アヒルと鴨のコインロッカー(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー
アヒルと鴨のコインロッカー(プレビュー)

アヒルと鴨のコインロッカー(映画)の動画フルを安全に見る方法

『アヒルと鴨のコインロッカー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『アヒルと鴨のコインロッカー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

アヒルと鴨のコインロッカー(映画)の内容

2007年6月に公開された映画『アヒルと鴨のコインロッカー』は、人気作家・伊坂幸太郎の第25回吉川英治文学新人賞を受賞した同名小説を、「ルート225」で高い評価を得た中村義洋監督が映画化した青春ミステリー作品です。

ボブ・ディランの不朽の名曲「風に吹かれて」にのせて、本屋を襲撃する若者たちの奇妙な友情をミステリアスに描いた本作の主演は、独特の世界観を持つ濱田岳と瑛太のダブルキャスト。共演には関めぐみ、松田龍平、大塚寧々といった人気、実力を備えた面々が顔をそろえています。

中村監督は脚本も務めており、その冴えわたった脚本力は、巧みに構成された物語を見事に映像化し、原作ファンを唸らせました。

映画のロケは全て、舞台となっている仙台を中心とした宮城県で行われたそうです。

 

原作がすごくおもしろかったので、映画を期待してみましたが、うらぎることなくすばらしかった。
瑛太さんの演技に、引き込まれました。ほんとうに、ブータン人に見えて映画の空気感が違います。

タイトルに込められた意味など、ラストで全てが繋がるオシャレな作品。
ボブディランの「風に吹かれて」が切ないです。話が進むにつれて彼らを手伝いたくなります。

見終わったあと何とも言えない気持ちになりました。切ないと思えば切ないんですが…それだけじゃないんですよね。観た人によってどう感じるかは変わると思うんですが…とにかく良い作品なんで色んな人に観て欲しいです!

原作が好きで、どうやって映像化するのだろうと思っていましたがうまくまとまっていました。
ゆったりした映画だけれど、心温まり、切なく、独特な雰囲気です。

あらすじ

大学入学のために仙台に引っ越してきた19歳の椎名(濱田岳)はアパートに引っ越してきたその日、奇妙な隣人・河崎(瑛太)に出会う。彼は初対面だというのにいきなり「本屋で広辞苑を盗まないか」と持ちかけてきました。その理由は、同じアパートで暮らす引きこもりのブータン人留学生キンレィ・ドルジ(田村圭生)に広辞苑を贈るため。そんな話に乗る気などなかった椎名でしたが断りきれず、翌日、モデルガンを片手に本屋から広辞苑を盗む手伝いをさせられてしまいます。

ところが、その計画の裏には、河崎とドルジ、そしてドルジの彼女で河崎の元恋人・琴美(関めぐみ)をめぐる2年前の切ない事件がリンクしていたのです。

見どころ

伏線の回収が上手い

『アヒルと鴨のコインロッカー』は、意味ありげなタイトルを手始めに、かなりの伏線が散りばめられていて、原作者の伊坂さんも「映画にするのは難しい」と思っていたそうです。

椎名の現在を軸に置いた物語と、琴美の2年前のエピソードを回想として挿入するカットバック形式なのですが、観る人の注意を上手く誘導していて、最初は「?」となった人でも、最後には「!」となり、「伏線の回収が上手い!」との感想が多く寄せられています。

人気原作を映像化する際、原作ファンの手厳しい反応はつきものなのですが、いくつかの設定の違いはあるものの、今作に関してはキャスティングも含め、原作ファンも納得させる完成度の高い作品です。

ボブ・ディランの『風に吹かれて』

映画の中ではずっとボブ・ディランの『風に吹かれて』が流れています。これは主人公の椎名がいつも口ずさんでいる曲なのですが、そのメロディーが作品を盛り立て、全編を通じて重要な役割を果たしています。

映画を観終わった人も、ずっとこの曲が頭から離れず、余韻に浸っています。

スタッフ

原作:伊坂幸太郎
監督・脚本:中村義洋
脚本:鈴木謙一
音楽:菊池幸夫
劇中歌:ボブ・ディラン『風に吹かれて』

キャスト

椎名:濱田岳
大学進学のため河崎のアパートに引っ越してきた気弱な青年。断り切れずに川崎の誘いで本屋を襲撃する。

河崎:瑛太
椎名の右隣の部屋に住むつかみどころのない怪しい男。椎名に本を盗む計画を持ちかける。浮気性。

キンレィ・ドルジ:田村圭生
椎名の左隣の部屋に住むブータンから来た留学生。琴美の恋人。

琴美:関めぐみ
ドルジの恋人。河崎の元カノ。動物好きで、英語が得意。

謎の男:松田龍平
琴美の知人。ドジルに日本語を教える。琴美がピンチになった時にどこからともなく現れる。

麗子:大塚寧々
ペットショップの店長。常に怒っているような態度とぶっきらぼうな口調が特徴。琴美をトリマーとして雇う。

椎名の父:なぎら健壱
東京で小さな靴屋を夫婦で経営。

椎名の母:キムラ緑子

関西弁の学生:藤島陸八
椎名の大学の同級生。

免許のない学生:岡田将生
椎名の大学の同級生。車好きだが免許がない。

ペット殺し・江尻:関暁夫(ハローバイバイ)
河崎が窃盗に入る本屋の従業員で、本屋の息子。

ペット殺し仲間:杉山英一郎、東真彌

バスの運転手:眞島秀和

ペットショップの客:野村恵里
河崎が琴美と別れた後に付き合う恋人。

本屋の従業員:平田薫

警官:寺十吾、恩田括

 

『アヒルと鴨のコインロッカー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

アヒルと鴨のコインロッカー(映画)の感想

 

40代女性
40代女性

「ディランは神様の声だ」とか「広辞苑をプレゼントしたいから本屋を襲おう」とか、なんだかとりとめのない事をいうやつがいて一昔前のぼろいアパートの住民たちの日常みたいな映画かと思いきや、思った以上に重い事情を抱えていました。広辞苑盗むためにモデルガン2丁購入、そのお金を使えば1冊は確実に買うことが出来るはずです。ドルジと琴美のこととかペットショップ店長の麗子とか、不思議なストーリーだなと眺めていたのがどんどん真実が明らかになっていく過程は怒涛の展開で目を離すことができませんでした。途中途中に流れてくるボブ・ディランの「風に吹かれて」がいい味出していて、反戦歌であるこの歌がどういったメッセージを残そうとしているのか考えてしまいます。うさん臭さいっぱいの瑛太さんとか訳が分からないままに巻き込まれていく濱田岳さん、配役も見事でした。前半と後半でここまでガラリとイメージの変わってしまうストーリーは珍しい、もう一度前半部分を見返したくなります。特にドルジには注目したいものです。原作は伊坂幸太郎さんとか、小説でも読んでみたいです。「アヒルと鴨のコインロッカー」はタイトルからして惹きつける、変な映画でした。

50代男性
50代男性

伊坂幸太郎さんが原作の映画はいくつもありますが、一番のお勧めはと問われたら、この作品を推したいです。この映画は伊坂さんの小説の面白さを見事に表現しきっていて、原作のファンにも絶対に楽しめるだろうと思います。伊坂作品らしく、いくつも張り巡らされた伏線と、違った事件同士がいつの間にかリンクしていくところは、ミステリーとしてもよく出来ていますし、考える楽しみと分かった時の「なるほど」という爽快感は、映画でもまったく失われていません。何かと巻き込まれる椎名を演じるのは濱田岳さんです。こういう役をやらせると濱田さんは本当にうまいですね。あれよあれよという間に泥沼にはまっていく感じがとてもリアルです。彼を巻き込む河崎を演じるのは瑛太さん。胡散臭い感じがよく出ていて見事です。どちらの役も原作の印象とはちょっと違う感じですが、さすがに達者な役者さんということもあって、この二人の配役に頷けます。最後のどんでん返しは本当にお見事なので、見る前に絶対にネタばれは読まないようにした方がいいと思います。椎名たちが忍び込む書店ですが、個人的に幾度となく行ったことがある場所です。もう閉店し、存在しませんが、とても懐かしいなと感じます。そこで広辞苑を買っておけばよかったなと、今になって思います。

30代女性
30代女性

なんの前情報もなく、たまたまU-ネクストで松田龍平が出ているとあったのでなんとなく観た映画でしたが、どんでん返しがあり見ごたえがあって、面白かったです。東京から進学するために、主人公の椎名が仙台のアパートに引っ越して来るところから始まる、ご近所さんのブータン人・ドルジとのストーリーです。引っ越しの片づけの際に部屋の前でボブ・ディランの「風に吹かれて」を口ずさんでいたことからカワサキに声を掛けられることがきっかけなのですが、この曲がストーリーの最後までカギとなります。有名な曲で私でも知っていたので序盤からストーリーに入り込みやすく、「アヒルと鴨の違いを知りたいブータン人に広辞苑をプレゼントしたいから、盗む為に本屋を襲撃しよう」と誘われる辺りなどけっこう回りくどいですし、現代ならネットで一発で調べられるようなことですが、それをしないことにも意味がありました。本屋の襲撃といい、それ以外にも犯罪めいたことがいろいろと起こるのでハラハラしますが、それがスリルがあり、映画として楽しめる内容でした。琴美や麗子、本屋の息子など、登場人物はそれほど多くありませんが、それでも最後まで飽きさせない、それどころか引き込まれてしまうストーリーでした。

 

20代女性
20代女性

大学進学のタイミングで引っ越してきた先のアパートから、物語の全ては始まります。ラストの衝撃を期待していましたが、途中にどんでん返しがありました。「そうきたか!」と、面白さのピークは中盤に訪れます。ブータン人やペットショップや本屋の襲撃など、最初は一つひとつの設定や舞台についていけませんでしたが、物語が進むにつれて繋がってくるので、すぐに理解できるでしょう。とても静かに単調に進んでいくので、この突飛な設定が無かったら退屈してしまうかもしれません。濱田岳の喋り方や優しい雰囲気が、シリアスで重たい世界観を和らげてくれていますね。ボブディランの音楽を知ったのはこの映画がきっかけですが、優しい歌声が最高です。つい口ずさみたくなるような曲調でしたね。見終わった後に誰かと話し合いたくなるので、仲の良い友人や家族と一緒に見るのがオススメです。全体的に暗くてジメっとした雰囲気のある作品ではありますが、暗い気持ちになる事もなくて、見て良かったと思える映画でした。登場人物みんな良い人だからこそ、感情移入して切なくはなりますが。原作小説のほうが伏線回収が多くて面白いようなので読んでみたいですね。良い映画でした。

 

50代女性
50代女性

大学に入学するために東京にやって来た椎名は、隣に住む川崎からいきなり同じアパートに住むブータンの留学生に辞書をプレゼントしたいから、書店を襲撃しようといいます。普通ならここで断ると思いますが、なぜか椎名は一緒に強奪に入ってしまいます。椎名が押しが弱い性格で、言われたことを断ることが出来ず一緒に強奪に入ってしまいます。しかし、この時点で辞書を強奪に入るなってなんだか違和感を感じました。その違和感はやはり正解でした。河崎と名乗った男は、本物河崎はすでに死んでおりにせものだと分かります。河崎だけではなく、ブータン人にされていた男は、日本人で何かが起こっていることを感じました。何が起きているのかはすぐに分かりませんでしたが、見ていると次々に真実が明らかになって行き、映画に嵌って行きました。実はこの映画は、復讐の物語でブータン人のドジルが殺されて二人の仇を取ろうとしていたことが分かります、不思議な空気感の中でストーリーが進んで行きますがいつの間にかその内容に嵌ってしまいます。濱田さんの演技が、上手くさすがだなと感じるシーンがとても多くあり瑛太さんより大きな存在感を濱田さんが発揮していたと思います。

30代女性
30代女性

どんでん返しが見れるサスペンスです。原作を読んでいましたが、どうやって映像にするかがとても気になりました。観終わって「なるほど、そうくるか」と感心しました。真相を知った上で、もう一度最初から見たくなります。原作は伊坂幸太郎、監督は中村義洋、しかも仙台が舞台、という映画作品がいくつかありますが、これもそのひとつです。また、ボブ・ディランの『風に吹かれて』という曲は作品にとても大きく関わる曲で、原曲がそのまま使用されていることもうれしかったです。主人公椎名は、濱田岳の見た目通り、少し気弱な大学生です。隣の住人河崎は、つかみどころのない性格で、女性に対してノリが軽いです。瑛太が演じています。河崎の元カノが琴美という女子大生で、琴美の今カレはドルジ。ドルジはブータンからの留学生です。というのが、物語の始まりです。椎名は河崎とある行動を共にしますが、少しずつ河崎に不信感を持つようになります。その不信感を埋めてゆくとともに、真相にも少しずつ近づいてゆきます。ブータンは幸福度が世界一の国として、近年注目されていますが、そのブータン人の考え方に触れることが出来ます。「悲劇は裏口で起きる」という言葉も、原作の中で印象的な言葉で、瑛太が言っているのを観れてよかったです。

20代女性
20代女性

もともと伊坂幸太郎さんのファンで、原作の小説が大好きだったので、映画化を知った時はすごく期待して、ワクワクしていました。ただ、小説ならではの仕掛けのある原作だったので、これをどう映像にするのだろう?と不安と期待が入り交じった複雑な気持ちもあったのですが、なるほど、そうきたか!という演出で、まったくガッカリしませんでした!小説を丁寧に映像化したな、と思えるので、素直に見てよかったと思います。役者さんのイメージもピッタリで、濱田岳さんも瑛太さんも、もちろんほかの方々も、やっぱり演技がお上手で見入ってしまいます。濱田岳さん演じる椎名は、特に原作のイメージどおりで、椎名が動いている!とものすごく感動しました。ちょっと気弱で、でもとても優しい椎名と、濱田岳さんの雰囲気がピッタリでした。瑛太さん演じる河崎も、ミステリアスな感じがとても似合っていて、セクシーな印象です(セクシーなシーンがある訳では無いのですが、なんとも言えない色気があります)。関めぐみさんのことは、この映画をきっかけに知ったのですが、琴美そのものだ!と思うくらい、演技がお上手でした。お顔立ちも綺麗なのですが、雰囲気も綺麗で、正義感の強い琴美にピッタリな役者さんだと思います。ストーリーも無茶な改変がなく、原作に似た穏やかなテンポで進んでいくので、役者さんのファンの方以外でも楽しめる映画だと思います。もちろん、役者さんのファンの方が見ても、役がピッタリ、もちろんストーリーも面白いので、楽しめると思います。

30代男性
30代男性

伊坂幸太郎の同名小説が原作です。彼の作品では初期にあたるもので、小説は若干文章に粗さが残るものの、読んだときの驚きはとても大きかったのを覚えています。この作品は、映像化がとても難しいだろうと思っていたので、映画化されたときには驚きました。小説を、どのように映画化するのだろう。実際に映画を観て、これはやられた、と思いました。見せ方が非常に上手でした。大学に合格し、期待と不安を抱えながらの引っ越し先で、ある男性と出会う。そのきっかけは、ボブ・ディランの「風に吹かれて」です(伊坂作品にはディランがよく出てきます)。この軽妙な音楽が、作品の雰囲気を作り出しています。内容としてはあっさりとした軽いもの、というわけではなく、どちらかというと人によっては重たいものかもしれません。そして、終わり方もまたさっぱりしたというよりは、もやもやしたものが残る……。ですが、ディランの「風に吹かれて」のメロディが、沈んでしまう心を引っ張り上げる。映画が終わった後、つい口ずさんでしまう。そして、この曲が流れると、この映画、濱田岳の自信のなさそうな表情が浮かびます。いわゆるどんでん返しもので、それを求めている人には満足できるような内容だと思います。見終わったら、ぜひもう一度見てください。そうだったのか、と驚かされるはずです。

30代男性
30代男性

「本屋を一緒に襲撃しないか?」そんな言葉からスタートする物語なのに、映画全体に漂う空気感は非常にやわらかく、優しさにあふれています。ストーリーが進んでいくにつれて伏線が回収されていく感覚はとても心地よく、すべての真相を知ったときには自然と涙が溢れていました。ああそうか、だから「アヒルと鴨とコインロッカー」なのか・・・と納得する展開であり、その意味がつながった時には多くの人が涙するんじゃないでしょうか。ミステリーの形式は取っているものの、ミステリーと呼ぶにはあまりにも悲しく、切ない。でも、それは切り裂くような絶望ではなくて、どこか救いがあって、悲しみをやわらかく受けとめてくれる優しさに満ちています。伝えたいことの本質は、ヒューマンドラマのそれと何ら違いはありません。どちらの良さも併せ持つ珍しい作品です。すべて見終わった後は、この映画のタイトルを見るだけで、しばらくゾワっと鳥肌が立つくらいの感動があります。役者さんの演技もみんな素晴らしくて、特に瑛太さんは、ストーリー全体の根幹に関わる重要な、そして、かなり難しい役どころだったにも関わらず、とても自然に演じておられました。素晴らしいです。個人的には「日本映画には、こんな素晴らしい作品があるんだぞ」とよその国の人にも誇れる作品だと思っています。

 

まとめ

『アヒルと鴨のコインロッカー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました