ビーバップハイスクール1(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

アクション・アドベンチャー
ビー・バップ・ハイスクール(プレビュー)

ビーバップハイスクール1(映画)の動画フルを安全に見る方法

『ビー・バップ・ハイスクール』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『ビー・バップ・ハイスクール』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ビーバップハイスクール1(映画)の内容

映画『ビー・バップ・ハイスクール』は、1985年12月に公開されました。

原作は、きうちかずひろさんによる日本の同名漫画作品で、ヤンキー漫画として代表的な作品です。

本作のヒットを機にシリーズ化され、3年間の間に全6作品が製作されましたが、シリーズ通して全ての監督を那須博之さん、脚本を那須真知子さんの夫婦が務めました。

本作の物語は、愛徳高校のヒロシとトオルが「ヤクザ養成所」とも呼ばれている悪名高い戸塚水産高校の極悪兄弟と抗争を繰り広げる原作の1~2巻と4巻の部分抜粋されており、清水宏次朗さんと仲村トオルさんをW主演に、中山美穂さん、宮崎ますみさん、古川勉さん、小沢仁志さん、地井武男さんなどが出演しております。

ヤンキー文化が濃い地域の昭和50年代の高校は、リアルにこんな感じでした。昔のヤンキーはこんな感じだったと思って頂ける作品になっているかと思います。昭和40年代に生まれた私は、何度も観返してしまうほど面白い作品です。

中村トオルさんが好きで見ましたが、内容も良かったですし、所々で笑えるシーンもあり、あっという間の100分でした。

愉快、痛快、男らしさ、いつ見ても面白く、人気アイドルの中山美穂さんが本当に可愛くて、やっぱり初代ビーバップが最高です。

兄の影響で見ることになりましたが、ストーリーも良く、偉大なアホと言うか(笑)今では、放映規制とかで絶対に出来ない作品で、とても面白かったです。

あらすじ

愛徳高校に通うトオル(仲村トオル)とヒロシ(清水宏次朗)が、卒業生の半数以上がヤクザになると言われている悪名高き戸塚水産高校の生徒と喧嘩をしたことから、愛徳高校と戸塚水産の抗争が勃発します。

戸塚水産を仕切る中村竜雄ことヘビ次(小沢仁志)、中村虎雄ことネコ次(木下秀樹)という兄弟がおり、追い込みをかけられてしまったトオルとヒロシはほとぼりが冷めるまで身を隠すことにしました。

しかし、戸塚水産に今日子(中山美穂)が攫われてしまい、ヘビ次によって髪をボロボロに切られてしまい、そのことを聞いたトオルとヒロシは果たし状を送ってヘビ次とネコ次を呼び出しました。

トオルとヒロシの伝説がここから始まります。

見どころ

日本映画史上で最も成功した漫画原作の映画作品と言われている本作。不良漫画の金字塔となった要因はなんといってもキャスティングになります。

マドンナ・今日子役は当時人気絶頂だった中山美穂さんが起用されました。主演俳優であるヒロシとトオル役を選ぶにあたって、異業種からのキャスティングや新人の起用にこだわりがあった那須監督に、原作者のきうちさんも同意し主演はオーディションにて決めることになりました。

最終5963人の応募があり、書類選考を経て100人ほどを選出し面接を行いました。参加者の履歴書には、過去の非行歴や趣味はケンカと書いてくる輩や、本物のツッパリや現役暴走族が集結したことにより、先行会場での待ち時間中にケンカが始まってしまうなど、既に『ビー・バップ』の世界観を再現されておりました。

そんな中で、ヒロシ役を勝ち取った清水宏次朗さんと、トオル役を勝ち取った仲村トオルさんの新人アクター二人は、その後のシリーズ作品でも同様の役を演じきり(第5作に関しては都合上、清水宏次朗さんは出演できなかった)本作をきっかけにスターダムを駆け上がりました。

スタッフ

原作:きうちかずひろ「ビー・バップ・ハイスクール」
監督:那須博之
脚本:那須真知子
企画:長谷川安弘
プロデューサー:黒澤満 / 紫垣達郎

キャスト

愛徳高校

加藤浩志:清水宏次朗
スケベでひょうきんな主人公の一人。口が上手く頭の回転が速い。

中間徹:仲村トオル
脳天気で短気な主人公の一人。硬派で面子を重んじている。

泉今日子:中山美穂
性格は優しく、芯が強いヒロイン。

三原山順子:宮崎ますみ
今日子と仲が良く、スケバンのような印象がある。

兼子信雄:古川勉
通称:ノブオ。ヒロシとトオルの押しかけ舎弟。

横浜銀一:八巻保幸
赤城山忠治:小林啓志
大前均太郎:鎌田伸一
山守純次:神谷潤
土井新平:松田幸児
岩本裕尊:塚本剛史
山本先生:草薙幸二郎
馬場先生:阿藤海

戸塚水産

中村竜雄:小沢仁志
極悪兄弟の兄。ヘビ次と呼ばれる戸塚水産を纏める一人。

中村虎雄:木下秀樹
極悪兄弟の弟。ネコ次と呼ばれる戸塚水産を纏める一人。

江藤:土岐光明
川崎:湯田邦晶

立花商業

菊永淳一:石井博泰
立花のナンバー1。

郷ミノル:森一馬
伊藤:富士原恭平

北高校

前川新吾:瀬山修
北高のナンバー1。

その他

鬼島刑事:地井武男
人間味のある少年課の刑事。

兼子晶子:一色彩子
ノブオの姉。

泉圭子:岩本多代
黒木:本間優二
浅田:木村健吾
補聴器の老人:田中春男
泉義雄:小鹿番
内職のおばさん:石井富子
順子の祖父:増田順司
中間はな:原泉
役不明:高井雅代 / 小田木望 / 山岸もえ / 梅野浩 / 阿部雅彦 / SALLY

『ビー・バップ・ハイスクール』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ビーバップハイスクール1(映画)の感想

40代男性
40代男性

昭和時代を代表する不良少年を題材とした作品となっています。愛徳高校のトオルとヒロシの最強コンビが、敵対する高校の生徒達と喧嘩に明け暮れる日々をおくる内容となっています。キャストも、厳しいオーディションの中で選ばれた精鋭の方々で構成されていて、主人公のトオル役に仲間トオル・ヒロシ役に清水宏次郎と豪勢な役どころでr、ヒロイン役には、中山美穂を抜擢して一躍有名になった作品になりました。ビーバップ・ハイスクールは、その後シリーズ化して敵対する高校も増えて、強烈な濃いキャラクターが出演して、スケールアップした内容になっています。学ランが、高校により独特で短ランやボンタンもカッコよく仕上がっています。ボンタン狩りのシーンでは、壮絶なバトルが繰り広げられて、まさに地獄絵図みたいなシーンとなっています。主人公、トオル・ヒロシ役のキャスティングは代わりませんが、ヒロイン役がシリーズごとに変わっているので、見どころでもあります。サブキャクター的な存在で、余り目立たない舎弟役の、金子のぶおや菊リン事、菊永・立花兄弟などがストーリーを、面白くしています。トオルの不良役に少し違和感がある、最初の作品に注目して見て下さい。

20代男性
20代男性

この映画の一番の魅力は何といってもトオルとヒロシにあります。普段はおちゃらけているけど、喧嘩の時は真剣な表情で立ち向かう、そのギャップが堪らないのです。しかもガチの不良がエキストラとして出演していますから、そんじゃそこらの不良映画とは迫力が違います。そのうえ危険なスタントシーンも多く、役者たちも相当無理をさせられたという話もあり、わりと命がけだったそうです。だからこそ本作の喧嘩のシーンはどれも見ごたえのある大迫力なものになっていて、特に電車での乱闘シーンはヤバかったです。セットでもなんでもなく、マジモンの電車で撮影していたそうで、今なら撮れないだろうある種伝説的なシーンになっているのです。そうした本気さがこの映画を面白いエンターテイメントに押し上げており、どこを切り取っても迫力あるシーンの連続なのです。それとこの映画で忘れてはならないのがヘビ次とネコ次の存在です。特にヘビ次を演じる小沢仁志さんは迫力が違いすぎて、「これって本当に高校生役なの?」って疑問に思ったほどです。まさにラスボスにふさわしい風格といった感じで、ラストバトルにおいてもその存在感を遺憾なく発揮していました。ラストシーンの大乱闘は今見ても色あせない魅力にあふれていると思います。

20代女性
20代女性

「今日から俺は」の影響で、他のヤンキー作品も見てみたいと思ってこの作品を見ました。中山美穂や宮崎ますみがとにかく美人でした。やはりヤンキーの周りにはかわいい女性が多く集まるのか、と思わされました。男性陣ももちろんかっこよくて、こんなヤンキーが実際にいたら見惚れてしまいそうだなと思いました。ヤンキー作品ですが、喧嘩ばかりのストーリーではなく、ギャグ要素が満載なのでこれまでにないくらい笑えました。昔の作品ということで、自分はまだ生まれていない時代のものですが、なぜか懐かしいなという気持ちで見ていました。昭和感が出ていて最高でした。ヤンキーのいる学校では当時、麻雀や酒・タバコは当たり前だったのかなと思いました。真っ直ぐに生きている彼らは、良い意味で単純で今を楽しんで生きているのがよく伝わりました。自分も心配ばかりして遠慮しまくりな人生ではなく、人生は一度きりなので自分の思ったように真っ直ぐに突き進もうと強く思えました。やはり人生は楽しんだもの勝ちであるということを教えてくれた気がします。心の底から笑える作品が見たい人や、少し昔の映画が見たい人にとくにオススメしたい作品です。面白かったので何度も見返したいと思いました。

 

まとめ

『ビー・バップ・ハイスクール』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年8月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました