3月のライオンアニメ2期の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

アニメ動画
TVアニメ「3月のライオン」第2シリーズPV | 10/14(土)より毎週土曜23:00放送

3月のライオン 第2シリーズの動画フルを安全に見る方法

『3月のライオン 第2シリーズ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『3月のライオン 第2シリーズ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

3月のライオン 第2シリーズの内容

『3月のライオン 第2シリーズ』は、2017年10月14日から2018年3月31日まで、テレビアニメが放送されました。第2シリーズは、第1シリーズの続編で、第23話から第44話までのストーリーが視聴できます。

第1シーズンと変らず原作は羽海野チカさんの将棋を題材とした漫画で、監督は独特な表現方法で作品の世界観を表すアニメ監督の新房昭之さんです。

主題歌は新しく変り、第23話からはYUKIの「フラッグを立てろ」、第34話からはUNISON SQUARE GARDENの「春が来てぼくら」。また、登場人物の年齢が変っています。主人公の桐山零は、第1シーズンでは17歳からスタートしましたが、1年経ち、第2シーズンでは18歳からスタートします。

第1シリーズは、高校生のプロ棋士・桐山零の生い立ちや、将棋の世界の葛藤や苛立ちを零の目線で描いていました。第2シリーズでは、零がこれまで出会ってきた人たちの様々なストーリーが展開されていきます。

 

物語がとても凝っていて最近のアニメにはない、特有の面白さがあると思う。将棋と人間のドラマを上手く取り入れた良い作品。

2期は主人公以外のキャラたちの対局が重点的に描かれています。もちろん主人公の対局もですが、他のキャラたちの心理戦なども見どころです。

2期はひなの中学でのいじめ問題に焦点が当たってました。
一筋縄ではいかない問題。重苦しい展開が続きました。

話数も多いけど、内容もてんこ盛り。尺の使い方など全て贅沢なつくりだと感じました。動物のところだけ、ファンタジーだけど、基本、現実設定のフィクション。これだけの内容で話数にも関わらず完結していません。続編に期待。

第2シリーズを見た人は、もちろん第1シーズンを見て気に入った人たちだと思うので、高評価ばかりでした。しかも長い長いストーリーを見てきただけあって、みなさん感想をたくさん語りたいみたい。でも第2シーズンで完結ってワケではないようですね。

あらすじ

東京下町の六月町で1人暮らしの高校生にしてプロの将棋棋士の桐山零は、高校で「将科部」を作り、他の部員たちに勝つためのアドバイスを教えたり、手作りラムネを教わったり高校生活を送ります。

ある日、零が3姉妹のいる川本家にいたところ、中学3年生になったひなたが、上履きとスリッパの状態で泣きながら帰ってきます。ひなたはいじめにあっていたのです。長女のあかりはひなたに相談されましたが励ますことができず悔やみます。零もひなたのいじめの相談に乗りますが、いじめはどんどんエスカレートします。

一方、零は対局を勝ち続けていきますが、準決勝で二階堂は対局中に倒れ入院したり。大阪で新人戦決勝に挑んだ零は、修学旅行で京都に訪れているひなたの元へ向かったり。

孤独だった零の学校生活に「将科部」という居場所ができたり、川本家をはじめ、島田八段やその研究会の面々など、零の世界は人の温かさに触れることで広がっていきます。

見どころ

第1シーズンより年を取り、登場人物も段々大人になってきています。今回は川本家の次女・ひなたにフューチャーしている部分が多く、第1シーズンでは死んでしまったお母さんのことを思い出しわんわんと泣いていましたが、第2シーズンでは、いじめ問題に巻き込まれて悔し涙を流し、同じように涙しますが、泣く意味合いが違っていて、少し大人になっています。

また、主人公の零もひなたに対して、第1シーズンでは、近所のお兄ちゃんという立場でしたが、第2シーズンでは、ひなたの憧れの同級生とのことで、頼れる人に変化しています。

スタッフ

原作:羽海野 チカ
監督、シリーズ構成:新房 昭之
脚本:木澤 行人、大嶋 実句
キャラクターデザイン:杉山 延寛
音楽:橋本 由香利

オープニングテーマ:
(前半)YUKI「フラッグを立てろ」(後半)UNISON SQUARE GARDEN「春が来てぼくら」

キャスト(声の出演)

桐山 零(きりやま れい):河西 健吾
本作の主人公。史上5人目となる中学生でプロ入りした若手棋士。東京都内にある架空の町、六月町に1人暮らしし、1年遅れで私立駒橋高校へ編入し通学しています。

川本 あかり(かわもと あかり):茅野 愛衣
川本家の長女。23歳。亡き母親の代わりに妹たちの面倒を見ながら、昼は祖父の経営する和菓子屋・三日月堂の手伝い、週に2回ほど夜に伯母の経営する銀座の店・美咲でホステスとして働いています。

川本 ひなた(かわもと ひなた):花澤 香菜
川本家の次女。中学2年生。妹の面倒や祖父の店、家事手伝いもするしっかり者で、気配り上手で心優しい性格。

川本 モモ(かわもと モモ):久野 美咲
川本家の三女。保育園に通う園児。天真爛漫で桐山や姉たちに甘えます。

二海堂 晴信(にかいどう はるのぶ):岡本 信彦
零とは幼少期から子供将棋で対局していて「心友」かつ「終生のライバル」と自称。零に対して強引に接します。

幸田 香子(こうだ きょうこ):井上 麻里奈
アンチヒロイン。幸田家の長女。零より4歳年上で義姉にあたります。帯者で、幸田の弟弟子である後藤に好意を抱き、その関係に悩んでいます。

高橋 勇介(たかはし ゆうすけ):細谷 佳正
ひなたとクラスが別の同学年生で、幼馴染かつ初恋の人。零がプロ棋士だということを対面前から知っていました。

島田 開(しまだ かい):三木 眞一郎
A級八段。30代半ば。宗谷冬司と同じ年齢かつ奨励会の同期。棋士としての姿勢や人柄も、零に多大な影響を与えます。

三角 龍雪(みすみ たつゆき):杉田 智和
26歳。六段。通称「スミス」。零を後輩として可愛がっていますが、棋士としては一目置いています。

松本 一砂(まつもと いっさ):木村 昴
26歳。五段。山形県出身。明るく素直な性格で、あかりのファンの1人。

宗谷 冬司(そうや とうじ):石田 彰
棋界のトップに君臨するタイトルホルダー。15歳でプロ入りして以降、史上最年少の名人位、7大タイトル独占。30代後半。

隈倉 健吾(くまくら けんご):竹内 良太
九段。名人戦において4期連続で宗谷に挑戦していますが敗北。

後藤 正宗(ごとう まさむね):東地 宏樹
40代。九段。気性が激しい。香子の件で零が絡んだ時には、容赦なく殴り倒しました。

国分(こくぶ):立木 文彦
学年主任を務める男性教師。ひなたのクラスの担任が心労で入院した後、臨時の担任。

佐倉 ちほ(さくら ちほ):西 明日香
ひなたの同級生で幼馴染み。クラスメイトからいじめを受ける。父親の単身赴任先である岩手へ引っ越。

高城 めぐみ(たかぎ めぐみ):悠木 碧
ひなたのクラスの生徒でいじめの首謀者。母親はモンスターペアレント。

林田 高志(はやしだ たかし):櫻井 孝宏
駒橋高校の男性教師。零の1年時の担任。将科部の顧問。ひなたが巻き込まれたいじめの問題でも相談に乗っています。

山崎 順慶(やまざき じゅんけい):安元 洋貴
五段。零や二海堂に対して嫉妬や羨望を抱いています。趣味はレース鳩の育成。

神宮寺 崇徳(じんぐうじ たかのり):玄田 哲章
日本将棋連盟の会長を務めます。

 

『3月のライオン 第2シリーズ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

3月のライオン 第2シリーズの感想

 

30代男性
30代男性

視聴を開始するとポエムのような語りから自己紹介、そして「職業プロ棋士」というインパクトある台詞が先の展開がどうなるか胸が熱くなる導入でした。オープニングはYUKI、原作者の以前のアニメハチミツとクローバーを思い出させる泣ける演出でした。1期は主人公の暗い過去から味方が徐々に増えて成長、居場所ができていく過程に対して2期は前向きに考えるようになり強くなるためのひたむきさに応援したくなりました。2期のメインになる話は3姉妹のトラブルによるシリアス展開ですがこれは見ている側もつらく心を鈍器で殴られたようなもやもやした気持ちにしてきます、リアリティが高く演出が上手すぎるのが逆に視聴者のハートまでごりごり削られました。主人公はなんとか解決しようと奔走しますが天才ゆえにどこか感覚がずれているのが癒しになります。最終的には解決しますがそこに至る過程が長く様々な登場人物が関わるわけですがその関係性一つ一つが実に面白いです。たった数回しか登場しないキャラでも印象に残る台詞を言ったり立ち振る舞い、雰囲気などからこの人の行動で物語の展開がどう転んでいくのだろうという先の読めない展開が毎週気になり一週間が長く感じました。定期的にサブキャラにスポットを当てた話があり、見る側が感情移入する展開で画面にくぎ付けにされました、中年のおじさんやお爺さん棋士に自分がここまで頑張ってほしいと思える作品はとても貴重です。この作品最大の良さは主人公の成長、そして他の登場人物にも夢中になれる点だと思います。応援したくなる、胸が熱くなる、そして自分ももう少し頑張ってみようかな、そんな風に変われる作品でした。

30代女性
30代女性

第一シリーズでは、零のオアシス的存在だった川本家がトラブルに巻き込まれます。あんなに明るくて屈託のない笑顔のひなちゃんが笑えなくなってしまうんです。家族も零にも暗くて辛い状態が続きます。今までは、自分と将棋の中だけで生きてきた零に、家族の温かさと人との繋がりを教えてくれた川本家の為に何が出きるか、考え動きます。守りたいものが出きると、人は強くなるんだなと感じました。ただ側に居るためだけに駆け付ける修学旅行の川のシーンは、まさに救世主で胸をギュっと掴まれます。明確な理由の無い悪意と戦う為には、自分は間違えてないと思える味方が絶対必要です。そう思えるだけで、シールドのように膜が出来て生身じゃなくなる気がします。ひとりじゃないと戦うひなちゃんの姿、それを見守る零の姿、本当に格好いいです。自分が子供の頃は、先生は完璧な人だと思ってました。いざ大人になると、先生も普通の人間で、悩んだり迷ったり、間違えてしまったりするんだよなぁと分かります。でも、多分流された方があとで後悔してしんどくなるんですよね。この担任の先生にも相談できる味方がいれば、状況かわったかも知れないです。戦いが終わったあと、暗い霧が晴れたように日向で眠るひなちゃんの姿に余計に幸せを感じました。零と一緒に歩いて行く姿をこれからもっと観たいです。

40代男性
40代男性

ゆっくりと展開する第1シリーズから一気に物語が加速する第2シリーズです。桐山零とそのライバル(と自称する男)二海堂晴信、名人・宗谷冬司らとの将棋戦、川本3姉妹の二女・川本ひなたが学校でいじめに巻き込まれた事の2つの軸で話は展開します。いじめ絡みというと話が重くなりそうですがそれほど単純な作品じゃありません。イヤもちろん重い話も有るし深刻な内容ですが、その一方で桐山零の彼女を助けるための行動が面白い。「彼女は僕の大事なひとです」「彼女の為なら僕は何だってするつもりです」と言い切る零に、相談を受けていた林田先生は桐山がついに青春の大気圏突入!?と身もだえ、ところが「彼女は僕の恩人なんです」「恩は義をもって返す それが人としての理です」と続き自分の対局料の計算をはじめ、転校するにしても、弁護士に相談するにしてもお金がかかる!とあさっての方向で将棋に負けるわけにいかないと燃え上がる桐山零クンがサイコーです。そしてクラスに居場所がないまま修学旅行に行く事になったひなたちゃんと零クンの京都で出会うシーンはまさに泣ける名シーンです。彼女の事が気になって京都まで来てしまったモノの相手は携帯を持たない中学生、「何やってんだオレ…」とイラだちます。ーああ そうだ 彼女はいつも泣きたくなると ひとりで河に向かっていた・・・・。キャラクターたちを丁寧に描いてきたから辿り着ける場面と言えるでしょう。YUKIの「フラッグを立てろ」が名曲、シャフトさんの映像も相まって作品のOPにピッタリです。

20代女性
20代女性

零自身は前よりも明るくなったけれど、ひなちゃんが……ひなちゃんがあ……うう。もちろんいいシーンもあったんだけど(島田八段がふるさとに戻る話とかひなちゃんの恋とか)、ひなちゃんのいじめのシーンがもう印象が強くて強くて仕方が無かった……。最後はちゃんと解決したけど、失ったものは大きかったなあ。予告CMを見て覚悟はしてたけど、いじめのシーンが登場する回が続いていたときは、本当につらかった……。ひなちゃんが修学旅行先でおなかが痛くなるのとか、ネットでいじめのことを検索してみるといろいろな意見が多すぎてぐちゃぐちゃしているっていうところとかは本当にリアル。零は傍にいて何かできたら、何かしたいって思ってても、なかなか思ったほどはできなくて……本当、先生が零がやってきたことを認める言葉を言うシーンはよかったって思った。原作者の方がいいなと思ったフレーズとかここは何かに活かしたいなと思ったことをノートに書きためて、その一部が「3月のライオン」でも使われているっていうけど、きっといじめの回にはそういう部分が満載だったんだろうな。島田八段は名人になれるのか、二階堂の体調は大丈夫なのか、髪をきって高校生デビューをしたひなちゃんはどう過ごすのか……次のシリーズが楽しみな第2シリーズだった!

40代女性
40代女性

第2シリーズは、零がお世話になっている川本家の二女・ひなたの中学でのいじめ問題から、魂を削るような棋匠戦、ひなたの中学卒業までを描いています。いじめ問題は、原作漫画を読んでいる時も胸が痛く悲しくなっていましたが、アニメになるとよりリアルに感じられ、漫画で読んだ時の何倍も苦しく悲しい思いをしながら観ていました。ひなたも、ひなたの友達も、とても良い子なのに理不尽な目に遭わされ人生を狂わされていく描写は涙なしには観られません。この作品は零が主人公なので、川本家の人たちの私生活を描く必要があるのかという意見もあるかもしれませんが、今回の問題も、その他の川本家のエピソードも、零が成長していくうえで重要なターニングポイントになっています。零の成長でいうと、高校での部活のシーンがとても良かったです。これまでの零はプロ棋士が何となく高校生をしているいう印象でしたが、ようやく本当の高校生になることができたと感じました。また、零以外のシーンでは、棋匠戦での柳原さんの心の描写に胸を打たれました。66歳で現役A級棋士がどれほど大変なことかが痛いほど伝わり、現実にも同じくらいの年齢の棋士がいるのか調べたくらいです。第1シリーズに続いて、この第2シリーズもたくさんの人にぜひ観て欲しい素晴らしい作品です。

 

まとめ

『3月のライオン 第2シリーズ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

U-NEXTで配信中の「3月のライオン」作品

【映画】

【アニメ】

 

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました