ALWAYS三丁目の夕日2(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
ALWAYS 続・三丁目の夕日(プレビュー)

ALWAYS三丁目の夕日2(映画)の動画フルを安全に見る方法

ALWAYS 続・三丁目の夕日
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

ALWAYS 続・三丁目の夕日
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ALWAYS三丁目の夕日2(映画)の内容

映画『ALWAYS 続・三丁目の夕日』は、2007年11月に公開されました。

原作は、漫画「鎌倉ものがたり」などで知られる漫画家・西岸良平さん作の漫画「三丁目の夕日」です。

監督・脚本は、前作「ALWAYS 三丁目の夕日」で第30回報知映画賞で最優作品賞、日本アカデミー賞で監督賞を受賞された山崎貴さんです。

映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」は、前作「ALWAYS 三丁目の夕日」から約4か月後の昭和35年・春が舞台です。淳之介を食わせてやらなければいけない一方で、小説家を夢見る茶川の葛藤を中心に描いています。前作に引き続き、吉岡秀隆さん、小雪さん、須賀健太さん、堤真一さん、堀北真希さんが出演され、その他にも、浅利陽介さん、温水洋一さん、吹石一恵さんなどの豪華俳優陣が出演されています。

 

続編というと失敗してしまうイメージがあったのですが、そんな心配は必要なかったようです。今作も茶川先生と淳之介に泣かされました。

前作で建設途中だった東京タワーが完成していたり、有刺鉄線で囲まれた羽田空港が出てきたり…懐かしい昭和の時代にタイムスリップしたかのような気分になれました。

堤真一さんの昭和のオヤジ感が笑えます(笑)。小日向文世さんもいい人の役が多いイメージですが、今回は憎まれ役です。豪華な俳優さんたちが一同にそろっていて、見ごたえ十分の映画です!

前作とはまた違った角度から物語を描いていて、魅力が2倍増し3倍増しになっていました!茶川先生とヒロミさんのすれ違うラブストーリー、茶川先生と淳之介の絆…最初から最後まで見逃せない、そんな映画です。

前作「ALWAYS 三丁目の夕日」の続編ということで、失速してしまうことを心配する声も多かったですが、勢い衰えず、今作も非常に高評価でした。茶川と淳之介、鈴木家の絆に涙腺崩壊必至です。

あらすじ

昭和34年春。茶川(吉岡秀隆)は淳之介(須賀健太)と親子のように暮らしていました。しかし、実父が淳之介を引き取りたいと申し出てきます。さらに、突然姿を消したヒロミ(小雪)への想いも残っており、茶川は新作小説を書きあげます。なんと、その小説が芥川賞にノミネートされます。

一方、鈴木家には、親戚の娘である美加(小池彩夢)が出稼ぎにやってきました。父親の事業が失敗したというのです。しかし、裕福育ちの美加は鈴木家になじめず、突っぱねた態度をとってしまいます。

ある日、茶川は、芥川賞を取るための接待費と称してお金を請求され、なけなしのお金を渡してしまいます。しかし、それは詐欺師の犯行だったことが判明します。踏んだり蹴ったりの茶川。果たして、芥川賞はとれるのか!?ヒロミや淳之介との関係はいかに…。

見どころ

美加と鈴木家

父親の事業が失敗し、鈴木オートに出稼ぎにやってきた美加。裕福育ちの美加はわがままで、鈴木家に馴染もうとしませんでした。トモエは、そんな美加が実は寂しがり屋で不器用であることを見抜き、六子とともに美加の心を開いていきます。温かい鈴木家のやさしさに心温まること間違いなしですね。

茶川竜之介の小説「踊り子」

居候の淳之介を息子のように思い始めていた茶川ですが、収入はとるに足らず、「人並の生活をさせられないだろう」と実父に引き取られそうになります。淳之介やヒロミを失いたくない気持ちから、茶川生み出した小説「踊り子」。これは夕日町三丁目の人々の胸を打つと同時に、茶川の運命も変えていきます。

スタッフ

原作:西岸 良平「三丁目の夕日」
監督・VFX:山本 貴
脚本:山本 貴、古沢 良太

キャスト

茶川 竜之介:吉岡 秀隆
一流小説家を目指す、東京大学卒の青年。鈴木オートの向かいで駄菓子屋を営んでいる。淳之介と一緒に暮らしている。

石崎 ヒロミ:小雪
居酒屋を経営している。かつては茶川と同棲していたが、ある日突然姿を消してしまう。

古行 淳之介:須賀 健太
茶川との血のつながりはないが、茶川の家に居候している。

鈴木 則文:堤 真一
茶川家の向かいにある自動車修理店「鈴木オート」の社長。

鈴木 トモエ:薬師丸 ひろ子
則文の妻。

鈴木 美加:小池 彩夢
父親の事業が失敗し、鈴木オートに出稼ぎに来る。裕福育ちでわがままな性格。

星野 六子:堀北 真希
東北出身。鈴木オートに住み込みで働いている。中山に淡い恋心を抱く。

大田 キン:もたい まさこ
タバコ屋を経営。

鈴木 一平:小清水 一揮

鈴木 大作:平田 満

宅間 史郎:三浦 友和

中山 武雄:浅利 陽介

吉田 自転車:温水 洋一

大手興産社長・川渕 康成:小日向 文世

アイスキャンディー屋:ピエール瀧

山村先生:吹石 一恵

牛島:福士 誠治

山本信夫:上川 隆也

大橋:渡辺 いっけい

新聞記者:東 貴博

新聞記者:羽鳥 慎一(当時日本テレビアナウンサー)

 

ALWAYS 続・三丁目の夕日
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ALWAYS三丁目の夕日2(映画)の感想

30代女性
30代女性

エンディングでBUMPの花の名が流れたときは、視界がぼやけまくってエンドロールが見えないくらいでした。一作目も泣いたけれど、二作目でさらに泣いてしまって、正直映画館を出る時ハンカチで顔を隠すことに必死でした。それくらい泣ける映画なので、涙を流している所は人に見られたくないという方は一人で見ることをオススメします。まず今回も吉高秀隆さんが素晴らしすぎます。子役時代が長いからなのでしょうか、彼がスクリーンに出てくるだけで目が離せなくなります。それに、少し震えつつ話す感じが自信がない男性を上手く表現していて、こういう人いるよな~って思わず笑ってしまいます。今回は東京オリンピックが開催予定となった後の日本の様子なので、全体的に華やいだお祭りムードな感じ。今だからこそ見ておくといいかなと思いました。ALWAYSの人々を見ていると、家族って血の繋がりだけじゃないよな~と思えてきます。一緒にいていろいろな体験を共有して、苦しいことも分かち合うから信頼感が育まれていくんですよね。私自身、子どもともこんな風にいろいろと考えたことを共有し合える仲になっていけたらと思っています。一日一日を丁寧に一生懸命生きること。その素晴らしさを改めて教えてくれる作品でした。

30代男性
30代男性

前作が良い感じに締めくくられていて続編は正直な所、うまく行くのかなと疑問に思っていましたが、そんな疑問は映画を見た瞬間にすぐになくなりました。一言で言うと凄く良いと感じました。前作に比べるとやや暮らしぶりが皆、少し豊かになって来ていて少しづつではありましたか家電製品などが増えてくる描写は時代の流れを感じる事が出来ました。ただその反面、茶川さんの芥川賞受賞の事をめぐってみんなが詐欺の被害に会ってしまうなど物が豊かな暮らしになって行くにつれて反比例するかのように殺伐とした嫌な世の中になってしまう展開は例え作り物の世界と言えども良い気分はしませんでした。今回はそんな茶川さんの芥川賞をめぐるエピソードもとても感動出来て良かったのですが、個人的には茶川さんのお向かいに住んで居る鈴木オート一家の物語の方が良かったと思いました。急遽、親戚の女の子のを鈴木家で預かる事になってしまい、そこで繰り広げられるエピソードが何とも微笑ましいと感じました。元々は会社を営んでいた家の子供という事で裕福な暮らしをしていたようですが、事業の失敗によって鈴木家に預けられる事になりその暮らしの変貌ぶりに戸惑っているように見えました。その生活にも段々と慣れていき、最後は鈴木家と別れる所では名残惜しそうなところは少し感動してしまいました。

30代女性
30代女性

前作に引き続き人の温かさを感じることができる作品でした。また、純愛も描かれており、言葉の表現の美しさを感じられました。今回は吉岡秀隆さん演じる茶川が書いた小説が芥川賞にノミネートされたことが大きくストーリーを動かしていました。その小説の内容が小雪さん演じるヒロミへの思いが書かれており、その素直な文章に前作から引き続き茶川のヒロミへの愛情に心が震えました。残念ながら落選となってしまいましたが、一番に伝えたい相手であるヒロミにその思いが通じ、茶川の元へ戻ってきた姿は受賞よりも喜ばしく感じるシーンとなっていました。今のように簡単に連絡が取り合えない時代に小説という形で思いを伝える美しさがとても素敵に思え、改めて言葉の重みを感じました。そしてその小説によって人の心を動かしたという事実に茶川の文章力を感じました。豪商との結婚が決まっていたヒロミが裕福ではない茶川との生活を選んだ結末に純愛を感じ、心から祝福できる結末となっていました。また、小説がノミネートされ、家族のように喜んでくれる人や落選しても一緒に落ち込んでくれる人の様子に温かさを感じ、人との関わりの素晴らしさを見ました。人付き合いが希薄となっている現代に比べ、羨ましさを感じる作品となっていました。

50代女性
50代女性

鈴木家に親戚の女の子の美加が預けられるようになり、鈴木家がにぎやかになって行くのが楽しむことが出来ました。美加がお嬢様育ちで鈴木家になじめずすき焼きに豚肉が入っていることでことで、こんなのすきやきではないと言ったのがこの時代を象徴しているいる気がしました。この映画の中で印象的だったのは、茶川と淳之介で淳之介の実父がまた連れ戻しに来た時に茶川がちゃんと養えるところを見せるといい必死に小説を書く姿が感動的でした。自分とヒロミのことを題材にした茶川の小説が芥川賞の最終選考まで残った時には、芥川賞を取れたらいいのにと思いながら映画を必死にみていました。しかし、芥川賞が取れず、淳之介の父親に茶川がけなされると鈴木が茶川の小説の載っている本を出して「あんたは読んだのか」と言って茶川の小説が素晴らしいといいそこにいたみんなが、茶川の小説を読むために本を買ったことが分かります。まさに人情がこの映画に溢れており見ているだけで心が温まって来ました。いなくなってしまったヒロミも茶川の小説を読んで戻って来て、茶川と淳之介と3人で生きることになるシーンが感動的でした。どのシーンを切り取っても感動できるそんな作品でした。

30代女性
30代女性

前作からすっかりファンになってしまった鈴木オートのお父ちゃんが冒頭から大活躍で笑いました。今作でも鈴木オートのお父ちゃん役を堤真一さんがより面白く愛おしく演じています。それを支えるお母ちゃん役の薬師丸ひろ子さんの優しい笑顔も健在で、こども達は少し大きくなりましたが相変わらずドタバタな鈴木家にほっこりします。新たに加わったお嬢様育ちの美加に対しても鈴木家のみんなが優しくて、特にお母さんがクリームを塗ってあげるシーンが温かくて好きでした。一平のセーターにお守りを入れるところもユーモアと愛があって素敵だし、こんなお母さんになりたいと思わせてくれました。前作よりも笑えるシーンが多く感じましたが、だからこそ今作の見所になるヒロミが茶川の書いた小説を読むシーンが感動的で涙が溢れました。茶川と淳之介の関係も上手くいっているようでホッとしたり、もうすっかり茶川一家の親戚のような気持ちで観ていました。前作でもそうでしたが、人と触れ合う温かさを感じられる作品で、これからの人生で何度でも観たいシリーズです。ラストのお決まりのシーンではいつも一緒に夕陽を見ているような穏やかな気持ちで映画を観終わり心が洗われます。

30代女性
30代女性

前作からの大ファンで、続編を待ち望んで観覧しました。昭和初頭の東京の街並みを忠実に再現したセット作りや、人情味あふれる登場人物のやりとりが、この映画の魅力ですが、今作はオリンピック開催を目前とした時代背景や、活気にあふれた経済高度成長期に沸く日本の様子も垣間見えます。デフレや失われた10年(どころか20年)に育った私にとっては、こんな日本があったなんて信じられなく、うらやましいといったところです。映画が始まると、まずは登場人物の成長ぶりに驚きます。鈴木オートの息子の一平や、売れっ子作家となった茶川と共に暮らす淳之介も、二人とも声変わりして成長しており、まるで親戚の子供の成長を見守る叔母のような気持ちになりました。そして、六子が鈴木オートの頼れる存在となり、後輩の指導をし仕事にいそしむキャリアウーマンのような姿は、現代に通じる女性の姿を彷彿とさせます。そんな仕事にいそしむ彼女が、初めて恋をし悩み考える姿も見どころのひとつですそして忘れてはならないのが、茶川とヒロミ夫婦が家族として、茶川の父親の存在に対峙する場面は、涙なしでは見られません。この映画は、かつて昭和初頭に当たりまえにあった、人々の人生模様が凝縮されていて、現代には失われた大切なものを見せてくれているように思います。血縁や家族、結婚、出産、そして子供の成長と自立など、人間の基本的な部分や人情の美しさを、改めて感じる感動的な作品でした。

50代女性
50代女性

踊り子のヒロミさんが置いてった淳之介は富豪の実父より、貧乏で冴えない小説家の茶川と一緒に住むことを選んで下町で平穏に暮らしていた。鈴木オートでは一平や淳之介と同じくらいの女の子を預かることになった。お金持ちだった女の子は下町の暮らしを上から目線で見ていることにイヤな気持ちがした。それなのに鈴木夫人は一平やロクちゃんと接する時と変わらない笑顔で接するで「母は凄いな」と思った。印象的だったのは、夫人に「洗濯物を干して」とお手伝いを頼まれた女の子が洗濯物を汚い物でも触るようにしていたら落として汚してしまい、どうしようと思ったところで近くで洗濯していた淳之介が手を差し出したこと。何か言うわけでもなく「ん!」と手を出して汚れた物を洗ってくれた。女の子が周りを見回すと、自分と同じくらいの子供たちは学校が終わると遊びながらもみんな家のお手伝いをしていた。お金持ちだった女の子の子の目からウロコが落ちた瞬間だった。茶川先生は「芥川賞をとるには金がいる」と言われ、どうしても受賞したくてお金を払ってしまう。映画館の観客はみんな心の中で「あ?ぁ」と思ったに違いない。本当の受賞はたぶん大人の事情もあるとは思うけど、それは貧乏人からワイロを受け取ると言うものではないと思う。空回りの茶川先生だけど、東京タワーを中心に三丁目は穏やかな日々でした。

30代女性
30代女性

全編に引き続き楽しめる続編です。キャストも前回と同じメンバーなので、最初の作品を観てからこちらの続編をお勧めします。一平や淳之介が少し成長していて、声変わりもしてなかなかリアルです。コメディータッチで笑いつつ、茶川と淳之介やヒロミにまつわる感動的なシーンなどいろんな角度から楽しめる構成になっています。また前作より技術もグレードアップし、当時の街の様子がよりリアルに再現されていて、当時の時代を感じさせるセリフなどとも合わせて、まるで60年代にタイムスリップしたような錯覚に陥ります。続編というと駄作になってしまうことも多々ある中で、前作のテイストを完璧に受け継ぎつつさらに登場人物も増え、ストーリーも引き込まれます。また、ところどころおふざけやツッコミでいい味を出している鈴木オートの一人息子、一平が、ラストシーンでは淡い恋心を垣間見せて感傷的にストーリーを締めるなど、少し思春期に向けて成長している感もありました。焼き鳥を家族に持って帰る宅間先生の切ないストーリーや、トモエの初恋エピソードなど、戦争が終わって間もない日本という時代背景も、忘れてはいけない歴史なのだと改めて思い知らされます。みかちゃんの成長にも注目でした。

30代女性
30代女性

ALWAYS 三丁目の夕日の続編!前回に引き続き映像のクオリティが高く、昭和の良き時代に引き込まれていきます。鈴木オートに六ちゃんもすっかり馴染み、まるで家族のようになってます。倒産で預けられたお嬢様だったみかちゃんがさらに加わり、まわりの環境に少しずつ影響され今までのプライドを捨て、最初嫌がった銭湯やお手伝いを受け入れ、少しずつ子供から大人になっていく様子が微笑ましいです。そして六ちゃんもすっかり大人になって綺麗になり幼なじみが登場。恋の予感!?と、思わず応援したくなります。一方、夢を追いかける小説家茶川と血の繋がらない淳之介がすっかり本当の家族のようになっている中、お金のない茶川に気を使う淳之介が健気で泣けてきます。それを知り自分の仕事の不甲斐なさに悩む最中、再び実父から淳之介を引き渡せと要求される。お金がある生活が本当に幸せなのかもしれない、一緒に居たいから引き渡したくないと追い返すが淳之介の幸せを考えるあまり悩み葛藤していき、こちらまで幸せとはと考えさせられます。さらに、追い込むようにヒロミまでお金持ちに求婚されるところを目撃し、淳之介とヒロミを思い、人生全てを注ぎ込んで小説を書きあげる。茶川が芥川賞を本当に取れるのか本当にドキドキします。この映画を見ると、お金がなくても誰もが幸せそうに描かれていて、困った人がいれば助け合い、時に本気でぶつかり合う、心があったかになるお話しになってます。最後のエンディングで花という歌がこの物語を盛り上げてくれ最後まで楽しめる作品です。

 

まとめ

ALWAYS 続・三丁目の夕日
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXTで配信中の『ALWAYS 三丁目の夕日』作品

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました