あの日のオルガン(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『あの日のオルガン』予告編

あの日のオルガンの動画フルを安全に見る方法

『あの日のオルガン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『あの日のオルガン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

あの日のオルガンの内容

映画『あの日のオルガン』は、2019年2月22日に公開されました。

この映画は、1982年11月に刊行された「君たちは忘れない 疎開保育園物語」を2018年7月に「あの日のオルガン 疎開保育園物語」と改題し再刊したものを『あの日のオルガン』と題して映画化しました。

太平洋戦争末期に空襲を避けて東京の2つの保育所が埼玉県へ集団疎開した「疎開保育園」の実録を、関係者への取材に基づいて克明に綴った久保つぎこさんのノンフィクション作品です。

戦争中のストーリーとなっていますが、いま置かれている世界情勢と重なるところがあるかもしれません。最近この映画を鑑賞した人からは、そんなコメントがありました。

”戦争はどこまでも追いかけてくる。”というセリフが、現在のコロナウイルスの状況と重なって妙に説得力がありました。子供の未来を守るために果たして今すべきことは何なのか。

終わりの見えない戦いに不安がある中で“命”を守るための責任には必ず
“これで良いのか?”という葛藤が付きまといます。
それは現代でも同様であり自分だけではなくて、誰かを守っている人がいます。そういう方々には敬意を表するべき。
今だからこそ胸に突き刺さる作品だと感じました。

戦時中のドラマ「この世界の片隅に」と同様、生活から戦争を描く映画でした。戦中でも当たり前のように生活しなきゃいけない。保育をしなきゃいけない。悲しいかな、保育の窮状は今も変わらない。

胸が締め付けられるシーンも何度かありますが観れてよかった。そう感じられる作品でした

戦時中の話しは、哀しくて見たくないと思っていた人も、見て良かったと思える作品だったようです。また、戦時中を知らない人には是非見て欲しい作品だというコメントもありました。

あらすじ

第2次世界大戦末期の1944年、警報が鳴っては防空壕に避難する生活が続いていました。そんな中、東京品川にある戸越保育所の主任保母・板倉楓(戸田恵梨香)は、園児たちを空襲から守るため、親元から遠く離れた疎開先を探していました。

まだ幼い園児たちを手放す不安から反発したり、迫りくる空襲からせめて子供たちだけでも生き延びて欲しいと思ったりと意見の分かれる親たちを保母たちが必死に説得する中、東京墨田にある愛育隣保館の主任保母・柳井房代(夏川結衣)の助けもあり、ようやく埼玉に受け入れ先の寺が見つかります。

しかし、その受け入れ先は、ガラス戸もないボロボロの荒れ寺。その荒れ寺での疎開生活をスタートさせますが、若い保母たちと幼い園児たちを待っていたのは、毎日わき出てくる問題との戦いの日々。

それでも保母たちは、子どもたちと向き合い、大原櫻子演じるみっちゃん先生はオルガンを奏で、争が終わる日を夢見てみんなを勇気づけます。

そして、1945年3月10日、米軍の爆撃機が東京を襲来。そんな彼女たちがいる疎開先にも徐々に空襲の影が迫ってきます。

見どころ

園児53人を疎開させた保母たち

この映画はW主演で、戸越保育所の保母・板倉楓を演じた戸田恵梨香さんと、愛育隣保館の保母・野々宮光枝を演じた大原櫻子さん。

他にも2つの保育所の保母には、1000人を超えるオーディションで選ばれ、佐久間由衣さん、三浦透子さん、堀田真由さん、福地桃子さん、白石糸さんなどの注目の若手女優陣が出演しています。

毎日起こる問題の数々に立ち向かうため、毎日を必死で戦った保母たち。強い信念で時代を切り拓いていった彼女たちの生き様は、時を越えて大きな勇気と希望を与えてくれます。

最高のスタッフ&キャストが集結

監督は平松恵美子さん。平松さんは長年山田洋次監督との共同脚本、助監督を務めた、松竹の2人目の女性監督です。

脇を固めるキャストは山田洋次監督作品にも出演する、橋爪功さんや松金よね子さん、夏川結衣さん、林家正蔵さんらの実力派俳優。戸越保育所の所長の脇本滋役を務めた田中直樹さんも良い味を出しています。

スタッフ

原作:久保 つぎこ「あの日のオルガン 疎開保育園物語」
監督・脚本:平松 恵美子
音楽:村松 崇継
主題歌:アン・サリー「満月の夕(2018ver.)」

キャスト

板倉 楓:戸田 恵梨香
戸越保育所で働く主任保母。「怒れる乙女」と呼ばれるほど、いつも怒っています。厳しくも愛情深いリーダ―気質で責任感の強い保母。

野々宮 光枝:大原 櫻子
愛育隣保館で働く主任保母・柳井房代(夏川結衣)の遠縁の娘で愛育隣保館の保母。子供たちと同じ目線でモノを見ていつもニコニコ。愛称はみっちゃん。天真爛漫で音楽が好き。

神田 好子:佐久間 由衣
戸越保育所で働く保母。愛称はよっちゃん。みっちゃん(大原櫻子)の親友でもあり何でも頼れるお姉さんのような存在。

堀之内 初江:堀田 真由
戸越保育所で働く保母。しっかり者で、 みっちゃん( 大原櫻子)の背中を後押しします。愛称は、はっちゃん。

山岡 正子:三浦 透子
戸越保育所で働く保母。明るく、元気いっぱいの力もち。あきらめない強い心を持った保母。愛称は、まさこさん。

森 静子:福地 桃子
愛育隣保館で働く保母。初々しくも、純朴でまっすぐな保母。愛称は、しずちゃん。

江川 咲子:白石 糸
愛育隣保館で働く保母。

大沢 とみ:奥村 佳恵
疎開保育園の賄い担当。

柳井 房代:夏川 結衣
愛育隣保館主任。

脇本 滋:田中 直樹
戸越保育所の所長。頼りない部分もありますが、決めるときは決めるタイプ。

近藤 作太郎:橋爪 功
疎開先である南埼玉郡平野村の世話役。

近藤 信次:萩原 利久
作太郎(橋爪功)の次男。

藤木 勝男:林家 正蔵
健一郎の父親

大久保 秀雄:山中 崇
靖子と辰雄の父親。

坂本 きく:田畑 智子
劇中でおねしょばかりをする、まことの母親。

 

登録時にもらえる600ポイントで
今すぐ見れます!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

あの日のオルガンの感想

50代女性
50代女性

戸田恵梨香さんが、保母たちのリーダーとなる板倉楓役をさすがの演技力で熱演していて、とても上手かったと思いました。しっかりしたところが彼女のキャラクターにぴったりだと思いました。大原櫻子さんが、とてもいい味を出していてとても良かったと思いました。明るくおおらかでみんなを和ませている姿に、好感が持てました。ココリコ田中さんが、頼りない園長をさすがの演技力で、上手く演じていて芸人とは思えない演技力で上手かったと思いました。幼稚園児を預かっての疎開はさまざまな子がいて、ものすごく大変だったと思いますが、子供たちを守りきったのは本当にすごいと思いました。空襲シーンは迫力があってリアルで怖かったです。実際に経験した人たちはどれくらい恐怖だったかを考えると胸が苦しくなります。保母役の三浦透子さんが、素晴らしい演技力で存在感が際立っていたと思いました。ドタバタあり笑いありですが、戦争という辛さの中にあっての人間の強さ、子育ての大変さ、お互いに助けあう大切さなどがとてもよく伝わる作品だと思いました。実際に戦争を体験した人は、涙を流してしまうと思います。老若男女全ての人に見て欲しい映画だと思いました。戦争という悲惨なことが、二度と起こらないことを強く願いました。

50代女性
50代女性

戦時中に園児を疎開させる保母さんの実話で自分の子供を育てるのも大変な時代だったろうに、保母さんが園児を疎開させるなんて凄いなと感動の連続でした。子どもたちと一緒に歌を歌ったりして新任保母役の大原櫻子の明るさが戦時中で大変な時代を描いているのに安らぎを感じました。保母さんは戦時下に、子供達を守り通し戦争が終わった時に迎えに来た親たちに子供を引き渡して行きます。今の時代には、ない使命感を持った保母さんたちのことが実話だとは思えないほど感動しました。童疎開でも大変だったのに幼稚園児の疎開はどれほど大変だったかと映画を見ただけでも感じます。戸田恵梨香さんが主任の保母さんとしてしっかりとしている姿が、とても似合っていたと思います。一番印象的だったのは、大原櫻子さんの演じた保母さんが、戦時下の保母さんには見えませんでしたが、逆にその戦時下の保母さんに見えない所が安らぎを感じることが出来ました。それぞれの俳優さんが自分の役どころをしっかりと演じていることでこの映画全体が本当に戦時下の様子がリアルに伝わって来ました。子供達を実際に守った保母さんの凄さがこの映画には凝縮してあり、何度も見たくなるような内容でした。

 

40代女性
40代女性

戦争の悲惨さを知っておくことは大切、小学校時代から戦争ものは教科書などにも出てきていましたがその当時の園児について描かれえた作品は初めてです。幼い子供たちが主人公となるほど、思いは強まります。保母さんや小学校の先生たちなど、親元から離れている時間の親代わりといった存在ですが正に我が子の様に大切にしてくれていたのだなと思えました。様々な問題教師がニュースになっているものの、大多数はこういう先生方ばかりだと思います。戸田恵梨香さんの保母さんがいい、温かくて包容力があって正にお母さんといった感じです。大原櫻子さんの明るさも戦争中の悲惨さの中で私たちの心も和ませてくれました。頼りない園長役にはココリコの田中さん、普段からしっかりしていない雰囲気なんでそれがそのままに演技として出せていてよかったです。どれだけ大切に守った子供たちもやがては兵士として戦争に行くことになります。戦争に行ったココリコの田中さんのことも気になるし、実話なのであればその後はどうなったのかということについても描いてほしかったです。一人一人映像とするのは無理でも、せめてナレーションで紹介という手だってあります。その点は心残りでした。

30代男性
30代男性

「とにかくやるの!」、保母(保育士)の光枝を演じる戸田恵梨香さんの言葉が非常に印象的でした。戦時中は「消費班」として、今よりも社会的地位の低かった女性や保母さんたち。「文化的生活」を守るいう名目を掲げながら、決して平等ではない社会を心底から息苦しく感じました。そんな中でも迷いながら必死で励まし合い、奮闘する保母さんと児童の姿にギュッと胸がしめつけられるようでした。疎開先のお寺で児童たちが遊ぶ様子は、今とさほど変わらない風景です。保母さんが弾く古いオルガンの周りに集まる児童たち。そこには笑顔と会話がありました。たとえ悲しいことがあったとしても、時代をこえて紡がれたメロディーは私たちの胸に確かに届いてます。笑顔があり涙があり、愛しい人のそばにいる、そんな当たり前の日常を改めて見直すきっかけになりました。また、戦争がもたらしたものや家族のあり方なども深く考えさせられる内容でした。暗く真っ黒で絶望的な戦争が終わり、焼け野原に根付いた希望の種はまさに子どもたちの姿です。見終わったあとにポロポロと涙があふれて、思わず子どもたちを抱きしめたくなりました。子育て世代の若い人にこそ見てほしいと思う映画はそうそうあることではないです。

50代男性
50代男性

普段はアクションかホラーばかり見ている私ですが、たまにこういう映画を見たくなります。自分に合うかどうかは半信半疑でしたが、見始めたらすぐに引き込まれました。戦争の描き方として、敢えて実際の戦闘場面は描かずとも十分にその悲劇が伝わりました。私いつも思うのですが、こういう実話を映画にした物語は涙腺がいつもより緩くなってしまうようです。「フォレストガンプ」も「ハクソーリッジ」もそうでしたが、涙の量が半端ないのです。今回も「子供の歌声」に根こそぎ、目の奥の水分を絞り出されました。自分のことは後回しにして、誰かのために頑張る人を見ると、自分の性根の汚らしさをまざまざと実感させられます。おそらく、だからこそ「たまにしか」こういう映画を見ることが出来ないのだと思い知らされました。戸田恵梨香さんの力感のあるお芝居も見事でしたが、何よりも大原櫻子さんのピュア過ぎるお芝居に感動しました。こういう作品を見るたびに、本当に戦争などは2度と起こしてはならないのだと痛感させられます。タイミングが悪かったのか、宣伝が悪かったのか、あまり話題にはならなかった作品ですが、出来る限り多くの人に見てもらいたいと思える映画です。

20代女性
20代女性

戦時中の実話をもとに作られた映画です。『この世界の片隅に』や、ジブリアニメの『火垂るの墓』、『少年H』といった映画が好きな方はすぐ馴染める映画だと思います。疎開してくる保育園児たちを懸命に世話をする保母たちの涙ぐましい努力がとてもリアルに描写されていて、役者の力量に圧倒されます。おかっぱヘアの子役たちがとても愛らしく、わざとらしさといった雰囲気もありません。ヒロイン二人の自転車をこぎながら歌うデュエットが素晴らしかったです。戦争が題材ではあるものの、田舎の子供たちの生活の穏やかな雰囲気を見ると、やはり戦争時とはいえ悲惨な事ばかりではないなと思えてくるところがせめてもの救いだなと思えてきます。のびのびと懸命に生きる小さな園児たちを見ていると、現代の平和ではあるものの、狭くて殺伐としていて子供が自由に公園で遊べないなんて話がとても馬鹿げて見えてきます。時代は全く違うとはいえ、当時の大人たちが必死に子供たちに向き合う姿を見ると、現代の私たちもこの時代の保母たちから学べるところがたくさんあるなと思いました。オルガンの音が今どきなかなか聞けない素朴さがあり、童謡を元気よく歌う子供たちがとてもかわいらしいです。離れ離れになった園児が母を恋しがる場面は胸が痛みましたが、元気よく遊びまわる純粋な子供たちを見ると、心が洗われるような気持になる作品です。

40代女性
40代女性

あの日のオルガンは戦争被害から子供たちを守ろうと日々奔走している大人たちと、保育園の子供たちのことを描いた作品です。戦争中保育園ごと疎開させようとする大人たちでしたが、当然のこと、スムーズにはいかず、試練を乗り越えて行くという内容です。映像は戦争中といえ美しく撮影されており、主演者である女優さんは格好こそ戦時中ですが、みんな美人揃いでした。一方で子供たちはみんな可愛く、戦時中とはいえ映画としてとても見やすくなっています。保育園を疎開させる、という志から実際に行動に移すまで、昔のひとはみんな行動力があったんだと感じさせる作品でした。結構大きい子供も登場していましたがみんな可愛い子でした。大人は子供たちは将来の希望というように考えて、疎開させた実話に心を打たれました。この時代親元から引き離しても疎開させるというご時世であったようですが、母親の立場としては複雑な心境にいたることも。橋爪功さん、松金よね子さんの存在はとてもよかったです。若い出演者が多いなかでも、お二人の存在は安心感を与えてくれる存在でした。とにかく心が温まる作品ですし、自分も日常からこの志しを見習うべきだ、という気持ちが強いです。

 

まとめ

『あの日のオルガン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

堀田真由のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました