アキラとあきら(ドラマ)の無料動画フル配信|1話から最終回まで全話イッキ見

国内ドラマ
【予告編#1】アキラとあきら (2017) – 向井理,斎藤工,小泉孝太郎

アキラとあきら(ドラマ)の動画フルを安全に見る方法

『アキラとあきら』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『アキラとあきら』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

アキラとあきら(ドラマ)の内容

『アキラとあきら』は、WOWOWの「連続ドラマW」枠にて、2017年7月から9月まで全9回で放送されました。

原作は、高視聴率連発中の堺雅人さん主演ドラマ『半沢直樹』の原作小説の著者・池井戸潤さんによる同名経済小説です。

脚本は、池井戸さん原作でドラマ化された『空飛ぶタイヤ』や『下町ロケット』などの脚本も手掛けた前川洋一さんが務めました。

本作の物語は、生まれも境遇も違う彬と瑛。二人の“あきら”が、運命を交錯させながら激動のバブル時代を生きていく様が描かれたヒューマンドラマとなっており、向井理さんと斎藤工さんのW主演。ほかに、賀来賢人さん、石丸幹二さん、木下ほうかさん、堀部圭亮さん、小泉孝太郎さん、田中麗奈さんなどが出演しております。

銀行経験のある池井戸さんならではの血の通った人間ドラマで、最後まで面白く一気に観させてもらいました。

物語の世界観に入り込んでしまいました。脚本・演出・俳優陣の全てが抜群で最高。バブル期の演出で懐かしくも感じますが、古さを感じないので全ての年代の方が面白く見れる作品だと思います。

池井戸潤さんの作品は、面白いな。何気なく見てみようと思ったら、全て一気見してしまう。夜更かしが身体にキツイが、最後まで楽しく見られてしまう良作。

本作も原作本も読みましたが、原作の品質を保ちつつ映像化したからこそ迫力がありました。特に向井さんの演技は帝王学を学んだ気品の高いキャラを見事に演じており脱帽です。

あらすじ

昭和61年4月。産業中央銀行の新人研修。成績優秀だった共に東京大学出身の階堂彬(向井理)と山崎瑛(斎藤工)がリーダーとなる2つのチームが行う、実践形式の融資戦略研修が最終工程として行われておりました。

彬のチームは融資を申し込む会社側、瑛のチームはそれを吟味する銀行側。これが後代にも語り継がれる名勝負を繰り広げました。

彬は、日本有数の大企業「東海郵船」の御曹司として王道の道を歩んできたエリート。一方の瑛は、父の会社の倒産と夜逃げなど苦難の道を歩んできた天才。歩んできた道筋は違えど、産業中央銀行員となった彬と瑛。

良き友人、良きライバルとして互いに刺激し合いながら、苦難を乗り越えていく二人。そして“宿命”としか言いようのない、過酷な試練が二人に降り掛かります…。

見どころ

池井戸潤の真骨頂

「アキラとあきら」のライバル関係というのが“とても珍しく”良く描かれております。生まれ持った環境や個性も180度違いながら互いに蹴落とすことなく、女性を奪い合ったりすることもなく、ビジネスにおいて同じ理想を追い求める関係だったからです。

原作者の池井戸潤さんによって、このようなライバル同士が互いに助け合いながら高めあって成功を手にする人間ドラマという新しいジャンルが生成された作品となっております。

また、本作のキーポイントである「銀行業務」。金融関係に携わらない限りは詳しくないのが普通だと思います。それを、自らの経験を活かして解説本のようにわかりやすく描く才能は池井戸潤さんの真骨頂だと思います。

ススムとたかし

本作のヒール役を演じたのは、石丸幹二演じる東海郵船・社長の兄である一磨の次弟・晋を木下ほうかさん、末弟・崇を堀部圭亮さん。

どうにかして、長兄の一磨を出し抜こうと何かと企てようとする、まさに絵に描いたような悪役ぶりは存在感を放っております。

最後まで引っ掻き回す、この二人への嫌悪感は凄まじいものですが、それは二人が味のある好演をしているからです。どのような結末になるのかは、是非ご自身の目でご確認ください!

スタッフ

原作:池井戸潤「アキラとあきら」
監督:水谷俊之 / 鈴木浩介
脚本:前川洋一
音楽:羽岡佳

キャスト

主要人物

階堂 彬:向井理 / 小野寺晃良(少年期) / 大西利空(幼少期)
約束された次期社長という宿命に抗う、大企業・東海郵船の御曹司。

山崎 瑛:斎藤工 / 神尾楓珠(少年期) / 石川樹(幼少期)
過酷な運命に翻弄されながらも、理想を育んだ零細工場の息子。

階堂家

階堂 龍馬:賀来賢人 / 込江海翔(幼少期)
彬の弟。

階堂 一磨:石丸幹二
彬の父。東海郵船社長。

階堂 晋:木下ほうか
一磨の弟。東海旭商会社長。

階堂 崇:堀部圭亮
一磨の弟。東海旭観光社長。

階堂 幸子:床嶋佳子
彬の母。

階堂 雅伸:品川徹
彬の祖父。

山崎家

山崎 孝造:松重豊
瑛の父。

山崎 淑子:長野里美
瑛の母。

山崎 千春:石井薫子
妹。

松原 利治:山田明郷
祖父。

産業中央銀行

安堂 章二:小泉孝太郎
人事部。彬の家庭教師。

水島 カンナ:瀧本美織
羽根田 一雄:永島敏行
小島 直巳:相島一之
伴埜 弘道:松尾諭
野崎:飯田基祐
不動 公康:利重剛
上原:高橋洋
蒲原 義一:入江雅人
根木 康司:戸田昌宏
柿沼 啓吾:長谷川公彦

北村家

北村 亜衣:田中麗奈 / 山田杏奈(少女期)
瑛の幼馴染。医者。

北村 和夫:尾美としのり
ケーズフーズ副社長。

東海郵船

小西:螢雪次朗
難波:大高洋夫
日高:温水洋一
紀田:鶴見辰吾
宮本:西沢仁太
役名不明:小須田康人

その他

沢渡 裕行:上川隆也(友情出演)
井口 正信:宮川一朗太
徳田:野間口徹
滝沢 比呂志:森田甘路 / 前田航基(少年期)
工藤 武志:長谷川朝晴
長島 隆三:小市慢太郎
江幡:羽場裕一
島村:大河内浩
保原:木下隆行
上畑:浜田晃

『アキラとあきら』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

アキラとあきら(ドラマ)の感想

 

40代男性
40代男性

池井戸潤のドラマ、向井理と斎藤工の二人の幼い頃の偶然の出会いが社会人になって交差し、二人の運命をシリアスに表現されるドラマ。他の池井戸ドラマに比べて、向井の演技がソフト過ぎて、今ひとつピリリと締まらない部分もあるが、それなりに山場を迎えるので、一定のすっきり感は味わえる。途中ラブスートリーに発展するやと思いきやそれはあってんせず、弟との確執やおじたちとの確執から生じる、人間ドラマをうまく描写している。突然、経営者である父のあとを継がないといけないとか、ざっくり感はあるけどその問題を解決する過程で、疑問は次は何が来るんだ?というワクワク感に変わっている。向井とは一方、斎藤の方はまずしい少年時代を育ってエリートコースに返り咲いた人間ドラマを描写するが、日本人の心をくすぐるような、不正は許しませんという課題が襲いかかり、見事不正に立ち向かいオーディエンスのすっきり感を満足させる演技をしてくれます。しかしながら全体的にみると、内容は薄いので、二人の演技も薄く思えるのは否めません。小説を読んではいないのですが、全体9話で結末に収めようとした結果薄く感じる結果になったかもしれませんが、内容的には面白い作品だったかと思います。

 

まとめ

『アキラとあきら』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年8月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました