ALWAYS三丁目の夕日3(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
ALWAYS三丁目の夕日'64(プレビュー)

ALWAYS三丁目の夕日3(映画)の動画フルを安全に見る方法

『ALWAYS 三丁目の夕日’64』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『ALWAYS 三丁目の夕日’64』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ALWAYS三丁目の夕日3(映画)の内容

映画『ALWAYS 三丁目の夕日’64』は、2012年1月に公開されました。

原作は、漫画「鎌倉ものがたり」などで知られる漫画家・西岸良平さん作の漫画「三丁目の夕日」です。

監督・脚本は、V6の岡田准一さん主演の映画「永遠の0」や、実力派俳優・染谷将太さん主演の映画「寄生獣」シリーズを手掛けた山崎貴さんです。山崎貴さんは、「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズの全作品で、監督・脚本を務められています。

映画「ALWAYS 三丁目の夕日’64」は、前作「ALWAYS 続・三丁目の夕日」から約5年後の1964年が舞台。東京オリンピック開催を前に活気づく東京と、急激な時代の変化を描いています。前作に引き続き、吉岡秀隆さんが主演を務め、小雪さん、須賀健太さん、堤真一さん、堀北真希さんなどの豪華俳優陣が共演されています。

 

前2作とも見てきたファンなので、とても楽しみにしていました。期待に違わず、堀北真希はますます可愛らしく、須賀健太も大きくなっていて親戚気分でした。私にとって不動のNO.1映画です!

64年の東京五輪によって、進歩したものもあれば、衰退したものもあるのだなぁとしみじみ思いました。政治的な観点ではなく、一般人の生活の変化が描かれているので、よりリアルに心に入ってきます。

前作までで小説家として活躍した茶川さんが、なぜ小説家になったのかが今作で明らかになります。同じく小説家を夢見る少年・淳之介も登場し、世代間での育ち方・考え方の違いを垣間見ることができました。

平成生まれ・平成育ちの自分にとっては、50年前への時間旅行でした。本物にどれくらい近いのかはわかりませんが、隣人との距離感が近かったり、子供の進路を親が決めたり…現代とは違った生活の一面を知ることができました。このALWAYS 3丁目の夕日シリーズは間違いなく最高峰の邦画です!

「ALWAYS 三丁目」シリーズファンのゆるぎない熱い思いや、昭和時代の生活を懐古する声が多くみられました。平成生まれ・令和生まれの方でも十分楽しめる作品になっています!

あらすじ

東京オリンピック開催間近の昭和39年。作家となった茶川(吉岡秀隆)と、その妻・ヒロミ(小雪)のもとで育った淳之介(須賀健太)は高校一年生にまで成長しました。茶川は、児童向け雑誌の連載を続けていますが、収入は微々たるものでした。さらに人気を新人作家にとられ、茶川は再びスランプに陥ります。

一方で、則文(堤真一)が営む「鈴木オート」の経営は波に乗っていました。しかし、一人息子・一平(小清水一揮)は反抗期で、鈴木オートを継ぐことを嫌がります。住み込みで働いていた六子(堀北真希)は、ある日、近所の医師・菊池(森山未來)に一目惚れしますが、近所のたばこ屋から菊池に関する悪いうわさを聞いてしまいます。

同じ頃、茶川を脅かす新人作家が、淳之介であることが判明します。東大受験を目指していたはずの淳之介が小説家を目指していたことを知り、自分のようになってほしくない茶川は淳之介を叱責します。

果たして、六子と菊池の恋の行方はどうなるのでしょうか!?茶川と淳之介の関係は…!?

見どころ

昭和時代の生活って?

昭和39年といえば、東京オリンピックが開催された年です。平成生まれや令和生まれの方にとっては、昭和時代ってどんな生活をしていたんだろう?という疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。本作は、忠実に当時の街並みや生活感を再現しているので、昭和時代の生活を垣間見ることができます。

前作から成長した住人たち

本作の出演者は前2作とほとんど同じなので、親戚になった気分で住人たちの成長を感じられます。特に、淳之介役の須賀健太さんは前作よりも背が伸び、大きく成長しています。役柄ともマッチし、進路に悩む高校生を熱演しています。また、堀北真希さんも前作よりも大人っぽく成長しました。変わらないキャストだからこそ感じられる時の流れを、ぜひお楽しみください!

スタッフ

原作:西岸良平「三丁目の夕日」
監督・VFX:山本貴
脚本:山本貴、古沢良太

キャスト

茶川竜之介:吉岡秀隆
一流小説家を目指す、東京大学卒の青年。児童向け雑誌「冒険少年ブック」で掲載中だが、新人作家に人気を奪われ、連載打ち切りのピンチを迎える。

茶川(旧姓:石崎)ヒロミ:小雪
竜之介の妻。現在妊娠中。居酒屋を経営している。

古行淳之介:須賀健太
血のつながりはないが、竜之介夫婦に子供のように可愛がられている。現在高校一年生。小説家になることが夢。

鈴木則文:堤真一
茶川家の向かいにある自動車修理店「鈴木オート」の社長。

鈴木トモエ:薬師丸ひろ子
則文の妻。

鈴木一平:小清水一揮
淳之介の親友で、高校一年生。反抗期。鈴木オートを継ぐことを嫌がる。

星野六子:堀北真希
鈴木オートに住み込みで働いている。菊池に恋心を抱いている。

大田キン:もたいまさこ
タバコ屋を経営。六子と菊池の恋を応援する。

宅間史郎:三浦友和

菊池孝太郎:森山未來

富岡裕一:大森南朋

茶川林太郎:米倉斉加年

奈津子:高畑淳子

 

『ALWAYS 三丁目の夕日’64』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ALWAYS三丁目の夕日3(映画)の感想

 

30代女性
30代女性

主演は吉岡秀隆さんなのですが、今回の主役は堀北真希さんと言っても過言ではないくらいでした。一作目から彼女を見守ってきた身としては、ようやく…良かったね…!とまた涙が止まらなくなりました。花嫁姿が美しすぎて、小さいころから見てきた親戚の子が結婚したときのような感じでした。一作目、二作目とも最高の出来だったので、三作目は少し落ちてしまうかも?なんて思っていましたが、そんなこと少しでも心配した自分に喝を入れたいくらいです。続編になればなるほどクオリティと感動度を上げる映画作品ってかなり珍しいのではないでしょうか。メンバーがみんな揃っていることの安心感、その中でも感じられる成長や人々の絆。まるで自分も三丁目の住民になったかのような気持ちで見届けることができました。だからこそ、森山未來さん演じる菊池には反感を感じる人も多いかもしれませんね。でも、その反感も堀北さん演じる六子をずっと見てきたからという思いがあるからこそ。見ている人たちも、結局は最後に受け入れて温かい輪の中へ迎えていくことになると思います。実際私もそうでした。ALWAYSは、朝ドラのような雰囲気を醸しつつ、見た人に忘れられない温かさと生きる希望を与えてくれる良質作品だと思います。

30代男性
30代男性

タイトルに64と銘打ってある通りこの物語の時代は東京オリンピックの開かれた年の昭和39年が舞台です。今から約50数年ほど前の日本でオリンピック開催年など今の時代と比べてしまう所がありますけど、今の状況と比べてしまうのは少し違うかも知れませんが、オリンピック開催に関しては明らかに昔の方が期待や希望といった物が満ち溢れているような気がしました。今回も割とお涙頂戴の展開になっていて前2作でやり尽くしてしまった感は否めませんでしたが、それでも新たな展開を切り開こうとした苦労が偲ばれるようでした。何と言っても今回のこの映画のハイライトと言えば鈴木オートで住み込みで働く六子の結婚にあったと思います。結婚に至るまでの流れは紆余曲折あって鈴木オートの社長の六子に対する変貌ぶりは本当に我が子を嫁に出す父親と言った装いでしたが、両親でない勤め先の社長が従業員の結婚に対してあそこまで口を出すかなと思ってしまいました。その過程でのエピソードが涙あり、笑いありの展開となっていて、うまく緩急の差が出ていて面白いと思いました。3作目でラストとなる今回の映画は全体を通して家族をメインテーマに扱ったそんな映画だと思いました。

30代女性
30代女性

続編として描かれたストーリーであり、それぞれの役柄の成長が見どころでした。また変化した生活環境から別れが描かれており、別れを通して改めて気づく家族の愛情に胸が熱くなりました。堀北真希さん演じる六子の恋愛から結婚、そして須賀健太さん演じる淳之介が小説家になるための一歩を歩み始める姿が描かれており、決断するまでの苦悩や相手を思うがゆえの問題勃発など様々ありましたが、六子、淳之介共に決断への迷いは育ててくれた感謝の強さからであることが分かったときは、涙が溢れました。鈴木オートで働く六子が恩返しが出来ていないとプロポーズを断った経緯にそっと幸せを歩み出せるよう背中を押す薬師丸ひろ子さん演じるトモエの姿は正に家族であり母親に感じられました。六子の故郷の家族の存在を忘れ本当の娘のように結婚の承諾をする姿は感動的でありながら笑いどころでもありました。また、小説家になるために淳之介を冷たく突き放す吉岡秀隆さん演じる茶川の姿があり、それに対してきちんと愛情を受け取る淳之介の姿には胸が熱くなりました。それぞれのやり方で新しく歩み始める一歩を手助けする姿は家族としての温かさを感じ、感謝の気持ちの大切さに気づかせてくれます。どの立場からも共感できる年齢になり、より強く作品に入り込めるようになりました。さらなる続編を期待する映画です。

30代女性
30代女性

今作は東京オリンピックの年を描いているので、ぜひ今観て欲しい作品です。一作目、二作目とすっかりこの世界のファンになってしまい待望の三作目でしたが、最初から最後まで涙が止まりませんでした。三作目は今までのシリーズの中で一番家族愛・親子愛を深く温かく描いていて、今までより更に感動的なシーンの多い作品だと思います。ちょうどこの映画を観た時期が自分の結婚と重なっていたこともあり、ロクちゃんがお嫁に行くシーンは胸が熱くなりました。と同時に一作目から見ているのであのロクちゃんがこんなに綺麗になって、と嬉しくなりました。そして茶川家では淳之介と茶川の絆がより一層深くなり、だからこその茶川の淳之介に対する態度が愛おしく胸を打たれます。茶川自身の父親の想いを受け取って、茶川も淳之介へ自分の想いを不器用ながらも伝え、淳之介もその気持ちを理解しそれに応える姿には胸を打たれました。2人が時間をかけて本当の親子以上に素晴らしい関係を築きあげてきたことが証明された瞬間だと思います。親がこどもを思う気持ちとこどもが親を思う気持ちがとても温かく表現されていて今作でも本当にいい映画だなと幸せに気持ちになります。日本国民全員に観てほしい素晴らしい名作だと思います。

50代女性
50代女性

1964年は東京五輪の年で私が生まれた年なので、この時に三丁目の住人はどう過ごしていたのかと思い映画館に行きました。子供はすっかり大きくなり、一平は相変わらずだけど、淳之介は茶川の叱咤で東大を目指して勉強に励んでいた…かに見えて実際は茶川先生と同じ雑誌に登場した新人作家だった。人気の新人に焦る茶川先生が、自分に当てて自分でファンレターを書いて送る。その姿は『オールウェイズ三丁目の夕日』で、駄菓子屋とくじに「カス」と書いていたのと同じに見えた。茶川さんの子供じ見たい行為が編集部にバレない訳はないんです。鈴木オートでは、ロクちゃんに後輩が出来ました。役としては染谷将太さんを起用するほどでもないけれど、染谷さんはこの作品に出られて嬉しかったろうな。ロクちゃんは恋をして、めでたく結婚。鈴木夫妻はまるで娘を嫁に出すような感じでした。自分より人気の作家になっていた淳之介に嫉妬しつつも東大に入って欲しい茶川先生。茶川先生は葛藤しても結局は淳之介が1番幸せになるように仕向けて行く。ヒロミさんは茶川先生のそんなところが好きなんですよね。東京五輪は55年前のこと。茶川先生や鈴木夫妻はもう天に召されたと思うけど、淳之介くんや一平、ロクちゃんはどうしているかと思います。東京スカイツリーが出来る時に、同じような映画ができないかな、と思いましたが高度成長の時代とバブル崩壊の後では随分と違うから難しいかもと思いながら、同じ歳の山崎監督に何かしら期待しています。

40代女性
40代女性

映画館ではなく、地上波テレビ放映になった時に何度か観ました。有名作品でありシリーズ化されていることもあり、地上波では何度か放映していたと記憶しています。最初に感じたのはほっこりといった感情です。昭和時代を懐かしむ気持ちにもなりました。私は昭和生まれですが昭和の終わり近くに生まれていることもあり、それほど昭和時代を知りません。そんな私でも昔懐かしく思えるシーンがたくさんありました。そのため、年配の人に受ける映画なのではないかと思いました。もちろん若い世代でも昭和時代を知る良いきっかけになると思います。他のシリーズを順番に観てからの方が登場人物やこれまでの流れを知ることができますが、観ていなくてこの作品にいきなり入っても違和感ないと思います。また、東京オリンピックの時代でもあるので、当時の日本を知ることができて良かったです。かなりの盛り上がりだったのだろうなということを実感できました。それから、配役も良かったです。デビュー近くの堀北真希さんはとても初々しく感じられましたし、染谷将太さんの子役時代も可愛らしかったです。一番良かったのは何と言っても背景です。昭和を感じられる見事なロケとセットでした。

30代女性
30代女性

ALWAYS 三丁目の夕日の第3シリーズ!前作から5年後が描かれています。時代は東京オリンピックの開催直前からはじまり、近所のみんなで盛り上がる様子、現代ではない温かみをを感じられます。テレビも白黒かカラーになり、ますます日本人の生活は便利になっていく様子が描かれている一方、氷屋という職業が消えていく様子もしっかり描かれ寂しさも感じさせられます。結婚した茶川とヒロミが妊娠し、高校生になった淳之介もお兄ちゃんになる。そんな幸せな生活に、新人作家のライバルが現れ仕事を失いそうになる最中、小説家を反対して勘当された父が危篤になった知らせがきてしまう。父の死に目に会えず後悔しているヒロミに促され渋々会いに行く茶川。お父さんの自分への思いに悩み、また、自分ように小説家を目指したい淳之介に、お父さんとしてどう将来へ導いてあげるのかを悩み、父親たちの不器用さに涙なしでは見られません。一方、鈴木オートも5年後には、もう1人従業員が増え六ちゃんに後輩ができていた。ここでは、六ちゃんが恋をしちゃいます。とってもくすぐったくなるぐらい奥手です。恋した相手は、なんとも怪しい医者の菊池。同僚からの評判が悪く、たばこ屋のおばちゃんから止められてしまい六ちゃんの初恋のピンチに目が離せません。新しい仲間、新しい命、出会いがあれば別れもあるそれぞれの困難を乗り越えて道へ進もうとする元気がもらえる物語です。

 

30代女性
30代女性

家同士が近所なら人同士が助け合い、協力し合う。嬉しいことがあればみんなで喜び合い祝う。人と人との繋がりが軽薄になったと言われる今の時代には、なかなかないことです。人情に溢れた素敵な時代、見ているだけで幸せな気持ちになります。わたしたちは、ネットも携帯もあるのが当たり前な時代に今生きています。ALWAYSの時代の様に家族がテレビだけで喜べることは稀なことでしょう。生活を便利にする生活用品に溢れているけれど、人として本当に大切なことをどこかに置き忘れてきたかのように感じます。いくら生活が便利になっても人の気持ちが冷たくなっていくのは悲しいことで、反対に不便なことはたくさんあった時代だったけれど、その分日常の何気ない出来事を幸せだと感じられたということが伝わってくる物語です。微笑ましくもあり羨ましくもあるこの時代を生きてみたかったとすら思ってしまいます。そして、今作で六子と淳之介が巣立つことになりますが、「親の心子知らず」というように子は親の願いとは逆の道を望んでしまうものなのかもしれない、その時親として子の背中をどう押してあげるべきなのか、親である自分自身も考えさせられるものがあります。1964年の東京オリンピックを控え景気は上向きで活気ある日本が描かれていますが、そもそもオリンピックに対する人々の思いはこうも純粋であるべきではないでしょうか。無心で日本を代表するアスリートを応援できるそんな情勢になることを希求します。この物語は未来への警笛ともいえるのかもしれません。「本当の幸せとは何なのか」今一度考えてみようと思います。

60代女性
60代女性

東京オリンピック、新幹線、カラーテレビ等高度成長期真っ只中に生きている日本人の生き生きとした表情とても輝いて見えました。鈴木家は六ちゃんのロマンスに本当の親のように悩む鈴木夫妻の騒動等早とちりのお父さんと、大きい愛で包むトモエのお似合い夫婦の姿にほっこりしました。愛いっぱいの鈴木一家にとても癒されました。素朴なりんごのような六ちゃんが、見違えるほど美人になったのも恋と5年の月日の流れなのだろう。六ちゃんの結婚には娘のような気持ちで送り出す夫婦。長年連れ知ってきた夫婦の貫禄に安心して見る事が出来ました。そして茶川一家。茶川家の父の死と子供の誕生、淳之介の成長、そして別れなど色々なエピソードに目が離せませんでした。淳之介演じる須賀健太さんの成長ぶりに驚きました。淳之介が育ててもらった感謝とそれを決して忘れない律儀さを備わった演技は最高でした。淳之介の何も言わないシーンの中に様々な感情が交差している演技まさに熱演で感動しました。竜之介と父親との関係、竜之介と淳之介との関係、不器用な親子愛に心打たれました。資本主義の中に流されようとするなか、違う生き方をする宅間先生、菊池先生の凛とした姿勢、本当の幸福とは何かを改めて考えさせられました。宅間先生演じる三浦友和さんの趣のある演技、菊池先生演じる森山未来さんの静かな演技共に素晴らしい演技で引き込まれました。小道具の細かい一つ一つに昭和のこだわりが見え、存分に楽しめました。

40代女性
40代女性

三丁目の夕日のノスタルジックな風景そのままに、でもいつの時代も皆が一生懸命生きているんだなというのを思わせます。自分のおじいちゃんおばあちゃんたちだって、恋をしたり悩んだりした時代があったのです。そんな当たり前のことが感じられて、私も今を頑張っていこうと力が湧きました。ひょろひょろで幼かった健太も遊んでばかりいられる年齢ではなくなっていて、そろそろ将来について考え始めるころとはでも偶然芥川家に引き取られた彼がその道で開花するとは、血のつながりは無くともすでに親子となっているということでしょうか。父としてどっしり構えていればよいところを、自分でファンレターを偽造したりと芥川は相変わらず頼りないのです。でもその弱さも人間らしさ、不安定な職業だからと叱り飛ばしたり勘当したりと父親も子供と一緒に成長してそして本当に父親になるんだなと思えました。育児は育自、その通りです。周りに素敵な人たちがいっぱいいて支えてくれるのですから、健太は曲がることは無いでしょう。たとえ夢が叶わなかったとしても、何か違った道をきちんと見つけられるはずです。ご近所さんの距離の近さがうっとおしいこともあるかもしれないけど、今は無い宝物に感じます。

 

まとめ

『ALWAYS 三丁目の夕日’64』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXTで配信中の『ALWAYS 三丁目の夕日』作品

 

吉岡秀隆のU-NEXT配信作品

【映画】

  • ALWAYS 三丁目の夕日
  • ALWAYS 続・三丁目の夕日
  • ALWAYS 三丁目の夕日’64
  • 隠し剣 鬼の爪
  • 雨あがる
  • 虹をつかむ男
  • 虹をつかむ男 南国奮斗篇
  • 鉄道員(ぽっぽや)
  • 博士の愛した数式
  • 半落ち
  • 遙かなる山の呼び声
  • 学校II
  • 学校III
  • 阿弥陀堂だより
  • 四日間の奇蹟
  • はやぶさ 遥かなる帰還
  • こどもしょくどう
  • 八月の狂詩曲
  • 釣りバカ日誌12 史上最大の有給休暇
  • 男はつらいよ 寅次郎紙風船
  • 男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎
  • 男はつらいよ 花も嵐も寅次郎
  • 男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋
  • 男はつらいよ 旅と女と寅次郎
  • 男はつらいよ 寅次郎真実一路
  • 男はつらいよ 柴又より愛をこめて
  • 男はつらいよ 幸福の青い鳥
  • 男はつらいよ 寅次郎物語
  • 男はつらいよ ぼくの伯父さん
  • 男はつらいよ 寅次郎心の旅路
  • 男はつらいよ 寅次郎の休日
  • 男はつらいよ 寅次郎の告白
  • 男はつらいよ 寅次郎の青春
  • 男はつらいよ 寅次郎の縁談
  • 男はつらいよ 拝啓車寅次郎様
  • 男はつらいよ 寅次郎紅の花
  • 男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇
  • 雲のむこう、約束の場所(声の出演)
  • 手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく(声の出演)
  • BUDDHA2 手塚治虫のブッダ 終わりなき旅(声の出演)

【ドラマ】

  • トクソウ

 

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました