愛唄(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
2019年1月25日公開!映画『愛唄 ー約束のナクヒトー』予告編

愛唄 ―約束のナクヒト―の動画フルを安全に見る方法

『愛唄 ―約束のナクヒト―』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『愛唄 ―約束のナクヒト―』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

愛唄 ―約束のナクヒト―の内容

映画『愛唄 ―約束のナクヒト―』は、2019年1月に公開されました。

この映画は、2017年に公開された映画「キセキ -あの日のソビト-」の第2弾。大人気グループ・GReeeeNのメンバーの実話エピソードを基にしたオリジナルストーリーです。しかも今回の映画で、GReeeeNは脚本デビュー!心に響く歌詞を書き続けるGReeeeNが脚本を手掛けることで話題となりました。

映画タイトルの「ナクヒト」とは、GReeeeNによる造語で、「泣く人。涙するほど全力な人のこと」という意味が込められています。そのタイトルの通り、映画の内容は、人生のタイムリミットを知った青年が親友との再会や運命を変える詩と出会い、恋と友情に向き合うという、涙するほど全力で生きる姿を描いています。

監督を務めたのは、2010年に公開された映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」で映画監督デビューし、映画「海月姫」や2019年の映画「L❤︎DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。」などを手掛けた川村泰祐監督。

主演は、大人気俳優・横浜流星さん、ヒロイン役は撮影当時、女子高生だった清原果耶さん、元バンドマンの旧友・龍也役は、2016年の「仮面ライダーエグゼイド」の主演を務めた飯島寛騎さん。透明感のある俳優たちの美しい青春ストーリーは心に響きます。

 

泣きの清原と呼ばれるだけあって今回も泣かされた。

清原かやちゃんの演技や最後のタツヤが歌う愛唄に感動。涙。なにか背中を押された感じ。勇気をもらいました。

3人の人生が折り重なってひとつの唄が生まれるというメッセージ性のある心温まる作品。3人の清々しさは好感度抜群。居心地が良くて愛唄の世界に引き込まれた。

派手さはありませんが、世代問わず勧められる映画だと思います。
人を想い、家族を想い、残された時間を懸命に生きて。切なくていとおしくて、見終わった後、背中を押されたような気持になりました。わかりやすい物語だからこそまっすぐにメッセージが届く素敵な映画でした。

感動的なシーンに涙する人が多くいたようです。また、上映時間が2時間7分と長めだったため「じれったい」とか「話の進み方が遅すぎる」といった声や、相川比呂乃役の成海璃子さんがヒロインかと思った人たちから出演時間が少なかったという感想も聞こえました。

あらすじ

恋する勇気を持てないまま大人になってしまったサラリーマンだった野宮透(横浜流星)は、余命3ヵ月の宣告を受け絶望しビルの屋上から飛び降りようとします。

そこに透の高校の同級生で元バンドマンの龍也(飯島寛騎)が現われ、透のスマホのカウントダウンアプリを起動し、時間はまだあると励まします。飛び降りるのを思いとどまった透は、伊藤凪という少女が書いた詩集が縁で元子役の相川比呂乃(成海璃子)と出会い、彼女に初めて恋します。しかし、彼女の夢を応援するため身を引きます。

そんな中、例の詩集を書いた伊藤凪(清原果那)と出会いますが、彼女は闘病中で詩を書くことを辞めていました。凪の闘病生活は透より長く、残された時間を楽しみならが生きています。その姿を見た透は凪に惹かれていきます。恋する勇気を持っていなかった透は龍也に励まされ恋に前向きになり、凪に生きる希望をもらいます。

ある日、朝日が見たいという凪の願いを叶えてあげようと透は凪を連れ出しますが、凪は倒れてしまいます。そのことで凪の家族が激怒し、2人は会わないよう言われます。

しかしお互い惹かれあっていた2人の気持ちは止められません。再び朝日を見るため出発し、念願の朝日を目にします。透は、凪が書いた詩に曲を付けるため龍也に作曲を依頼。龍也は2人のために曲を作り上げます。

見どころ

詩人・伊藤凪役の清原果耶

誰もが認める清原果耶さんの演技力の高さは必見です。清原果耶さんは、2002年生まれで映画公開時はまだ女子高生。2015年9月のNHK連続テレビ小説「あさが来た」で女優デビューした新人女優です。

この映画は2019年1月25日に公開されたのですが、翌日の1月26日にも清原果耶さん出演映画「デイアンドナイト」が公開されていて、これだけで人気女優というのがわかりますね。

主題歌「約束×No title」

主題歌「約束×No title」は、GReeeeNが映画のために書き下ろした楽曲で、「LINEオーディション2017」で総合グランプリを受賞した高校生バンド「No title」がフィーチャリングゲストとして参加したことも注目を浴びました。

「No title」は、青森県三沢市出身の3人バンドで、ボーカル&ギターを担当する”ほのか”がフューチャリングボーカルに抜擢されました。映画のプロデューサーを務めたJINは、この曲には女性の声が必要で起用したことや、映画の内容を踏まえ現役高校生バンドを抜擢したことを語っています。

スタッフ

監督:川村 泰祐
脚本:GReeeeN、清水 匡
音楽:GReeeeN
主題歌:GReeeeN「約束×No title」

キャスト

野宮 透(のみや とおる):横浜 流星
恋する勇気を持てないまま大人になった主人公。

伊藤 凪(いとう なぎ):清原 果耶
4年前にわずか14歳で早逝したとされている天才詩人。

坂本 龍也(さかもと たつや):飯島 寛騎
透の高校時代の同窓生で元バンドマン。伊藤凪の詩の凄さ打ちのめされ自分の限界を感じ引退。

相川 比呂乃(あいかわ ひろの):成海 璃子
凪の詩を通じて透と出会った元有名子役で透の初恋の相手。

小池 妙子(こいけ たえこ):中村 ゆり
透の担当看護師。

橋野 冴子(はしの さえこ):中山 美穂
比呂乃を見出す一線で活躍する大女優。

副島 浩一(そえじま こういち):野間口 徹
冴子の事務所幹部。

タコス屋オーナー:奥野 瑛太
極上のタコスを振る舞う店主。

マサオ:西銘駿
龍也のバンド仲間。

伊藤 佐和(いとう さわ):富田 靖子
凪の母。

野宮 美智子(のみや みちこ):財前 直見
透の母。

 

『愛唄 ―約束のナクヒト―』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

愛唄 ―約束のナクヒト―の感想

50代女性
50代女性

この映画観た後は、しばらく立ち直れないほどでした。ずっと泣いていました。今思い出しただけでも、胸が苦しくなります。命の期限を告げられた青年・トオル(横浜流星)は、ショックで希望を失って自暴自棄になります。今は本人に告知するのが当たり前の時代、親だったらどんな思いになるか、私の涙の理由の多くは、母の気持ちになっていたからでしょうか。ある詩集を拾ったことから、比呂乃(成海璃子)との出会いがあり、甘酸っぱい恋のような感情も知りました。そして、ずっと入院していて学校にも行っていないのに、明るい少女・凪(清原果耶)と出会って、変わっていきます。トオルの同級生・達也(飯島寛騎)も勇気づけてくれます。。トオルの言葉から本当にやりたいことを思いついた凪、トオルはそれを叶えようとします。予告にもある、制服姿で自転車に2人乗りしている姿は、かわいくて美しくて。私はトオルの言葉「生きるって時間の長さだけじゃないと思うから」という言葉が胸に刺さりました。最後の歌の場面は、悲しいけれど、3人の思いが1つになってよかったなと思えました。自分の人生を思い返して、しっかり考えて、自分らしく生きていくことを教えてくれた気がします。若い人に観てもらいたいです。

40代女性
40代女性

横浜流星さんが、突然の余命宣告をされ、そこから始まる物語に初め衝撃を受けました。そこから、清原果耶さん演じる少女との出会いにより、二人の命を思い切り燃やすような一生懸命な姿が目に焼き付いています。命の大切さや、命の限り生きることが長さではなく、どれほどきらめいたものだったのかを訴えられているように感じました。横浜流星さんは、この映画ではどこにでもいるような平凡な青年を見事に演じていて、清原果耶さんは、病気でありながらも、芯の強い燐とした少女を見事に演じていたと思います。清原果耶さんの両親が娘を大切に思う気持にも、涙が出るほど気持ちが伝わってきました。しかし、その娘を大切に思う気持ちよりも二人の想いの強さが清らかでまっすぐで一生懸命で、たった一日だったのかもしれないけれど、何十倍も、何百倍も素敵な一日だったのではないかと、心を揺さぶられました。いつも明るく横浜流星さん演じる青年を見守り続ける友人も、最後の場面でとても意味深な終わり方をしていて、どういうことを意味しているのか、とても気になりました。出演している人数は多くはありませんが、心に残る映画であることは間違いありません。生かされていることへの感謝を思わずにはいられない感じがしました。

 

30代女性
30代女性

主演の横浜流星さんと清原果那さんが好きでこの映画を見つけました。特に真っ直ぐで、芯の強い女の子である凪の役は、清原果那さんの雰囲気にとても合っていました。それぞれが辛い思いを抱えた中で出会った二人。自分が辛く苦しい状況の中でも、大切な人を思い、今を一緒精一杯生きる凪と、そんな凪と出会って一緒に過ごす中で変わっていく透の姿を見て、出会いの奇跡は運命なのだと感じました。誰もが皆、命には限りがあります。そんなこと、当たり前にわかっているつもりでいても、一日一日をどれだけ考えて自分は生きているだろうか。当たり前の日々の有り難さやそばにいる大切な人との時間をどれだけ大切にできていただろうか。今が永遠に続いていくような気持ちでいたことに気づかされました。二人の姿に今を精一杯生きることの意味について、生きるということは時間だけではないということを改めて考えさせられる作品でした。そして見終わったあと、家族や恋人、大切な人の顔が浮かび、これからの日々が今までとは違って見えてくるような気がしました。また、愛唄の歌詞と作品がピッタリとリンクして、映画を見てさらに歌も好きになりました。曲を聞き返すたびにこの作品を思い出し、胸が温かくなります。

50代女性
50代女性

清原果耶さんが、とてもいい演技をしていて素晴らしかったと思いました。すごく可愛くて魅力的でした。特に目の演技が上手くてすごいと思いました。横浜流星さんが、とにかくイケメンでカッコ良かったです。熱演が光っていて、とても良かったと思いました。「生きるって時間の長さだけじゃない」というセリフが、とても心に響きました。最後に病院の屋上で、歌を聞いている時の表情が素晴らしかったと思いました。人は死がほんとに間近になった時に、自分のほんとうにやりたいことがわかるものなのではないかと思いました。生きていることは、決して当たり前のことではなく、誰にでも死は突然やってくるもので、1日1日を大切に生きていかなければならないと改めて思いました。命の大切さと輝きについて、真剣に向き合って作られた素敵なストーリーですごく感動しました。「愛唄」を聞くたびにこの映画を思い出して、泣いてしまうかもしれないと思いました。作品の世界観に入りこんで、時間があっという間に経ってしまいました。普段、常に死を意識しているわけではないのが普通だと思いますが、自分自身に降りかかってきた時や、自分の大切な人が大変な状況になった時に、どのような態度をとれるのか考えさせられました。

40代女性
40代女性

こちらの映画は、愛唄をテーマにした、実話エピソードをもとにした、素晴らしい映画だったと感じました。青春の、ラブストーリーが素敵でした。もともと、彼らの楽曲は迫力があり、夢を与えてくれるので、大変興味があっただけに、この映画は貴重な時間でした。恋する勇気を持てないまま、いつのまにか大人になってしまったトオルの気持ちも、純粋に胸に突き刺さる思いで見ていました。気持ちが良くわかるので、演技を見ていても、泣きそうでした。それでも、バンドマンの友人に再会し、人を感動させるための、唄や詩を一緒に作るシーンや、ひとつひとつに愛を持って、接している彼らに、大変感動しましたし、勇気を沢山くださいました。わたしも、歌手を目指そうと、ボーカルの練習をしていたので、共感できました。そんな中、トオルも恋愛をした事がないけれど、だんだんと恋や愛の詩を書いていくようになるにつれ、恋と向き合う勇気を得ていく瞬間が、大変心を打たれ、わたしも恋に不器用なので、背中を押されていました。運命的な出会いがそのあと訪れるトオルだけれど、そんな少女にも、秘密や隠しているがあり、そこから、人はまた人を好きになり、傷ついたりしながら、成長していく映画にわたしは終始感動しておりました。

40代女性
40代女性

愛唄-約束のナクヒト-若年層向きですが、一般のストーリーを元に描いているために物語はスーと受け入れることができます。また実際の内容以上によく見せてくれる音楽の演出もグループが行っているので、若者向けです。「GReeeeN」の楽曲の名曲「愛唄」から作られた青春ロマンスでイメージ映画?というものでしょうか。「GReeeeN」は青春というイメージを強く与えたグループでもあるのですが、グリーンの脚本に染まっています。それは恋というテーマに見えてじつは生であったり、生きることへの勇気であるとか、若いからこそ悩んでしまうことに大きなテーマを置いているような、そして好きになった人の命の問題。男女の恋愛という枠ではなく人としての生をテーマにしていく深い作品です。爽やかな気分と同時に理不尽でそれが人生だというにも、この若く爽やかな感覚ではとても悲しい気持ちにもなるのでした。見た後の後味としては、この気持ちが快である、不快である、両者ともに存在していると思うのです。私は不快の方に入りますが若い人には見て欲しいような、やめて欲しいような、人によって影響のほどで検討して見てほしいです。もちろんファンならすでに見ていると思います。

 

まとめ

『愛唄 ―約束のナクヒト―』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました