暗黒女子(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー
『暗黒女子』映画オリジナル予告編

暗黒女子(映画)の動画フルを安全に見る方法

『暗黒女子』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『暗黒女子』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

暗黒女子(映画)の内容

映画「暗黒女子」は、秋吉 理香子さんの同名ミステリー小説を実写化し、2017年4月に公開されました。

監督は、映画館の上映前に流れる『NO MORE 映画泥棒』の監督として知られている、耶雲 哉治さん。脚本は、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の原作者として有名な岡田 磨里さんが担当しました。

映画「暗黒女子」は、お嬢様ばかりが通う名門女子校を舞台に、学園のカリスマ的存在だった少女の死を巡って繰り広げられる物語となっており、W主演として抜擢されたのが、飯豊まりえさんと清水富美加さんです。二人をはじめ、平祐奈さん、小島梨里杏さん、玉城ティナさん、清野菜名さん、千葉雄大さんも出演しております。

本作の公開直前に主演の一人・清水富美加さんの出家騒動が報道され、清水さんは本作の宣伝活動には一切登場しませんでした。紆余曲折ありつつも、完成披露試写会も舞台挨拶は成功をおさめ、映画も無事公開されました。清水富美加さん、芸能界最後の作品として大きな注目を集めました。

 

美しい雰囲気に彩られた醜悪なストーリーは必見。
静かな映画ですし、本編のオーケストラ音楽もすごく良かったです。

とても丁寧に作られているなと思いました。
話の内容が良く、物語が綺麗にまとまっててサクサク観れました。

いろいろ書きたいけどヒント無しで観た方が絶対に楽しめるのであえて書きません。唯一、書けるのは、女子怖いってことですかね(笑)

若手女優たちの演技合戦が素晴らしい。平さんなど、アイドル出身の方は普通拒まれるようなエグイ演技もきちんと演じてるので、非常に交換が持てました。

若手女優さんたちの演技が素晴らしく、特に本作が最後となってしまった清水富美加さんへの絶賛のコメントが多く見られました。

また、原作の世界観を美しく、そして妖しく描いた作品で、105分という見やすい尺の長さでキレイに纏まっているのも評価されております。

あらすじ

セレブ女子高生が通う、聖母マリア女子高等学院。
ある日、学院の経営者の娘で、文学サークル会長。そして、全校生徒の憧れの的である白石いつみ(飯豊まりえ)が謎の死を遂げます。

そのうち、彼女の死は文学サークルの誰かの仕業だという噂が学園中に流れます。

いつみの親友・澄川小百合(清水富美加)は、サークルの会長を引き継ぎ、部員が自作の物語を朗読する定例会を開催します。今回のテーマは「いつみの死」。各メンバーからは“犯人”を告発するような作品が発表されていきます。

物語は5つ、動機と結末も5つ。果たして真実はあるのでしょうか?

見どころ

ラストのどんでん返し

好きで推理小説、ドラマや映画などの見られている方は、途中までの展開やラストの結果など、ある程度は予測出来てしまいます。

本作の宣伝で『あなたの予測をすべてブチ壊す 衝撃のラスト24分』
その通り、予想がすべて壊れてしまいます!それ以上のどんでん返しが待ち受けております!

後味の悪さ

ラストの衝撃。何とも言えない後味の悪さがこの作品の見どころです。

個性豊かな登場人物たちが、誰かを犯人と仮定して推理していきます。そして、【スズラン】という一つのキーワードを軸に、少しずつ散りばめられた伏線が回収されていく過程は、背筋に冷たいものが走ります。

これは出演キャストの皆さんの演技力があってこそです。
特に小百合役の清水富美加(現:千眼美子)さんのサイコパスな演技、気味の悪いキャラだからこそのラストの衝撃が待っています。

スタッフ

原作:秋吉 理香子『暗黒女子』
監督:耶雲 哉治
脚本:岡田 麿里

キャスト

澄川 小百合:清水富美加
謎の死を遂げた白石いつみの親友。文学サークルの副会長だったが、いつみの死後に会長を引き継いだ。

白石 いつみ:飯豊まりえ
故人。聖母女子高等学院の経営者の娘で、文学サークルの会長。屋上から転落死する学園一のカリスマ。

高岡 志夜:清野菜名
聖母女子高等学院2年生の女子高生作家。中学2年生の時に執筆したライトノベル「君影草」で作家デビュー。

ディアナ・デチェヴァ:玉城ティナ
ブルガリアからの外国人留学生。幼少期の怪我が原因で、足を引きずるようにして歩いている。

小南 あかね:小島梨里杏
聖母女子高等学院2年生。老舗料亭の娘だが、本人は洋食やスイーツ作りに興味を持っている。

二谷 美礼:平祐奈
文学サークル唯一の1年生。学園一の秀才で、いつみの弟の家庭教師のアルバイトをしていた。

いつみの父親:升毅
白石いつみの父親にして、聖母女子高等学院の経営者。

北条:千葉雄大
聖母女子高等学院の教師で、文学サークルの顧問。

 

『暗黒女子』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

暗黒女子(映画)の感想

30代女性
30代女性

女同士のドロドロした映画でした。皆が憧れるセレブな女子高校の選ばれし生徒だけが入部できる文学サークル。これだけ聞くと、さぞ穏やかでゆったり時間が流れていくのだろうなと思いきや、5つに分かれた物語はどれも重苦しさが満載。それぞれの物語を自分で謎解きしながら観るのが面白かったです。小説の発表会終盤での裏切りの連続シーンは、次々と変わる状況にハラハラドキドキさせられます。ちょっとやり過ぎなんじゃないかというようなシーンも、妬みだとか恨みだとかがよく表現されていました。罪をなすりつけ合う女たちがとにかく恐ろしいですが、ホラー的な要素はほとんど無かったので、怖いのが苦手な私でも大丈夫でした。最後のどんでん返しまで目が離せなかったです。目立つ者に対する妬みや恨み、取り巻きの存在、表面上の仲良しこよし感・・。リアルな女子高を見たような気がします。女って裏で何を考えているのかわからないなと改めて感じました。暗黒女子というタイトルがぴったり当てはまる作品でした。今では有名になった女優さん達がたくさん出演していて、制服姿が本当に可愛らしかったです。それと色気があるセクシーな千葉雄大を見たい人は、絶対にこの映画を観ることをオススメします。

 

20代女性
20代女性

小説の朗読会という設定で物語がすすんでいくところがが斬新で面白いと思いました。学園の太陽だとみんなから持ち上げられる白石いつみは絶対に何か裏があるんだろうと思いながら観ていました。そんな白石いつみが自殺をしたことについての、朗読会。まずは美礼から、小説を読んでいくと、怪しい人が1人出てきます。その次は、園子。次々と読み進めていくと、それぞれに闇があって、それぞれがいつみに恨まれていたような描写がありました。全員が容疑者となってしまったのです。そこからすごくわくわくしました。仕切っているいつみの親友の小百合が不気味な笑みを浮かべるのもぞくっとしたし、その手にはいつみの小説が握られていて本当にわくわくしました。そこにはいつみの死の真相と、いつみが掴んでいたそれぞれの秘密が暴露されていました。みんなはそれぞれがいつみに弱みを握られていて、死んだらいいのにと思っていたはずです。そこで死んでしまったから、競合してそれぞれが犯人であるような小説を書いたんだと思います。自殺は狂言だったと聞いて、すごくぞっとしました。その場にいたみんなはもっと恐ろしかったことでしょう。でも、そこからの小百合の話が1番ぞっとして、嫌な雰囲気で物語は終わりました。最後の小百合の話がすごく面白かったです。

 

40代女性
40代女性

思わず鳥肌が立ってしまった怖い映画です。上品で美しい汚れを知らないお嬢様たち、そう見えるからこそ次第に出てくる本性に本当の恐怖を感じるのです。女生徒たちはともかく先生まで美しい必要は無かったのでは、千葉雄大くんが先生だなんて羨ましすぎます。女子高にこんな素敵な先生がいたらすぐに餌食にされてしまいそうです。ただ若く見えすぎて先生と生徒というよりも共学で男女がイチャイチャしているみたいなので、ごく普通の光景になってしまいました。男同士の野蛮な戦いとは違う怖さ、女子高ってこういうところなのでしょうか。女ならではの本性が見事に書き表されていると思います。主人公は清水富美加さん、宗教にはまり込んでいった彼女の現実の姿もあるので役柄ともリンクして観てしまいます。誰が犯人なのかと思いながら見ていたら現実では、でも更に展開が急激に変わって実はとそのたびにアッと驚く事間違いなしです。ストーリーとしても素晴らしい、一度見てもう一度見るようにすれば伏線が分かって更にドキドキしそうです。ミステリーにホラー要素も加わったこの作品、出てくる女の子たちの可愛らしさに惹かれて見ていると後悔するかもしれません。女ってこんなに怖いんだと思わせる作品です。

30代女性
30代女性

格式あるお嬢様、お金持ちのお嬢様が多数通う名門女子高の文学サークルが舞台となっています。冒頭では午後の優雅なお茶タイムのような穏やかで上品な雰囲気を漂わせながら始まります。あまりにもゆっくりとした感じでスタートしたので、中だるみが多いのかなと予想しながら視聴しましたがとんでもないです。そう思ってたのは一瞬で、どんどんお話に引き込まれて、いえ、引っ張られているような面白さがあります。サークルメンバー個々が自作の小説を朗読しつつ物語が進んでいくのですが、小説の主題は『前会長である白石いつみの死』という重大なテーマとなっています。個々人それぞれから見た彼女の行動や性格、その対応などを様々な切り口(時には嘘もあり)で書かれているので視聴者側がそれだけを見て真相に辿り着くのは難しいかと思います。むしろ悩んで推理する行為そのものを楽しむ映画と言えると思います。早い段階で真相に辿り着いた人はきっと名探偵です。このお話では、それぞれの小説を朗読しながらサークルの皆で闇鍋を囲んで楽しんでいる描写があります。ラストのあたりでその中身の正体を知らされた時、きっと視聴している皆さんは鳥肌が立つのではないでしょうか。薄々予想が付いていたとしても、女子の陰鬱な部分の集大成に驚かされました。

30代女性
30代女性

ただならぬ雰囲気から始まる文芸サークル恒例の闇鍋朗読会で学園の憧れ的存在、白石いつみの死についての発表が静かに始まりました。最初見たときはお嬢様が通う女子校で闇鍋に朗読会という異様すぎる設定にすぐ観るのはやめようと思っていました。しかし、いつみの親友の小百合が、淡々と朗読会の進行をしながら、所々いつみを殺した犯人へ怒りのように見える感情が見え隠れして恐怖を観てる側にも与えられるのです。気づけば、小百合がどんな人間なのか、いつみの本当の死への興味よりやめられなくなっていたのです。朗読会の発表が1人目になり、誰もが憧れるみんなのアイドル的ないつみ像が浮かび上がった。そのせいか彼女しかわからない孤独や辛さの葛藤による自殺のように思えます。2人目、3人と朗読が始まり、どんどん展開が思わぬ方向へいきました。メンバー発表でそれぞれの嘘と矛盾が生まれて不可解な疑問が浮上します。食い違う証言、誰かが嘘をついていて殺したのか、それとも最終的に自殺なのか?彼女たちの発表ではそれぞれが怪しいことしかわからない。そこからの急展開、話が進めば進むほど思わぬ方向に連れていかれます。朗読会のテーマになる白石いつみの清楚そうで理想的なまぶしい太陽と親友の小百合の感情をあまり出さない闇のような月が上手く表されミステリアスとホラーの要素を少し掛け合わせた予測不能な物語でした。

30代男性
30代男性

舞台は女子校で、学園一の人気者の美少女の死の真相を巡り、残された文学サークルのメンバーたちが犯人を見つけ出そうという物語です。小説の朗読会という形式で、誰が犯人かを告発してゆくという展開が、とてもユニークに感じましたね。死んだ学園のカリスマが表向きは聖女みたいなのに、実はかなり黒い性格の持ち主で、告発された者全員に、納得できるような動機があるという展開が凄いです。この映画にはスズランの花が深く関わってくるのですが、女子校という場所は、外からはドロドロとした内情を窺うことができない、まさに女の花園ですね。スクールカーストや歪んでしまった友人関係といった、学園生活において発生しそうな問題が、煮詰められたかのように凝縮されています。多感な時期を迎えた少女が、コンプレックスを抱き、精神的に蝕まれてゆくと、こういった最悪の結果を招くことがあるのだと身震いしました。本当に人と人との関係を良好に保つのは難しいことです。ちなみに出演者の中では、文学サークルの会長を引き継ぎ、事件の真相を明かす朗読会を主宰した澄川小百合役の清水富美加さんの演技が光っていました。才能のある女優さんだなと再確認した思いがします。

20代男性
20代男性

あのアニメ監督としてとても有名な岡田磨里さんが監督を務めております。主演キャストものすごく豪華で、千眼美子(清水富美加)、飯豊まりえ、清野菜名、玉城ティナ、千葉雄大とどれも主役級のキャストでばかり集められていて、完璧なまでの気合の入りぶりようが感じられます。実際にここで述べた方全員がとても売れっ子なので、出世したなと心から思います。ストーリーとしては学園サスペンス物で常に緊張漂う作風が特徴的です。ドロドロとした女関係が生々しく展開され、その中でも犯人探しが続き何ともカオスな状況になっております。かなりダークな雰囲気があり、そこは監督や演出の卓越した手腕とセンスもあるのではないのでしょうか。自分は原作を読んでおらず、そのまま話題になっているのを見て映画を視聴したのですが、初見でもわかりやすい構成になっているのが分かりました。こういった原作お断り感がないのは新規の視聴者としてとてもうれしいところです。本当に豪華なキャストが集められており、それがドロドロに絡んでいく様は圧巻なので、普通にキャスト陣のファンの方はもちろんどろどろとしたサスペンスをお好きの方は是非ご視聴してみるといいかもしれません。

20代女性
20代女性

スタートから、とても独特な雰囲気で始まります。シリアスでただただ暗い・・・という雰囲気とも少し違う、女同士のドロドロした部分がうまくスタートの雰囲気から感じ取れます。それぞれ個性的で才色兼備なお嬢様たちが集い、『ごきげんよう』なんて言いながらそれぞれ書いたお話を朗読しながらストーリーが進みます。そのつくりがまた変わっていて面白い。清水富美加ちゃんは肌の色がもともと少し黒く、黒髪ロングが印象的な女優さんであることから、シリアスな、闇と独特な陰の部分を持つラスボス役がはまり役でした。飯豊まりえちゃんは清純、いい子・・・なイメージが強い女優さんだったので、教師との大人びた恋愛模様や、実は性格が悪く友人たちに影からプレッシャーをかけていた・・・という絶妙に女子高っぽい性格の悪さがイメージと違って際立っていました。そのほかのキャストも女子高っぽさやまさに女の妬みや陰気な部分を上手に表していて面白かったです。当然実際にはなかなかないほどの美女たちの集まり。まさに 女の花園。そんな美しい画での親しく見えるようでドロドロした関係・・・。女って怖いと時間するストーリー、見る価値あります。面白いです。ラスト20分ほどでは何度も鳥肌立ちます。

30代男性
30代男性

思春期の女の子同士のドロドロした関係性を描いた作品。女子校という舞台装置を使うことで、表面的には美しく装いながらも、中身には残酷で醜い感情が渦巻いている。自分が主役でなければ気が済まない自己愛や傲慢な感情、一方で弱みやコンプレックスが肥大化して歪な形でしか人間関係を結べなくなった者の悲哀など、思春期ならではの心と体の変化から、刹那的に生まれてくる美しさとの対比が残虐性を際立たせていた。湊かなえの「告白」や「少女」などの登場でイヤミス(イヤ?な気持ちになるミステリーの略)というジャンルも確立されてきた感がある。湊かなえ作品と比較してしまうと、いまいち凄みに欠けている感じは否めないが、多層的な視点で描かれる女の子たちの微妙な心の揺れ動きは、この作品だけが持っている魅力ではないだろうか。登場人物のほとんどが美少女で、映画が流れている時間帯は、スクリーンのどこを見てもため息が出るような容姿に埋め尽くされていて、しかも、そのひとりひとりが強い個性を持っていたので、あまり退屈することはないと思う。人物ごとの視点の変化も面白いし。ただ、美しすぎる登場人物ばかりだったことで、この作品全体を取り巻く空気感がどうしても絵空事感が強くなってしまっている。それが凄みを出し切れない要因なのかもしれない。タイトルはもっと作品の個性を強めるネーミングにしたほうがいいとは思うが。

20代女性
20代女性

舞台はキリスト教の女学校である。冒頭は神秘的な空間が漂い、そこに優雅な女子生徒が花を添える。部長のいつみ(飯豊まりえ)を筆頭に学校を代表する美人で優秀な生徒たちが集まる文学サークルは、女子の憧れそのものだ。しかし、物語は進むにつれ、聖母のような女子生徒たちの「暗黒な」裏の顔が見えてくるのがこの映画の一番の見どころである。可愛い顔をした文学サークルの彼女たちには誰にも言えないダークな秘密を持ち、いつみに弱みを握られ、苦しんでいく。傍からは楽園に見える文学サークルは、偽りの友情で塗り固められた地獄だったのだ。このような設定は学園ドラマならではよくある設定である。しかし、『暗黒女子』は女子特有と言うべき上面の関係を女の見栄やプライドといった安易なもので片付けず、彼女たちの「若さ」への執着にフォーカスしている。彼女たちにとって、高校生活とは人生で一番美しく輝ける最高な時期なのであろう。「若さ」というのは彼女たちの最大の武器である(と思い込んでいるという方が正しいかもしれない)。また、「若さ」は戻ってこないことも彼女たちはよく知っている。だからこそ、一度きりしかない人生、華やかな青春時代、誰だって自分が物語の主役でありたいという願うのだ。その願望が他の部員たちの貴重な高校生活を奪われてしまう女子の悲惨さ、奪ってしまう側の残酷さが絶妙に体現されている。年齢にとらわれすぎてしまった彼女たちは「若さ」への執着を原動力にし、人道に背いてしまうのだ。「若さ」の執着は残酷な結末を作り出す。こうした観点で見ると、女子高生の脆さを巧みに表現している映画なのである。また、ミステリーとしても実に面白い作品である。部員たちが一人一人朗読を終えるつれ、謎が深まっていく。小説のようにページを次々とめくりたくなるような興奮を覚える。最後の朗読では驚きと恐怖が一気に襲ってくる感じがたまらない!

 

まとめ

『暗黒女子』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

清水富美加のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 素敵な選TAXIスペシャル
  • となりの関くんとるみちゃんの事象
  • 叡古教授の事件簿
  • 家政夫のミタゾノ

【アニメ】(声の出演)

  • 龍の歯医者

【イメージ】

  • 清水富美加『Popping Time』
  • 清水富美加『Popping Smile』

 

飯豊まりえのU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 石つぶて ~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~
  • サイン 法医学者 柚木貴志の事件
  • マジで航海してます。
  • マジで航海してます。~ Second Season ~
  • 家政夫のミタゾノ
  • ドクターY ~外科医・加地秀樹~(2017)

 

玉城ティナのU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

清野菜名のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

【アニメ】(声の出演)

  • 一期一会 ~キミノコトバ~

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました