64前編&後編(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー
『64-ロクヨン-前編/後編』映画オリジナル予告編

64前編&後編(映画)の動画フルを安全に見る方法

『64-ロクヨン-』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『64-ロクヨン-』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

64前編&後編(映画)の内容

映画『64-ロクヨン-』は、2016年5月(前編)と6月(後編)に公開されました。

原作は、社会派ミステリー作家・横山秀夫さんによる小説です。2012年「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、2013年「このミステリーがすごい!」第1位などに輝き、NHKでテレビドラマ化もされました。横山秀夫さんは「半落ち」「クライマーズ・ハイ」など、数々のヒット作を生み出しています。

映画『64-ロクヨン-』は昭和64年におこった誘拐殺人事件、通称「ロクヨン」を巡る物語で、前・後編の2部作によるヒューマンミステリーです。

第40回日本アカデミー賞で10部門受賞いう快挙を成し遂げており、豪華キャストの共演でも話題になりました!

ミステリー要素よりも人間ドラマが重視されています。物語は重厚でしっかりしてるので、時間ある時にじっくり観ると楽しめると思います。

今までにない警察の広報からの視点で、グイグイ引き込まれました。佐藤浩市さんや永瀬正敏さんの演技は素晴らしかった。

おもしろくて楽しめた。ここ必要かなと思うシーンもあったので、前・後編に分けないで1本にまとまっていたらもっと良かった。

前編は地味な室内劇、後編は派手なアクションもあり、長い映画だけど楽しめます。

未解決事件にある謎を浮き彫りにするミステリーと、人物の対立や心情を描いたヒューマンドラマで、いろんな要素で展開していくストーリー。前・後編を「1本にまとめたほうがよかったのでは」という声もみえましたが、長尺だからこそ描けたシーンがあり、物語の深みも増しているのではないでしょうか。

結末が原作とは違って描かれているので、原作ファンも、映画オリジナルのラストに注目してください!

あらすじ

7日間で幕を閉じた昭和64年に起きた事件。

昭和64年1月5日。
群馬県で漬物工場を営む雨宮芳男(永瀬正敏)の娘・翔子が誘拐されました。
通報を受けた群馬県警はすぐに対策班を作り、刑事が捜査にあたり始めました。
犯人の要求は、身代金2000万円です。雨宮は犯人の指示に従い、スーツケースに入れた2000万円を川に投下しました。翌日、刑事らがスーツケースを回収しますが、すでに中身はカラ。
後日、被害者の少女は死体となって発見され、結局、犯人を捕まえることはできませんでした。

しかしこの事件は、昭和と平成の転換期のなかで、注目されることもなく埋もれていくのでした。
たった7日間で終わった昭和64年に発生し、迷宮入りとなったこの事件は「64(ロクヨン)」と呼ばれました。

事件の時効が迫った時、はじめて浮き彫りになる真実。

平成14年。
「ロクヨン事件」に関わった元刑事の三上義信(佐藤浩市)は、今は警務部の広報室広報官になっていました。広報室は警務部の指示により、ある交通事故の加害者を匿名で発表したため、「実名を発表をしろ」と県警記者クラブからの追及にあっていました。三上は、警務部と記者クラブとの板ばさみになるのでした。

そんな中、時効を間近に控えた「ロクヨン事件」の捜査員を激励するため、警察庁長官が視察に訪れるという話が持ち上がりました。その際、警察庁長官は被害者の父である雨宮宅を慰問するといいます。
その交渉のため、三上は10数年ぶりに雨宮のもとを訪ねますが、精彩を欠き老け込んだ雨宮の姿に愕然とします。三上は再び「ロクヨン事件」の情報をつかめるかもしれないと思い、そのことを雨宮に熱心に伝えますが、雨宮は三上の申し出を断りました。
三上は感じました。雨宮の頑なな態度は、まるで警察に恨みを抱いているようだと。

記者クラブとの衝突に奔走する合間をぬって、三上は、まずは雨宮の態度を和らげる手がかりをつかむため「ロクヨン事件」の捜査員の関係者を訪ねて回ることにしました。それを気に、隠されていた事件の真実、事件関係者のからみあった感情が明かされていくのでした。

そして長官視察の前日。県内で少女誘拐事件が発生します。
犯人は、14年前の「ロクヨン事件」と同じ要求をしてくるのでしたー

見どころ

超豪華キャストによる夢の共演!

日本を代表する名優・佐藤浩市さんをはじめとする出演者が、とにかく豪華です!
綾野剛さん・夏川結衣さん・瑛太さん・永瀬正敏さん・三浦友和さん・榮倉奈々さん・・・その他、主役級の俳優陣の共演は、他ではなかなか観られません。
佐藤浩市さんは本作で、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を獲得しています。

複雑に絡み合う人間ドラマ

登場人物が多い映画ですが、その一人一人に個性があり丁寧に心情が描かれているので、感情移入しやすいのではないでしょうか。

スタッフ

監督:瀬々敬久
原作:横山秀夫「64(ロクヨン)」(文春文庫刊)
脚本:久松真一・瀬々敬久
主題歌:小田和正「風は止んだ」

キャスト

三上義信:佐藤浩市
娘が失踪中という家庭問題を抱えつつも「ロクヨン事件」の調査を進める。

雨宮芳男:永瀬正敏

「ロクヨン事件」被害者の父。

秋川(記者クラブ):瑛太
県警と対立する記者クラブ「東洋新聞」のキャップ。

手嶋(記者クラブ):坂口健太郎
記者クラブ「東洋新聞」の一員。

諏訪尚人(広報室メンバー):綾野 剛
警務部秘書課所属の係長で、三上の右腕的存在。

美雲志織(広報室メンバー):榮倉奈々
広報室の紅一点。記者クラブとの対立の解決に日々取り組む。

荒木田(刑事部):奥田瑛二
刑事部長。

松岡:三浦友和
刑事部捜査一課長所属で「ロクヨン事件」の班長。

幸田一樹(元ロクヨン捜査班):吉岡秀隆
元刑事。ロクヨン事件後、辞職する。

日吉(元ロクヨン捜査班):窪田正孝
元科捜研研究員。ロクヨン事件後、辞職する。

 

『64-ロクヨン-』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

64前編&後編(映画)の感想

30代女性
30代女性

まず、広報官と県警記者クラブとのやりとりが、イライラさせられつつも、臨場感があって内部にいた作者ならではの描写だなと感心させられました。情報をどのようにどこまで開示するか、緊迫したやりとりや駆け引きが繰り広げられた上で様々なメディアで報じられているのかと思うと、普段わたしたちが目にしている様々な事件の報じられ方にも思いを巡らせてしまいました。なかなか普段スポットが当たらない部分で、あのようなドラマがあるというところが、まず見ごたえがありました。そして、本題となる誘拐事件に関しては、被害者の父親の無念、そしてミスを犯し被害者死亡の引き金をつくってしまった者の無念、関わった様々な人間の心理描写、やるせない思いが交錯し、とても息苦しく感じました。しかし最後まで見届けなければという思いがわいてきました。作品全体として、役者の熱演が光り、とてもリアルな物語として入り込んで見ることができます。未解決事件という大きな筋があると同時に、登場人物が抱える家族問題や、部署や立場によっての対立なども平行して描いているため、何層にもなる重厚なつくりとなっており、一緒にみた人同士で考察するというのもとても楽しい時間になります。

50代女性
50代女性

昭和が平成に変わる昭和64年は7日間しかない。その7日間に発生した女児誘拐殺人事件、14年が経過し間もなく時効を迎えようとしている平成14年が舞台となってります。お話にはいくつかのエピソードがあります。テーマの女児誘拐事件そのものと遺族のその後、主人公三上刑事は現在は県警広報室の広報官ですがあることにより県警記者クラブと対立します、三上刑事自身が娘が家出したまま行方不明であるという問題を抱えています。また、県警組織の隠蔽の体質、県警と警察中央との対立構造など。前半はそれぞれの事象が、関係のないように進みますが、話が進行するに従い、互いに糸のように絡み合い、影響しあうとい話の作りが巧妙です。特に、過失致死の交通事故を起こした被疑者を匿名で発表したことに端を発する、三上と記者クラブの衝突は迫力があり、それぞれの立場で主義を貫こうとする姿は、もし現実の世界もそうであるなら、すごい世界だなと感じました。また、女児誘拐殺人の遺族への警察庁長官の慰問の取材を記者達がボイコットにされ、三上が部下の助けを借りてその課題を解決するあたりが、前半の見せ場でしょうか。以降、後半では14年前の女児誘拐殺人事件のコピーキャットの発生、14年前の事件が解決に向けて大きく動き出していきます。

 

50代女性
50代女性

かつて刑事部の刑事としてロクヨンの捜査にもあたった三上義信は、現在は警務部の広報官として働きながら記者たちと上層部の間で神経をすり減らしている姿を佐藤さんが見事に演じていたと思います。昭和64年に起こった誘拐事件の犯人が捕まっていないことで、遺族だけではなく事件に関わった人々がそこから抜け出せなくなっている姿が、俳優さんたちの熱演で伝わって来ました。この映画を見るまで記者クラブのことは知っていましたが、その実態はあまり知りませんでした。佐藤さん演じる広報担当と記者のやり取りが迫力があり目が離せなくなってしまいました。登場人物の心情がしっかりと描かれており、佐藤さん演じる三上が警察という組織と個人の想いの中で苦しんでいる姿が画面を見ているだけで伝わって来ました。家族の描き方も見事で、登場している家族もそれぞれきちんと描かれておりその葛藤が伝わって来ました。なにがこの誘拐事件の裏に隠されているのかもずっと気になりながら見ていました。出演している俳優さんたちがとにかく豪華なので、一度にこんな豪華な俳優さんたちを見れるだけでも幸せな気持ちになりました。前編を見た後にすぐに後編が見たくなるそんな作品でした。

50代女性
50代女性

お正月とはいえどこか手放しで「おめでとう」と言いにくい心情があったあの7日間。おとそ気分の片隅で若干の緊迫感があったあの7日間。なかったようになっているかの7日間。昭和64年にはどうしてもそんなイメージがあります。その昭和64年に起きた誘拐殺人事件の時効をひかえた警察と、記者クラブと、被害者周辺の人たち。全員が主役級のキャストはとにかく豪華で、それだけにそれぞれの思いがてんこ盛りになった状態からの後半でした。事件報道には約束事があります。それは被害者や弱者を守るためのものです。それが時として「正義」の名の下に、スクープと言われるものになる。その時、被害者の安全は守れるのか。バランスを書いた報道の姿勢に疑問を投げかける意図もあったのでしょうか、あまりにも記者クラブの描き方がガラが悪く苦笑いする部分もありましたが、佐藤浩市さん演じる主人公の葛藤ややりきれない思いを、見ている側も同じように感じられる仕掛けとしておういう演出にしたのではないかと思うことにします。これだけ長い作品なので、監督の思い入れも大きかったのでしょう。ラストに向けては、くどいほどの展開ではありますが、「犯人はまだ昭和にいる」というセリフの意味ががここにあるのではないかと思います。

 

50代女性
50代女性

時効間近のロクヨンについて警察庁長官が視察に訪れることが決まり、三上が被害者の家に許可を取るために行く姿が切実で佐藤さんの演技が凄く悲しい気持になりました。被害者の父が訪問を拒否するのは当然の気持ちだと感じました。幸田もずっと真実を隠し続けて苦しんで来たことが分かりました。しかし、警察が幸田のことをずっと監視していたというのは辛過ぎるなと感じました。幸田だけではなく、元ロクヨン自宅班の日吉が自分の失敗だと思いそのことを隠さなければいけない罪悪感から引きこもりになってしまっている姿も泣けて来ました。しかし一番、衝撃だったのは父親が公衆電話から電話帳を見て14年間犯人を捜すために電話をかけ続けていることでした。14年してやっと犯人と思われる声を聞いた時に父親が泣き崩れるシーンはあまりに凄く心から離れないシーンです。実力派の俳優さんが勢ぞろいしており、どのシーンにも心が動かされました。重厚な雰囲気で映画が進み犯人が捕まり責任を感じて、引きこもっていた日吉が出て来たシーンがとても感動しました。警察権力や隠ぺいなど考えされるシーンが多くありましたがどのシーンにも重みがあり身動きも出来ないほど夢中で見ていました。

 

40代男性
40代男性

映画「64-ロクヨン-(前編&後編)」について私の感想をお話しします。
率直に、人の苦しみやそれによる恨みは連鎖し、そして苦しみを与えたものには同じ苦しみが戻ってくるんだな、そう思いました。そして、どんなに普通に生きている人達もその生きる過程で人から大きく傷つけられ、大事なものをうばればその人生は大きく崩壊し、そして時にその人はその恨みをもとに犯罪者になることもあり得る、そんな人の弱さのようなものを感じてしまう作品でした。そしてもう一つは組織の中で生きる難しさを改めて見せつけられる作品でもありました。警察内、マスコミ、自分が思った方向にもっていきたくても周囲がそれを許さず、時としてそれが人の運命すら翻弄してしまうようなことすらある。私もこれほどシビアではないですが組織の中で生きる人間、会社の方針や世の中の動向、想定もしないことで振り回され、思うようにいかず、そして人を傷つけ、恨みを生むことすらある。そんな人生の嵯峨のようなものの中で人はどう生きるべきか?などを見ている間に感じてしまいました。私は自身の生き方や進め方に迷ったときに見る映画がありますが、この作品もその一つです。いまだにこれを見ながら悩むことがある、そんな作品です。

 

30代女性
30代女性

原作を知らずに今作を見ると原作の世界観をそのまま再現されているシーンがほんとんどなので、見ていて分からないことや疑問に思うことだらけとなってしまいますので、必ず原作本を見てから映画をみることをお勧めいたします。また、どちらか一方を見るのではなく前編・後編両方を見ないと内容が見えてこず何を見ていたのか分からなくなります。警察が舞台となる小説が原作とされている今作でありますが、警察関係者あるいは、マスコミ関係者でなければしらない知りえない事実がふんだんに盛り込まリれおり、記者クラブとは何なのかをよく知るにはよい映画であったと思います。昭和に起きた1つの未解決事件を巡り、奮闘する人間たちのヒューマンドラマが描かれており、シーンが進むにつれてハラハラ・ドキドキな展開が待ち受けており、前編・後編とある長編作になっておりますが見ていて飽きの来ない映画でありました。私なりの見どころとしては、多くの大物俳優さんから今話題を集めている若手俳優さんまでを総動員しての撮影となっているところです。若手俳優さんと大物俳優さんたちをごちゃまぜにすることで、起きた化学反応により、より一層作品に深みが増していたように感じました。

30代男性
30代男性

昭和64年というテーマで、今では絶滅したと言っていい身代金目的の誘拐事件を扱っていて興味深いです。最初のほうに出てくる無言電話など、単なる要素に過ぎないと思っていた部分が最後のほうで重要なファクターだったことが明かされて、そのトリックというか執念にドキッとします。子を持つ親でありながら警察一筋だった主人公を演じる佐藤浩市の演技が素晴らしく、寡黙で無表情でありながら一瞬垣間見せる感情があふれる瞬間の勢いがありこっちまで引き込まれます。自らも娘が失踪してしまったという過去を抱えながら誘拐捜査に関わる葛藤も感じます。全体的に登場人物が昭和末期にどこにでもいそうだった地味な人物で、それが誘拐事件をきっかけに人生が狂ってしまったことを感じさせます。
世間では昭和から平成に変わって新しい時代に移行して前に進んでいるのに、誘拐の被害者、捜査に関わった刑事たちだけがずっと昭和に取り残されている感じがすごくむなしくてグッときます。登場人物の人間ドラマ、警察組織の闇、サスペンス性、どれをとってもおすすめできる映画です。前編後編に分かれていて長い映画ですが、ポイントポイントで進展があり、一度見始めると中だるみを感じることなく最後まで一気見できます。

40代男性
40代男性

映画『64-ロクヨン-(前編&後編)』を見て感じたのは、よくこれだけの大物俳優・女優を集めたなということです。普通に映画やドラマなどで主役級の俳優や女優さんが、普通に脇役として出演していること自体が見ていて凄いなと思いました。それぞれ自分の個性を十分発揮して演技している様子が見て取れて、俳優さんや女優さんたちの演技の戦いの場でもあるのかなと思いました。ストーリー自体も謎が多く、その謎を追いかけるだけでも十分楽しめる映画だと思います。撮影もかなり大掛かりなものが多く、街全体を貸切って撮影されていたり、この作品に込める製作者の意気込みの強さが感じられました。この映画の凄いなと思うところは、出演している人物それぞれがストーリーに関する事件の他に自分の生活面で何らかの問題を抱えていることです。仕事で謎を追いかけて、私生活でも選択を迫られるという設定がこの作品をより奥の深いものにしているなと感じました。主人公が事件の真相にたどり着こうとすると邪魔が入るという設定は、視聴者に事件の裏側にある犯人以外の人物が関わっていると疑わせるような設定も、ストーリーをより面白くしているなと思いました。主演の佐藤浩市さんの目で演技するメジカラはさすがだなと思います。

20代女性
20代女性

ザ・邦画のサスペンス映画。とにかく俳優陣が豪華です。佐藤浩市さんがとても渋くて適役ですね。警察関係の専門用語が多用されており、難しい部分もあったのがネックでしたが、それでも十分楽しめました。前編は少し退屈に感じられましたが、展開がしっかりしていたため、後編からはあっという間に観れてしまいます。前編で張られた伏線も後編でしっかり回収してくれるので見ごたえがありました。舞台設定も絶妙で、昭和のエモーショナルさが良かったです。むさ苦しい雰囲気の映画が好きな人は好きだと思います。たった1週間しかなかった昭和64年、時代は移り変わっていくが、事件に関わった人たちは永遠に昭和64年に取り残されているということが、うまく描けています。そして時効まで1年というところで、事件が急展開を見せていきます。この映画の見所は、刑事、警務、加害者、被害者、報道、それぞれの人物の思惑がうずめき合い、人間味が感じられるところです。内容は重苦しく、昭和から平成、そして令和へと移り変わった今、時代の流れとともに置き去りにされた問題は一体どれぐらいあるのだろうかと、コロナ渦の今だからなおさら考えざるをえません。終始人間くさくて最高です!

40代男性
40代男性

「64-ロクヨン-(前編&後編)」は、映画版とドラマ版を観ました。横山秀夫さんの小説がベースになっています。映画版はドラマ版とはまた違った雰囲気を感じたのは、主人公の三上役を演じていたのが、映画版は佐藤浩市さんで、ドラマ版がピエール瀧さんと、かなりタイプの異なる俳優さんが演じていた事も影響していたと思います。映画版の64は、前編と後編と分けられて上映され、同時期にTBSでD県警シリーズを放送していたので、これらを引っくるめて観ると世界観が広がって面白かったです。人間関係が複雑で、サスペンス作品としても十分に良い作品に仕上がっています。新聞記者たちと三上とのやり取りをするシーンがドラマ版同様に、新聞記者たちがいきり立つのには苦笑いしてしまいました。こういうシーンを一つ一つ作り上げていく事で、ドラマ性を高めていったのだと思います。少々演技に違和感を感じる部分があったものの、比較的原作に近いキャラクターが構築されていましたので、「64」という世界観は十分に伝わってきました。原作を読んでいない人でも楽しめる内容になっており、刑事系サスペンスドラマが好きな人には、この4時間という大作は気に入るのではないでしょうか。

 

まとめ

『64-ロクヨン-』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

永瀬正敏のU-NEXT配信作品

【映画】

瑛太のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • ギルティ~この恋は罪ですか?~
  • 西郷どん
  • オレンジデイズ
  • アンフェア
  • 中学聖日記
  • スミカスミレ 45歳若返った女
  • アンフェアSP コード・ブレーキング
  • 篤姫
  • 流星ワゴン
  • 女子高生の無駄づかい
  • ミュージアム 序章
  • 螢草 菜々の剣
  • 天使のナイフ
  • マジで航海してます。
  • 女子的生活
  • 美女と男子
  • 定年女子
本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました