青い春(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
青い春

青い春(映画)の動画フルを安全に見る方法

『青い春』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『青い春』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

青い春(映画)の内容

映画『青い春』は、2002年6月に公開されました。

原作は、『ピンポン』などで知られる漫画化・松本大洋さんの短編集が基となっており、豊田利晃監督によって映画化された作品です。

ある男子校を舞台に不良学生たちの痛切なまでの青春が描かれた本作は、松田龍平さん、新井浩文さんのW主演。また、彼らと同じ学校に通う生徒役として、高岡蒼佑さん、忍成修吾さん、塚本高史さん、瑛太さんら豪華メンツが出演し、瑛太さんは映画初出演作品と初々しさが見れる作品となっております。

映画に流れている雰囲気が妙にリアルで、変に語らせるようなセリフもない。他の映画だと登場人物たちが変に格好良くなったりするが、本作ではそれがないのが特徴的で、それがリアルを追求した結果なのかと思います。

新井浩文さんの演技が素晴らしく、何が正解がわからず、彼の胸の中の苦しさや葛藤。そういった感情が見ている側に非常に伝わってきます。是非、復帰してもらいたい名役者さんです。

バカな奴らの、取り返しようもないかげがえのない青春物語。
懐かしくも、恐ろしく、そして清々しい余韻が残ります。私の中で生涯に残したい作品の一つになります。

「ピンポン」が陽であれば、「青い春」は陰といえる作品で、どちらも良いですが、個人的には青い春が好きです。どの時代に見ても色あせることのない作品だと思います。

物語のストーリーはもちろんのこと、演者さんたちの評価を称賛することが多かったですね。
今でこそ活躍している俳優さんたちのデビュー間もない、若かりし頃が見れる作品となっております。

あらすじ

不良たちによって荒んでいた男子校・朝日朝日高等学校。卒業式の日、2年生の九條(松田龍平)と青木(新井浩文)たち不良グループは屋上に集まっていました。

この学校には、屋上の柵の外に立ち手を叩き、より多く回数を叩けた勝者が学校を仕切るという『ベランダ・ゲーム』と呼ばれる伝統のゲームがありました。失敗すれば、校庭に落下し最悪死んでしまうかもしれない度胸試しのゲームです。

そのゲームにおいて、九條は8回という新記録を叩き出し、伝統通り番長になりましたが、九条にとってゲーム同様に無意味でどうでもいいことでした。

そうして始まった新学期。3年生になった九条達は、同級生同士や生意気な下級生たちからの下剋上などの小競り合いもありますが、やりたいことも見つからず夢も叶えられない宙ぶらりな彼らの前に『進路選択』という現実が突き付けられるのでした…。

見どころ

少年たちの青い春

高校3年生に進学したばかりの不良少年たちの「青春」を描いた作品となっており、今ではコンプライアンスで厳しい未成年の喫煙や暴力といった表現が含まれております。

そんな彼らの持て余したエネルギー、大人の世界を小ばかにしながらも、その大人になる不安を抱えた10代の終わりごろ。きっと誰もが通り過ぎたであろう、ギラついた青春の日々を思い出させてくれるような、まさに隠れた名作といえる、青春映画の傑作です。

外せない音楽

本作はTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTのイケイケの音楽が印象的です。

オープニングテーマ「赤毛のケリー」は、ゆっくり流れる映像とマッチしており、これを聴くと映像が浮かび上がってきます。夜、青木が屋上で立ち尽くすシーンでは「ビート・スペクター・ブキャナン」が流れ、夕方から夜、そして朝へと移りゆく情景がとても綺麗で一番好きなシーンです。

最後は、エンディングで流れる痛々しくも完璧に響く「ドロップ」が回想シーンとともに流れ、今ではこれを聴くと泣けてきます。このように、要所においてTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTの曲が起用されており、より盛り上げてくれております。

スタッフ

原作:松本 大洋「短編集・青い春」
監督・脚本:豊田 利晃
音楽:上田 ケンジ / THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

キャスト

九條:松田龍平
3年生。サッカー部に所属。冷めた性格の持ち主で、何を考えているかわからない。

青木:新井浩文
3年生。九條の幼馴染で親友。昔から九条の後をついて歩いている。

雪男:高岡蒼佑
3年生。成績が悪くて留学寸前の眼鏡をかけた不良。

木村:大柴裕介
3年生。野球部のキャプテンで、夢は甲子園に行き巨人に入ること。

大田:山崎裕太
3年生。暴走族の下っ端ではあるが、学校では大口をたたいている。

吉村:忍成修吾
3年生。雪男にパシリにされている。

オバケ:瑛太
3年生。いつも寝ており、病気で長生きできないと噂されている。

レオ:山中零
タロウ:鈴木圭
セブン:三浦アキフミ
2年生のグループ。リーダー・レオを中心に3年生に下剋上をする。

野球部の1年:塚本高史
木村の後輩。

さぼーるのおばちゃん:小泉今日子
学校の売店のおばちゃん。生徒の良き話し相手。

花田先生:マメ山田
いつも花壇の世話をしている、不良たちも分け隔てなく接する優しい先生。

江上:竹永善隆(コンマニセンチ)
堀:仲島武士
鈴木:鬼丸
他校の番長:渋川清彦
水口:KENTA
シンナー中毒の学生:又吉直樹(元・線香花火)
馬場:堀内貴司(コンマニセンチ)
お礼参りする学生:佐久間一行

『青い春』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

青い春(映画)の感想

30代女性
30代女性

「幸せなら手をたたこう」ポジティブな言葉に聞こえるはずなのに、朝日高校では「ベランダゲーム」の一環として根性試しのように屋上で手を叩き、落ちないくらいに手すりを掴むという一見、無意味なことが行われていた。8回という新記録を叩き出した九條という無気力な高校生。毎日の生活も無意味、ボールを蹴っても無意味、勉強も無意味、ベランダゲームでてっぺんをとっても無意味。そんな彼にも友人が居た。九條に憧れを持つ青木。二人は友人だった。だが、高校にも「ルール」が存在し、九條も青木も飲み込まれてゆく。ある者は自殺し、ある者は学校を辞めてヤクザになった。九條と青木も喧嘩別れし、芋臭かった青木はモヒカンになり、手下を連れ九條に「ベランダゲーム」をしようと誘い出す。青い空の青い春の何者でもない高校生達の群像劇。「なぁ、俺も連れてってくれよ」と振り向く青木がとても、切ない。「御法度」で鮮烈なデビューをした松田龍平の出演二作品目の本作。10代の刹那の美しさと危うさが九條にピッタリだった、本人も「これから俳優になるか分からない」時期だったこともあり、適度に肩の力も抜けている。そして忘れてはならない新井浩文の存在感。今は芸能界からは姿を消してしまったが、青い春を語る上では欠かせない人物の一人。デビュー作であり鮮烈なキャラクターで青い春の実質的な主人公といっても過言でもない。作品を見終わった後は、どこかさみしく、青木が残した気持ちの爆弾のような感情がどーんと頭に落ちてくるようだ。刹那を描いた青春映画としては一級品。若者よ、怒れ。

30代男性
30代男性

人生において1度しかない貴重な青春時代を、スポーツや恋愛に費やすこともなく無為に過ごす少年たちの日常を描いていました。屋上のフェンスから身を乗り出した4人の男子高校生たちが拍手の回数を競い合う過激な度胸だめし、「ベランダ・ゲーム」には手に汗握ります。叩く回数が少ない者は「臆病者」のレッテルを貼られて奴隷のような学園生活、叩き過ぎると頭から転落して即死。生きるか死ぬかの勝負を見事に勝ち抜けたのは主人公の九條ですが、その横顔からはまるで喜怒哀楽が感じられません。何事にも熱中できない九條を演じているのは、撮影当時はまだ18歳だった松田龍平で学ラン姿も初々しいですね。九條と四六時中つるんでいるのは青木で、休憩時間の他愛ない会話や放課後のダラダラとした寄り道も心地よかったです。映画の序盤でこそ教室の隅っこで息を潜めている目立たない青木が、ある事件をきっかけにして豹変していきますよ。サイドを大胆に刈り上げたヘアスタイルにイメチェンして、眉毛を剃り落とした顔は九条への宣戦布告とも言えるでしょう。ふたりの関係が同級生からライバルへと変わっていく過程と、それぞれの命運が紙一重で分かれる瞬間を見逃さないで下さい。

30代男性
30代男性

男子校である朝日高校の新三年生になった不良グループの面々は屋上の柵の外に立ち、何回手を叩けるかを競う根性ゲームを始めるところから映画はスタートします、一番手を多く叩けた者が学校を仕切ることが出来る習わしになっています。多く叩けたのは松田龍平演じる九條であり、この九條を中心に不良グループの面々の様々な人間関係、人間模様が描かれるのがこの映画です。単純な不良モノ映画というわけではなく、彼らは彼らなりの悩みや憤り、現実と理想の狭間に心揺さぶられながら生きている事を描いている作品です。通常の不良映画と違うところとしては舞台は九條達がいる朝日高校のみであり、学校というある意味閉ざされた空間で彼らは生きています。そしてその閉ざされた空間の外にはここ(学校)にはない世界が広がっていることも分かっていながら、ただそれでもその空間に何かを追い求めているようにも見えます。切なくそしてハッカの様な独特のメントールの様な冷たさと苦みがあわさった様な後味が残る映画です。青春映画のくくりの中でも相当尖った部類に属するのではないかと思います。そしてそこがまたみどころでありオススメするポイントの一つでもあります。また、もう一つの見どころとしては主演の松田龍平を含めた、役者陣の豪華さです。九條の一番の友人である青木役に新井浩文、不良グループの面々には雪男役に高岡蒼佑(現:高岡奏輔)、木村役に大柴祐介、大田役に山崎裕太、吉村役に忍成修吾と当時の若手の中でも新進気鋭の役者を揃えているのもオススメポイントです。また売店のおばちゃん役に小泉今日子、オバケ役に瑛太が出演しています。まだ未見の方には是非見ていただきたいおすすめの映画です。また劇中に流れる音楽がロックバンドTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTの曲をふんだんに使っていることもおすすめポイントです!

 

30代男性
30代男性

松本大洋原作のオムニバス漫画を実写化した作品。不良・・・といっても、クローズのようなケンカバチバチでそれをかっこいいものとして描くのではなく、不良なりの人生への葛藤や青春時代ならではの鬱屈した感情をテーマに描いています。個人的には、不良が過去の武勇伝を語るのは苦手だし、迷惑をかけた過去を正当化する言説は大っ嫌いなので、不良映画は正直どうかな・・・と思ったんですが、この映画に描かれているような不良映画なら受け入れられます。作中、青木という少年が感じたであろう、自分と同列だと思っていた人間に突然おいていかれるような孤独感、焦燥感は、青春時代ならではのものだし、そこから爆発していく危うさは、儚く美しいとすら感じられます。ラストシーンは、映像としても美しく、儚く、哀しく、切なさを感じずに入られません。思い出すだけで鳥肌が立ちます。ちょっとタバコをつけるシーンだけでもハッとするほど美しく、ときに見せる凄惨なシーンも残酷さの中に美を見出してしまいます。花田先生がつぶやく「花は枯れるもんじゃない。咲くものです。そう、考えるようにしています。それはとても大切なことです」というセリフ。これはまさに、この映画の美しさを集約した言葉なんじゃないかなと思いました。

 

まとめ

『青い春』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました