3月のライオン前編(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ

3月のライオン前編(映画)の動画フルを安全に見る方法

『3月のライオン前編』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『3月のライオン前編』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

3月のライオン前編(映画)の内容

映画『3月のライオン前編』は、『ハチミツとクローバー』で知られる羽海野チカの漫画を原作に、『るろうに剣心』の監督・大友啓史がメガホンをとった実写映画。
前編は2017年3月18日に公開されました。

プロ棋士の話ではありますが、将棋の話だけではないのが三月のライオンの魅力。
人間同士のぶつかり合いや家族の温かみに触れていく、ヒューマンドラマでもあるんです。

映画開始直後から、主人公の桐山零が学校へと歩く場面を長く映すなど、とても繊細に、日常と心情を描いた作品です。

予告編では居場所のない主人公が大切な人と出会ったり、将棋に打ち込む姿が見られました。

配役がまさにハマり役!神木隆之介の桐山零が見れるなんて思わなかった。

将棋そのものをよく知らなくても、緊張感が痛いくらい伝わってくる。最後の対局では思わずしびれました。将棋の対局で感動するとは…。

駒を指す音で個人個人の性格が伝わってきて、キャストの演技力に脱帽。作り手の丁寧な感情が、そこかしこに感じられました。久々にいい映画に出会えました。

家族のことや、将来のことを考えている10代にこそ観てほしい。きっと未来を考えるきっかけになると思う。

将棋のシーンはもちろんなのですが、複雑な人間関係を描いていることから、表現を称賛している声が多かったですね。

はまり役と言われているキャスティングについても、様々なところで称賛のコメントが相次いでいました。

あらすじ

プロ棋士として中学生という若さでデビューした桐山零。現在高校生だというのに、彼は東京の下町に一人で暮らしていた。
幼いころ、交通事故で家族を失い、父の友人である幸田に引き取られる。幸田はプロ棋士であった。しかし自身の存在によって、幸田家はバラバラになってしまい、家を飛び出したのだった。

孤独から、生きるために将棋を指す日々。ある日、桐山零は近くに住む三姉妹と出会った。
三姉妹は零を温かく迎え、彼の大切な存在へと変わっていくのに時間はそうかからなかった。三姉妹の存在という強い支えを胸に、若手NO.1を決める新人戦に、最強の騎士が決まる師子王戦へと、立ち向かう。

頂点に君臨する神の子、宗谷名人に、零は太刀打ちできるのだろうか。

見どころ

悲しい始まりですが、それに立ち向かっていく零と、将棋の対局の緊張感が特に魅力の映画となっています。

つらい過去を持つキャラクターや、将棋に対するプライドを持った棋士たちを見事に演じているキャストの皆さんの、細かい表現にも注目したいです。
筆者個人的には、将棋の駒の音の真剣さに圧倒され目を見張りました。ぜひ意識してみてください!

スタッフ

監督:大友啓史
脚本:岩下悠子・渡部亮平・大友啓史
音楽:菅野祐悟

キャスト

桐山零:神木隆之介
事故で家族を失い、生きるために将棋を選んだ少年。中学生でプロ棋士としてデビューし、現在は高校と棋士を両立している。

幸田香子:有村架純
零が引き取られた先である幸田家の長女。父にならい将棋のプロ棋士を目指していたが、零の存在もあって夢を絶たれた。

川本家

川本あかり:倉科カナ
川本家三姉妹の長女。偶然零と出会い、たまに家に招いては食事をふるまうようになる。

川本ひなた:清原果耶
川本家三姉妹の次女。現在中学生で、部活に祖父の店の手伝いとせわしない日々を送っている。

川本モモ:新津ちせ
川本家三姉妹の三女。幼稚園に通っている、小さな女の子。ちょっとだけ泣き虫。

川本相米二:前田吟
川本家三姉妹の祖父。自身が経営している和菓子屋、『三日月堂』を切り盛りしている。

棋士たち

二階堂晴信:染谷将太
零と幼いころから対局してきたよきライバル。実は体にある問題があって…。

三角龍雪:中村倫也
零の先輩にあたるプロ棋士。新人賞の獲得を目指している。スマートな物言いが特徴。

松本一砂:尾上寛之
三角と同じく、零の先輩にあたる棋士。明るい性格で先輩風を吹かせているが、どこか憎めない。

島田開:佐々木蔵之介
山形出身のプロ棋士。実力はA級。棋士八段。

後藤正宗:伊藤英明
厳しい目つきで将棋を指す強面な棋士。棋士九段。

宗谷冬司:加瀬亮
最年少での名人就任や、タイトル制覇など、偉業を成し遂げてきた天才棋士。

 

『3月のライオン前編』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

3月のライオン前編(映画)の感想

30代女性
30代女性

原作漫画、アニメ共に大好きな羽海野チカ作品であり、公開前より気になっていたので、公開と同時に観に行きました。まず何よりも漫画原作とは思えない出演者の豪華さに感動しました。主演を神木隆之介、ライバルには有村架純、加瀬亮、佐々木蔵之介、担任の林田を高橋一生と、名だたるメンバーでありながらも、漫画から飛び出してきたような再現度の高さでした。さらに親友の二階堂に関しては想像を超えるキャスティングで、一番のサプライズと感動でした!また原作ファンとして非常に嬉しかったのが、漫画の印象的なシーンを実写でも丁寧に描いてくれていたところです。零と林田が屋上で会話するシーン、3姉妹との何気ない日常など、興行収入だけを考えるともっと大胆で記憶に残る対局シーンだけを切り取ることも出来たはずですが、柔らかく暖かい作品のイメージを残したまま、それぞれのキャストを引き立てながら映像化して下さった所に制作陣の作品に対する想いを感じました。決して起承転結がはっきりした、大胆で派手な作品ではありませんが、シリアスなシーンやくすっと笑えるポイントも要所要所に散りばめられており、老若男女楽しめる優しいく暖かな作品だと思います。その反面、ストーリーの抑揚に欠ける面もあるので、原作や出演者のファンではないと後編も続けて観る気持ちになるのは難しいかもしれません。(個人的には高橋一生演じる林田の演技が最高だったのでもちろん後編も見ました。)キャラクター一人ひとりのバックグラウンドも2本立てではなかなか語りきれないところもあるので、是非原作と合わせて観ると作品をより楽しめるのではないかと思います。恋人や家族、親子でおうちで過ごす際に見るにはとてもお勧めの作品です。

20代女性
20代女性

原作と映画の大ファンです。実写化になる、と高校時代の友人から教えてもらい原作を最初から読み返しながらキャストを勝手に予想していました。主演の俳優さんが私の好きな方で、他の方も皆お芝居上手でとてもいい作品でした。原作を初めて読んだ時には、内容がよく分からず腑に落ちませんでしたし、作者や主人公は何を言いたいんだろう、と疑問を抱いていました。しかし、映像化と共にもう一度作品を読むと、ああなるほど、と解釈することが出来ました。ちなみに数か月前に原作を大人買いして映画も劇場で観たきりではもったいない、と思い、レンタルをして気に入ったセリフをメモしたり、主人公の活躍と立ち向かうシーンを繰り返し視聴するなど、作品に対して強い思いを抱いています。続編もそうですが、今後主人公がどうなるか、また裏エピソード的な話や、連続ドラマ化、さらに特別ドラマとかで見たいな、と期待しています。友人にもその執着ぶりには唖然としていましたが、それぐらいはまるなんて自分でも予想していなかったし、意外でしたが私の性格上熱しやすく冷めやすいのであまり強く思わない方がいいのかな、と不安になります。多分、原作が終わるまでは追いかけ続けたいと切に思っています。

40代女性
40代女性

羽海野チカ原作の人気コミック「3月のライオン」がついに映画化ということで、原作のファンとしては見逃せない!と楽しみにしていました。まずは何と言っても主人公桐山零を誰が演じるのか?原作を読みながら個人的にキャスティングして楽しんでいましたが、やっぱりの神木隆之介さんでした。原作では少年誌らしくコミカルな部分もあるので、シリアスな場面もコメディ路線も演じきれる神木さんはもう零君にしか見えませんでした。映画の前編では棋士の世界が中心に描かれていますが、棋士の皆さんのキャスティングも見事にはまっています。特殊メイクで原作に近づけた二階堂晴信役の染谷将太さんに、後藤正宗役の伊藤英明さん。特に零君の師匠的存在島田開役の佐々木蔵之介さんに至っては体重を減らされたのか、線が細く胃痛持ちの島田開そのもの。獅子王戦決勝での島田八段VS後藤九段のシーンでは、普段穏やかな島田開が覚醒していく姿を通して将棋が戦なのだと思い知らされます。この2人の戦いがあるからこそ、その後の新人王戦や零君と宗谷名人との記念対局のシーンなどが生きてきたなと思いました。その宗谷名人との対局シーンでは、宗谷名人役の加瀬亮さんがスクリーンに現れた途端に実に神秘的な映像になります。個人的には宗谷冬司は漫画キャラだこそ存在しうると思っていたので、加瀬さんがリアル宗谷を体現してくれて感激でした。孤高の天才棋士、将棋の神とも悪魔とも呼ばれる宗谷冬司を漫画キャラではなく実在の棋士として存在させてくれています。映画では前編通して棋士の世界で成長する零君が描かれていますが、川本3姉妹との関わりや、桐山香子と後藤正宗九段との複雑な関係を描くことで、桐山零の人物像も浮かび上がらせています。

40代女性
40代女性

3月のライオンは将棋の物語ですが、将棋を知らない人でも楽しめます。プロ棋士として活躍する神木隆之介さん演じる桐山零の物語ですが、プロ棋士として成長していくために周りの人間関係が欠かせないのです。ということで、将棋よりもヒューマンドラマといった感じで楽しめます。原作との相違点は、特に前編では、零の義理の姉である有村架純さん演じる香子の物語が割合を占めているという所です。そのための有村架純さんだったんだなと感じます。零と京子の愛憎は、義理の姉弟としてのものなのか?それともそれ以上の愛があるのか?零自身も複雑な感情で答えが出ないと感じているような表現でした。その辺は、原作を見てみるか、または、自分の中で答えを見つけてみる余白と取るか自由です。零は自己肯定力が香子のせいで低くなっていますが、義理の父親、将棋の先輩、同期、そして零を助けてくれた3姉妹とおじいちゃんにもの凄く愛されています。過去の不幸にとらわれてしまうのは仕方のないことですが、現実があまり見えていない所が残念です。しかし、後編ではきちんと成長を遂げてくれるので前編では見守りたいところです。原作と比べてコミカルな描写が少なく辛辣な雰囲気を感じますが、返って零の孤独感がよく表現できていると感じました。満足度の高い作品です。

50代男性
50代男性

将棋が上手であればあるほど、詳しければ詳しいほどよりこの映画を堪能できるとは思いますのである程度は将棋の知識を得た上でとかもし可能なら将棋の勉強をした上で鑑賞する事をお勧めしたいのですが、しかし将棋の知識と言えば有名なプロ棋士を数名とか大きなタイトル戦の名称ぐらいや将棋の駒の動かし方ぐらいしか知らない程度の私でも十分に堪能できましたので将棋にほんの少しだけでも興味があればかなり見応えのある作品だと思いました。この作品を見ようと思ったきっかけは元々将棋に興味があった事と有村架純さんの大ファンだったからです。有村架純さんがこれほどまで尖った性格の女性を演じたのはこれまでドラマでも映画でも見た事がなかったので、もしも初めて有村さんを見るのがこの作品だったら彼女に対するイメージも大幅に違っていたのではないかと思えたほどです。人間というのは挫折をして屈折してしまうとこれほどまでにも尖ってしまう可能性もあるのだなと怖さを感じましたした。主人公の桐山も決して明るいタイプではないのですが、とても人には恵まれている印象が強いです。プロ棋士としての魅力があるからこそというのもあるのですが、腰が低くどこか憎めない朴訥なキャラクターが周りから愛されている理由なのではないかなと思います。川本家三姉妹から可愛がられたり仲良くされている姿を見てあのような可愛らしくて温もりのある三姉妹にあれほどにまで懇意にされている桐山がとても羨ましく思えた程です。

40代男性
40代男性

2017年に公開された映画で、羽海野チカさん原作です。この物語はプロの将棋棋士桐山零の物語です。主人公の桐山零は、神木隆之介さんが演じていますが、漫画から抜け出してきたかのように役がハマっています。物語の流れとしては、プロの将棋棋士として生きている桐山零は、ある時三姉妹とおじいちゃんとで和菓子屋をしている川本家の人達と出会い、この三姉妹を通していろいろなことと向かい合い、また、将棋の厳しい世界の中を突き進むという物語になります。物語の序盤は桐山零はとにかく孤独で、学校にいっても誰も友達はいない、学校と将棋の往復で家は一人暮らしという生活でした。本人は誰とも関わりを持とうとしないのですが、まわりはそれを許さないのかみんな桐山零をそれぞれで支えようとしています。この映画ではそんな桐山零の将棋だけでなく人間としての成長も見られます。もちろん将棋のシーンも迫力があり、将棋のわからない人間でも問題なく楽しめます。この映画でプロ棋士として試合をしている人たちはどこか心が壊れているか、何か背負っているかなどいろいろ持っている人達です。その人たちが将棋を通して自分の人生にぶつかっていっているような気がします。

 

20代女性
20代女性

「生きていくためには将棋しかない」そんな主人公のキリヤマレイの話です。天涯孤独で引き取られた先の家族は将棋一家。その中で義姉、義弟を抜いて強くなっていきました。高校生になって一人暮らしになったキリヤマレイはひょんなことから、カワモト三姉妹と一緒に夕食を食べるようになります。カワモト三姉妹は、孤独で真っ暗だったキリヤマレイの心を温かく包み込んでくれるような存在になっていきました。影と光がすごくわかりやすく表現されていました。キリヤマレイが独りになろうとするとすかさず三姉妹が近づいて光を与える。よって冷めた感じだったキリヤマレイの表情も次第に明るくなり人間らしく変わっていく流れがものすごく見てて心にしみました。人は独りぼっちだとつまらない、誰かに存在を知っていてほしい、理解してほしい、どんな人でもそう思うよなぁと感じました。様々なシーンから人間らしさは与えられて、与えるものと知りました。日々生きていて自分は誰かを笑顔にしているだろうか。または悲しませているだろうか。そんなことを考えさせられます。人と接して感情が生まれるという繋がりがよくわかる映画です。登場人物全員にフォーカスして何回も見たくなる映画でした。

30代男性
30代男性

主人公の桐山は、最初は内気で、友達もおらず他人に何を言われても我慢をするような性格をしています。そのため、義姉や対局相手から酷いことを言われてもグッと我慢するというようなシーンが続き、観ている私も辛くなってしまいました。しかし、優しい隣人の川本三姉妹、尊敬する島田、ライバルの二海堂との交流を経て、徐々に感情をあらわにするようになり、将棋の実力だけでなく、人間としても成長していく姿に感動しました。また、主人公の桐山だけでなく、一見悪役に見える義姉や対局相手も皆、背負っているものがあり、それぞれの人間ドラマが描かれているため、つい感情移入をして見入ってしまいました。もちろん、対局シーンも役者の表情とBGMの効果もあり、緊迫感たっぷりで見応え十分です。たまに専門用語も出てきますが、文脈からある程度想像がつくため、将棋の世界についてほとんど知識の無い私でも十分楽しむことができました。囲碁を知らずに「ヒカルの碁」を見て楽しかったのと同じような感覚でした。キャストについては、義姉役の有村架純さんが「あまちゃん」のイメージしかなかったので、とても大人っぽい演技をするなとドキッとしました。あと、二海堂役は染谷翔太さんだったんですが、最後まで気づきませんでした(笑)

30代女性
30代女性

大友啓史監督作で、「るろうに剣心」等に見たアクションや事件性が無く、坦々と差していく将棋風景を思い浮かべて観てみれば、シネスコープで映し出される白熱した大勢の棋士と、巨大に映る駒の存在感はアクション映画に引けを取らない熱量が噴き出していました。対局中には各人の人生が垣間見え、戦局がまずくなれば弱さや恐れが浮き彫りになり、その中で主人公の高校生プロ棋士である桐山が成長いくのがドラマティックです。長い対局中での手の震えや姿勢、駒を指す音で勝敗の行方が綿密に表現されていて、将棋のルールを全く知らない人や原作漫画未読者にも入り込みやすいつくりになっていました。その硬派で骨太な部分と、偶然出会う3姉妹や屋上での先生などとの触れ合うシーンでは戸惑ったりはにかんだり、辛い過去を持ちながらも高校生らしさを覗かせ、その緩急の付け方が心地良いです。3姉妹の暮らす賑やかで暖かな(猫の撮り方も素晴らしい)古ぼけた家は、映画のために用意したと思えないほど作りこまれていて生活感があり、細かい部分まで眺めていたくなるほどでした。実力派俳優陣が結集し、人生を将棋にかけた棋士たちの気迫は「将棋ってこんなに熱い世界なんだ!」という発見もあり、この映画の見どころです。その中でふわりと涼しげですらある、加瀬亮さん演じる名人だけが異質な存在で余計に際立っていました。ラストには雨の降る日本庭園を下駄で歩く彼の姿に、美しい余韻で見終われます。

40代女性
40代女性

映画『3月のライオン』は、一部のキャラクターが原作のイメージとまったく異なることから、観るのをためらっていました。でも食わず嫌いは良くないと思い映画を観たのですが、桐山零と養父の幸田との出会いが原作とは異なる演出になっていたので、いきなりテンションが下がってしまいましたが、このシーン以降は、川本家の家の中の様子や街の風景など、原作に近いように描かれていたので安心しました。原作を読んだ後に聖地巡礼した街並みが出てくるので、別の視点からも楽しむことができました。幸田香子を有村架純さんが演じることがミスキャストだと思っていましたが、香子の性格の悪さを上手に表現されていました。そして何といっても、島田開を佐々木蔵之介さんが演じているというだけで、この映画を観る価値があると思います。実写化するにあたり、佐々木さん以上にこの役が似合う人はいないでしょう。原作者の羽海野チカ先生も、佐々木さんのイメージで島田を描いていたのではないかと思うほどです。原作でもお気に入りシーンのひとつである桐山と島田の対局での出会いも丁寧に描いているので、原作ファンも安心して映画を観て欲しいと思います。もちろん原作を読んでいない人は何も考えずに楽しめる作品です。

 

まとめ

『3月のライオン前編』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXTで配信中の「3月のライオン」作品

【映画】

【アニメ】

 

神木隆之介のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

 

 

 

中村倫也のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました