愛と誠(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
映画『愛と誠』予告編

愛と誠(映画)の動画フルを安全に見る方法

『愛と誠』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『愛と誠』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

愛と誠(映画)の内容

映画『愛と誠』は、2012年6月に公開されました。

原作を梶原一騎さんが、作画をながやす巧さんが手掛けた1970年代の漫画です。不良少年の太賀誠、財閥令嬢の早乙女愛、2人の純愛を描いた学園青春ストーリー。これまでに、映画化され、テレビドラマ化もされた作品です。

本作は三池崇史監督が手掛け、1970年代の日本歌謡曲のミュージカルナンバーやダンスを用いたミュージカル調の映画に仕上げました。音楽は小林武史さん、振付はパパイヤ鈴木さんが担当し、三池監督ならではの一筋縄ではいかない演出で楽しめる作品。

主演の不良少年の太賀誠に妻夫木聡さん、財閥令嬢の早乙女愛に武井咲さんが扮し、そのほか、斎藤工さんや加藤清史郎さん、余貴美子さん、市村正親さんなどが共演しています。

 

三池監督の凄いところは、最初っから原作のイメージを破壊し、ミュージカルでコメデイタッチ仕立てにし、更に滅茶苦茶な映画にしている。

面白チックになっているとは聞いていたけどこれほどとは!驚いた。のっけから妻夫木が歌い踊る?これが三池監督?と思いながら観ていると途中から納得の展開に・・・。

この話を見やすく面白くまとめたのはすごいと思う。役者のキャスティングが良かった。やりすぎ感のある演出も良かった。

愛を演じる武井咲がハマっていて良かった。ガム子を演じる安藤サクラの怪演も光る。癖になる味わいの一本。

あらすじ

ブルジョア一家の令嬢・早乙女愛(武井咲)は幼少期、雪山で見知らぬ少年に助けられた。その出来事は、彼女の心に白馬の騎士との出会いとして刻み込まれていました。

それから11年後の1972年、新宿地下街。愛の前に現れたのは、超不良の太賀誠(妻夫木聡)。それは運命の再会でした。出会うはずのない、生まれも育ちも違う2人が出会い、運命の恋がスタートします。

しかし、彼女に好意を寄せる岩清水(斎藤工)、誠を付け狙う番長やスケバンが、混沌とした状況を作り出します。

見どころ

乱闘シーン

本作は、歌あり、踊りありでミュージカル映画とも言われる作品です。しかし、振付をしているパパイヤ鈴木さんは、ミュージカルって感じにならないように振付けし、三池監督も、感情の延長上に踊りや歌があり、喧嘩するのに殴るのではなく、”踊る”と演出したようです。

そんな中でも、やっぱりアクションシーンは存在していて、主演の妻夫木さんは、座王権太役の伊原剛志さんなど、強面俳優とのアクションはもちろん、安藤サクラさん扮するガムコなど女優陣とのアクションもあります。

妻夫木さんにとって、女優陣とのアクションシーンは死ぬ想いだったそうで、アクションシーンをあまりやらない女性が現場で殺陣をつけられ、女性たちも必死なので、テスト道理にはいかなかったそう。妻夫木さん曰く、バイオハザードより怖かったようです。

そんな女優陣たちのアクションシーンは見どころのひとつです。

斎藤工絶賛!

出演時に48歳だった伊原剛志さんの学ラン姿の高校生役も度肝を抜かれますが、斎藤工さんの怪演ぶりが絶賛されています。

斎藤工さんは、武井咲さん演じる早乙女愛への報われない愛を貫く優等生・岩清水弘に扮しました。「君のためなら死ねる!」と叫ぶメガネ優等生の岩清は、原作が連載当時には、「愛と誠」の中でも屈指の人気キャラとなり、この口癖は、当時流行後にもなっています。

黒縁眼鏡を掛けて役に挑んだ斎藤工さんは、三池監督も最高の演技だと絶賛するほど。斎藤さん本人も演じていて違和感がなかったと語るほどハマり役でした。

スタッフ

原作:梶原一騎、ながやす巧「愛と誠」
監督:三池崇史
脚本:宅間孝行
音楽:小林武史
振り付け:パパイヤ鈴木
主題歌:一青窈「愛と誠のファンタジア」
エンディングテーマ:かりゆし58「笑っててくれよ」

キャスト

太賀誠:妻夫木聡/幼少期:加藤清史郎
額に一文字の傷を持つ超不良。

早乙女愛:武井咲
財閥のひとり娘で何不自由なく生きてきた究極のお嬢様。

岩清水弘:斎藤工
クセありまくりのメガネ優等生。

高原由紀:大野いと
トラウマを抱えた影のある女子高生。

ガムコ:安藤サクラ
誠を付け狙うスケバン。

座王権太:伊原剛志
誠の好敵手。

先生:前田健

太賀トヨ:余貴美子
太賀誠の母親。

早乙女美也子:一青窈
愛の母親。

早乙女将吾:市村正親
愛の父親。

【そのほか】
叶高、内野智、馬場徹、大槻博之、長谷川公彦、亜矢乃、山田真歩、渡邉紘平
黒石高大、戸井智恵美、日向寺雅人、青木健、藤沼剛、山入端佳美、菊池明明
菊地廣隆、夏目鈴、木村亜梨沙、河村春花、日下雄一朗、鈴木ゆき、石田健
小林麗菜、春名友美、長谷川とき子、ホリケン。、能見達也、右門青寿
山内健嗣、幸将司、福沢重文、小川陽平, 椋田涼、平野貴大、粟島瑞丸
河井誠、伊藤優衣、板倉チヒロ、宇野まり絵、米持茜

 

『愛と誠』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

愛と誠(映画)の感想

30代男性
30代男性

この愛すべきクソ映画の存在に気づいたあなたはお目が高い。ちょっとでもきになるなら、即刻見ることをお勧めします。「バカじゃねえの!?」って言いながら爆笑すること請け合いです。つまらないコントを見るくらいなら、愛と誠。最近面白いことないなあーと思ったときは、愛と誠。元気が出ないときは、愛と誠。本当にこれを見ると、真面目に悩んでいることがバカバカしく思えてきますよ。このくだらなさに僕は救われました。時間は完全に無駄にしましたが。それに、僕が見てきた武井咲の中で、この映画の武井咲は、ずば抜けておもしろいです。「こんな人だっけ?」と思うこと請け合いです。この子はこうやって使うと輝くんだ!ということがすごくよくわかりました。この映画をして“輝いてる”と言われるのは、武井咲さん的には不本意かもしれませんが・・・。ただ、私は武井咲さんにもともと微妙な感情を抱いていたんですが、そんな私でもこの映画で一気に応援したくなりましたもの。出て正解だったと思います。武井咲さん、正解!で、まあ、熱血映画テイストに見せておいて、ここまでおもしろくデフォルメするのはホントすごいです。ただ、ここまでやったら、流石に天国の梶原一騎はブチ切れてるんじゃないかな。まさに神をも恐れぬ鬼畜の所業。冒涜もいいとこですよね、いい意味で。大御所を無遠慮にイジるナイツ塙にも似たおもしろさがあります。サイコーです。

60代男性
60代男性

ただただ、少年時代が懐かしくて映画館に足を運びました。わたしは、アニメを見ていません。田舎だったもので、民放が一局しか入りませんでした。おまけに、マガジン派ではなく、サンデー派だったので、漫画も見ていません。その評判をねたんでいました。しかし、そのコミックを買ったのはいつごろだったのか思いだせませんが、早乙女愛の真摯な姿勢に共感というか、恋心を抱いてしまっていました。コミックでは愛は誠にこういいました。「白を黒といいくるめる、どうしようもない嘘つき」と。恋心を抱いているにもかかわらず。そして、教師にさえ、悪を正すのは善だと愛は言い放ちました。そのような愛の姿を求めて、私は幕が上がるのを待っていました。誠役の妻夫木聡は、少し迫力が足りないように思えましたが、愛はまさにそこにいました。本当に原作漫画にそっくりの武井咲です。ストーリーの合間にミュージカル仕立ての歌やダンスがとても印象に残りました。特に愛が歌う「あの素晴らしい愛をもう一度」は絶品でした。映画館からの帰りにスナックへより、その歌を歌いながら、サビのところで武井咲ばりに、2本指で鼻をのばす仕草をしたのに、誰も気づいてくれず、残念な思いをしました。全編に昭和歌謡とダンスが散りばめられ、昭和の年代には懐かしく、平成の年代の方にも新鮮な感動を与えられる作品だと思います。学ランやセーラー服もたまりませんでした。さしずめ学園版「ウエストサイド物語」といったところでしょうか。

40代男性
40代男性

映画『愛と誠(妻夫木聡& 武井咲)』を見て、最初は所々に笑わせてくれるミュージカル調の歌が入って笑わせてくるのでコメディ映画かなと思いましたが、ストーリー的にコメディではないし、よくジャンルが分からないけど面白い映画だなと思いながら見ていました。スタートがアニメだったので、そのままアニメかな?妻夫木聡と武井咲は声優として出ているのか?とか、戸惑ってしまいましたがリアルに戻ったので安心しました。誠が愛を探していたのか、それだとしたら愛のことを分からなかったのか、など、ストーリー的に良く分からないところが多かったですが、最後まで見ると全部が納得できる作りでした。特に愛の性格の設定など、こんな人いないよと突っ込みたくなりました。自己中なのか鈍感なのか一途なのか、世間知らずなのか、とにかく分かりませんでしたが、それが逆に面白さになっていたのかなと見ていて思いました。俳優さんや女優さんなども多く出ていたのですが、みんな学ランやセーラー服を着ていたので誰が誰だか良く分かりませんでしたが、実力のある俳優さんや女優さんたちは踊りもある程度上手かったので、何となく分かりました。ストーリー的には楽しめる映画でしたが、ミュージカルっぽいの釜が苦手な人にはちょっとかなと思いました。

 

20代女性
20代女性

私は、映画『愛と誠』を観て、「豪華キャストの共演」と「ヒロインの一途な恋心」が特に魅力的だと思いました。まず、豪華キャストの共演についてです。この映画では、生粋のお嬢様である早乙女愛が、手の付けられない不良である太賀誠に恋をしたことから物語が始まります。この映画には、主演の妻夫木聡さん、武井咲さんをはじめ、斎藤工さんや安藤サクラさんなど、数々のドラマや映画で活躍する俳優の方々が出演しています。そのような俳優の方々が、癖の強い登場人物たちを振り切って演じられていて、一人一人の登場人物に魅了されながら観ていました。次に、ヒロインの一途な恋心についてです。ヒロインの愛は、不良の誠に恋心を抱き、誠のために料理をするなど懸命に誠に尽くします。しかし、喧嘩に明け暮れる誠に邪魔者扱いされてしまうなど、誠にはなかなか振り向いてもらえません。どんなにぞんざいな扱いを受けても誠に対する恋心を失わずに、誠を愛し続ける愛の姿が健気で可愛らしく、恋が報われて欲しいと思いながら観ていました。また、愛が恋煩いによる辛さを吐露する場面もあり、恋による痛みがひしひしと伝わってきて、こちらまで切ない気持ちになって観ていました。

30代女性
30代女性

作品全体を通して、昭和の香りが漂うような懐かしさがありました。作品冒頭で、アニメーションから入る部分は現代的だと感じました。生まれも育ちも違う男女の恋をコテコテの拳だけのヤンキーストーリーで描くのではなく、昭和の歌謡曲を所々に盛り込んで、ミュージカルタッチで物語が展開されていくところがテンポがよくて見やすくてよかったなと感じました。ストーリーも実にシンプルだったので、わかりやすく、すんなりのみこめて最後まで飽きずに観ることができました。特に、愛の父親役の市村正親さんのソロパートシーンは、声量や存在感がありありと出ていて、さすがミュージカル俳優出身だ!と、そのパフォーマンスに改めて感動しました。また、作品中の高校生の制服と、今の高校生の制服のギャップがあまりにありすぎて、時代の流れを感じて笑ってしまいました。さらに、安東サクラさん演じるガム子もいい味を出していて、改めて安東サクラさんの演技力の高さをうかがうことができました。また、ガム子達が女だからといって手加減なく、容赦なく攻めまくる誠の勢いがものすごくて、少々恐ろしさをおぼえました。ラストの方では、それまで誰も寄せつけないようなピリピリオーラだった誠のオーラが、徐々に人情味のある柔らかいものに変わっていったのでよかったなと思いました。

 

まとめ

『愛と誠』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました