愛の渦(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
『愛の渦』予告編

愛の渦(映画)の動画フルを安全に見る方法

『愛の渦』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『愛の渦』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

愛の渦(映画)の内容

映画『愛の渦』は、2014年3月に公開されました。

原作は、劇団「ポツドール」主宰の劇作家・三浦大輔さんによる日本の戯曲で、性欲がテーマの会話劇となっており、その後、小説化を経て映画化されました。小説の執筆も、映画の監督・脚本も三浦大輔さんが務めました。

本作は、ある豪華なマンションの一室に集まったセックスしたいという共通の欲望を持った10人の男女による、さまざまな駆け引きをする姿が描かれており、W主演を池松壮亮さんと門脇麦さん。本作の脚本の面白さに賛同して集まった新井浩文さん、滝藤賢一さん、田中哲司さん、窪塚洋介さんなど、実力と個性を兼ね備えた豪華な俳優たちによる、肉体も精神も剥き出しにした演技から目が離せません!

本作の鑑賞理由は門脇麦さんの裸が見たくてです。正直、ポルノ映画や安っぽいAVレベルかと思いましたが、しっかりとしたストーリー的な話の流れがあり面白かったです。考えさせられる展開であり、眠れないときに見ると良い朝を迎えてくれる。そんな作品です。

会話のじれったさも、リアルで終始楽しむことができました。個人的に、渦のように行ったり来たりすることで到達するものが愛なんだなと感じました。

鑑賞前は、エロ目的で客引きしている残念な作品だろうなと躊躇してましたが、観て良かったです。むしろ、そんな躊躇などせずにもっと早く観るべきだったと後悔。思い思いに交わってる姿が、清々しいというか素直に美しいと感じさせられました。

久々に日本映画で心から面白いと思いました。キャストたちのリアリティあるセリフと、特殊な舞台が非常にマッチしていて素晴らしかったです。性の楽しみや悲しみを味わってきた、ある程度人生経験を積んだ方にオススメの作品です。

あらすじ

高級マンションの豪華な一室に設けられた秘密クラブ【ガンダーラ】。そこで開催される乱交パーティーは午前0時から5時まで。料金は男性:20,000円、女性:10,000円、カップル:5,000円となっております。

そこにニート(池松壮亮)、フリーター(新井浩文)、サラリーマン(滝藤賢一)、工員(駒木根隆介)、女子大生(門脇麦)、保育士(中村映里子)、OL(三津谷葉子)、ピアスだらけの女(赤澤セリ)、カップル男女(柄本時生/信江勇)など、普段の生活では交わりそうもない男女が参加します。

彼らはセックスしたいという共通の欲望と目的を抱えておりましたが、体を重ねるのに抵抗を感じる相手も浮上してきます。純粋な性欲は、体だけでなくお互いの心も裸にしていき、さまざまな駆け引きが展開する中で、ニートは女子大生に特別な感情を抱くようになっていきました…。

見どころ

人間の欲望が渦巻いている中で、人間味に溢れた映画作品となっております。ほとんどのシーンが裸。本編が123分でありながら着衣シーンはわずか18分30秒のみ。驚きはしますが、ここまで裸でいられると逆に慣れてきます(笑)

そんな本作の最大の見どころは主役、脇役ともにキャスティングが秀逸であることです。物語の始まりと終わりで表情や役の印象がガラリと変わっていたり、成長した登場人物もいるので、全員が“今”どんな表情をしているのかに注目してみてください。

その中でも、主役の二人である池松壮亮さんと門脇麦さんのファンになる人が増えたのではないかと思います。ラストシーンで交わした最後の言葉は胸が熱くさせてくれました。

欲望から始まる恋心ではありますが、最後は人生を考えさせられるような作品となっております。

スタッフ

原作・脚本・監督:三浦大輔
制作:間宮登良松 / 藤本款
音楽:海田庄吾

キャスト

ニート:池松壮亮
定職にも就かず、親からもらったお金で参加する無口な青年。

女子大生:門脇麦
ちょっとした間違いでパーティーへの参加を決める無口な女性。

サラリーマン:滝藤賢一
冴えない風貌の男だが、下世話話が大好きでフリーターと共に、積極的に女性を誘う。

フリーター:新井浩文
セックス大好き。お喋りで積極的に女性を誘う。

保育士:中村映里子
下世話話が好きで男性人気も高い保育士。中途半端な顔立ちだと非難される場面も。

OL:三津谷葉子
可愛い顔をして性格が明るいため、男性陣から人気を得ている。しかし、性器が臭い。

工員:駒木根隆介
太った童貞の男。常連とペアを組み、徐々にセックスが上手くなっていく純粋な男。

常連:赤澤セリ
ヤンキーのような風貌の女性でお店の常連。主宰者の彼女であり気が強い。

カップル(男):柄本時生
愛を確かめにカップルで参加するも、彼女の行為を目の当たりにして怒り出す自己中心的な性格。

カップル(女):信江勇
カップルで参加するも、ニートとセックスして彼氏に怒られる。彼氏の言いなり。

店員:窪塚洋介

店長:田中哲司

 

『愛の渦』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

愛の渦(映画)の感想

 

30代女性
30代女性

概要を見て、しかもR指定のいうのに惹かれてそんな浅はかな気持ちで見始めました。知っているキャストもいましたが若手の門脇麦ちゃんがものすごく体を張っているのにはびっくりしました。喘ぎ声はすごく下手すぎるとしらけてしまいましたが、他の若手の中では頑張っているのでは。池松壮亮くんもこう言うボサッとした後先考えないような青年役を演じることが多いと思います。(この作品を含め何作か学校を中退している役ばかり)滝藤賢一さんや新井浩史さんも出てこう言う男いるよなーと思いながら見ていました。初めて会ったばかりの男女が欲を満たすために集まったのにも関わらずにたった数時間でいろんな人間関係ができてその中でくっついたり拗れたり、人間観察しているようで面白い。こういうパーティーがあるのは知っていましたがさすがに自分では経験体験できないことなので擬似体験にもなりました。匂いはしないのになんだか画面からムワッとした匂いが漂ってきそうな雰囲気。他の組み合わせも見てみたいです。シリーズ化して欲しいです。個人的には窪塚洋介くんが出てきたのには嬉しかったけど管理人?の役だったので脱ぎはなかったのですが彼の存在感はすごいなと思いました。

40代男性
40代男性

あるマンションの一室で、不特定多数の人が集まって行う乱交パーティーの様子を描いています。乱交パーティーというのが違法なのか、実際に行われているのか分かりませんが、終始、マンションの暗い密室の中で話が展開していきます。そのため、現実感がないような幻想的な気分になります。主役は池松壮亮さんで、ヒロインは門脇麦さんとなっていますが、門脇麦さんはヒロインというより、なぜ乱交パーティーに参加してきたのか不明な、謎の美人女子大生という感じです。池松壮亮さんと門脇麦さんは、この映画で高い評価を得たので、2人に興味がある人は、見てみる価値があるでしょう。
ただし、門脇麦さんと他の女優さんたちは、すごい声を出しながら乱交パーティーをしているので、なるべく一人の時にみた方がいいです。ほぼ、密室の中の話なので、演出では俳優の高い演技力が要求されていると思われますが、出演者は皆、質の高い演技を見せています。特に門脇麦さんはこの映画で体当たりの演技をしています。最近は大河ドラマなどで活躍している門脇麦さんですが、活躍の要因はこの映画の存在がかなり大きいと思うので、かなり興味深いです。池松壮亮さんが演じるニートと、門脇麦さんが演じる女子大生の両者の乱交パーティーに対する見方の違いが映画の大きなテーマにも見えました。

20代女性
20代女性

まず初めに、池松壮亮さんが好きな方が一番見るのを戸惑う作品ではないのかな?と思います。色んな感情があると思いますが、私はレンタルショップでレジに持っていくのが恥ずかしいなーという印象で戸惑っていました。しかし勇気を出して観てみると、池松壮亮さんという俳優の素晴らしいところがだだ漏れの映画となっておりました。繊細で美しくて色気が溢れていて。今では大好きな映画となり、もちろんDVDを購入しました。笑池松壮亮さんへの愛を語るのはここまでにしておいて。この映画には人間のリアルがいっぱい詰まっています。誰しもが興味ある性のこと、こんな世界が都会にはあるのかなというワクワク、「あぁ、こういう人いるよねー」と思わせてくれる役者さん達が本当に素晴らしい。窪塚洋介さんのだる?んとした演技も久しぶりに見ることができる良い映画です。笑あと途中でポンッと出てくる柄本時生さん。いい味出してます。門脇麦ちゃん、凄いです。興味はあるけど恥ずかしくて観れないという方もぜひ、観ていただきたい。何かに目覚める人がいるかもしれない。この作品を見た後、いろんな形や意味があると思いますが、きっと大切な人や恋人に会いたくなると思います。いろんな意味で、ですが。笑あと最後に一言、やっぱり池松壮亮さんのおしりは最高。素晴らしい。

 

40代女性
40代女性

人間の本能である性欲に対して、真剣に向き合っているような映画だと思いました。これまでにこんな映画を見たことはなかったので、結構衝撃。ただしたいだけの男女が集まって、その行為をするっていうのは、改めて斬新です。ある意味、下手な合コンより話が早いというか。でも、これって最終的には虚しいなって思いました。性欲の欲望って、一回で終わるものではないし、毎回これに参加しているのもどう?って思うし。現代社会で、こういう形もあるのかもしれないとは思いましたが、やはり何か違う。私はそちらには踏み込めないなって思いました。物語の中で、おとなし目の男性が、やはりそのような感じで、同じ女性と行為を繰り返して、他の人と行為に及ぼうとしたら気が咎めるシーンがありましたが、正解だと思いました。途中で入ってきたカップルが喧嘩したのも当然。割り切ってできないのが、その行為だと思います。映画の題名の愛の渦。確かに。初めてあって、その行為から始まったとしても、相手に対して愛情を抱くのは普通のことだと思いました。むしろ、それをなかったことにして欲しくはないなと、おとなし目の大学生の女の子に言いたいです。そこから始まることだってあるぞ!って。なんだかさみしくなる映画でした。

 

30代女性
30代女性

本編の大部分が、男女の交わりのシーンです。男性は女性を、女性は男性を、一夜限りの関係を求めて集まった6人の物語です。男性はサラリーマン、作業員、フリーターです。女性はOL、保育士、学生です。サクラのようにも見える、常連のカップルも1組います。その場を提供するのは田中哲司、取り仕切るのは窪塚洋介です。その場限りとはいえ、なかなか行為に踏み切れない6人ですが、社会人経験のある大人から、カップルが成立してゆきます。朝が来るまで、行為の相手が変わってもゆきます。その過程で男性としての欲求があらわになったり、そのことで女性が傷付いたりもします。人間としての性的欲求について考えさせられました。そんな少し真面目な気持ちにさせられるのは、俳優さんたちの見るに耐える演技力があったからだと思います。最年少の2人、池松壮亮と門脇麦のカップルは、特に印象的でした。池松壮亮は、預金残高の最後のお金を握りしめてこの場にやって来ます。門脇麦は、お嬢様学と言われる大学に通う学生です。その場に加わるまても見どころのひとつです。朝が来て、2人が言葉を交わすシーンがあります。正反対の言葉を口にします。これが男女の違いなのかと、またラストに考えさせられました。

20代女性
20代女性

過激な設定の映画ですが、登場人物の心理描写をしっかりとしているので、目を背けることなく見ることができた。複数の男女が一部屋に集まることによって、なんだか学生の頃の人間模様を彷彿させられた気がする。モテる人間と、そうでない者のカーストみたいなものが、だんだん出てきて、やるせない気分にもなった。舞台となる部屋が何部屋もあるので、その人がいない場所で悪口を言っていたり、そしてその人がそれを聞いてしまったり…ちょっとかわいそうになったりもしてしまう。でも、その中で馬鹿にされていた人も、最後には自分の殻を破ることができるようになるなど、救いはあるかと思った。擬似恋愛の場で、主人公とその相手の女の子は、陰キャラ同士で仲良くなるけれど、その場から出た時の代わり様がなんとも悲しい。みんな、非日常の空間で、与えられた(自分で選んだ)役割を必死で演じていただけのように感じた。予告やあらすじだを見るだけと、ただ過激な映画のようにも思えるが、繊細な人間模様を垣間見ることのできる作品で、カメラワークも秀逸で、見ていて飽きさせないなと思った。日常に刺激がないと思っているひとにぜひ見てもらいたい。人間関係を考えさせられる映画。

 

30代男性
30代男性

2006年・第50回岸田國士戯曲賞を受賞をしたことで話題になった演劇ユニット「ポツドール」の舞台劇を映画にリメイクしたもので劇作家・三浦大輔が自ら映画ように脚本を書きおろす等何かと話題になっていたこの映画、内容と俳優陣の演技力の高さに圧巻です。フリーター、女子大生、サラリーマン、OL、保育士などの様々な職業の様々な人種の人間が六本木にあるとあるマンションの一室に集まり毎夜繰り広げられる乱交パーティーに明け暮れる狂った人々、そんな自分の欲求・性欲の思うがままに行動する人々を通して感情に振り回されてしまう人間の弱さや本質を独自の角度から描いており見る人に応じてそれぞれの感じ方がある作品だと思いました。主人公のニートの少年を「半分の月がのぼる空」「砂時計」で祖の演技が話題となった期待の俳優「池松壮亮」が演じ、ヒロインの女子大生を東京ガスやチョコラBBなどのCMで注目を集める女優の門脇麦が体当たりで演じており時に演技とは思えない程リアルな表情は見る人を夢中にさせます。その他にも新井浩文、滝藤賢一、田中哲司、窪塚洋介など演技派で評価の高い俳優陣が揃っておりストリーの重厚さや演技力どれをとっても一級品の作品です。

 

まとめ

『愛の渦』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました