亡国のイージス(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー

亡国のイージス(映画)の動画フルを安全に見る方法

『亡国のイージス』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『亡国のイージス』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

亡国のイージス(映画)の内容

映画『亡国のイージス』は、2005年7月に公開されました。

原作は、講談社から発刊された、福井晴敏さんによる日本推理作家協会賞を含む三賞を受賞した同名小説です。

監督は、『どついたるねん』『顔』などをはじめ、香取慎吾さん主演映画『座頭市 THE LAST』を手掛けた坂本順治さんが務めました。

本作の物語は、最新鋭の防空システムを搭載したイージス艦がテロリストたちに乗っ取られました。人質はなんと東京。国家最大の危機に立ち向かう男たちの雄姿が描かれた大作で、真田広之さん、寺尾聰さん、佐藤浩市さん、中井貴一さんが出演しております。

素晴らしい役者たちが集まった名作でした。
その中でも、寺尾聡さんが演じた事件の首謀者でありながらも、自衛官としての立場の狭間での苦悩する姿は素晴らしいですね。また、某国工作員を冷徹に演じきった中井貴一さんは流石の好演でした。部下のドンチョル役を安藤政信さんは、台詞がほとんどないのに圧倒的な存在感は見事でした。

原作既読です。なので、本作を2時間で纏めるのは無理では?と思っていましたが、キレイに纏めてくれていました。原作者である福井さんの協力の元だということなので、さらに納得です。

自衛隊の全面協力を得ただけあって、静かな迫力がひしひしと伝わってきました。エンドロールで記載されている自衛隊の各隊の協力がただごとではないなと思いました。

一番良かったのは勝地涼さんだと思います。元々、好きな役者さんですが本作でも目が強かったですね。また、こういった役は珍しかったですが、見事に演じきってました。とても面白く最後まで見れました。

あらすじ

ある日、東京湾沖で訓練航海を行っていた、海上自衛隊護衛艦『いそかぜ』が乗っ取られました。それは、副長・宮津(寺尾聰)と某国の対日工作員・溝口と身分を偽っていたヨンファ(中井貴一)の共謀によるものでした。

彼らは政府に対し、乗組員の離艦を要求し、それがなされない場合は全ミサイルの照準を首都・東京に合わせ撃ち込むと言います。

そんな中『いそかぜ』の船内には何も知らない先任伍長の仙石(真田広之)は、艦内の異常事態に気付き、行動を起こします。

黒幕である対日工作員のヨンファの目的とは?そして東京はどうなってしまうのか…?

見どころ

配役が渋い傑作

本作で一番気になったのは、渋すぎる俳優さんのキャスティングです。メインの真田広之さん、中井貴一さん、佐藤浩市さん、寺尾聡さん。さらに、原田芳雄さん、岸部一徳さん、光石研さん、平泉成さん、佐々木勝彦さん、天田俊明さんなど、主役級から名脇役まで勢ぞろいしております。

彼ら熱い男たちの演技合戦は大きな見どころとなっております。

本物のイージス艦

防衛庁・海上自衛隊・航空自衛隊協力の下で製作されたからこそ出来たことがあります。それは、タイトルにもなっている“イージス”艦。これは本物の艦でのロケが行われました。また、実物大に近いセットを組んで撮影した艦内は見応え抜群です。

人間ドラマがメインとなっている本作なので、艦隊戦などの派手なアクションはあまりないですが、別の護衛艦との唯一の艦上戦闘の場面は、CGを駆使した大きな見せ場となっております。

スタッフ

原作:福井 晴敏「亡国のイージス」
監督:阪本 順治
脚本:長谷川 康夫 / 飯田 健三郎
音楽:トレヴァー・ジョーンズ

キャスト

主要人物

仙石恒史:真田広之
「いそかぜ」の先任伍長。「艦は我が家。クルーは家族」という熱い心情を持っている。

宮津弘隆:寺尾聰
同僚や先輩・後輩問わず人望が厚い「いそかぜ」副長であり、事件の首謀者。

如月行:勝地涼
新システム導入のため、他の艦から「いそかぜ」に配転されて来た。実の正体は宮津たちの反乱を阻止するために派遣されたDAIS(防衛庁情報局)局員。

海上自衛隊ミサイル護衛艦「いそかぜ」

衣笠秀明:橋爪淳
宮津にとって恩人と言える存在の艦長。

竹中勇:吉田栄作
高い能力を持った船務長。艦のムードメーカー的存在。

杉浦丈司:豊原功補
規律に厳しい砲雷長。ヨンファたちに協力をするも葛藤している。

風間雄大:谷原章介
優等生であり、その分エリート意識が強い砲雷科水雷士。

田所祐作:斉藤陽一郎
面倒見の良いまとめ役の第一分隊砲雷科海士長。

菊政克美:森岡龍
魚雷訓練中に事故死する、第一分隊砲雷科。

若狭祥司:光石研
掌帆長。

酒井宏之:中沢青六
機関長。

横田利一:中村育二
航海長。

乗員:松尾諭

自衛隊関係者

阿久津徹男:矢島健一
ミサイル護衛艦「うらかぜ」艦長。宮津のことを慕っている。

宗像良昭:真木蔵人
航空自衛隊に所属する飛行班長。

木島祐孝:天田俊明
統合幕僚会議議長。

湊本仁志:鹿内孝
海上幕僚長。

防衛庁情報局(DAIS)関係者

渥美大輔:佐藤浩市
宮津の反乱を早くから察知し、さまざまな作戦を繰り出す内事本部長。

小林政彦:松岡俊介
服部駿:池内万作
DAIS局員。

政治家・官僚たち

梶本幸一郎:原田芳雄
日本国内閣総理大臣であり、自衛隊最高指揮監督者。

佐伯修一:佐々木勝彦
防衛庁長官。

明石智司:平泉成
警察庁長官。

宮崎:春田純一
国土交通大臣。

汀:平野稔
自治大臣兼国家公安委員長。

外務大臣:小川隆市

瀬戸和馬:岸部一徳
内閣情報官。

工作員

ホ・ヨンファ:中井貴一
某国工作員であり指導教官。自身の身分を溝口と偽り「いそかぜ」に部下と共に潜入する。

チェ・ジョンヒ:チェ・ミンソ
ヨンファとも血のつながった兄妹。

ドンチョル:安藤政信
溝口(ヨンファ)の副官。

その他

宮津芳恵:原田美枝子
宮津弘隆の妻。

宮津隆史:笠原秀幸
宮津弘隆の息子・防衛大生。

仙石頼子:松本圭未
仙石恒史の妻。

仙石佳織:菱山美幸
仙石恒史の娘。

如月行の母:小松みゆき

年配の警官 – 佐川満男

海ほたるで「いそかぜ」を目撃する男:大河内浩

その他の出演者:奈良坂篤 / 永妻晃 / マイク・ハン / 遠藤雅 / 矢柴俊博 / 桜井聖 / 竹本和正 / 鳥木元博 / 天田暦

 

『亡国のイージス』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

亡国のイージス(映画)の感想

 

30代女性
30代女性

イージス艦が舞台となっている作品です。艦内で突然、クーデターが起こるストーリーで、最初から最後までハラハラさせられました。日本の危機感の無さを訴えるとても骨太な作品となっていると思います。そんな骨太なストーリーもさることながら、俳優陣がかなり豪華で驚きました。さすがにベテラン俳優ばかりなので、演技に説得力がありストーリーが深くなりますね。映画をさらに魅せるものにしていると思います。また、主演は真田広之さんなんです。真田広之さんといえばアクションシーンですよね。この映画はアクションシーンも迫力があって、かなり良いですね。スピード感があってエンターテイメントとしても楽しめます。さらにその中で、もう一人の主役である勝地涼さん演じる若者が良いエッジを効かせていました。こちらも負けず劣らずアクションシーンがめちゃくちゃカッコよすぎました。そして、目力。勝地涼さんの鋭い目力がこの役にぴったりでしたね。最近はお調子者の役柄を演じられることが多いので、この映画の勝地涼さんを見たら驚くと思います。本当にカッコいいですよ。個人的に、真田広之さんと勝地涼さんが演じる主人公たちの絵を通して不思議な絆が生まれるシーンが素敵でした。

40代男性
40代男性

かわぐちかいじのマンガ「沈黙の艦隊」などの現代版の軍事ものが好きで、この映画を見ました。ストーリーは異なるものの、海上自衛隊ミサイル護衛艦いそかぜが乗っ取られ、化学兵器を搭載したミサイルの照準を東京に向け、航行していくというもので、臨場感のあるスリルが楽しめました。この映画では、自衛隊の存在意義であったり、日本人の防衛に対する考え方などだけでなく、日本国、そして米軍や北朝鮮との関係なども描かれており、リアルなストーリー展開となっています。また、豪華俳優陣が出演しており、みな個性的な役柄で存在感のある演技だったと思います。登場人物の一人一人にはさまざまなバックグラウンドがあり、それが丁寧に描かれていたので、ストーリーがより骨太なものになっています。主役の仙石を演じた真田広之さんは、いそかぜに対する愛情が伝わってくる熱演でした。また、首謀者の宮津演じる寺尾聰さんは深みのある演技で、息子を殺された父親の復讐心と葛藤を見事に演じ切ってくれています。そして、この映画で重要な役割となる如月一等海士を演じる勝地涼さんは、複雑な過去を背負う青年を熱演し、大御所ばかりの俳優陣のなかでも光った演技を見せてくれています。

50代女性
50代女性

内容的には戦争というよりも平和について考えさせられる映画になっていたと思います。真田さんの演技は迫真でとても良かったですしクションも迫力があったので日本の作品としては高いレベルの映画になっていたと思います。事件のことばかりになってしまって、登場人物たちの苦悩や魅力やらは理解しづらくなってしまっていたのが残念に感じました。スペンスドラマとしてドキドキできたし、そうそうたる顔ぶれの俳優陣の演技も素晴らしかったと思います。自衛隊の話を扱った映画は多くありますが、ここまでキャストが豪華で迫力ある映画はないのではないかと感じました。女性工作員ジョンヒの扱いが映画だけを見ると少し分かりづらく感じました。それで映画を見終わった後に原作を読んでやっとこの女性工作員のことがよく分かり納得することが出来ました。中井喜一さんが、最初から最後まで悪役の映画を今まで見たことがなかったんですが、この映画の中ではずっと悪役だったので新鮮さを感じることが出来ました。真田広之さんや佐藤浩一さんの演技がとても迫力があり最初から最後までこの二人の演技には特にくぎ付けになりました。迫力とドキドキ感があり楽しむことが出来ました。

 

30代男性
30代男性

この映画については、私は先に福井晴敏氏の原作小説を読んでいたためにストーリー自体は事前に知っていました。映画は原作の内容からすると、時間の都合もあるのでしょうが、かなり省略された部分の多い脚本になっています。原作を知らないと分からない説明不足なシーンも目立ったと思います。しかしながら、迫力ある戦闘シーン、それにテンションが高まる音楽は小説を読んでいるだけでは得られないものですね。人間の脳の想像力にはどうしても限界がありますから、こうした映像作品の助けを借りることで、物語の世界をより深く知覚できたと感じています。また登場人物たちの表情を実際に視覚によって認知できることも映画ならではの醍醐味と言えるでしょう。特に中井貴一さんが演じた北朝鮮の工作員ホ・ヨンファが抜群に良かったと思います。とても冷酷かつ目的遂行のためには手段を選ばない男のとても冷たい眼差しは、中井貴一さんだからこそ演じられたと思います。中井貴一さんは今まで主人公を演じることが多くて、このような悪役を演じることは少なかったと思いますが、悪役が良い味を出してくれると、作品全体のクオリティに磨きがかかりますね。防衛庁の幹部を演じた佐藤浩市さんは、定番的なキャラクターを演じることになりましたが、それだけに安定感がありました。キャスティングの妙が光った映画だと思います。

40代男性
40代男性

日本版のダイーハードといった感じがします。日本人が、アクション物といった感じで似合わない感じがするのですが、なかなか本格的な映画になっています。テロリストに占拠されたイージス艦をたった一人の士官が取り返すという物でアメリカの映画にあるアクション映画の典型的ではありますが、実際に何億円ものするイージス艦を使ったり上司の思想に感化されて反乱を起こしたりとお金ではなくいりいろなしがらみにより反乱に加担したりと日本人らしい動機がある所が違います。また、日本を中心とした北朝鮮問題そして日本と米軍との関係などが物語の背景にある所などは、見所です。米軍から奪取された特殊兵器GUSOHを持ち込んでイージス艦いそかぜが占拠されそれを察知した日本のスパイ機関が行動を起こしているのにも隙を突かれて相手の思惑通りになってしまい千石先任伍長一人で立ち向かっていくという物語です。敵となった同僚の士官を相手となった時に情に訴える場面などはアメリカ映画などにはあり得ない場面だと思いますし逆に日本人ならではの和の精神という物を感じます。ラスト場面が急ぎすぎというかバタバタとアクションシーンが進んでいくところが納得いきませんが展開がわかりやすく落ち着いて見れるのが良かったと思います。

 

まとめ

『亡国のイージス』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました