイストな作品。あれをどうやって実写で表現し、映像化するのか?どうせ上手くいかないだろうなと期待もせずに視聴を始めたところ、原作の雰囲気、ノリを破綻させない作品世界の仕上がりに驚愕。監督・脚本の福田雄一と主演の柳楽優弥にはお見事と言わざるを得ません。監督が島本和彦のファンだというのはウソじゃないでしょう。原作の持つあの特有な劇画的でありながらマヌケで切ない感じを見事にドラマ内に違和感なく、ポップに挟み込んでいる演出を見ればそれはわかります。その演出に柳楽優弥は見事に応えており、モユルの振り切った性格をこれまた違和感なく再現。登場人物は原作が島本和彦の自伝的作品ということもあって、主演のモユル以外ほぼほぼ実名と同じ役名で登場しているのも注目。のちにエヴァを作ったガイナックスのクリエイターたちや、同じ漫画家となった仲間など、そのそうそうたる顔ぶれに驚きます。つまり、この作品はただのコメディ作品というだけでなく、日本の漫画史・アニメ史に名を刻んだクリエイターたちの若かりし頃が描かれた歴史ドラマとしても楽しめる作品というわけです。ですから原作を知らない方でも興味深く楽しめる内容ではないかと思います。ちなみに、原作者の島本和彦がラスト近くにバイク屋の店主として登場します。

 

50代女性
50代女性

柳楽優弥さんが、コメディ初挑戦でしたが熱演がすごくて、思いっきり笑ってしまいました。すごく頑張っているのに、空まわりばかりしていてそこがとても愛おしくて、最高に面白かったです。演技力のすごさが確かに感じられました。山本美月さんが、とても可愛くて役にはまっていたと思いました。「ホノオく~ん」と甘え声で呼ぶのが上手くて、いい味を出していたと思いました。安田顕さんの憑依したような演技が圧巻で、ほんとにすごいと思いました。実力派俳優の力を見せてくれていると思いました。ムロツヨシさんが、独特の雰囲気があって存在感が際立っていたと思いました。黒島結菜さんが、とても可愛いかったと思いました。佐藤二朗さんが、キャラをしっかり作っていてさすがだと思いました。少しだけ出てくる山田孝之さんが、雰囲気があって良かったと思いました。セット、衣装、小道具や映像の感じなどから80年代の雰囲気が再現されていて、とても良かったと思いました。オープニングのウルフルズの歌がドラマにあっていてとても良かったです。このドラマを見るとすごく元気がわいてきて、思いっきり走り出したくなるような気分になります。何回でも見返したくなるドラマです。

 

40代男性
40代男性

こんなに面白く、毎週楽しみにしていたドラマはありませんでした(私だけ?)クリエイター気質のひとや、実際に作品を作っているひとには、これほどささるドラマはないんじゃないでしょうか?どんな人も『ガラスの心』をもっていて、作品をつくるということは、それをロードローラの前に置くような作業です。このドラマは基本コメディーですが『ガラスの心』がいかに脆くてこわれやすいかということを見事に表現しています。(矢野健太郎のセリフは名言です!)「凄い実力の他者」を認めるのは簡単ですが、それだけでは成長できず、また全く心をうごかされないのであればそれは怠慢である。このドラマの主人公 焔 燃 を笑うことは簡単ですが(ものすごく自信過剰でかつ傷つきやすいのです)きっとそれは成長するために必要なことだと教えてくれています。ほかにも80年代の(オタク)カルチャーが好きにな人にはたまらないんじゃないでしょうか?何といっても庵野秀明や岡田斗司夫、山賀博之など、そうそうたる面々が実名で登場するところは必見です(俳優の方々の怪演もすばらしい!)手塚治虫を実際の岡田斗司夫賀演じるといったお遊びもニヤリとさせられます。とにかく一度みてください。私は友達に無理矢理全話みせました!

40代女性
40代女性

オタクな人にはたまらない、数々の登場人物。主人公は漫画の原作者、島本和彦の若い頃がモデルです。同級生にはエヴァでお馴染みの庵野秀明、ガイナックスを立ち上げた岡田斗司夫など、現在名をはせている人物が他にも続々と登場します。この人はもしや…?と推測して観るのもこのドラマの楽しみ方の一つです。だからといって、自分はオタクではないよ?という人にも十分楽しめるドラマです。監督は「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一氏。随所に小ネタやアドリブが散りばめられ、観ているこちらを飽きさせません。そして何といっても一人一人のキャラクターが奥深い。それぞれのキャラのスピンオフドラマを作ってほしいと思いました。主人公は観ているこちらがドン引きするほど自信だけは無駄にあるのですが、不思議なことに回を重ねる度に愛おしくさえ思えてきます。大学の短編アニメ制作で庵野秀明率いるチームに完全敗北した回は、「強がりばかり言ってちゃだめだよ、次は頑張れ!」と身内を応援するような気持ちにさえなりました。一見おかしなキャラクターばかりですが、全体を通してみんなが未来に向かってダメな自分と対峙しながら進んでいく、という物語です。目の前のことに死に物狂いで取り組む、というのは周りから見たら笑われるようなことかもしれませんが、それができる人は何てかっこいいんだ!と思えるドラマです。

 

まとめ

『アオイホノオ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

柳楽優弥のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • アオイホノオ
  • お母さん、娘をやめていいですか?
  • 母、帰る~AIの遺言~
  • まっしろ

山本美月のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

中村倫也のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

佐藤二朗のU-NEXT配信作品
【映画】

【ドラマ】

  • JIN-仁- 完結編
  • 勇者ヨシヒコと魔王の城
  • 浦安鉄筋家族
  • ブラックリベンジ
  • 神の舌を持つ男
  • 幼獣マメシバ
  • マメシバ一郎 フーテンの芝二郎
  • 未来講師めぐる
  • ドラマ版柴公園
  • 目玉焼きの黄身 いつつぶす?
  • 再生巨流
  • マメシバ一郎
  • 「人類学者・岬久美子の殺人鑑定」 #2(2011年8月6日放送)
  • 巷説百物語 飛縁魔
  • 死刑基準
  • 幼獣マメシバ 望郷篇
  • THE3名様 人生のピンチを救うパフェおやじの7つの名言
  • 執事 西園寺の名推理
  • だんらん
  • 執事 西園寺の名推理2
  • アオイホノオ

【アニメ】

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました