悪と仮面のルール(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー
『悪と仮面のルール』予告編

悪と仮面のルールの動画フルを安全に見る方法

『悪と仮面のルール』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『悪と仮面のルール』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

悪と仮面のルールの内容

映画『悪と仮面のルール』は、2018年1月に公開されました。芥川賞作家・中村文則によるミステリー小説が原作であり、玉木宏さん、新木優子さん、吉沢亮さんらにより実写映画化された作品です。

14歳の頃に父を殺害して失踪した少年が、十数年後顔と名を変え、ある人を守るために再び殺人を繰り返す殺人ミステリー。

脚本を務めたのは、多くの人気作品を担当している黒岩勉さん。山崎賢人さん主演映画『キングダム』や、戸田恵梨香さん、松田翔太さんの『LIAR GAME』などが代表例として挙げられます。また、人気テレビドラマ『グランメゾン東京』『謎解きはディナーのあとで』など、実に多くの作品を手掛ける脚本家さんです。

監督の中村哲平さんは、映画監督としてだけではなく、AKB48、関ジャニ∞、コブクロなど名だたる人気アーティストのMV監督などもされています。

 

主演の玉木さんは、難しい役柄をしっかりと演じきっていたなと感じます。新木さん、吉沢さんなど若手俳優さんの演技も良かったです。

彼女を心の底から愛しながらも、殺人を犯すことでしか彼女を守ることが主人公。彼の深い愛に切なさを感じ、玉木さんと新木さんのラストシーンに涙しました。

エンディングのUruさんの楽曲が心にしみました。

内容が少し複雑で、暗い話なので好き嫌いは分かれるかもしれません。光石研さん、柄本明さんなどのベテランたちの演技はさすがでした。

あらすじ

主人公の文宏(玉木宏)は、大財閥である久喜一家の4男として生まれ、父・捷三から「お前はのために生まれてきた」と教育されて育ちます。彼が11歳のころ、香織(新木優子)という少女を久喜家の養女として迎え入れます。そして、父は「14歳になった時、お前に地獄を見せる」と文宏に告げ、後に文宏はその地獄とは香織に危害が及ぶことだと知ります。香織に惹かれていた文宏は、彼女を守るために父を殺害します

十数年後、顔を整形して名前も変え別人となった文宏は、探偵・榊原(光石研)に依頼し香織の現在を調べ始めます。すると、現在都内でホステスとして働く香織の身を狙う人物がいることを知ります。悪の人間として育てられた文宏は、愛する人を守るため再び殺人を繰り返すことに…

見どころ

善と悪の対立

玉木宏さん演じる主人公・久喜文宏は、実父を含め複数人を殺害します。幼き頃に父からになるようにと教育をされてきた文宏ですが、殺人を繰り返すその目的は、たった一人の大切な人を守りたいという愛が根本にあります。善と悪に揺れる複雑な感情を持つ難しい役柄を演じる玉木さんの迫真の演技に注目です。

テロリスト役を演じる吉沢亮

オオカミ少女と黒王子』や、『ママレード・ボーイ』など、ラブコメで爽やかな役を演じることの多い吉沢亮さんですが、本作品ではガラッと雰囲気が変わり、今までとは一味違った演技に注目を集めました。

脇を固めるベテラン俳優

玉木さん演じる主人公・文宏に力を貸す探偵役は、『アウトレイジ』『カイジ』など多くの作品で多彩なキャラクターを演じ分ける光石研さん。そして、文宏を殺害犯として疑う刑事役は、『シン・ゴジラ』『悪人』などに出演する名脇役、柄本明さんが務めます。

スタッフ

原作:中村文則
監督:中村哲平
脚本:黒岩勉

キャスト

玉木宏(久喜文宏/新谷弘一)
大財閥の4男。父・久喜捷三が60歳を過ぎてから生まれた子供。14歳の頃に殺人を犯して失踪したのち、20代で顔を整形し、新谷弘一という別人としての人生を歩み始めた。

新木優子(久喜香織)
11歳の時、久喜家の養女として迎え入れられ、高校進学と同時に家を出た。現在はクラブのホステスとして働いている。

村井國夫(久喜捷三)
文宏の父。

中村達也(久喜幹彦)
文宏の兄であり、久喜家の次男。

吉沢亮(伊藤亮祐)
久喜家の家系の一人であり、文宏とは同い年。

光石研(榊原)
久喜捷三を担当する探偵。

柄本明(会田)
新谷弘一のことを疑う刑事。

 

『悪と仮面のルール』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

悪と仮面のルールの感想

30代男性
30代男性

「悪と仮面のルール」を見ての感想としては、自分とは何か?という部分が分からなくなる、揺らいでくるという部分が大きかったです。主人公は顔や名前を変え、本来の自分という存在を社会から消そうとしており、その結果として本来の自分とは別人格の自分が生まれたように見えました。恐らく主人公は顔や名前を変え、完全に別人という仮面をかぶったことで、本来の自分とは違う別の人間の人生を歩んでいる気分だったのではないか?と思えてきたのです。この主人公は実際に人殺しなどを続けていくことになるわけですけど、そういった行為が平気でできたのは、やっぱり今の自分が本当の自分とは違うから、他人の人生と感じられているからというのが理由にありそうな気がするのです。他人の人生だと思えれば、何をやっても気にならないような、そういう感覚が芽生えてくると思うのです。しかし、それは同時に本来の自分として生きることができない、本来の自分はどこにもいないような感覚も芽生えるはずで、それはそれで恐ろしい気がしてきました。この映画を見ると、今の私は本当に私自身なのだろうか?とか、そういう疑心暗鬼になるような気分になってきました。今まで考えたことがないような思いが頭の中をめぐっていたのです。

50代女性
50代女性

文宏の、どんな手段を使ってでも必死に香織を守ろうとする姿がヒリヒリするようでした。確かにそこまでしなければ、香織が恐ろしい目に遭うことを避けられなかったでしょうね。助けられるのは文宏だけで、切羽詰まった状況にハラハラし、一体どうなってしまうのか最後まで見逃せません。伊藤とのシーンも、文宏の本来持つ優しさを感じられて心に残ります。伊藤は文宏の言葉をどう受け止めたのでしょうか。これから、自分なりに人生を切り開いて行ければいいですね。決して一緒にいることは叶わないのに、香織の幸せだけを考える文宏の強く深い愛に打たれました。幼いころからずっとずっと持ち続けていた気持ちをあんなにも大切にできるなんて、驚きつつもどこか神々しいものもあります。痛みを感じる純愛。香織も、文宏のことはずっと心にあったと思うんですよね。最後、香織とのほんのひと時の場面に涙があふれてしまいます。たとえ少しでも香織との時間が持てたのは良かったですが、それがあまりにも悲しすぎて、美しくて。香織もきっと、何かに気づいたのかもしれませんね。文宏と香織の人生が交わることがないのは残念で切ないですが、それぞれが穏やかに生きていってほしいです。

 

40代女性
40代女性

息子を邪にするために恋してしまいそうな少女を近くに置いて14歳の時にその子に何かあることをほのめかす、そんなことを毎日されていたらその前に父は殺されるのは当然と言えるでしょう。裁判で争っても正当防衛として罪が軽くなるのでは、邪になる素質を秘めていると父親は満足して死んでいきましたがそんな気はしませんでした。私が思った通り、文宏はその後も大きな悪へとなることはありません。少女を守ることこそが目的、そのために人殺しもいとわないという内容ですが恋をしていれば命をかけて守るというのは誰もが思うことです。でも実際にそのような究極の選択をする出来事が訪れることは稀なのです。どんどん殺戮に手を染めてといった危険なサスペンスものを思っていたら拍子抜けです。奇抜なアイディアを活かしきれているとは言えません。ただどうやら元となる小説があるので脚本がいまいちということなのです。でもまあ、主人公の文宏は玉木宏さんが演じているので、目の保養にはなるでしょう。実写化することでどのように変化するのか一度見てみるのもおすすめです。小説そのままの文章を読んでいるといったセリフ回しが面白い、原作を大切にしようという思いは十分に伝わってきます。

50代男性
50代男性

最近の会議でよく出てくるワードの「腹落ちする」というのがあるのですが、この映画を見ていて私は主人公の父である久喜捷三(村井國夫さん演じる)のいう「邪」というものが最後まで腹落ちできませんでした。捷三は新興財閥という設定で、妾がたくさんいて、産ませた子供のうちの一人を「邪」にするということでしたが、そこがもう少し分かりやすく描かれていたらと悔やまれます。また、ここで捷三が息子に「地獄を見せる」と宣言したのに結局見せずじまいだったことも煮え切らなく感じました。中村文則さんの小説は読んでいないので何とも言えませんが、会話で物語を進め過ぎている気がしました。あと、やたらと音楽が鳴っていて気になりました。むしろ無音で淡々と画が進んだ方が良かったのではと思いました。登場人物の中では久喜香織役を演じた新木優子さんの美しさが際立っていました。彼女が六本木でキャバ嬢をやっているのですが、「この子指名するのメチャクチャ高そう」と変なことばかり気になりました。大きな風呂敷を広げたのに、中身は意外と小さなものしか入っていなかったような内容でした。もしかするとですが、小説を読んでから見た方かいい映画かもしれません。

 

30代男性
30代男性

果たして愛する人のために自分自身の人生を捨てることができるのかという、究極的な二者択一が突きつけられるサスペンスドラマです。主人公・久喜文宏の善悪の観念と喜怒哀楽がすっぽりと抜け落ちた性格を決定づけたのは、軍需産業までを傘下に置く巨大産業のトップに君臨する父親の捷三でしょう。世の中の平和を維持するのためには絶対的な悪が必要という捷三の過激な自説にも驚かされますが、血を分けた息子に14歳になった記念に見せた「地獄」が余りにもショッキングでした。父を憎みながらも自分の中に流れている血には逆らえないことを悟った文宏が、何処までも破滅的な道のりへと転がり落ちて苦悩する姿には胸が痛みます。ただひとり文宏の暴走を止められるのは、久喜家の養女でもあり壮絶な過去を抱えながら生きている香織しかいません。大人になった文宏と香織が巡り会った時に起こる幾つものスリリングな事件と、迷いながらもふたりが下した決断には心を揺さぶられました。文宏役の玉木宏は2009年に手塚治虫の異色作を実写化した「MWームウ」にも出演していて、この時も善悪が欠如したまま本能のままに犯行を重ねていくテロリストを演じているので見比べてみて下さい。

 

まとめ

『悪と仮面のルール』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました